Nov 26, 2007

ブライダルシャワー

それは金曜日のこと。突然、相方ママから、「明日のWedding Showerに一緒に行く?」と訊かれた。

実は、相方のいとこが近々結婚することになっていて、来月にはジャマイカで式を挙げるとの事。わが相方パパママも招待されているのだけど、飛行機や泊まるホテルの手配などは招待された側が自分でするようになっているみたいで(それって普通?)、それなのに会場と同じホテルが取れずに二人はやきもきしてるんだけど・・・

ともかく・・・ウェディングもしくはブライダルシャワーとは花嫁になる人のために、「女性だけ」が集まって、花嫁へのプレゼントを持ち寄って、お茶や軽い食事とおしゃべりをしながらそのプレゼントを開けて楽しむ、というイベント。どうやら主にアメリカ・カナダでのしきたりらしい。発祥はベルギーらしいんだけど。(Wikipediaより。)

シャワーのやり方には色々あるみたいなんだけど、今回、ギフトについては事前に花嫁から「何か'hot'なもの」というリクエストが出されていたらしく、ママは「チョコレートフォンデュ器&チョコレート」を詰め合わせにしていました。それ、ちょっと私も欲しいわ~!って思ってしまった(笑)

に、しても・・・私はてっきり行かないものだと思ってたので前日まで何の用意もしてなくて、結局当日行きがけにプレゼントを買って持っていくことに・・・。

ここで、問題なのが。実はクリスマスの時もこれが悩みの種なんだけど、こっちではギフトのラッピングって自分でするのが普通なのね・・・。お店でもしそのサービスがあったとしても有料だし。ギフト自体の単価を考えてもこれはあんまりバカにならない。だけど、日本の至れり尽くせりなサービスの中で育ってしまった私は、ラッピングの技術なんてろくに持ってないんでございました。こんなことなら練習しとけばよかった。。。

しかも、もう行きがけなので・・・結局、ギフトと一緒に簡単なラッピンググッズも買いこんで(まぁこれはクリスマスの時にも使えるしね)、駐車場に止めた車の中でラッピング!!!不器用な私はいつもふわふわの紙と紙袋を使ってそれらしくごまかします。。。ちなみにギフトは無難に、ピンクのキャンドル(Cherry Blossomの香り)とステンドグラス風キャンドルホルダーのセットにしました。一応、'hot'かな~・・・。そんなこんなで無事に会場となるお家(花嫁の叔母さんの家)に辿り着きました。

ちなみに相方のいとこは花「婿」のほうなので、ママにとっても花嫁とは直接の関係はないのです。だから、私のみならずママにも初対面の人ばかり。私たち以外の顔ぶれは、花嫁の家族(ママ、姉妹、そして結婚60年のおばあちゃんも!)と彼女のナニー(乳母)とその娘さん、そしてお友達でした。ただし、当然、全員女性。ここは「男子禁制」なので。なのでまぁ、華やか。

軽い食事とおしゃべりをひとしきり楽しんだら、お待ちかねのギフト披露タイム。このとき、面白かったのが、bride-to-beは割と上品に包みを開けていて(こっちではこういうのバリバリ破るのが普通)、そのリボンや、包み紙をくるくると器用にお花の形に丸めたものを、彼女の妹たちが一つ一つ全部紙皿に張っていく。その紙皿の裏には長いリボンが張られていて・・・最後にそれを頭にかぶり、リボンをあごで結ぶと・・・ゴージャスな帽子の出来上がり。もちろん主役がかぶります。ママは今まで出たシャワーではこれを見たことがないって言っていたので、これもしきたりの「バージョンの一つ」みたい。

贈られたギフトは、'hot'ときたらお約束、セクシー下着☆もあり、スパイシーな調味料のセットもあり、なぜか日本の寿司(を作る)セットを送る人もあり・・・(ちゃんとわさびも入ってた)。あとは実用的にキッチン用具・・・という感じだったでしょうか。

というわけでこれが私のブライダルシャワー初体験。ちなみに通常、式の一ヶ月ぐらい前にやるみたいです。

ちなみに自分の時にはどうするのか全然決めてません(笑)。まだチャンスはあると思うけど・・・。

No comments: