Apr 29, 2008

写真でつづる飛行機の旅

日本の旅のこともも自分の結婚式についても大した報告もしていないのに何故ここに焦点を・・・とお思いの方は私自身も含め10数人ほどはいるとは思うのですが・・・

実は書き損ねたけど、行き(経由したポートランド~成田)の便も、かつて経験したことのない抱腹絶倒のおもろいフライトでした。(フライトの感想として「良かった(快適♪)」とか「悪かった(二度と乗るか!)」ってのはあるけど「おもろかった」てのは多分めったにない)。しかしこれを詳しく書くとそれだけで1本以上の長さになるので省略。・・・少しだけ書くと、客室に犬が乗ってるの(盲導犬とかじゃない、普通の小型犬)を、私初めて見ました~。

さて今日は、日本からバンクーバーへの帰路のことを書きます。こっちは、おもろかったって意味じゃなくて、純粋に旅としての楽しさがありました。ちなみに、私は少しマニアがかった飛行機好き。私には楽しい、って思えるところは、興味のない人にはどーでも良いところかも。しかも、ここに出てくるのは、乗り継ぎのシアトル⇒バンクーバーの部分だけ。

当初、帰りもポートランド経由の予定でしたが、帰りの便の日程を変更したとき、行きと同じではつまらんという理由でシアトル経由を選びました。

これまでアメリカで経由してきたのは、ポートランド、ロサンゼルス、サンフランシスコ。(経由だけなので一度も空港の外には出ていない。)当然、南下するほど、行き過ぎた分を北へと戻らねばならないのでこの乗り継ぎこそまったくムダな行程です。しかも、アメリカでの通関は毎回厳しくて面倒くさくてホントに嫌。しかし、アメリカの航空会社(もうすぐ消滅しますが・・・)をメインで使っているが故に・・・。(この努力で、タダ航空券をゲットするのです。)

だけど、ポートランドやシアトルならバンクーバーからはかなりの近距離。この近距離フライトが実は私結構お気に入り。

バンクーバーからシアトルへは車でお買い物に行く人もいるぐらいの距離(走行距離で230kmぐらい)で、飛行機の場合はなんと実質40分(飛んでから降りるまで)。今まで乗った中で最も短い国際線フライトだと思います。

 今回、シアトル・タコマ空港には初めて降り立ちました。シアトルには、どうやらシーフードレストランが充実しているようで。フィッシュアンドチップスはもちろん、クラムアンドチップス(貝の唐揚げ!)なるものも。それとクラムチャウダーのセットもあり。お腹が一杯じゃなかったら食べたんだけどなー。

さて、何故近距離フライトがお気に入りかというと・・・理由はこれ。

 機材はこーんなプロペラ機なのです。もちろん地上から乗り込み。マニア風にに詳しく言うとボンバルディア Q400という機種。ボンバルディアはカナダの会社で、この飛行機もMade in Canada。ボンバル機と言えば日本ではあのトラブルのお陰で悪名高くなって断然嫌われてますが・・・ここでは今日も元気に飛んでます~。プロペラ機って怖いイメージもあるかもしれませんが・・・実は乗ってみると結構楽しいのです。では、いざ、出発。

 シアトル離陸してすぐの景色。水平飛行に入っても、高度はこんなもので下界が良く見えます。これが大型ジェット機との違い。遊覧飛行みたいなもんです。前にも書いたけど、生でGoogle Earthを見ている感じ。端に写っているのは、プロペラとつながっていて後輪を格納する部分。私の席は機内のほぼ最後尾。

 コクピットからのアナウンスで、右手に山が見えます~と言っていたので撮ってみたところ。






 アナウンスをよく聞いてなかったけど、位置的に、マウントレーニア(カフェラッテでおなじみのシアトル近くの山)ではない。Glacierと聞こえたので多分こちらかと。山は下じゃなくって横に見えますー。


 ヨットハーバーもこんな風に。







 着陸間近で大分高度が下がってきたところ。おもちゃの街みたいですね~(ホンモノです)。

下の方に、機影が写っているの、分かりますか?



 バンクーバー空港着陸直前。後輪が出てます。(出てよかった~:笑)。






てな感じで、実質1時間弱の飛行機の旅でした。ドリンクサービスすらナシです、すぐに降りちゃいますので。(ポートランド行きにはある。)嫌なアメリカ乗り継ぎも、いつもこんな風に楽しんでます。え?やっぱりイヤかしら?

単なる自分の好みだけでこの分量、申し訳ナシです。日本滞在中やら結婚式での珍話も、追って書きますから~。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Posted by Picasa

帰還~:名残惜しや日本

帰国を予定より3日延ばしたため、ちょうど1ヶ月の日本滞在を終えて、バンクーバーに戻ってきました~。

いやー、1ヶ月もいたの?って感じるほど、なんだか常にバタバタバタバタしていた今回の日本滞在。まぁ予想通りなのではありますが・・・。

そして予想通り、帰国直前は結婚式の前日と同じような過密スケジュール。そしていつも通り・・・荷造りも出発2分前に完成。。。

相方とは1日違いで私の方が後に帰りました。来るときも別々だったし、帰りも別々。そのほうが私が迎えに来てもらえて良いのだ!(笑)

 


写真は相方パパママ滞在中に訪れた鎌倉でのもの。個人的には今回の日本滞在中に見た中で一番「心に染みた」景色です。色々なトーンの緑が重なり合ってさりげなくひとつの景色を作り出しているところ、何故か無性に懐かしく感じたのでした。どことなく、明るく単一なトーンのバンクーバーの初夏とは違うんだ。すっきりしていてそれはそれで心地良いのだけど。

実はもう戻って3日経ってますが、しばらく更新をサボっていたら、筆のキレがすっかり悪くなりました。リハビリしながらまたがんばりまっす。。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Posted by Picasa

Apr 21, 2008

春の宴と大都会トーキョー

待っていた方もそうでない方も、長らく更新お待たせいたしました。

いやいや、結婚式直前から今まで、なんとも目まぐるしい&実家の近くの都内にいながらにして殆どホテル暮らしの日々を過ごしていたのです。その間殆ど、(お父さんを除いて)日本が初めてである相方ファミリーと一緒でした。相方と共に半ツアーガイドと化して。

相方ファミリーの滞在中の殆どは東京のホテルに泊まっていて、旅行らしい旅行は日光に行ったのみでしたが、後は大きなトーキョー(とその近郊)を毎日少しずつ巡っていました。都合1週間位かけましたが、トーキョーの全てはとても見せることができませんでした。改めて、東京は「大都会」なのだと思います。そして、改めて外からの視点で見ると、日本には素晴らしいところが色々あるんだなと思いました。これについてはまた少しずつ写真と共に紹介できればと思います。

さて、肝心の結婚式は、良く晴れた春らしい日に、無事(なんとか)滞りなく終えることが出来ました。日本に帰国してからというもの、桜は咲いたものの一転して肌寒くぐずついた天気が続いていたのですが、その日は素晴らしいお天気。

ということでこのように、相成りました。(これ以上は大きく出来ませーん。すみません。)はい、ばっちり和風です。相方は袴にノリノリ。家紋までわざわざオリジナルで作ってもらった程。(着物自体はレンタルです。)ちなみにこの頃実際には既に東京の桜は散っていたので、背景の桜は披露宴をした会場が用意してくれたものなのです。北の地方からわざわざ運んだのだとか!

笑いあり、感動あり、驚きありの楽しい一日となりました。

この続きはまた後程。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Posted by Picasa

Apr 7, 2008

まだまだ桜づくし

昨日は一日雨で、東京近郊の桜も大分散ってしまったようです。

桜吹雪と共に相方がやってきました。とりあえず無事に到着してホッ、ですが、出発直前に家の中でパスポートを失くして大騒ぎだったそうな(出発が明け方だったため、夜中にパパママを呼んで家中大探ししたらしい・・・ああ迷惑)。やれやれ。

ここ数日の私の日課はペーパーワーク。と言っても文字通りの「紙仕事」で毎日何かを印刷したり、作ったり。結婚式で節約できるのはなんと言ってもこの部分。ちまちまと地味に作業です。

でも、先日生まれたばかりの2番目の姪に会いに妹の家に行ったついでに、またもやお花見を。風で花びらがどんどん舞う中、お弁当広げていました。やっぱり、これこそお花見。屋外カラオケ大会で盛り上がっている集団(しかも複数)がいる光景は、日本ならではなのでは。

カナダでは、外でお酒が飲めないので(法律上)、お花見もここまで盛り上がらないだろうし、大体あんな大音量許可なく鳴らしてたら、警察呼ばれるよー。

 今回は変り種の桜を。
上左:なんと一本に3色(薄桃、ピンク、濃いピンク)のなんだかお得な木でした。
上右:よく見るとまだらの花もあって面白い。
下左:見事な垂れ桜。
下右:道端で売られていた野菜。「お金はここへ 」というのがウケる。穴とはパイプの事でここにチャリーンと入れるように、との意。

日本もまだまだのどかですねぇ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Posted by Picasa

Apr 5, 2008

トーキョーの喧騒のなかに

昨日は久々に昔からの友達に都内で会って、食べて飲んで喋って楽しいひとときを過ごしました。ちょっと飲みすぎたかな・・・はは。

都内のお花見人口は今がピーク。桜はもうちょっと散り始めてきましたが。しかし金曜日の目黒川沿いの飲み屋さんはどこも満席!という感じでした。

私はカナダに住んでいながら割としょっちゅう(ほぼ3ヶ月置きに)日本に帰っていますが、それでもやはりだんだんカナダペースに体が慣れてきてしまったのか、今回の帰国ではなんだか感じるものが違います。

なんか、人混みの中で歩けなくなってきた・・・かも

花見シーズンということもあると思いますが、街には本当に人が多い。真っ直ぐ歩けない感覚がなんだか久しぶりなのです。前はこれが当たり前だと思っていた気がするけど・・・

バンクーバーのダウンタウンでも、歩いてて人にぶつかるってことはあまりないもんなぁ。それに、最近用がなければショッピングに出るって事もなくなったし。

なんだか東京ではおのぼりさんになってしまった気分です。

ちょっと買出しに、渋谷のLOFTに立ち寄ったら、こんなところにお地蔵さんが。前からここにあったのだとは思うけど、全然気付きませんでした。






東京にもまだまだほっとできる空間があるのかも。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Apr 3, 2008

桜 そして 謎の担々麺

日本に帰って早くも1週間が経過。ひゃあー。ホントに「あっ」という間。

って、帰るなり翌日から家族と温泉に行ったんですけどね・・・。はー極楽、極楽。
ニッポンのお風呂は良いねぇー。

しかし。その後は、やっぱり、想像通りの大わらわ。打ち合わせ、案内状作成、自分のケア(最後の悪あがき?)etc. etc.

自分のスケジュール帳をExcelで作って管理してますが、挙式前日などはもう分刻み。まるで女優みたい!(マネージャーいないけど。)

そんな合間にも、日本の春を楽しんでいます。

 


















温泉旅行の時の写真たち。
左上:こんなステキな庭園のある旅館でした。
右上:お庭のカモ氏(なぜかオスしかいなかった!)
左下:旅と言えば駅弁!久々に食べたら美味しかった!春らしいお弁当。
右下:焼き鯖鮨とまい泉のカツサンド。やっぱりこれもお楽しみ。

 


















うちの近所も春爛漫。
上:今が満開、の桜。
左下:レンギョウ。背景は桜。
右下:春眠暁を覚えず、の実家の猫。(ってのはウソ。コヤツは年中こう。)

 


















弘明寺に夜桜見物にも行ってきました。
左上:ピンクにライトアップされた桜並木が川面に写ってきれい。
右上:こんなお祭り感覚で。
左下:夜空に浮かび上がる桜もステキですねー。
右下:こんな屋台も。

さて、まだ少し肌寒い夜に歩いた後はラーメンが食べたい!てなわけで、横浜駅近くのネギラーメンがおいしいラーメン屋に数年ぶりに行ってみました。

そしたら「辛い おいしいよ! 名物 担々麺」との貼り紙メニューが。(昔はなかったと思う。)そう言われたら担々麺マニアとしては頼まないわけにはいきません。そしてでてきたのがこれ。

 スープには溶き卵。なんか珍しい見た目だなーと思いつつスープを飲んでみると、この味は・・・酸辣湯・・・のあんまり酸っぱくないバージョン!

たしかにスープは辛ウマでしたが、担々麺・・・?ゴマやピーナツの味も一切なしだし、挽き肉も入ってない。かわりにチャーシューが乗ってました。

所変われば料理の種類まで変わってる・・・

というわけで、それ自体は美味しかったものの、頼んだものと違うものが出てきちゃった感覚で、釈然としないまま家路に着いたのでした。(でもその店の「担々麺」は確かにこれらしい。周りの人も皆同じだったし。)

日本でもやっぱり担々麺追求は続く・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Posted by Picasa