Dec 6, 2007

虹の根元を掘ったなら

束の間のクリスマスショッピングは結局2日連続でMetrotown(この辺で一番でかいショッピングモール)へ。

と、言っても、プレゼントの「中身」はほとんど日本で調達するつもりなので、買ったものといえば、ラッピング用品、そして自分へのプレゼント(笑)。

さて、今日はたまたまMetrotownへ向かう用事があった相方パパに便乗して車で連れてってもらったのだけど、家を出た途端に土砂降りの雨。でもすぐに小降りに。雨は降りつつも灰色の雲の切れ間から陽が射してキラキラしてとても綺麗だった。

そして、車の窓から反対側を見ると、なんとも見事な虹が出ていた。

大きな半円を描いて両端がちゃんと地面についている、まさに虹らしい、キングオブ虹、といった貫禄のあるやつ。

そして車が方向を変えると、まさに虹の根元に向かって進んでいる感じになり、目の前に伸びる道の向こうから虹がすっくと出ていると言う感じの、なんとも幻想的な光景が広がった。

生憎、カメラを持っていなかったので携帯で撮影したものだけど・・・肉眼では本当に鮮やかなレインボーカラーに見えたんだけどな。でも写真でも分かると思うんですが、実は二重の虹(外側にもうっすらしたやつがある)になってます。

笑えたのは、丁度車がSecond Narrow Bridgeを渡っているとき、道路情報のラジオが丁度電話レポートをしていて、「虹があんまり見事に見えるから、橋を渡ってる車が皆スピードを落としていて、ちょっと混雑してるわ~」って言ってたこと。その時、私達には虹が真後ろに見えていたから、これは反対車線のことだろう。まぁ、気をとられて追突事故なんて起きてなくて良かったけど。

さて、虹の根元に向かって走っている時、パパがこんなことを。

「早く金の壷を掘りに行かないと~」

英語には「虹の根元には金の壷がある」"pot of gold (at the end of the rainbow)"という慣用表現があって、まぁ儚い夢と言うか、到底無理な一攫千金の野望、と言うか、だそうなので。

確かに、虹はしばらくして消えてしまいましたわね。

幻想的な光景なのに発想はゲンキンなのね・・・

No comments: