Nov 13, 2008

バンクーバー「足」ミステリー

まずはどうでも良い話ですが、例のハロウィンの時に用意しすぎたポテチの小袋、あれから相方が、これ幸いと毎日何袋もガシガシ食べ続けていたのですが・・・一昨日、ついに

「もうポテチはいらない!」

の宣言が出た!

よく聞く話に、人間、いくら好物でも食べた量が一生分の許容分を超えてしまうと、その食べ物は二度と食べられなくなる、とされているけど、はたして相方のポテチ許容量は如何に?

それでもまだ半分ぐらい残っているけど(なんせ大きいダンボールに2箱分、ほぼ丸々残ったから)・・・まぁもう食べなくてもよろしい。


さて、都市伝説(?)つながりで、怪奇事件の話に参ります。
あらかじめお断りしますが、怖い話が嫌いな方は読まないほうが良いかもしれません。

実は以前からずいぶん話題になっているのに書いていなかったのですが・・・

先日「7番目の足」が発見されたとの事。

一体どういう話なのかというと・・・

この16ヶ月の間に、バンクーバー近郊とGulf Islandsの海岸や河岸で、ランニングシューズを履いた人間の足(だけ)が連続して見つかっているという何とも奇怪な事件なのです。

ただし、一番最近の6番目の足は動物のものだったため(やはりランニングシューズを履いていたのだが)、悪質ないたずらの可能性が高いと思われていたのが・・・

7番目の足はやはり人間のものであったということ。5番目までは、4つが右足、1つだけ左足で、そのうち1つのみが女性のものと確認されている。今回の7番目の足は左足で、唯一の女性である4番目の右足と同一人物である可能性があるとの事。

しかし、あとは靴のメーカー以外に身元を特定する手がかりはほぼ何もなく、体の他の部分も見つかっていない。よって、いずれの足の「持ち主」も未だに特定されていない。

バンクーバーのミステリーと呼ばれるこの事件。ますます謎が深まるばかり。解決の日は来るのか?

秋の長雨と生ミステリー、というかこんな話を聞くとますます寒くなりそうですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

2 comments:

Changuis said...

そういえば、あの足の事件、まだ解決されてないよね。 気味悪いけど、なんであの辺に何個も漂着したのかっていう「物理」のほうが気になってしかたない・・・ 

ポテト、消費大変そうだね。 好きなものを許容量以上食べて体が拒否反応起こしたこと多々あるわ・・・ ピザ食べすぎて最近は見ただけでうんざりしてくるもの・・・ 旦那さんもしばらくはポテト食べなくなるかも?

orange said...

あの足はやっぱり相当漂流しているのかなぁ?色々な要因が重なってこういう怪奇事件?になっているみたいだけど、「物理」の方も謎が多そうだよね。

ピザ(分厚いの)は私はそもそも苦手で、あまり食べてもいないのに最近は見るだけで拒否反応が・・・(笑)我が家のポテチはしばらく放置だわ。