Jan 30, 2008

コリアンの味 in カナダ

やれやれ、雪はもう止んだもののやっぱり寒い寒い。

こんなときに食べたくなるのはやっぱりホットなもの。

そう、カナダにはコリアンテイストが良く似合う。

このブログにもたびたび登場する話題だけど、日本食を始め、アジアな味が恋しくなったら、いやなる前に、ダウンタウンに行ったらほぼ必ず寄るのがコリアンスーパー「H-Mart」

ダウンタウンには日系スーパーはないので(Fujiyaのテイクアウト用店舗でちょびっとは買えるけど)、日本人留学生もここには多く来ている。当然あとの客層はほぼ100%コリアン。だからレジでの会話もデフォルトは韓国語。(英語で話しかければ英語で答えてくれます。)日本のスーパーでおなじみ、おばちゃんによる試食販売もたまにやってたりしてちょっと懐かしい気分になれます。

ここでとりあえず日本の野菜・食材は大体手に入ります。納豆も入手可能(冷凍コーナーで!)。だけど、それ以上にやっぱり韓国産のものは種類も豊富で充実!

ある棚は一面に真っ赤(いろんな唐辛子ペーストがずらり並んでいる)で、なんだか見ているだけで辛そうだけど、実は興味津々。だけど、ハングルが読めないので、英語で書いてあるラベルを頼りに何とか見当はつくけど、どう使って良いのか良く分からなくてちょっともどかしい。

それでもパッケージや勘?を頼りに、チョコチョコ試してみたらイケるもの多し!

そしてこれが今ウチにあるコリアン食材たち。

手前のは、ちょびっと使っちゃってるけど唐辛子ペースト。(これでも売ってる中で一番小さいやつにしました・・・)キムチチゲするときにスープに入れるとグー。奥の白いフタはキムチ1リットル。ウチは相方も私もキムチ好きなのでこれでも結構あっという間になくなります。その隣は焼肉のタレ850ml。以前試しに、もっと小さいビンで買って、焼肉の時に使ってみたらこれがウマイのなんのー!○バラのタレなんて目じゃないっ!で、これも即なくなったので大きいビンでリピート。(果物の画が目印。甘みもあってスパイシー。)左端はパッケージで即買いしたビビン麺。近いうちにキムチを添えてランチにするつもり。右端は夜更かしの友、インスタント麺。これはあまり辛そうでない画でチョイスしてみた。だってホンマのキムチラーメンはめっちゃ辛いから。大学のスナックコーナーでもキムチ味のカップラーメンは必ず売ってて、コリアンの子達がお昼に食べてるのをよく見かけます。美味しいけど食べると汗だくになるのよー。

ダウンタウンのお店は小さいけど、スカイトレインのLougheedの駅辺りまで行くと、大きなコリアンスーパーがガンガンあります。(Coquitlamには韓国系住民が多いので。)野菜は中華系スーパーに比べても新鮮だし、カナディアンスーパーよりお値段も安いので、お勧め。ウチから遠いのがなぁ・・・。

さて、そんな(個人的)コリアンブームな今、密かに考えているのが自家製キムチ作り。考えたら材料が簡単に調達できそうだし。白菜は箱買いできるし、真っ赤な粉唐辛子とかも手に入りそうだし!

というわけで、食は文化。文化は食から(?)。なぜか日本にいたときよりも韓国を身近に感じる今日この頃です。

それから今、韓国産焼肉プレートを買おうかどうか検討中。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

No comments: