Jan 7, 2009

新学期。どっさり。

初日からいきなり休校だった今学期ですが、昨日やっとキャンパスに行って必要な教材を入手してきました。これでようやくお休みが終わった気分。

昨日は一日雨でしたが、バーナビーの山の上はまだまだ雪がどっさり。ちょっと薄暗いけどこれがキャンパスの中の様子。ここは、噴水・・・があるはずの場所(埋まってる。)

さて、1日遅れたとあって、この日が実質初日のキャンパスはどこも人がどっさりでした。これが学期中盤になってくるとだんだん閑散としてくるんだけどねー。

Bookstore(学校の書店。指定のテキストはここで入手)は、入口が2階下にあるにもかかわらず、階段から行列がはみ出てる始末。初めからテキストを定価で買う気がなかったのでここはスキップ。最近は大体Amazonで入手してます。はは。だってそのほうが安いんだもん。

また、新入生が学生証とバスパスをもらう場所に行列しているのは、新学期おなじみの光景。(カナダの大学はどの学期からでも入学、そして卒業ができます。)

さて、私が今日用があったのは、Distance Edのオフィス。自宅で学習するコースなので、授業に必要なインストラクション、Reading(市販されてるテキストを除く)一式をあらかじめ貰うのですが、ここにもまた行列が・・・。

今学期、実は前から取ろうと決めていたクラスがまさかのキャンセルになってしまい(定員4~50人なのに6~7人しか登録してなかったから・・・人気なかったのね)、かといって代わりに取りたい授業もなかなか見つからず、悩みに悩んで、とりあえず2つ登録し、直前で1つをドロップ。

そして取る事にした科目は、なんとCanadian Studies。もう専攻科目の単位はほぼ足りているので、専攻外の授業を取ってみたかったのと、まぁ、カナダの大学でないと学べないものってところがこれを取った理由かしら?

しかし、普通4年生用クラスは4単位なのに、このクラスは5単位。ちょっとchallengingかもしれない?と思っていたら、オフィスで「ハイっ」と渡された教材の量からして・・・どっさり。

これですよー。一番上の本は授業全体のインストラクション。下2冊がリーディング。厚さ各5センチぐらい。どんだけなのよ。こいつらは「借りている」教材なので、授業が終わったら返却します。するとデポジットが返ってくる仕組み。

これ以外にあと1冊、指定の本(エッセイ)があります。

・・・とりあえず、地道に読み始めるしかないわなー。

クラスのタイトルは"Canadian Intellectual Tradition"。内容は・・・カナダという国家ができあがった歴史とそれにまつわる思想を紐解く、みたいな感じかな。面白そうだけど、これ一通り頭に入ったら、私もさぞや立派なカナディアンになれちゃいそうな感じです。

まぁ、今までと一味違うことをやってみるのもいいかもしれない!

どっさり、どっさり。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

No comments: