Feb 14, 2008

バレンタインデーは誰がために

日付はバックデートさせて書いております。

さてさて、しばらく前からショッピングモールはといえば一面ピンク色。もちろんバレンタインモード真っ盛りでありました。お菓子業界の陰謀が市場に渦巻きまくっているのは日本でもカナダでも同じです。

ただ違うのは、こっちのバレンタインデーに命をかけるのは、どっちかって言うと男性のほう。愛するハニーの待つ家に真っ赤なバラの花束を抱えて・・・なんていうビジネスマンも多いのでは。(※あくまでもイメージ。でもあながちハズレではないと思う。)

ウチ?ウチのバレンタインはウチのためにあるのではなーい!

数日前には早くも、相方パパママからカードとチョコレートを貰っていた私たち。出遅れ感でいっぱい。

そこで今年は・・・作りました~

"Chocolate Lava Cake"

直訳すれば溶岩ケーキ。かりっと焼けたチョコレートケーキの内側から溶けた溶岩のようなチョコレートがとろーりな一品。

・・・なぜこれにしたかって実は数日前にレストランでこれを食べて猛烈にもう1回食べたかったからなんだけど、自分が。

おフランス風に言うと「フォンダン・オ・ショコラ」で同じようなもののレシピが探せると思います。(今回は著作権の都合上、参考にしたレシピを引用しません。)

もたもたしていたら夕方になってしまい、焼きあがってラッピングも可愛くしたこれをたずさえ、途中でバラの花束も買いパパママ宅へ。(お花屋さんで上述の「ハニーへ」的なゴージャス花束を作ってもらっていたオジサマ発見。)

本当はそのまますぐにおいとまし、相方とレストランディナーする予定だったけど・・・

大の話好きの相方と、そのDNAの製造元であるその両親。

気づいたときには夜の10時になっていましたとさ。もうレストラン終わってるじゃん。(まぁ、どのみち予約はしていなかったけどさ。)ついでに、なぜか持参したケーキを一緒にいただき・・・

結局、その後はバーで一杯ひっかけて、猛烈にハラが減ったのでA&W(どこにでもあるカナダのハンバーガーチェーン)でテイクアウト。

なんだかな~なバレンタインデーでありました。

良いんです。家族が幸せならばそれで。

レストランのクーポン券もまだ使えるしさ・・・ふん

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

No comments: