Jan 17, 2008

プレッツェルの悲劇

私がよく買う雑誌といえば、"Canadian Living"とか"Real Simple"などの奥様御用達系の生活誌。奥様じゃなくても買ってましたが。Real Simpleはそれでもちょっと「小じゃれた系」だけど、こないだ帰ったとき日本版が出てるのを本屋で見かけました。ファッション誌はと言うと・・・あまりにも現実とかけ離れたファッション(笑)だからなぁ。雑誌の値段は大体$6~7とけっこうするので、むやみに買わないようにはしてます。

さて、私がもっぱら見てるのはレシピのページ。こっちの料理はオーブン使うものが多くて、日本ではあんまりオーブン使ったことなかった私はあれこれ試してみてます。だいぶ慣れてきたかも。お菓子系レシピは、これでもか!と砂糖が入ってるものが多いけど・・・その辺は作る人のさじ加減で。

そんな私が、レシピを見つけて作りたくてたまらなかったのが「ソフトプレッツェル」。私、これが大好物で、Metrotownに行くと必ずこれ買って食べてるぐらい。それが手作りできるってんならぜひ作りたいでないの~と思いつつ何ヶ月かほったらかしてましたが(笑)昨日の夜中、とうとう作り始めました。

大量の小麦粉をこねるので体力いるのですが、イーストで生地を発酵させるので、手触りモチモチ、なんとも気持ちいい~。

さて、写真は、形を作るプロセスです。





個数分に均等に分けた生地(4カップの小麦粉で8個分できる)を丸めて、50cmぐらいに伸ばして、端っこをヒネヒネして、最後に折り返して、軽く押して止めて出来上がり。このレシピでは隙間のないように作るってなってました。

と、ここまでは初挑戦にして非常に上手くできました!さて、この後は、ベーキングソーダを入れて沸かしたお湯でこの生地をさっと茹で、表面に溶き卵を塗って粗塩を振り、400F(200℃)のオーブンで30分ほど焼けば、完成~!!


・・・となるはずでした。もうここまでくれば何の心配もあるワケない!ってぐらい順調に出来上がりかかっていましたが・・・


焼き始めてしばらくして、オーブンからなんか白い煙がモクモク出ているのを発見。最初はオーブンについた油が焼け残っていたのかと思ってましたが・・・

20分ぐらいして、部屋中に煙と、焦げたのでない異様な臭いが充満してどーうしようもなくなり・・・


・・・そして私は重大な過ちに気がついた!


実は上の写真の通りオーブンシート(Parchment Paper)を天板の上に敷いていたの
ですが、


いや、そのつもりだったんですが、実は間違えてワックスペーパーを敷いてしまってた!(見た目はおんなじ)


このワックスペーパー、電子レンジ用でオーブン対応ではない。したがって、高温ではロウが溶けて蒸発してしまうのだ!あの白い煙と変な臭いの正体はロウだったわけで・・・

慌てて天板を取り出して、ペーパーを取り出そうとしたけど、もう、プレッツェルの底にカッチカチにくっついてしまっていて・・・しかも、すでにプレッツェルの表面は綺麗な黄金色に焼きあがっていたので、あきらめ悪くちょっとつまんで食べてみたところ・・・


・・・なんかロウの味が染みこんでいる。がーん。


相方にも「だめだよー、これは食べちゃー。」って言われ。なんかもう食べ物じゃなくてtoxicな味だったもんなぁ。。。

あえなく、プレッツェルたちはゴミ箱行き。悪夢の結末!

この失敗は実は以前にもしたことがあり(勉強してないなー、でも紛らわしいのが悪い?!)・・・てわけで、これを書いている今、早速再び仕込んでいるところ(発酵待ち)。今度こそ食べられるものを作るぞ!(それは大事だ。)


2 comments:

chika said...

作る過程も楽しそうなお菓子だね。
オーブンシートとワックスシートか、、、私も家に2種類あったら間違えそう。

次回でリベンジだね。

焼き上がりの写真がアップされるのを楽しみにしていまーす。

orange said...

そうなのよー、間違えないためにわざわざ別の場所に入れておいたのにそれでも間違える私って・・・。

リベンジしましたっ。次のポストで写真アップするねー。