Aug 3, 2008

夏の終わりの・・・打ち上げ花火~



ようやく8月になったばっかりだというのに、もはや晩夏の雰囲気さえ漂うバンクーバー。

それでも夏の風物詩は今年も同じようにやってくる。

4回にわたり行われたEnglish Bayの花火大会"Celebration of Light"、昨夜のフィナーレに行ってきました。この花火大会の形式の詳しいことは去年のポストを。今年の参加国はカナダ・アメリカ・中国でした。

友人たちとRobsonのタイ料理屋で夕食を食べてから、English Bayのビーチに着いたのが8時頃。すでにビーチ中の座れそうな場所はほぼ一杯で、何とか隙間を見つけ芝生に新聞紙を敷いた上におしりだけ乗っけて開始を待ちました。開始は10時。待つのが長かったぁ・・・。良い場所を陣取っている人たちはお昼頃から待っているらしいのだけど、なんたって実際に花火が見られるのはたったの30分。・・・どうかなぁ。

さておしりもすっかり痛くなった頃、ようやく日も沈み、いよいよ開始のアナウンス。この花火大会は、音楽と花火が合わさったプログラムになっているので、それも注目。

開始と共に、今年の優勝は、去年に続いてカナダ、と発表がありました。

でもそのカナダチームの音楽は・・・Godzillaごっごっごっごっじ~ら。えっ、でもそれって日本の音楽じゃないのかなー?(違う?)

個人的に、音楽と花火の「ノリ」で一番だったのはやっぱりアメリカだったんじゃないかと思いましたが。

ショー全体のオープニングとエンディングではThe Whoの'Who are you?'が使われておりました。

去年も思ったけど、やっぱり、花火自体のきらびやかさよりは「ノリ」とビーチの雰囲気を楽しむバンクーバーのfireworksだと思いました。

日本が参加すれば花火が派手になるんじゃ?!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Posted by Picasa

2 comments:

junco said...

あの花火は、日本の花火大会と全く違って、それはそれで面白いですよね~。

でも確かに、日本人がやったらきっと、すごく頑張って、音楽に合わせて、スターマインだとか五尺玉だとか上げちゃうんでしょうねぇ。新潟県あたりに、ゼヒ、参加してもらいたい(笑)

orange said...

そうそう、やっぱ、日本人としては最後にどデカいのをドカーン!が欲しいのです。それに、ビールと焼き鳥!(笑)

日本には参加依頼ないのかしらん?さては、呼んだら負けちゃうと思ってるのか?!