Feb 25, 2009

日本フランス化計画

今している仕事の、ボスがフランス人です。

仕事の指示は英語でもらうのですが(っていうか私フランス語は分かりません)、これがかなりのフレンチアクセント。

最初の顔合わせの時、かなり聞き取れず、これ大丈夫かな?と一瞬青くなった。無事に採用されたので良かったけど。

でも今はだいぶ慣れてきたかもしれない。日本にいると言うのに、頭がフレンチ(のような英語)環境に切り替わりそうです。カナダに帰る頃にはこれに慣れすぎて、相方の言うことが分からなくなっていたりして(嘘)

と言っても、ボスが電話で話す、流れる滝のようなフランス語は全く分からないけど。

彼によれば、東京の某有名フレンチレストランも、やはりJapanizedされているのだそうです。その代わり、高級店の価格は本場に比べて東京のほうがかなりリーズナブルなのだとか。

ボンジュールです。
トレビア~ンです。
ボナペティ~
シルブプレ~~~
知ってるだけ並べてみただけです。
こんなもんかー!

だって英仏2ヶ国語のカナダに住んでるって言ってもさ、バンクーバーだとそれじゃなくて、「英中2ヶ国語」みたいなもんだからねー。

しょうがないのだー。

この先やるとしたら、フランス語と中国語、どっちを習ったらよろしいかしらん?

Salut!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

2 comments:

Changuis said...

フランス系なのかぁ。 楽しそうだなあ。 うちは西海岸と変わらず職場では中国語が行きかってます・・・ 

フランスのほうが高級店が高いっていうのはちょっとおどろいたかも。 最近フランス語でも始めようかなあと思ってるのよね。 カナダの強制二ヶ国語表示のおかげで、フランスのスーパーにいってもまったく問題なし!だけど食べ物の名前だとか食品成分とかはわかるだけじゃつまらないじゃない・・・? 笑

orange said...

>changuisさん

今の職場中国系の人が多いの?

フランスの高級店はとてもじゃないけどなお値段なのだそうです。やっぱり高級店はやすやす行ける場所ではないってことかね。

私もカナダに行ってから食料品の名前だけはフランス語結構覚えた気がする。あとorganic=biologique、とか。確かにフランスのスーパーには行っても大丈夫かもなぁ。でも発音できないもんなぁ(笑)英語に似てる単語はなんとなく分かる時もあるんだけど。