Aug 5, 2007

ゲイパレード in バンクーバー その2

このパレード、Vancouver Pride Societyという団体が主催していて、正式には"29th Annual Vancouver Pride Prade"といいます。毎年この時期に行われていて、今年で29回目、という事で歴史あるイベントなんですねー。

Prideというのは(格闘技のことじゃなくて・・・日本語でググるとこっちが先に出てくるけど・・・)LGBT(Lesbian,Gay,Bisexual,&Transgender)の人達への公平な社会的権利と利益を守ることを主張とした運動のこと。レインボーカラーはその運動の象徴なのだそうです。詳しくはWikipediaの記事(こちら)を。(英語です)

カナダは、同性婚が正式に認められているし、また移民申請の際のコモンローパートナー(日本語で言えば内縁、ただし法的に婚姻同等の権利が認められている)制度も元は同性カップルのために設けられたと言われているほど、ゲイ&レズビアンの権利は確立されている国なのです。手をつないで街を歩くゲイカップルも普通に見られるし。

というわけで、パレードは、ブリティッシュコロンビア州旗、カナダ国旗、アメリカ国旗(多分アメリカはPrideの発祥の地だから?)、そしてレインボーフラッグの行進からスタート。





パレードの方は、LGBTのみならず、反戦、AIDS問題、宗教(宗派色々)から、はたまた学生の学費の値下げ運動や普通に企業広告まで、あらゆる主張OK!のようで、ホントにバラエティに富んでます。今回はその辺にも注目してみました。というわけで、こちらの写真↓(写真はクリックすると大きくなります)

左上はブッシュ人形、「戦争と同性愛嫌悪(homophobia)と結婚したブッシュ」とのタイトルつき。その下は、同じ団体による「ブッシュのケツを塞げ!」のメッセージ。(後方のお兄さんたちが気になるでしょうが、それはまた後で。)そして右側は、とっても楽しそうに行進していた、ヌーディスト団体の人達。ちなみに、一応写真は遠慮しましたが、この方達、前方も「素」でおられました。なぜこの2つを並べるのかって?・・・いろんな主張があるってことで(笑)

こちらのメッセージは、同性愛者が色々な国で虐げられている現状を訴えたもの。同性愛者であるという理由で投獄されたり、中には処刑されたり、という国もあります。カトリックも未だに同性愛も堕胎も認めていませんね。




その他メッセージ系をまとめてみました。ちょっと分かりづらいですが、学費値上げ反対、AIDS患者の人権保護、ヘイトクライムへの反対など。「911は(アメリカ)内部組織の仕業である」なんてのも。








まだ次に続きます。

No comments: