Dec 27, 2008

クリスマスシーズンのテレビ

クリスマスのテレビと言えば、の話。

クリスマスホリデーになると、テレビは一斉に、ファミリー向け映画か、歌って踊ってのファミリー向けプログラムになる。まさに一家団欒を演出、て感じ。結構同じものを何度もやっているみたいで『グレムリン』をこの1週間で3度は見たぞ・・・。

あとはお決まり、ホッケーの中継(いつもやってるけど)を見れば、もうカナダのクリスマスって感じだなぁ。

変りダネは"fireplace channel"。って正式な名は知らないけど、毎年この時期になると「暖炉で燃える薪」の映像を延々流し続けるチャンネルがある。

これであなたのお家のテレビが暖炉に変身!って狙いなのか?本当にただただ、パチパチという音と共に燃える薪の映像が続くだけ。これだけを見続けるのははっきり言って至難の業(だってすぐ飽きるし)。ヌクヌクのお部屋で静かにお昼寝でもしたいときにはもってこいの番組(?)だけど。ただし部屋は自分で暖めないとね。

しかしこれって本物の暖炉をただ録画しているだけ?

実は知る人ぞ知る秘蔵シーン?として、たまーーーにこの暖炉に薪をくべる人の手が映ることがあります。私も去年1度だけ見たことがあるのだけど。

この人物(腕しか映らない)は誰なのか?彼の使命はこの暖炉の炎を決して絶やさず、燃やし続けることなのか?もしかして暖炉プロフェッショナル???

というのが私と相方のもっぱらの疑問なのであった。

そのシーンがYouTubeにアップされてた!


これをTVで見られた人はなにかラッキーがあるかも??

ちなみに、この暖炉TVが近所のスーパーでDVDとして売られているのを見ました。1枚$5だった。まぁ、ネタ作りに買ってもいい、かも?

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

2 comments:

kiki said...

はじめてコメントします!
私、今年はじめてそのチャンネルみました!
たしか、「The Holiday Log」でしたよ!
運がいいのか?家族に言うためだけにつけた瞬間、手も映ってラッキーってかんじでした!
Youtubeにのってたなんてさすがですね・・・。
それにしても、本当に不思議なかんじですよねー。

orange said...

>kikiさん
コメントありがとう!
おお、それはきっと良い事ありますよ~、なんて(笑)タイトルもちゃんとあったんですねー、情報ありがとうございます!なんか段々、あれを見ると冬だなー、なんて思えてきましたよ。またどうぞよろしくです~。