Mar 18, 2008

カナダで最も危険な都市は?

旅のグルメ記はまだ手間取っています。。。

実は帰りの飛行機で読もうと、空港でMACLEAN'S(カナダ版Newsweek、日本で言うならAERAのような週刊誌)を買っていました。実際は機内では爆睡したのですが・・・。

その号のカバー・ストーリーが"The most dangerous cities in Canada"(カナダで最も危険な都市)。

Statistics Canada(社会学系ペーパーではよくお世話になる、カナダの統計局が出しているデータ)の2006年時点の調査を集計し、ランキングにしたとのこと。

色々な犯罪別の集計を総合して出しているようですが、総合成績?でバンクーバー(市)は9位に入ってしまってます(※人口順でカナダ国内100都市までを集計)。

結果は公式サイトでも見られますのでこちらからどうぞ。(真ん中辺りに表があります。)

実はトップ10のうち、10位ハリファクス(ノヴァ・スコシア州)を除く9都市が西側の都市。

トップ3は僅差で、犯罪率は他の都市に比べかなりダントツ抜け出ている(全国平均+145~6%)。1位レジャイナ、2位サスカトゥーン(いずれもサスカチュワン州)、3位ウィニペグ(マニトバ州)、とカナダの「中寄り」の地域が占めています。ここでは、車泥棒、強盗などの犯罪が全国平均より突出して高いとの事。

そして、BC州からはバンクーバーの他にもトップ10にプリンスジョージ(4位)、ニューウェストミンスター(6位)、チリワック(7位)、ビクトリア(8位)となんと計5市もランクイン。

ちなみに5位はエドモントン(アルバータ州)。

しかしノースバン市民としては嬉しい情報が。わがDistrict of North Vancouver(※ノースバンクーバーにはCityとDistrictの2つの部分があって、私が住んでいるのはDistrictの方)はこの調査でなんと下から6番目。6番目に安全な場所ということなのだ!ちなみに、西側の都市で安全な方トップ10に入っているのはこことアルバータ州のセントアルバートだけ。やはり東側優位。

とは言え、数字だけで全てを言い表すことは出来ないし、どこに住んでいても、常に身の安全には気を配らなければいけない。例えば、この前行ったばかりの東側のモントリオールでも、ショッピングセンターではスリが出る(しかも日本人狙い)という情報もあったし。それはもちろんバンクーバーにいたって同じこと。

あと、カナダに来て何度か聞いたのが、デビットカードの悪用。カナダでは、皆現金はあまり持ち歩かない代わりに、銀行のカードで支払いができるデビットがかなり通用するのだけど、カードを通す機械に何か仕込まれていてスキミングされたり、暗証番号を盗まれたり、ということが結構起こっているらしい。

また、言わずもがなバンクーバーのダウンタウン Hastings沿いは、ドラッグの臭い漂う、昼間でも近寄りがたい場所。もちろん夜なんか行っちゃいけないけど、やっぱり留学生や観光客が犯罪に巻き込まれてしまうらしい。

平和大国の日本に住み慣れてきた場合、こういう意味で「海外」はどこだって危ないと言えるかも。

でも、何が危ないかさえ分かっていれば、カナダはやっぱり比較的安全な国なのではと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

No comments: