Oct 31, 2008

ハロウィン、てかカボチャ星人?

今日はそうハロウィンの日。しかし、朝からどしゃどしゃと雨が降り続いておりまして、今のところ家の周りはとても静かなもの。

さて、去年の今頃はそういえば相方パパママ家に居候中だったのですっかりスルーしたこのイベントですが、今年はそれなりに準備をしました。なにせ住宅街ですしね。それなりに。周りのおうちはもっと気合入ってるところもチラホラです。

で、やはりこれがなくちゃ格好がつかないカボチャは大中小色々なのを購入。

・・・して、こうなりました。

別に一つにしなくても良かったのですが・・・つい合体?

カボチャマン!

「中」のカボチャは相方がカービング、私は中身のくりぬき係。というか、中身はほとんどタネだった!「大」のカボチャは中身がはじめからスカスカでした。タネは入ってたけど。

このカボチャって食べられるのかなぁ?あんまり早くからくりぬいて置いとくと腐ってしまうらしいですよ。(特にこの時期雨ばかりのバンクーバーではね。)


上:顔?部分を拡大。「小」の顔は私が描きました。
下:暗くなって明かりが浮かび上がったところ

さて・・・今のところお子様達が訪ねてくる気配は無し。どうなることやら。

☆後記☆
なぜか今日に限って相方がレストランを予約していたので(!)8時頃から外出してしまったのです。

結果、結局!一組さま(子供4人&お目付け役1人)のみに終わりました。

どうするんだ大量のポテチ!

相方は用意したお菓子が余ってくれることを期待している模様。(だから自分の好物・・・ポテトチップス:笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Oct 27, 2008

だいぶできてます ~カナダライン~

先日日本に帰る友人をYVR(バンクーバー国際空港:地元でもこのコードで呼ばれてます)に見送りに行ったとき、目に入ったのがこちら。

そうです。カナダライン。⇒公式サイト

来年の秋に開業予定の、リッチモンド市とバンクーバー・ダウンタウンを結ぶ(※)地下鉄(※※)(※YVR行きは分線となる ※※64th St.より南は地上線)、空港の駅舎ももうほとんど出来上がっているようです。

試運転も始めているのか、線路には車両がいくつか泊まっていました。色が塗られていたのは写真の右側の車両だけで、あとは左側のように真っ白な車体ばかりでしたが。

今のところYVRへの足は車かダウンタウンへの直通バス(エアポーターなど)か、Translinkのバス。でも旅する荷物を持って公共のバスに乗るにはかなりの努力と勇気が必要!(それでも何個ものトランクを一人で積んでるツワモノもいるけどね)。それに、リッチモンド行きのB-Lineを途中で降りて、空港内を行き来する別のバスに必ず乗り換えないといけないのがかなり面倒。直通の電車はぜひとも欲しいところ。

多少予定が遅れることはあるにしても、2010年のオリンピックまでには軌道に乗せてないと、滞在する人たちの足もさばけないでしょ!というわけで、予定通りの開業をお待ちしています。

市の目論見は、これを含めて公共交通網を充実させることで、渋滞と環境を改善させることみたいだけど・・・先に必要なのは市民の意識改革では?と思う。

ここはまだまだ車社会。バスや電車を利用するのは車の持てない低所得者層、という意識も少なからずある様だし(実際、その公共交通代ですら出ない人たちも大勢いる)。いくら電車ができてもそれに乗ろうという意識がなければ・・・。電車通勤に慣れきっている日本(の都市圏)の住民に取っちゃ、どうってことない事なのですが。

おまけの写真は見送りの帰り道に寄り道したグランビルアイランドの入り口にある池。上はハトだらけ、下はカモだらけ、でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Oct 24, 2008

急降下

先週から我が家に滞在していた日本の友人が、今日帰って行きました。その間、ウィスラーに2泊のつもりが3泊してしまったり(しかも、その日Midtermテストだったのでウィスラーからサレーキャンパスに直行したり)、色々おいしいものを食べたり、山に登ったり・・・1週間はあっという間に過ぎ去ってしまったのでした。早ーい!!

その間、なんとカナダドルも驚愕の急降下。
先週1ドル85円だったのが、さらにずるっと下がり、70台に突入したと思いきや、なんとあっという間に73円まで下落!

買い物早まらなくて良かった・・・

いやいや。

カナダドルだけではありません。USドルもまさかの90円。
ユーロも・・・去年ダブリンにいた頃は160円台だったのに今や120円割れ。
英ポンドも・・・去年ロンドンに遊びに行った時は250円近くだったのにななななんと150円台。

まぁこれまで円がボロボロの弱すぎだったということですが、今こそ取り戻す時だ!とばかりに、手持ちのなけなしの日本円を今日、カナダドルに換えてみました。

いつもはまとまって必要なとき(授業料の支払い時期)に日本から送金してもらっていた資金も、今まとめて送金してしまうべきか???とまで考えるように。


しかし、浮かれてる場合じゃない。今の円高は、別に日本の景気が好調なせいでもなんでもなく、ドルもユーロも共倒れしているから。他に選択の余地がなくて、というなんとも消去法な理由。

おまけに、ソニーのように、海外の現地通貨で稼いでいる企業は、円高差損で収入が目減りしてしまうので、すでに収益予測も下方修正、と不安なニュースも。

日本の経済は・・・世界の経済はどうなってしまうんだ??
こういう時、経済学をさわりだけでも勉強しておくんだった、と思うのであります。

とりあえず、円を換金し直す時はやってくるのでしょうかね・・・

円高差益はもちろん、へそくりです!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Oct 16, 2008

ケッコン記念日、そしてオットの居ぬ間に。

この頃、ほんとに月日の経つのが早い!

ていうか、やってもやっても課題の締め切りがまたやってくるのは何故!
(本当は初めから知っているけど・・・)

さて、先週末のThanksgivingの連休と共に、我が家にはケッコン1周年の日がやってきました。(ちなみにワタクシの3?回目の誕生日でもある。)

これもホントに早い!あっという間~!!という感じ。

その日は2人でのんびり、1年前に式を挙げたWedgewood Hotelで過ごし、今年はターキーを遠慮した分(?)豪勢にお食事を頂きました。
写真はお部屋に飾った相方からのお花♪
また、1周年=紙婚式ということで、紙?であるロト6もおまけについてきました!結果は?・・・やはりただの紙だった!(笑)

ちなみにワタクシはワインとチョコレートを用意。(普通!)


ここはダウンタウンにあるとは思えない落ち着いた小さなホテル。お部屋の写真は上手く撮れてないのですが、ロビーの風景を。これで感じが伝わるでしょうか。ヨーロピアンです。でもくどいほどではないのがまたよろしくて。

それから、ここの1階にあるレストラン&ラウンジ Bacchus もまたしみじみ素晴らしいです。去年のVancouver Magazineの、確かラウンジ部門のWinnerになってたはずです。レストランは本当に小さいですが、一皿ずつ、盛り付けも味もとても丁寧。ラウンジはゆったりとピアノの生演奏をBGMに、大人なお酒が飲める場所。ここを行きつけにしている、という感じの人もちらほら。

んもう、褒めすぎ!!って感じですが、サービスも内装も文句なし、バンクーバー随一の"sophisticated"なホテルだと思います。前にも書きましたが、この程良さはカナダにはありえない感じ!

この内容を考えれば、お値段もびっくりするほどのものではないので(かといっていつも来るわけにもいかないけど)・・・記念日にピッタリじゃないかと。

チェックアウトの時フロントの人に「また来年もお待ちしています」と言われて嬉しくなっちゃいましたが、本当は1年に一度と言わず、毎月来たい!(笑)


さて・・・今週も課題に埋もれつつあっという間に授業が終了。豪勢な夜からあっという間に一転し、食生活がすさんでいたので、今日は帰りに買出しして夕食をちゃんと作るつもりだったのですが、なんと相方氏はお出かけとのこと。なーんだ!

・・・なんつて、しめしめ!

オットの居ぬ間に、大切にとっておいたうなぎを頂いちゃうことに♪

なんせ、うなぎ、納豆と並び相方に禁止されている食材でありまして・・・私だけが食べるんだからいいじゃん!と思うけど、この2つは見た目とか匂いとかもダメなんだと。ずーっと食べる機会がなくて、冷凍庫でかっちんこっちんに凍っていましたが、お湯で解凍するとふっくら♪

どん!と豪勢に盛っても良かったのですが、ふと思いついて、実家でよくお弁当に作ってもらっていた三色そぼろ丼風に、きゅうりもみ韓国海苔和えと炒り卵と一緒にしてみました。これに赤だしのお味噌汁を添えて。盛り方と胡瓜の切り方が実に雑なのはご愛嬌。後ろに写ってるのは、ハロウィンディスプレー用のミニかぼちゃたち。

あー!美味しかった~!
たまには一人でこっそり楽しむのも、夫婦仲良くやる秘訣かも!(笑)

なんつって、次回はきっと納豆丼ですな!

さて、明日から、日本から遊びに来てくれる友達が1週間滞在、週末はWhistlerへ行ってきます!しばらくアップが滞っても、生きてますから~。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Oct 11, 2008

秋のスイーツ特集

今週はThanksgiving Weekendです。

今年は、なぜか家族の皆が忘れていたのか???
(相方パパママは明日からロンドンに旅行に出ちゃいます!)
それぞれの事情により、ターキーディナーは省略、となりました。


一羽のターキーの命が救われましたね!(笑)


さて、しかし、恒例・パンプキンパイは今年も作りました。なぜなら、去年、材料を買い過ぎてしまって・・・あ、缶詰だから1年経っても大丈夫ですよっ。(でももう1年持ち越しはちょっとというわけで・・・)


というわけで、今年はこんな感じで。

去年と違うのは、冷凍のパイクラスト(土台)を使わずに、クラストミックス(写真の黄色い箱)を使って生地を作ったこと。・・・結局手抜きなのは変わらないんじゃ?まぁまぁ。前から使ってみたいと思って買っておいたんですよ。少量の水を加えてこねるだけで生地ができる便利なものです。焼きあがりもサクサク!こりゃー良い!

というわけで、パイ部分以外のレシピは去年と同じ。今年はなぜか仕上がりが水っぽくなってしまったので焼き時間をさらに20分ぐらい追加しました。それで程良い加減に。ブラウンシュガーを使ったので中身が黒っぽくなりましたが、甘さも程よく。なんせお店で売ってるパイは大抵極甘ですからね~。

それから、こないだブドウが一箱$3.99と安かったので買ってみたんだけど、これが、見た目以上に箱に詰め込まれていて、わんさか出てきた!(写真では大き目のボウルに入れてますが、実際の量はこの倍以上あった)

オカナガン産とあったのですが、オカナガンといえばワインの産地なので、これもワイン用のブドウかな?という感じ。粒は・・・日本のブドウよりは2回り以上小さく、皮を取ったら身もほんの少し。しかも微妙に種もある、というなかなかやっかいなヤツ。皮ごと食べられないこともないんだけど、なかなか渋みもある。・・・やっぱりワイン向き?ちまちま身を食べていてもちっとも減らないので、こういう時は・・・えいっとジャムにしてしまえ。

レシピは特にありません。大きめの鍋に砂糖と共に放り込み、焦がさないようにグツグツ煮つめるだけ。タネは・・・これも天然のペクチンだと思って(そうかどうかは不明)、気にせず丸ごと投入してしまいます。実がつぶれてきたら種は自然に浮いてくるのでそこをすくえばだいぶ取り除ける、はず。残ってしまった種は気にせずいただきましょう。相変わらず私のお料理には緻密さってものがありません。

砂糖は「果物と同重量」がジャムの基本ですが、本格保存用でなければ気にせずお好きな量で良いのではないかと。酸味もしっかりあるなかなかすっきりした味のジャムになりました。色もきれいなグレープ色!

秋の恵みシリーズ、まだ続く予定です。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

買い時か?!

いやー、もうびっくり。
何がびっくりってここ最近の急激な円高、いやカナダドル安。

カナダドル以外にも全体的にひところのあまりの円安よりはぐっと落ち着いていますが、何しろ、カナダドルは円に対してこの10年以上コンスタントに上がり続けていて、私が来た2年前には既に100円越え。その後一時は125円を超えてしまい、もう苦しいのなんのって。

なんせ私の財源はいまだにほとんど日本円(=過去の貯金)ですから。

クレジットカードも日本のものしか持っていないので、必要時以外極力使わないようにしてきました。カナダで買い物しても日本円に換算されると莫迦莫迦しいほど高くつくので。

しかし、今、このところのアメリカの金融不安に引きずられカナダドルも急落。
なんと現在、1CAD(カナダドル)=85円台!

こ、これは、いよいよあたくしのクレジットカードの出番か?!

たとえば$1,000のお買い物をした場合(そんなに一気にしないけど)

1CAD=105円ならば、105,000円。
1CAD=85円ならば、85,000円。

この差は大きいじゃありませんか。

うひょ!

・・・とはいえ、日本の経済もカナダの経済も、結局はアメリカの状況に大きく左右されるものなので・・・


どっちにしてもこの状況、あんまり浮かれている場合ではないか。。。
すでにカナダで職を探すのもかなり難しくなっていると聞きますし。

うーむ。。。

その前に我が家の金融危機を何とかせねばな。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Oct 7, 2008

移民向け・発音のクラス

今日はサレーで授業の日だったのですが、今朝になってキャンセルに。

教授の奥様が出産間近ということで以前から予告済み(?)のキャンセルだったのですが、いよいよその日がやってきたとのこと。授業中にもウルトラサウンドの画像をスライドで(!)嬉しそうに皆に見せていたもんな~。こういう家庭第一主義なところはやはりカナダだな~、と思わされます。

さて。昨日の話題の続きになります。

Cap College・・・じゃなかったCapUで取っているのは、Accent Reduction、つまり(英語の)発音矯正のクラスなのです。実は移民の社会人向けクラス、私どちらにも当てはまっていないけどまぁ近い将来そうなる?と思うので、まいっか、と。

カナダに来て丸2年。日常的な会話にはもう慣れたものの、まだまだ、特に、早くor長く喋らないとならない時は、やっぱり発音がジャパニーズ丸出しになってしまう。んだー(?)。

実のところ、それよりも、話すときに頭の中で文の組み立てが未だに上手くいってないので、慌てると特にガタガタブロークンになってしまう所を直したいな~と思って、何か良いクラスを・・・と探し始めたのが事の始まり。でもなかなか、これというものが見つからなかったのと、スムーズに話すにはアクセントも重要だよ!という相方の勧めもあって、まぁ・・・ものは試しに取ってみる事にした訳です。週1回、全10回のコースですが、公立の学校が提供しているコースということもあってか、授業料もけっこう良心的。

さて、面白いのはクラスの顔ぶれ。とってもバラエティー豊か。意外にも、多いと思ったアジア勢は日本人と中国人各2名だけで、どちらかと言うとヨーロッパ系の方が多い。あと、素敵なイラニアンのお姉さまも。

社会人向けのクラスだけあって平均年齢も高め。カナダ在住暦も長そうな人も結構いる。ほとんど皆普段バリバリ仕事をしているだけあって、会話に不自由することはないけれど、どうしても母国語のイントネーションが抜けなくて・・・という人がやはり多そうなのだった。

発音は、意味さえ通じればさほど気にする必要はないと言う人もいるし、実際私も結構そう思っていた方だけど・・・だけどやはり職場や学校でネイティブスピーカー達に囲まれ、肩身の狭い思いをしてしまう人もいるし、何より、やはり聞き返されてばかりいては、コミュニケーションにも問題かも。

アクセントはやはり、その人の母国語によって様々で、このクラスではいろーんなバージョンを聞けるところも、実は面白かったりする。その中にいると、あ、やっぱり私って日本代表!と思えます(笑)

私が特に弱いのは、日本人が苦手と言われるRよりむしろL。英語のLは、日本語のラ行よりかなり強く発音しないと、ほとんどRに聞こえてしまうみたい。

RとLの使い分けをしなくちゃいけない単語って意外にけっこうあるんだけど、中には、ひとつ間違えるとえらく意味が違ってしまうものもあって、うろたえることも。

例えば今、選挙戦真っ只中ですが(カナダ、国政選挙間近なのです)、このネタを人と話す時は"election"がちゃんと発音できないと怖い。発音できないとどう怖いかは、分からない人は辞書引いてみてください。怖いと言うか・・・かなり恥ずかしい?

話が逸れましたが・・・個性バラバラな生徒達ををまとめる講師はさすが百戦錬磨、それぞれのクセをあっという間に見抜いていらっしゃる。

授業中は同じ音を持つ単語をいくつも並べて、発音を確かめながら練習するのですが、やはり皆微妙に、いや結構、聞こえてくる音が違う。オーバーアクセントと言われる人もいれば、その逆と言われる人(=私とか)も。なんせ日本人、母国語の母音のバリエーションが少ないですからねぇ。

第2言語として英語を話す人も、それぞれに、それぞれの悩みがあるようです。

これからも観察続けます。と・・・もちろん、自分の成果も報告します!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Oct 6, 2008

Cap College改めCapilano U

唐突ですが、BC州には大学がいくつあるかご存知でしょうか?実はBC州のUniversity Actが改定されて、この秋から5つのPost-Secondary Institutions(主にCollegeやUniversity Collegeと名乗っていた学校) が新たに「大学(University)」として認可されたのを受け、7→12校に増えました。(正確には、増えた5つのうちEmily Carrを除く4校はRegional Universitiesの扱い)

そのうちの1つがウチのご近所、ノースバンクーバーのCapilano College、通称Cap College。正式名称はCapilano Universityに変わりました。

これまで、#239などのバスの行き先表示は"Cap College"だったのですが、今は"Capilano U"に変わっています。略すところがなぜ違うのかがちと気になります。

さて、私も丁度この秋からこのCap U(もう面倒くさいので両方略)に通うことになりました。

は?いや、まだちゃんとSFUの学生なんですけどね。

どういうことかと言うと、週末にContinuing Educationのコースを取ることにしたのです。実は既にもう2週間通ってます。

私にとってここの良いところはなんと言っても家から近いところ(笑)。車でなら10分以内で行ける距離です。

キャンパスはSFU(バーナビー)に比べれば非常にコンパクト。でもなかなかキレイです。小高い丘の上にあり、周りが山に囲まれてるだけあって空気も新鮮。

University Transferのコース(大学編入用コース)ももちろん今まで通りあるので、大学留学の最初のステップとして選ぶのも良いと思います。ダウンタウンからそう遠くもないけど環境は抜群!評判も良い学校です。

リスも走ってます。(なぜかおしりがハゲてる!)


さて、前置きが長くなりましたので今取ってるコースの中身などはまた改めて。ある意味、とっても面白いクラスです。



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Oct 2, 2008

サンドイッチ屋の思わぬ来客

もうホントにいい加減にし~ろ~!と思われると思いますが・・・またまた熊なのです。
(いっそのこともう「熊」カテゴリでも作ればいいんじゃ?いや、このブログは決して熊ブログではない・・・はず?)

昨日TVで観たニュース映像が衝撃的だったのでご紹介します。

BC州のとある町。早朝の某サンドウィッチチェーン店(ってビデオのタイトルに思いっきり入ってますが)にて、一人店番をする女性が見たものは・・・ドアを開けて入ってきた熊!背中越しに、監視用モニターでその姿を見た彼女、一瞬固ってしまうものの、とっさに携帯を掴み猛ダッシュで逃げる!(その後、トイレに鍵をかけて避難していたのだそう。)

さて、熊は誰もいない店内をウロウロ。カウンター越しにまるでサンドウィッチを注文しにきたかのよう。誰もいないと悟った熊、ならば自分で作らんととばかりに?カウンターの中へ・・・

そして一通り店内を漁った熊は、再び自分でドアを開けて店を出て行くのであった・・・

まるで狙って撮影したかのように監視カメラの映像もよく編集されているので、とにかく見てみるべし。



しかし、やはり悲しいことに、この熊、この後探し出されて銃殺されたのだそう。一度このような行動を覚えてしまった熊は再び出てくるから・・・とは言え、本当に今年の熊は食べるのに困っているからこそ、このように街に出てきてしまうのだ。本来、野生の熊は人間を恐れるものなのだから。

夜道と熊には気をつけよう。いやホントに。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ