Feb 8, 2009

四大陸選手権 ~Gala~

さて、3日連続氷の国と雪の国をフラフラ渡り歩いている日々の、最終日。

四大陸、上位入賞者によるGala(エキジビション)はお昼から始まりました。その前にHastingsのチャイニーズ(早い・ウマい・安い)で腹ごしらえしていったらちょっと遅れてしまったー(汗)

席は・・・コーナー席の4列目とチケットにあったけど、それがなんと、そのブロックの一番前の席だった!リンクが、ち、近い!というかほぼ目線だー!ちなみに私達の目の前は、でっかいバズーカズームを構えた報道カメラマンさんたちのエリア。


さて、チラ見と渡されたプログラムによりますと、まず始めは地元の選手たちによるオープニング、それから出演者紹介、そして、地元の期待のジュニア選手による演技からスタート。

その後は本選で4位だった選手たちから順に登場。

というわけで・・・

男子4位は織田選手がまずは登場。「先祖は戦国時代の武将、ノブナガ・オダ」というお決まりの紹介と共に。ちなみに戦国時代は"Civil War Era"とされていました。なるほどねー。試合のほうはちょっぴり残念な結果だったけど、今日はさすがのエンターティナーぶりを発揮。

そして男子3位の小塚選手。こちらも紹介はおなじみの「お父さんは1968グルノーブルオリンピック代表、お母さんは元アイスダンス選手」というもの。CBCでの男子フリーの放送では、おなじみの解説カート・ブラウニングに「ビューティフル・スケーター」と連発されていました。「ただ、まだ磨かれきってはいない」とも。今期はグーンと出てきたけどまだまだ伸びそうで楽しみですね。

そして女子3位の真央ちゃん登場。赤と黒の衣装がタンゴに映える。実際見ると思ったよりスパンコールでキラキラと輝いて見える。今日の真央ちゃんはキビキビと美しかった!ただ、やっぱり今日も少ーし、元気がなく見えたのは気のせいかな?疲れているのかな?

ところで、今期はあまりアイスダンスを注目して観てこなかった。華のあるベルビン・アゴスト組は怪我で不調らしくこの大会にも出てこないし、トリノオリンピックでキョーレツな火花を散らした人たち(ナフカ姐さん、等)が、軒並み去ってしまったからかもしれない。

でも、今日のGalaで初めて生のアイスダンスカップル達を見た感想は・・・やっぱり色気が違う!なんか、どのカップルも沸き立つようなムンムンな色気があるんですね~。あれでないとやっぱ迫力が出ないのか・・・派手な技でなく、やっぱりムードが大事な競技だから。これはヨーロッパ勢と北米勢が独占なのも、無理ないか・・・。

ペアはやはり中国ペアとカナダペアの対決になり、今回は中国ペアに軍配が上がったらしい。でも、オリンピックは、まだ分かりませんなー。勝手ながら、申雪&趙宏博ペアを、是非また観たいのですが、戻ってきてくれませんかねー。。。

さて、Intermissionを挟んで、後半始めは、地元のジュニア期待のアイスダンスカップルの演技。まだまだあどけない2人だったけど、とても軽やかにルンバ(かな?)を踊り、観客から喝采を浴びていました。女の子はやっぱり将来ムンムンの美女さんになるのかなー!?






男子2位のライサチェック選手。いでたちは黒のVネックに、蛍光黄緑?なラインが入った黒のパンツという「???」なものだったが、長身はやっぱりリンクに映えるなぁ。

女子2位はロシェット姐さん。今日はなんだかマドンナのような黒の衣装に、ひっつめた金髪のポニーテールがなびいて、これまたセクシーダイナマイト。とってもオトナな姐さんでした。

そして、おまちかね1位の選手たち。

ユナちゃんは今日も大声援を浴びていました。今日は黒のシックな衣装で、のびやかで生き生きと美しい演技。やはりさすが、見とれました。真央ちゃんと対照的に、今とても調子が良いんだろうなという感じ。カナダに慣れているというのも、もしかして効果があったのかな。

そして、トリを飾ったのはもちろんカナダのパトリック・チャン選手。今の彼は、もうなんだかこれまでとは別人の様。もう、立派なスターの貫禄。バトル王子が引退してしまったカナダ男子の穴を、あっという間に埋めてしまいました。まさに「ライジング・スター」。観客は今日もスタンディングオベーションでした。

競技のときと違ってリラックスムードだったけど、2時間はあっという間に終わったのでした。

ああ、来年は観られるかなぁ。。。

観戦の日々は、ひとまずおしまい。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

2 comments:

Anonymous said...

こんにちは、前回コメント残したものです。。Googleに登録していないから私の名前って出ていなかったんですね。。。あやこです♪

真央ちゃん、本当、なんだか元気が無いような気がしましたよね?でもフリーの演技、強さをみせましたね! ダウンタウンから夫と落ち合ってバスで向かったのですが、学生さん達がいっぱいで、「そうだよなぁ~バンクーバーだもんなぁ~」とノースバンで引きこもりがちな私は、久しぶりにバンクーバーに住んでいることを実感しました(笑)

ユナが優勝当然って感じでの最終日でしたが、これが真央ちゃんだったらどんな雰囲気だったんだろう?っていうぐらい彼らの勢いはすごかったですよね!?

男子のフリー、モーグルも観にいきたかったけど・・・お疲れでダウン。。。
カナダはとても良い成績を残していましたね!!あ~、やっぱりいけばよかった(笑)

orange said...

>あやこさん

コメントありがとうございます♪

女子フリー、やっぱり華麗なる世界って感じで楽しかったですねー。あれが生で観られるだけでかなりのゼイタク。あーバンクーバーにいて良かったって思いましたよね。今回ばかりは。

モーグルは、寒さに耐える覚悟が必要ですが、また違った盛り上がりがあって、観ているほうも楽しかったですよ。オリンピックのときに観られるといいですね。

あやこさんもノースバンにお住まいなんですね。私もいつも引きこもりです。橋を渡るのがめんどくさくて・・・
(笑)

(このブログ、ちょっと操作が分かりにくくてごめんなさいね。Googleユーザー以外の方は"Name/URL"を選ぶと名前が入れられるようになっています。)