Feb 29, 2008

超簡単チョコクロワッサン

こないだ、友人Fちゃんと話していたとき、思いつき、作ってみたらイケてた!という超、かんたんチョコクロワッサン。

<用意するもの>
・スーパーのバター・マーガリン売り場あたりに良くある、缶入りのクロワッサン生地

・製菓売場に売ってるチョコチップ(端っこがちょっと破れてるのは、知らぬ間に相方に食われたため・・・子供か?


この缶入りの生地は、クッキーとかビスケット(KFCのみたいなやつ)とか、色々あって、食べたいときにオーブンで焼いて熱々のうちに食べると うまひ~ なモノ。おすすめはシナモンロール。売ってるのほど激甘ってことがなくて、おいしい。

クロワッサン、このままでもおいしいのですが、今回はちょこっとアレンジ。

缶をひねるようにすると「ポンっ」と生地が出てきて・・・ロールされてる生地をほどくのです。

すると、(見えづらいけど)このようにキリトリセンがついているので、その通りに切り離し。


このとき、チョコチップを適当にばらまき、一緒にクルクル巻き込み。

あとは説明どおりの温度と時間(10~15分ぐらい)オーブンで焼きますと・・・




この通り、ゴールデンで、中はチョコとろーりなクロワッサンのできあがりっ。即食べると うま~ ですわ。

かんたん。





てか、これは料理ではなく、こーゆー便利なものがある、ってお話だね。

うまかったよー、Fちゃま!お試しあれ!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Feb 27, 2008

ブランチ De Dutch

タイトルはだじゃれ。

またもや(結局)逆転してしまった我ら、寝ないまま朝になってしまったので・・・えいやっ!っと外にブランチしに行くことにしました。きゃー、めずらしい!

なんとなくパンケーキな気分なのでIHOP?とか思ったけど、相方におまかせ~したらココについた。

De Dutch

チェーン店だけど、行ったのはノースバンの3rd. St. 。掘っ立て小屋かと思った(失礼)。中は可愛いです。

名前の通り、Dutch(オランダ)風の、ブレックファスト&ランチのお店。だから2:30には閉店しちゃう。

で、考えていたとおりパンケーキ、と言うかこのお店の名物 "Pannekoek" にしました。こちら。どどーん。

どこがパンケーキ?・・・ってお皿全体がパンケーキなんだよー!

乗ってるのは、ベーコン、輪切りのシナモンアップル、オニオン、とホイップクリーム。

ベーコンはアイルランドでもあった、赤身のバックベーコン(rasherと呼ばれる)。これかーなり塩辛いです。ていうか、向こうではベーコンて言うとこの種類しかないですねー。(おなじみのやつも、たまによーく探すとあったりするぐらい。)一方カナダでは、われわれが見慣れているベーコンと同じです。でも、メイプル味とかあったりする。

(追記)
と、私は思ったんだけど、相方はカナディアンベーコンだと言う。どっちにしろ、back bacon(ロース肉で作った脂身のないもの)で、スーパーでよく見かけるのはバラ肉のbelly bacon。あとrasherとは、ベーコンの種類のことではなく、イギリスやアイルランドで「スライス」のベーコンのことをこう呼ぶ、のだそうです。


パンケーキ、じゃなくてPannekoek自体は薄くモチモチしていて、これもこっちのパンケーキとちょっと違う。以前イースト入りのパンケーキを作ってみたときのに似てました。私はこれも好き。

写真に入っていませんがStroopなるものが一緒についてきます(ボトルで)。オランダのメープルシロップみたいなもんでした。メープルではないかもしれないけど、黒っぽいシロップ。

美味しかったー。オランダ料理もいいねー!

相方はエッグベネディクト(スライスしたマフィンの上に、ハム、ポーチドエッグが乗り、オランデーズソースがだーっとかかったもの)にしてました。

私、オランダ(アムステルダム)には乗継ぎで6回も行っているのに、一度も空港の外に出たことないなー。行っとけばよかったかも。って思いました。

オランデーズソースはパック(粉末)で売ってるのが結構便利ですー。魚料理やアスパラにも合いますよー。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Feb 25, 2008

オスカーと脚本家の関係

のっけから余談。実は、我が家の深刻な昼夜逆転現象をどうにかするため、相方と私の間で、

「夜12時以降はパソコンに向かわない」ルールを作ったのですが。

作ったはいいけどあっという間にどちらからともなく破られてしまったのですが(おい!)、再び、実行しようということになりまして。お急ぎで書いてます。(おい?)

画面を見つめていると、脳が刺激されて?覚醒してしまうようで、どうも、長時間パソコンに向かった後は寝付きが悪いような気がしていたんですよね。(就寝時間のズレは私の場合寝つきの悪さなので。え?昼間はいつも寝てるじゃん、て?そうなのよねー、昼間はあんなに寝られるのにー!)

さて、今日の話題です。いや、本当は昨日の話題です。

アカデミー賞授賞式でしたね。私の日本の友達で、毎年この日は仕事を休んで生中継で見ている、というツワモノがいますが、ここバンクーバーではハリウッドとの時差もなく、難なく見ることができまっす。これは、幸せなのかも!

と、余裕ぶっていたら、実はレッドカーペットのシーンを、まんまと見逃してしまいました。女子的にはここが一番おもろいとこ(?)なのにー。

受賞者は大体が下馬評通り、だったのではと思います。自分でも意外?だったのか、一番感極まっていたのが、主演女優賞のマリオン・コティヤールだったと思います。フランス人の彼女はもしかしたら英語得意じゃないのかも、という気もしましたが、途中で"I'm speechless..."と詰まった後、「・・・とにかく、みんな、ありがとう!!」って感じで、初々しく可愛かったです。32歳かぁ。。


それはそうと、10日ほど前、アメリカの脚本家ストライキが終了したと聞いて、やっぱりー、と思いました。(→関連ニュース

このストライキ、かれこれ3ヶ月も続いていたもの。始まった当時、私相方家に居候していましたから。そして相方ママ(実はお仕事は脚本家)から、興奮気味にこの話を聞いたのを思い出します。そして、日本の形だけの「恒例行事」と違ってこっちの人は、やるとなったら徹底的にやるのだなと。(余談ですけど、バンクーバーの市職員も夏の間中頑固にストってたし。)

その間当然、映画やドラマはかなりの打撃(製作延期とか中止とか)を受けたけれど、意外なのはドラマ以上に影響を受けたのがトークショーだという事。トークショーってこっちでは夜中になると、レイト・ショーって枠で色んなチャンネルでやってます。大抵は看板ホストが1人いて、その人の名前を冠したものが殆ど(レターマン・ショーとか)ですけど、やっぱり裏では何人もの脚本化がチームになって構成を支えているものなんですね。

人気のトークショーの1つ、Stephen Colbertの"The Colbert Report"(ちなみにColbertの読みは「コルベア」なので、番組名は「コルベア・レポー」と読む)でも先日、番組が始まるなりコルベアが大々的に「ライターのストライキ終了!ヤホ~~!」と叫び、ライターチーム(10人以上はいた)を画面全員登場させて「お祝い」していました。ライター達の方はなんか気まずそうでしたけど・・・。どうでも良いですが、コルベアを見ると加トちゃんを思い出す私です。

さて、脚本家ストは、ゴールデン・グローブ賞にも影響して(賞にもやっぱり脚本があるのね!)、今年は中止に追い込まれてしまいましたね。でも、いくらなんでもアカデミー賞は・・・と思ったら、やっぱり、ということだったんです。

して、今回のストですが、簡単に言えば映画や番組の2次使用料(インセンティブ)が割に合わない!ってことが原因だったんですが、制度はビデオやレーザーディスクが全盛だった時のもの。(今の若い人、レーザーディスク知らないですよね・・・?)今や、インターネットのダウンロードで簡単に、大量に、(そして違法にも)作品が出回る時代ですからね。制度も時代に追いつかないと、という話だったのでしょう。ていうか、このアメリカで20年も制度が変わらなかったことが逆に驚きなのか。日本ではありがちな話の気もしますが。

それにしてもアカデミー賞からずい分話それましたねぇ。でも、もう1日経っちゃってますし、いいんです(?)

「ふぁっそんちぇっく」は後で別番組で見ました(当然!)。今年は赤いドレス流行?だったみたいで。でも、レッドカーペットの上だとドレスと絨毯の区別がつきません。そしてアン・ハサウェイはやっぱりお姫様ルックが猛烈に似合うのかも(逆に言うと普通の格好だとなにか顔だけ浮くのかも。)

このブログでは今まで封印気味だったけど・・・私、ハリウッドゴシップネタは大好きでございます。うふ。

以上、大幅に時間切れ・・・今日はまじめに料理してたからその分、許しておくれ。(to相方)

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Feb 23, 2008

アンケートしてみます

Bloggerの機能を使って、アンケートを作ってみました。右側を見てみてください。

まずは、皆さんがどこからこのブログを見ているのかな?というわけで、こんな質問【お住まいの国(地域)はどこですか?】です。良かったら押して行って下さいませ。期間は今日から1週間です。選択肢の数の都合上、一くくりにされてしまった地域の人、「その他」にされてしまった人、ごめんなさい。私の予想では1位日本、2位カナダ・・・だと思うのですが。

しばらく前にブログランキング(にほんブログ村)を新しく追加したおかげか、少しずつアクセスが増えてきているようです。

それから、このブログのポストも200近くになり、自分でも以前何を書いたか忘れてきました・・・(トシのせい?)。なので、検索機能を設置しました。(右側の下の方)

Googleの機能ゆえGoogleのクロール結果から引っ張ってくるので、余計なものも引っかかりますが、ご活用くださいませ。「wwwを検索」のオプションで、普通のGoogle検索としても使えます。

どうでもいいですが、Blogger、Googleの傘下(というか買収されてる)なのに、検索機能提供してないってどーなんだ。(なのでサードパーティの機能として組込みました。)いや、そんなことにはくじけませんが。


(追記)検索機能、ないと思っていたら、このブログのいっちばん上の左に「ブログ検索」って!ちゃんとついてるし!きゃあ~。使いこなしてないのはお前だ!って、感じです・・・失礼しました。なのでGoogle検索、外しちゃいました。

どこから見てくれるのも歓迎!でございます~

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Feb 22, 2008

またもやナイター @ Seymour

今週も恒例(?)金曜ナイター@Mt. Seymourに行ってきました。なんか最近、あのお手頃感にやられている感じ。単に滑った後のBeerがサイコー!だから、という説もあります。

さて・・・ぐっと暖かいポカポカ陽気だった今日ですが(ショッピングセンターには半袖の若者達もちらほら!)、山の方はと言うと・・・先週は山の中腹辺りからたっぷりとあった雪が1週間にして激変。スキー場までの道路に既に雪は全くなく、スキー場の駐車場にも全く雪なし!えええ~!(これならウチのあの車でも来れるかも~)

ゲレンデの方はそれでもちゃんと営業していますが、こんな状態ではやはり。先週までのサラサラパウダーから一転、スラッシーなザラメへと変貌していました。しぇぇぇぇ~。がっかり。

しかし、真のスキーヤー(?)はどんな状況だって滑りを楽しむのだ!

先週と違って良かったのは、山の中腹にガスがかかっていなかったので、山の上からの眺めがそりゃもう素晴らしかったこと。夜景の一大パノラマです。西側のダウンタウン~海岸線から東はバーナビー、コキットラムまで、一気に見渡せます。でもしょぼいケータイカメラでは全然伝わらないの。。。

日が落ちる寸前の空の煌きも楽しみながら、まずはゆーっくりとラン。(でも、ちゃんと自分の周りも見ましょう。)

今日はゲレンデにやけにお子ちゃんたちが多かった。どうやら学校のアクティビティか何かで、バス1台仕立てて来ていた模様。さすが地元っ子、スイスイ、スイスイ、そしてみんなでワイワイキャイキャイと滑っています。ボードの子もいれば、スキー履いてる子も。そうでなくても多分、いつも学校が終わってから「滑りに行こうぜ~」ってノリで友達同士来てるんだろうな。羨ましい。そんな環境で育ちたかったワ・・・(と思う関東育ちの私。)

あ、でもそんな環境で育ったはずのうちの相方は、全然それほどウィンタースポーツしませんね~、そういや。

何だかんだ言って適度に滑りを楽しんだ後は、いつものお約束。今日は山を下ってからParkgateにある日本食レストランGenji(我が家の行きつけ)で瓶ビール(カリフォルニア産Asahiスーパードライ)で乾杯☆しました。

それはそれでまたよろし。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Feb 21, 2008

ぶらり一人歩き~ダウンタウン編~

さてさて、今日は昼間に活動することに成功!(相方は私を起こしてくれた後力尽きて寝てしまったけど・・・まぁ良しとする。)

実はパスポートの記載事項変更ができてもう1週間経つのにまだ取りに行っていなかった。(なくても全然生活できるわ~。)でもいい加減に行ってこないと・・・てわけで、今日はダウンタウンへ。

今日はなんだか春の陽気すら感じさせるお天気。ひさびさにトレーナーに薄手のウィンドブレーカ(って今言わないか?)で外に出た。けど、実は多分6℃ぐらい。そこまで暖かくはない。ははは。

ノースバンの東側にあるウチからダウンタウンへはバスで行ったほうが早いのだけど、今日は天気も良いしSea Busにしてみた。シーバスはダウンタウン~ノースバンクーバーを結ぶフェリーだけど、名前の通りバス扱いなので、料金もバスと同じ。公共交通なのにちょっとした旅気分を味わえるのがオイシイ。


写真はダウンタウン側のシーバス乗り場(Waterfront駅)からノースバンの景色を望んだもの。今日はカメラを持たずに出かけたので携帯のしょぼい写真なのがちとイタイ。が雰囲気はこんな感じ。(左側に写ってるのはカナダプレイス。)


☆そういえば(追記)☆

もう1年以上前だけど、ここで撮った写真があったんでした。(当時バンクーバービギナーだったのであちこち写真を撮りまくり・・・そして忘れてた。)

← ダウンタウン側を出発するシーバス

☆おまけ☆

夕暮れ時のWaterfront駅周辺。展望台のあるビルが、うちの大学のダウンタウンキャンパスがあるHarbour Centre(キャンパスって言ってもビルの中に入る程度なんです)。



このWaterfrontの周りは、日本で言えば横浜のMM21(みなとみらい地区)みたいなもん?で(それよりかなりちっちゃいけど・・・)、ちょっと前まで辺りに何にもない港だったところに、今はガンガン色んな建物がが建っているところ。新しいショッピングセンターもできていたし。で、いつもは通らないCordova St.を歩いてみたら、意外に可愛いお店やお花屋さんが並んでいる。新・オサレエリア入りも近い?そしてこんなおされTea Cafeを発見。

コーヒー圧倒的優位のカナダで、外で美味しいお茶(そして砂糖が入ってない:ここ重要)が飲めるところはなかなかないけど、こんなの出来たんだ~とちょっと感心。ちょうど緑茶飲みたかったし。けっこうたくさんあるメニューの中から、"Deep Steamed Sencha"(深煎り煎茶?)をオーダー。スタバのコーヒーみたいな蓋付きのカップに入れて、歩きながらお茶を飲むのもまた新鮮かも。お値段はスタバと同じか、ちょっと高めか。

・・・パスポートも無事に戻ってきたところで(この話はまた別途詳しく)、今度はRobsonの方向へ。いつもの如く、H-Martで韓国産かりんとうなどの食料品ゲット、それから最近近くに出来たIGA(ちょい都会派カナディアンマーケット)でアジアン以外の食材をゲット。ここで、最近ずっと探していたどっしり重めのライブレッドを発見。今までパンのコーナーをどれだけ見ても見つからなかったのに、チーズと一緒に冷蔵コーナーに置かれていたとは!あれはパンじゃないのかー?で、つい側にあった美味しそうなチーズも一緒に買って・・・

となれば当然ワインが欲しくなる(笑)。リカーストア(カナダではスーパーでお酒買えないので、不便・・・)までまたまた歩き、本日はこれをゲット。

French Rabbitのカベルネ・ソーヴィニヨン

これの良いところは、見ての通り、テトラパックのワインなので、軽い!おまけに、1リットル入りなのに750mlのボトルと比べてお値段もそう変わらない(=お得♪)。味の方はそこそこ?と思いきやさすがフランス産、なかなかです。さらっと飲みやすい感じ。荷物が重かったら、あれこれ悩まずこれを買って間違いなし。

調べてみたら日本でも500mlパックで売られているみたいです。

というわけで、今宵はワインとチーズでほろ酔い加減。

よく歩いたし、今日は良い夢が見られるかも・・・☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

もうすぐ春ですね~?

高緯度ゆえ冬場は日が極端に短いここカナダ。未だに、朝7時を過ぎても外は真っ暗。思わず、起きる時間半日間違っちゃったんじゃないかって思うほど。(いや私の場合本当に間違えるからな・・・)

かと思えばちょっと前まで、夕方5時前にはとっぷり日も暮れてしまって、夜の長いこと、長いこと。

高緯度の地方では、日照時間の短さのせいで冬にうつ病を発症する人が増えるといいます。

ウチの場合は・・・うつにはなっていませんが、2人ともニートでほぼ引きこもり生活ゆえ、生活時間が全く変です。と言うか・・・ほぼ完全に逆転しているに近いです。

これではいけない!と、たまに敢えて「完徹」してみたり、色々試してみるのですが、2~3日「まともに」過ごせても、あっという間にまた逆戻り。

早いところ社会復帰しないと本当にまずい。それからやっぱり日の光にあたらないと、人間らしい生活は送れないんだと思います。

このところ、日は少しずつ長くなってきました。(6時近くまで日も暮れないし。)
たまには早朝散歩にでも出てみたら良いかもしれない。

ところで、相方がガレージでひさびさにヤツ(ラクーーーン!)に遭遇したらしい。どうやら、ヤツらの春も近いようで。

オラオラ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Feb 17, 2008

プチドライブ~ウエストバンクーバー編~

今日はたぶん年に1度あるかないかの我が家のミラクル。2人揃って朝6時半には起きていた!(私は実は変な時間に寝てしまって変な時間に目覚めてしまい、そのまま起きてただけだけどね。)

しかも今日はすっばらしく青空な良い~お天気ではないか。ちょっとfreezingではあったけれども。

というわけで、ちょこちょっこと家の中の掃除をして、昼過ぎからドライブと相成りました。

行き先は相方におまかせ~のプチ・ドライブ。最初に止まったのは、近所のオート洗車場。おい~。だけどこんなお天気の日曜日だからね、結構繁盛していた。まぁ急ぐわけではないしね・・・車もきれいになってドライバーも満足したところで・・・

トランスカナダハイウェイに乗り西へ、まず向かったのはウエストバンクーバーの西の端っこ、Horseshoe Bay。ここは、ナナイモやサンシャインコースト、ボーウェンアイランドへ向かうフェリー乗り場があります。そのお隣は可愛らしいマリーナ。街並みはかなり小じんまりですが、今日はなかなか賑わっていました。お昼を食べようと思って入ったオイスターバーが、待てど暮らせどオーダーも取りに来ないのであきらめ、近くのハンバーガーショップでお昼を調達。お値段も手ごろだったし、サーモンバーガーはなんか海のそば「らしく」てなかなかのお味だった。これでかなりお腹一杯。

さて、車はそこからハイウェイ99、通称"Sea to Sky Highway"に乗って北上。この道はスコーミッシュ(Squamish)そしてウィスラー(Whistler)へとつづくハイウェイ・・・なんですが、入った途端に舗装はガタガタ、周りは石ころだらけ・・・のなんかかなりいささか不安になる道です。実は2010年バンクーバーオリンピックに向けて、鋭意増幅中!らしいのですが、写真の通りまだまだこんなだし、大丈夫?という感じ・・・メイン会場のウィスラーに行く道はこれしかないと言うのに。

さて、今日の最終地点はその道の途中にある"Pouteau Cove Park"でした。ご覧の通り、空・海・山が一体になったお見事な景色。ハイウェイの名前(だけ)はダテじゃない。(写真は公園の中にある桟橋からスコーミッシュ方向に向かって撮ったもの。)


海に浮いている「浮き」は実はダイビングポイント。さすがに今の時期に潜っている人はいないけど、この公園にはダイバー用の施設もある。上からじゃ見えないけど、海中では色々遊べるようになっていて、写真の説明(クリックして拡大)の通り、なんと船も沈めてあるらしい。ダイビングはしないけど、なんだか楽しそうだな~。

次はもっと先まで行ってみたいな~、運転ヨロシク~、相方!

え?私?・・・いやまだ運転は。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

北米人にウケない和食

ウチの相方は日本に5年ぐらい住んでいたおかげもあって、大抵の和食に抵抗はないので、メニューにはまぁラクに和食が入れられるんだけど(それでも連続するとちょっとキツいかも)、これはダメってのはやっぱりある。

筆頭:納豆

これは我が家では禁止されているに近い。なぜならあのニオイからしてダメだっていうからさ。目の前で混ぜ混ぜ♪したりしたら拷問かも~(笑)。ちなみに私は好きなんです。だから・・・ヤツの目を盗んで食べられるように、納豆は冷凍庫で常備していまっす。こっちに来るまで納豆が冷凍できるって知らなかったけど、こっちでは中国系・韓国系スーパーの「冷凍コーナー」で売られてるのよね~。(冷凍で輸入されているからだと思う。)だから、帰ってそのまま冷凍庫に突っ込みます。すると、けっこう持つのです。(数ヶ月は。あんまり経つとさすがに化石化するけど。)これは発見だわ!

次点:生タマゴ(あるいは半熟タマゴ)

これは以前聞いた相方ママの話がいかにも北米の人の感覚だなって思ったもの。以下ママ談。

「以前、南フランス(確か・・・)に旅行したとき、地元のビストロに行って、自家製ピザを頼んだの。お店の人が「スペシャルトッピングにする?」って聞かれたからうんって答えて、出てきたピザを見たらね、生地も薄いクリスピーで(ちなみにここではまずお目にかかりません・・・多分、よっぽどちゃんとしたイタリアンレストランでない限り)とっても美味しそうだったんだけど・・・上に生卵が乗ってたのよ~!信じられない!もう、うわ~って感じだったわ~!」

ピザの上に乗ってたってことは半熟状態だったんでしょうけどね・・・ママの話からすると、火の通ってないものは生!って感覚みたいで。これは日本人の感覚なら「わー、美味しそう!じゅる♪」ってとこなんでしょうが、北米の人は、トロトロ~なヤツは・・・もってのほかって感じです。この話からすると、現地(中部ヨーロッパ)の人にとっては「スペシャル」扱いみたいですけどね。あっちはイカタコもOKだしね。日本人の感覚に近いのかも。

というわけで、次々点:イカタコ類

これは相方、日本初上陸時の話。当時、日本語は一言も話せず、どうにかこうにか、都内某所に当面の宿を確保して、空腹の絶頂で外に出たそうな。そこで見たのは、何かの屋台。以下、相方談。

「・・・なんかよく分からなかったけどすっごいハラ減ってたから1つ買って、口に入れてみたら・・・見かけに反して中はぐにゅっとした感触だし、おまけに中に入っていたのが・・・タコだって聞いて、もう即、吐き出した!

と、相方、タコ焼き初体験のお話でした。以来、タコ焼きはトラウマで2度と食べてないそうな。イカタコは食べるモノじゃないって思ってるみたい・・・。(えー。)

さらに言うと、タコ焼きの上で踊ってるかつおぶしも「気持ち悪い」だそう。(えー。)


これらの話を総合すると、「ウケない」要因は、味と見た目と、あとテクスチャーってのが大きいんでないかと思う。要は、「トロトロ」「ぐにゅぐにゅ」した感じのものはかなりの確率でウケにくい。"Gross!"(気持ち悪ー!)って感じみたい。

だから実は、和食を作るときも、とろみの強いもの(あんかけとか)はあまり作らないようにしてます。味の点ではけっこう何でもウケるけど、ちょっとした気づかいは要ります。(私は好きなんだけど~、トロトロ~。)

あ、だけど、一般的にウケないって言われてる海苔とか海藻類(お味噌汁のワカメとか)は、意外にけっこう大丈夫です。少なくとも私の見た限りでは。

バンクーバーには、道を歩けばスシヤに当たるってぐらい寿司屋がいっぱいあります。日本の居酒屋もあるよ~。そしてどこも結構繁盛してる。地元人にもスシ&和食は大いにウケております。

ただ、そういうお店のオーナーは日本人とは限らないし(中国人か韓国人、ってことも多い)、日本人的には、味には当たりハズレがあるようです。

ちなみにウチでプチ喧嘩をしたときには・・・納豆を食卓に登場させます。ははは、私、鬼だわ~♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Feb 15, 2008

Ski @ Mt. Seymour ~ナイター編~

今季はノースバン在住の地の利を存分に生かして、サクサクと3度目のスキーへ。

何事もスロースターターな私(寝すぎ・・・)と友人Fちゃんの学校の授業が終わる時間に合わせて、平日の今日はナイターで楽しむことに。

前回同様Parkgateで待ち合わせて、あのシャトルバス(?)に乗って・・・

と、思ったら、またまた見事にはめられてしまった。

平日のシャトルバスはアレ(黄色いスクールバス)じゃなくって・・・全部で9人しか乗れないミニバンなのであった!これまた驚愕!ホント毎回Seymourには笑わされます・・・しかし、そのせいで乗るはずだったバスを逃してしまう。なぜならスクールバスと違い、ミニバンはきっかりA&Wの前から出発するのだ!前回の経験で私たちは全然違うところに立っていたわけ。・・・さらに、バスの集合時間を30分勘違いしていたお陰で、なんと計1時間半もParkgateで待ちぼうけする羽目に。あら~。

さて、気を取り直して出発・・・下界は雨模様で気がかりだった天候も、山の上はフカフカの新雪。写真の通り、多少ガスってはいましたが、気温もそこまで低くなく(-2℃)、けっこう快適でありました。

なにより、土日に比べて人も格段に少なく、リフト待ちはほとんどナシ。ロスした時間もなんのその、スイスイ、スイスイ、快適~な滑りを楽しめましたん。午後4時以降はお得なパス(大人$31、学生$26.50)が使えます。

下山の最終バスは10時。学校やお仕事帰りでもたっぷり遊べます。

あ、水道も直ったらしく、トイレ問題も解決されてました!

締めはもちろん!ロッジのビール!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Feb 14, 2008

バレンタインデーは誰がために

日付はバックデートさせて書いております。

さてさて、しばらく前からショッピングモールはといえば一面ピンク色。もちろんバレンタインモード真っ盛りでありました。お菓子業界の陰謀が市場に渦巻きまくっているのは日本でもカナダでも同じです。

ただ違うのは、こっちのバレンタインデーに命をかけるのは、どっちかって言うと男性のほう。愛するハニーの待つ家に真っ赤なバラの花束を抱えて・・・なんていうビジネスマンも多いのでは。(※あくまでもイメージ。でもあながちハズレではないと思う。)

ウチ?ウチのバレンタインはウチのためにあるのではなーい!

数日前には早くも、相方パパママからカードとチョコレートを貰っていた私たち。出遅れ感でいっぱい。

そこで今年は・・・作りました~

"Chocolate Lava Cake"

直訳すれば溶岩ケーキ。かりっと焼けたチョコレートケーキの内側から溶けた溶岩のようなチョコレートがとろーりな一品。

・・・なぜこれにしたかって実は数日前にレストランでこれを食べて猛烈にもう1回食べたかったからなんだけど、自分が。

おフランス風に言うと「フォンダン・オ・ショコラ」で同じようなもののレシピが探せると思います。(今回は著作権の都合上、参考にしたレシピを引用しません。)

もたもたしていたら夕方になってしまい、焼きあがってラッピングも可愛くしたこれをたずさえ、途中でバラの花束も買いパパママ宅へ。(お花屋さんで上述の「ハニーへ」的なゴージャス花束を作ってもらっていたオジサマ発見。)

本当はそのまますぐにおいとまし、相方とレストランディナーする予定だったけど・・・

大の話好きの相方と、そのDNAの製造元であるその両親。

気づいたときには夜の10時になっていましたとさ。もうレストラン終わってるじゃん。(まぁ、どのみち予約はしていなかったけどさ。)ついでに、なぜか持参したケーキを一緒にいただき・・・

結局、その後はバーで一杯ひっかけて、猛烈にハラが減ったのでA&W(どこにでもあるカナダのハンバーガーチェーン)でテイクアウト。

なんだかな~なバレンタインデーでありました。

良いんです。家族が幸せならばそれで。

レストランのクーポン券もまだ使えるしさ・・・ふん

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Feb 13, 2008

グラマーのワークショップ

ブログの趣旨と全然関係ない自己満記事を上げてしまったので(何が何やら、という感じだった人、ごめんなさい)・・・

お口直しに、久々にこのブログの本分、学校の話を。

とこれを書いている今、実に久しぶりに大学(山のほう)に潜入してます。潜入、って・・・でも今季ホントは学生じゃないから(笑)

しかし、ひきこもり生活も長引いてくるとすっかり頭もなまってしまい、何よりも英語力の再低下が非常に懸念される今日この頃。(相方と喋ってるのは英語であって英語でない。)

大学でやっているワークショップに出てみることにしました。

ワークショップと言っても色々なものがあり、「上手い論文の書き方」から「生活時間の配分を見直して勉強時間を確保する方法」から「仕事と学生生活の両立の仕方」まで。(実際、こちらでは仕事しながらの学生は多いです。)

大学もいろんなことを教えてくれるもんだ。

私が今日出たのは、「英語が第2言語の学生のための文法講座」のシリーズ。グラマーです。それもかなり基本に立ち返った「動詞の時勢」について。

正直・・・もう何度も教わったじゃん!て感じの内容ですが、しかし、未だにエッセイを書くとボロボロなところでもあります。この際、何度だって基本からやったっていいじゃん!(時間もいっぱいあるし・・・)と思う私です。

何度詰めても記憶がこぼれてしまう脳ミソには・・・

何度でも詰めなおしましょう。

大人の学習には、あきらめないことも大事なのです。多分。

今日はお天気もすんばらしく、山からの眺めは最高。こういう日は山に来てもお得に思えます。雪さえ降らなければ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ブログのデザイン

Firefoxをお使いの皆さま。
今までこのブログの文字が小さくて読みづらかったかもしれません。ごめんなさい。
※自分でブラウザの表示設定を調節している人以外

(と打ったら最初「読みヅラ買ったかも」と変換された。なぜその文節でその変換に・・・ちなみにヅラは買ったことない。)

以下自己満足&ブログのテーマと全然関係ありませんが・・・

ずい分前にBloggerの機能がアップグレードされたとき(CSS準拠のテンプレートに全面移行)、レイアウトエディタが導入されました。確かに、自分で直接コードを直さなくても、エディタで表示イメージそのままに、ドラッグ&ドロップするだけで色々変えられる様になって、便利だなーと思ったんですが・・・

フォントのデフォルト指定(というか本文部分の指定)は、旧テンプレートのものを引きずりつつコードに埋め込まれていたみたいで、やっぱり自分で探して直さないとならなかったようです。(やっと見つけました。)

あ・・・私元システム屋ではありますがWeb関係には程遠くぜーんぜん専門じゃないので、この辺、シロウトです。

(だから、コード変えるのもカンで、うーんココか?いや、むむむココか?・・・おっ!てな感じで。そんなんでいいのかー。)

私は普段IE使いなので(可もなく不可もなくなブラウザだから・・・)自分では見やすい文字で見れていたんですが・・・ではIEとFirefoxではフォントのデフォルト指定からの影響のされ方がなぜ違うのか?については・・・そういうもんだ、ということぐらいしか分かりません(笑)。

たまにFirefoxで見ると「ちいせーなー」と思いつつ、ずっと放っといたままにしていましたが・・・ようやく大きくしました。それでも、100%にするとなんだかバランスが悪く、多少小さめです。あと、サイドバーの文字は相変わらず小さいですが・・・それもやるとなると
多分、デザインの全面改修が必要なので当面はこのままに。あと、写真を数枚連続でアップしたときのレイアウトが、IEとFirefoxでは違ってしまうのにも気づいています(で、IE準拠になってしまっています)・・・これはまだ当分直らないかも。

あとこのブログ、ポスト(投稿)用のエディタの動きも結構不可解。(しかもIEとFirefoxで動きが違うことも。)なので、ポストするときはエディタは使わず、HTMLの直書きです。行間がたまにおかしくなるのも、無理やりコード入れて調節してたりします。Bloggerはもともと海外のブログサービスのせいか(今はGoogleに買収されています)、テンプレートのデザインが日本語(2バイト文字)の文字の大きさには少し向かないかも・・・とは前々から思っています。アルファベットはけっこう小さい文字でも違和感ないんだけどね。だったら日本のブログサービスにすりゃいいんですが、まぁ、ちょこちょこいじって愛着もあるし・・・当面このままで。不満はあるけどかわいいやつ、ってとこですな。

それから、IEとFirefox以外のブラウザでの表示確認はしていません。それもすみません。

今後も思い立ったときに少しずつ直してみます。

追記:
字が大きくなって、フォント(字体)もおかしかったことに気がつきました。学校のPCのFirefoxで表示してみたら気づいた・・・原因は長くなるし書いてもつまらないので省略ですが直しました(ただしポスト単位に直す必要があったので・・・全部はムリ。)
やっぱりできるだけいろんな環境で試してみるのは大事だ~。

なんか久しぶりに使った単語がいくつかあるな~・・・ははは。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Feb 12, 2008

マイラーの勧メ

まだちょっと先の話ですが、3月下旬から約1ヶ月間またまた日本に帰省します(帰りすぎ!?)。メイン事項は結婚式(自分達のだよ!)。ここ数年の桜は咲き始めがかなり早いけど、上手いこと咲いていれば良いな~と思います。

さてさて、今日のお話は航空券について。実はワタクシ、マイラーです。私がメインで貯めているのはNWA(ノースウエスト航空)のプログラム、「ワールドパークス」。このたび、2度目の日本往復航空券をゲットしました!わーい。1度目はカナダに来てから1回目の帰省の際使ったので、再び貯めるのに約1年、ということになります。

まぁ、去年は色々あって飛行機乗りすぎでしたが・・・でも1年に1往復ずつタダのフライトが貰えるというのは、海外在住にはかなり嬉しい!

去年乗ったマイル加算対象のフライトは、
  • バンクーバー(YVR)~ダブリン(DUB) ×2往復
  • バンクーバー(YVR)~東京(NRT) ×1往復
カナダ~日本間にNWAの直行便はないので、アメリカ経由です。カナダ~ヨーロッパ間にはNWAは飛んでませんが、同じスカイチームKLMオランダ航空を使ったので、NWAのマイルとして加算されたのでした。

(これ以外に、特典航空券を使って日本へ1回、あとエアカナダでも1度日本に帰っていますが、それはここでの加算対象外。もちろんエアカナダの方のマイレージプログラムにも入ってます。)

格安航空券でも、予約クラスがマイルの加算対象であれば良いので(ホールセール価格でも大抵は大丈夫)、マイラーの方は、自分のメインの航空会社との提携の有無をチェックした上で、予約時にクラスを確認することをお勧めします。(加算対象の予約クラスは各航空会社のサイトなどで確認を。)

さて単純に、会員である航空会社またはその提携会社の飛行機に乗ればマイルは貯まるのですが、そうそう飛行機に乗る機会なんてないよ!って場合もマイルは貯まります。

私も、実際今回の日本行きに使った6万マイル(NWAの場合)のうち、上記の「乗って貯めた」マイルは半分の3万マイルぐらいです。

では残りの3万マイルはどこから?というと・・・
  • クレジットカード
  • その他のワザ

まずは、クレジットカード。これは自分の入っているマイレージプログラムと提携していて「使えばマイルが貯まる」タイプのものを選びます。カードの種類によっては貯まるマイル数にも違いがあるので(例えば100円使うごとに1マイル、200円で1マイル、とか)、その辺はよく吟味。

カードを何枚も持っている人もいると思いますが、大きい買い物の時は必ずこのカード、と決めて使うようにするとかなり貯まると思います。もちろん航空券を買うときにも!(私の場合はこの出費が一番大きい・・・)これで、搭乗以外にもマイルが貯まってダブルゲット。

さて、「その他のワザ」ですが・・・これにはちと根気と細かいチェックが必要になります。が、結構あなどれない。これは別途、まとめて書きたいと思います。(シリーズ化するかも。)

あと、日本語で言う「マイレージプログラム」(特定の会社のプログラムの名前じゃなくて、総称)は、英語では"Frequent Flyer Program"(FFP) です。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Feb 8, 2008

パスポートの記載事項訂正と別名併記

先日移民申請に必要な警察証明の申請をした際に、「パスポートの本籍地が違う」と指摘されたことを書いたのですが・・・(結婚した時に本籍地を変えたので)。ようやく、訂正の申請のために今日もまた領事館に行ってきました。(これでもう何回目だ・・・)

ついでに、前回移民用に同時に申請した出生証明書(Birth Certificate)も受け取ってきました。これは単純に戸籍謄本の自分の出生に関するとこの翻訳。だから結婚に関する戸籍上の記載はこれには入ってないです。ちなみに$12也。あ、申請のとき提出した戸籍謄本は一緒に返ってきました。謄本自体は移民申請には別に必要ないので(日本語で書いてあるものをカナダの移民局に送ってもしょうがないし)、使い回ししても良いそうです。やったぁ。(ただし、戸籍謄本は大抵一定の期間内に取得したものが必要なので、それ以内なら。)

さて、本題の、今日の目的についてです。今日申請したのは、上に書いたとおり、パスポートの「記載事項訂正」。詳しくはこちらを。必要なのは「変更後」の戸籍謄本です。

と、あともう1つついでにすることにしました。それが、「別名併記」。私の場合、戸籍上の姓は結婚してからも変えていないのですが(※国際結婚の場合日本人側の戸籍上の苗字を変える「必要」はないのですが、相手の姓に変えたい場合は結婚から6ヶ月以内に申請すればできます。ウチは・・・まだ猶予はあるけど面倒くさいのでこのままにしとこかな・・・と。)

ただ、苗字の違う相方と結婚してることが何らかのIDに一応、書いてあるほうが良いだろうなとは思うので・・・(何のためってことはない、なんとなく。だから「ついで」に。)

さて、じゃ、自分のじゃない姓を自分のパスポートに載せる方法なんですが、それが「別名併記」ってやつなんです。

具体的には、配偶者の姓がカッコ書きでパスポートに書かれます。例えば、自分の苗字が田中で配偶者のがスミスだった場合・・・

TANAKA(SMITH)

てな感じに。なんだかなー、とは思いますが、まぁ「ついで」なのでその辺はあまり深く追求せず・・・。余談ですがこのパスポートのカッコ書き、国際結婚の他には、例えば世界で活躍する(主に女性の)学者さんが、結婚されても学術界では旧姓を使われている、などの場合に使われるそうです。でないと、例えば学会などで招待先から出される渡航に必要な書類も旧姓になりパスポートと合わなくなるから。名前が変わると色々大変ですね。

で、この別名併記のために、というか正確には・・・カッコの中部分をちゃんとした綴りで(SMITH)(例)と書いてもらうために、その綴りが確認できる公式のものを持っていく必要があります。

というのも、日本のパスポートの氏名は「ヘボン式ローマ字」で書かれるのが原則なので、「スミス(例)」の場合、うっかりすると「SUMISU」などと書かれてしまう。そりゃいかんやろ!

別名併記の申請書は「非ヘボン式ローマ字表記等申出書」と兼用になってまして、これに書いたとおりの綴りが、確認書類と合っていればOKです。

これについて、バンクーバー領事館のHPには別名併記の説明自体がなかったのですが、在カナダ日本大使館のページには一応ありました。これによると、

・別名併記・非ヘボン式の表記を希望する方は、同表記の確認ができるカナダ政府発行の身分証明書(保健証、出生証明書等)

を携えるように、とあります。これは、カナダ人の配偶者のIDって意味です。私は、相方に「何か出せー」と言ったらパスポート出してきたのでそれ持って行きました。もちろん文句なくカナダ政府発行の身分証明書ですから。

なお私の場合はこのページの説明にはない「記載事項訂正」(新規発給でも切替発給でもない)でしたが、その場合も大丈夫みたいです、多分。通りましたので。

といっても私のパスポートは今、領事館で預かられた状態で、来週水曜までかかるそう。それまでパスポートなしで過ごすのは少し心許なし。ドライバーズライセンスは持ってるからお酒は買えるけど。(・・・って心配なのはそこだけかい。)


ところで私は、カナダでどの苗字を使うか未だに結構迷います。(なので、入れられる場合は出来る限り両方を。)基本的に、自分の元の姓でも結婚相手の姓でも、そしていつからでも、「使いたい名前」を使って構わないそうなのですが・・・(ここのページの一番下にこそっと書いてあります。)それじゃーなんかますます迷うじゃん。出先などで相方の「妻」として扱われる場合は、「○○さんの奥さん」っていう意味で「ミセス○○(相方の苗字)」って呼ばれることもあります。未だにちょっとドギマギ。

今日のメインは移民関係ではないのですが、一部関係あるところだけ、字の色を変えておきました。

それにしてもあと何回、領事館通いすることになるのか・・・。いつも閉館時刻ギリギリに行く私です。あそこの警備員のおじちゃん(ターバンをしていて、いつも同じ人)のスマイルはステキです。たまに鼻歌歌ってるし。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

バレンタインにいかが?

昨日、外でディナーした訳は、実は台湾人の友達が来週カルガリーに引越してしまうからなのであったのですが(この前のパーティーも同じ理由だけど、あの時はまだ出発日が決まってなかった)、まぁお別れなので何かお餞別を、と待ち合わせの前に友人Fちゃんとメトロタウンをうろうろ。

そしたら、こんなお店を見つけてしまった。

目に入ったのは、お店に飾られていた色とりどりのクッキー。てか正確には、色とりどりなのはでっかいクッキーに書かれているアイシングの文字。

そう、クッキーにメッセージが書けちゃうのだ~。

これはカード代わりに良いんでない?面白い!と2人で即決。で、こういうのを頼みました。

土台のクッキーやアイシングの色、メッセージの内容など、好きなようにオーダーできまっす。

食事の後のお楽しみで箱を開ける直前、私がうっかり床に落としてしまったため・・・メッセージの一部がつぶれちゃったんですが(ごめんよぉぉ)、「新しい場所でも頑張れよー!」とのメッセージを込め"Good Luck"と書いてもらいました。土台はチョコレートファッジのクッキーで、ハート型。

お店としては当然・・・今の時期狙ってるのはバレンタイン向けのお客さんだと見え、それ用の作品?のディスプレーもたくさんありました。

というわけで、こんなおちゃめで食べても美味しい(多分。食べてないけど、このお店の普通のクッキーと同じものらしいです)愛のメッセージををあの方にいかがです?

ウチ・・・?どうすっかなぁ~。

Mrs. Fields
4720 Kingsway
Burnaby, British Columbia
V5H 4P1
(604) 438-3182

BC内ではメトロタウンだけみたいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Feb 7, 2008

雪が降るとこれだから

今日は(も?)晩ご飯を作らず、私は外出してメトロタウン近くのレストランでお友達とディナー♪

それで、夕方前に家を出たらまた雪が降っている!だけど、最近はそれほど気温が低くないので、こりゃー雨になるなーと思ったら案の定。バスを降りたら歩道はスムージー状態でブーツの中はあっという間にぐちゃぐちゃ。靴下びっちょり。あー、冷たかったー・・・。

それでも下界はそんなもんですんでまだ良かったのかも。

実は大学の授業が終わってから来てくれるはずだった1人が「山から下りれない~」との事で、急遽キャンセル。

そう、うちの大学のメインキャンパスは山の上。交通手段は車かバスのみ。雪が降ると道が絶たれる(上れない&下りれない)ので、バスが動かなくなる。そのうち道には延々と車がスタックしてしまって、車の人も足止め状態、となる。

だから、雪が降り始めると、授業もチュートリアルもそっちのけで(学校クローズのアナウンスが出る前に)皆こぞって山を下り始める。生徒だけでなく、先生も・・・。

でないと、以前出遅れた私のように、動かぬバスの中に何時間も缶詰という目に遭ってしまう。死活問題。

今日も友達はかわいそうだったけど(食事が終わる頃電話しても、まだ下りられないと言っていた)、こんな日に学校行ってなくて良かった~とホントに思ってしまう。

だって、大学のWebサイト見たら・・・学校から出られなくなって夜を明かす人のために(ええっ?・・・って事はまだ結構いるんだ!)大学側が

体育館を開放して寝床と毛布と水とタオルを支給する

って書いてある。そんなサバイバルは嫌だー!

バンクーバー市長はUBCまでスカイトレインを延長するって言ってるけど・・・SFUに引いたほうが良くありません?

・・・あっ、でもSFUは隣のバーナビー市だったわ。

バーナビー市長、よろしく!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Feb 6, 2008

大きいことの功罪

カナダに暮らして1年半。こっちで売ってるモノ(主に食料品)の「大きさ」にはだいぶ慣れてきたと思う。

今ウチにあるモノの1パッケージの単位。

・2リットルの牛乳
・4リットルのオレンジジュース(取っ手つきのプラスチックボトル)
・500グラムのシリアル(ってピンとこないかもだけど、これってけっこうデッカイ)
・1キロのコーヒー
・4キロのグラニュー糖(安かったから)

・・・ちなみにウチは2人家族です。

前にも書いたけど、買い物に行く回数はこっち仕様らしくやっぱりだんだん減ってきていて(チョコチョコ買うこともあるけど)、本格的な買出しは1~2週間に1回どかーんと$100以上(恐ろしい・・・)まとめ買い、になってきている。自分で運転できないせいもあるけど。

でも、ふと思ったんだけど・・・

サイズが大きくなると、消費する量も増える。

朝食のシリアルもつい、ボウル一杯にどばっと出てしまったけど結局全部食べちゃったし・・・

何よりコーヒー。ウチは2人ともだけど特に相方はコーヒージャンキー、かつ、特濃コーヒー好き。どんだけかって言うと・・・1キロ入り缶のコーヒー豆が1週間ぐらいしか持たない。恐怖!

それで以前ロンドラ(London Drugs:薬も食料品も日用品もみんな安く売ってるチェーン店。マツキヨ+食料品?)でセールしてたとき、5缶まとめ買い(=5キロ!)した。以前はその半分のサイズの缶をチマチマ買ってたけどそれじゃおっつかない!と思って。

しかし・・・サイズが大きくなると使う量も増えるの法則?で、相方、コーヒー豆をマシンにセットするのに、匙(コーヒー計量用のスプーン、1杯1人前?)を使わず・・・缶のフタ(ぐにゃっと曲がるプラスチック)ですくってザクザク入れてんの!そりゃーすぐなくなるはずさ!(一体普通の何倍濃いんだ、そのコーヒー・・・)

結局、少し高くついても、コーヒー豆の缶のサイズは小さくすることにしました。これなら匙を使わないとすくえないから、使う量が減り、結果経済的。

大きいものは安く上がるように思えて実際安くない。そして健康にも良くない?

・・・っていう経済学?のお話でした。

って、また食いもん話じゃん、って。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ