Feb 10, 2007

あらまてっきり

まだ微熱が引かないし、喉の痛みもありつつ、咳に移行してきた・・・
でもあんまり家の中に引きこもりっぱなしもどうかと思い、
気分転換に、と家ではなかなか進まないReadingを持って
家から2番目に近いショッピングセンター、Park&Tilfordに出かけた。

まずは、その中のコーヒーショップ、JJBeanに。

(名前、なんかのパクリじゃない?)
ここにはスタバもあるけど、いつもあまりに混んでいて全然寛げない。
で、何故かこっちのお店はいつも結構空いているのだけど・・・
お店の作りは割と広々してるし、中程に暖炉があったりと、中々良い雰囲気。
土曜日のせいかいつもより少し人が多かったけど、テーブルも空いていたし、
長居できそうな雰囲気が気に入って(笑)、ここに陣取る。
ちなみに今のところVancouverだけにあるチェーン店だそうです。

で、せっせとReading。・・・いつもよりちょっとだけ集中できた気もするけど。
でもやっぱり風邪のせいか段々頭痛が。
そろそろ日も暮れてくるし、買い物して帰ろうと
スーパーに移る途中で、Liquor Shopが開いているのを発見。
平日の閉店時間が早いので、いつもここに来たときには閉っている店。
今日はちょっと寄ってみよう、と

(ちなみに、カナダでは、Liquor Shop以外ではお酒が買えません。)

丁度、料理用の白ワインが欲しかったな、と思いつつ物色していると、
近くに居た店員らしきおじさんが話しかけてきたので、
お勧めのアルゼンチン産赤ワインを乗せられて買うことに。
白ワインも手ごろなものをお勧めして貰った。
ちなみに私は、ワインを飲むのは好きだけど、未だに銘柄には全く疎い。
大抵ボトルの見た目に賭けて買っている。(でもそれで割と外さない気がする?)

御礼を言って、会計しようとしたら、突然
「ニホンジンデスカ?」と日本語で聞かれたので、
「はい、そうですが~」と言うと、しばし立ち話が始まってしまう。
2年ぐらい日本語を勉強していたとの事。
このお店の中の日本酒コーナーも教えて貰う。
「plum wine(梅酒のこと)が好きだね、満開の梅の花を思い出す。」
と言っていたけど、適当に相槌。

この時点まで私はこの人のことを、気さくな店員さんだと思っていたのだけど・・・
実はただのお客さんだった。(ワイナリーを持っている弟さんがいるとの事)
双方とも会計を済ませ、御礼を言って店を出たら、なんと彼が追ってくる。

仕方なく、しばしまた立ち話をして、「では」と別れようとすると。
名刺(でも彼の名前ではないもの)を渡され、電話番号を書かれ、
「また会えるね?」と言うので、「ええきっと。」と、また適当に相槌。

彼はおそらく40代後半ぐらいで、家族もいる(子供の写真を見せられた)
ので、ナンパ目的ではないと思うけど(その割にはアプローチもマイルドだし)
ここに来てから、
日本人に話しかけてみたい日本語学習者(または日本滞在経験がある人)
にはたまに遭遇する気がする。

やっぱり、見た目で日本人って分かるんだろうか?

日本にも、その逆バージョンの人(特におばちゃん)、いるけどね。

No comments: