Mar 19, 2008

モントリオール&ケベック グルメ情報

旅行記として、最後にお届けするのはやっぱりグルメ情報。旅の醍醐味といえば、ご当地の美味しいものを食べること。いつも旅の下調べはこの辺から入る私です。

さてさて、ケベック州といえばフレンチの香り漂う地、当然、期待

事前に仕入れた情報では・・・ご当地フードの代表はやっぱり、クレープ(あるいはガレット)、それからベーグル。いやベーグルはどこにでもあるけど、モントリオールのはモントリオールベーグルと言って、なんか一味違うらしいのよっ。(詳しくはこちら、「アメリカ大陸」の項を。)

それから、燻製のお肉(スモークドミート)てのも有名らしい。で、モントリオールに着いたその日の夕食をそのお肉にしようと思い、ガイドブックに載っていたお店の場所をホテルのフロントのお姉さんに聞いたらば、その場所を知らなかったらしく・・・別のお店を推薦された(笑)。ちなみに彼女、BC州出身らしく、なんだかこういうやり取りには馴染みがあるような。

そのお姉さんお勧めのスモークミート屋さんはどうやら地元の有名店らしく・・・

さて、こう書いていたら(実際このポストは数日前から書いていたんですが・・・)文も写真もキリがなくなってしまったので、Picasaのウェブアルバムとしてまとめて公開することにしました。写真にそれぞれキャプションをつけましたので、そちらでお楽しみください!(分かる範囲で場所情報もつけてあります。)

アルバムはこちらから。
モントリオール・ケベックシティ グルメ紀行


最終日にケベックシティからモントリオールに戻ってきて、最終便で帰るまで時間があったので、向かったのがリトル・イタリーと呼ばれる地区にあるジャン・タロン市場(Marché Jean-Talon)。主に青果を売っている市場です。これから飛行機に乗るってのに野菜は買えませんが、こういう所は一通り見て歩くだけでも楽しいです。ここで、念願の美味しいクレープにも出会えました。

ちなみにFちゃんがクレープ屋のご主人に聞いてくれたところ、ガレットはそば粉の生地で塩味のお食事用のもの、クレープは小麦粉の甘い生地のデザートなのだそうです。ほー知らなかった~。

心残りは、時間切れでモントリオールベーグル屋に行けなかったこと。次こそは~!

ケベックの文化も堪能しましたね~。(・・・食だけやん。)

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

No comments: