Jun 30, 2009

絶品イタリアン

今取ってるクラスは水曜日なんだけど、明日はカナダデーでお休み。講師は同じ内容のクラスを火曜の夕方もやっているので、今日は彼のオフィスアワー(授業前)と本来の授業時間を使って、「リサーチペーパーの相談タイム」となっていた。(来たい人は、ということで。)

オフィスアワーに早速訪ねてみると先客はなし。ラッキー。プロポーザルは先週出していたんだけど、実は自分でもどうオチを持って行っていいのか・・・という感じだったのが、話してみてスッキリ。この講師、実にトークも巧みなのだけど、サッサと的確にアドバイスも出してくれるのがさすが。実に人当たりもいいし。ただ、ゆるめの雰囲気のせいか最近レクチャーの出席率は下がる一方。あとこのクラスのTAがまたかなり独特な感じで・・・(私は彼を「仙人」と呼んでいる。)でもこのクラス、出てないと確実に聞けない情報があるから油断してると危ないと思うんだけどなー。

さて相談も終わりスッキリした後は、友達に誘われてキツラノビーチのビーチバレーレッスンへ・・・という予定だったんだけど、ちょっと遅れてしまったので今日は見学のみ。ははは。

その後はCommercial Driveに移動して、お腹もぺこぺこだったのでイタリアンへ!

ここは元々ニョッキが美味しいと聞いて行ってみたところなんだけど、ピザも絶品なのです。今日は写真も撮ってきたので掲載。

こちらウワサのチーズソースのニョッキ。濃厚なチーズともちっとしたニョッキがたまりまへん。(個人的にはコッテリ系なのでそう多くは食べられないのですが・・・でも美味しい。)

こちら釜焼きのピザ。アンチョビとプロシュートをハーフ&ハーフで。ベースはトマトソースとモッツァレラチーズ。こういう薄いクリスピーのピザはここじゃないと食べられない!

こんなシャンデリア(?)もあったり内装はユニーク。映ってないけど、ピザ釜はなぜかでっかいファラオの顔みたいになっていて、その口からピザを出し入れ(!)するのです(笑)

ここのところ、本当に北米型ピザには食傷していて(もともとそんなにチーズものが得意じゃない)、最近なんてもう見ただけで「うえっ」となっちゃう私なのですが、やっぱりイターリアーンはさくっ&モチモチで美味しい~!

味付けは意外にあっさりで、もしかしたら「日本人好み」のイタリアンかも。

この他に、タコのマリネとスパゲティ・アラ・マリナラ(ガーリック風味のトマトソース、ケッパー入り)も頼みましたが、どれもペロっと食べられちゃいました。パスタは手作りのフレッシュパスタで、ここバンクーバーでとかくありがちな「茹ですぎ」の軟さ(アルデンテって言葉は存在しないのかよ・・・)ではなく、もちっとした柔らかさ。

さっすがイタリー街は違うねぇ!

Marcello Pizzeria & Ristorante
1404 Commercial Dr.
Vancouver, BC V5L 3X9

これで明日は授業もお休みなもんだから、機嫌よくワインでほろ酔いになってみましたよ(笑)マンマミーア!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jun 29, 2009

続・ベランダ菜園

 
お久しぶりのベランダ菜園の今の姿です(トマトが写ってませんが)。

6月を前に早くも夏が来た!的な暑さが続いたバンクーバーでしたが、その後何故か季節は逆戻り。しばらくぐずぐずと肌寒い天気が続き、菜園の成長にも陰りが・・・

今はようやく晴れ間が戻ってきたところで、またぐんぐんと育ってくれればよいのですが。

上の写真に写っているのはバジル、水菜、そしてよくわからないであろう2つは、種から蒔いたイタリアンパセリとロケット(ルッコラ)です。

バジルは伸びてないように見えますが、前回の写真のすぐ後に摘心しています。なので横にややもっさりしてきた感じ。しかし、やはり涼しい気候が向いていないのかその後の伸びはイマイチです。日照不足が続いてなんとなく黄色がかってきたし。今後のお天気で復活することを期待。

種から育てるにはやはり出足が遅すぎだったか、ロケット(ルッコラ)とイタリアンパセリ。(でも5月頃の気温もまだ10度台だったしなぁ・・・)

ロケットはすぐに芽を出してきたものの、一向に大きくならず。しかもあまりに小さい芽で、ホントにロケットなのかどうかも未だに不明・・・(おーい)。本葉を出してきたのは少しギザギザしてきた気がしなくもない・・・

イタリアンパセリは、なかなか芽を出さなかった。発芽まで3週間ぐらいかかったでしょうか。と、思ったらかなりの確率でポコポコ芽を出してきたので、そろそろ間引いてやらないとなぁ。双葉はとんがっていて可愛く、パセリらしい本葉も出てきました。

ここに写っていませんが、同時に蒔いたコリアンダー(パクチー・香菜・・・こちらではシラントーとも呼ばれてます)も、ほぼ同じぐらいに芽を出しました。姿もパセリに似てます。

さて、その中で唯一目覚しい成長を見せたのが水菜。ちなみに種は"Mizuna"としてこちらのガーデニングショップで売られていたものです。

これが、蒔いたらあっという間に出てきて・・・

(カイワレ状:6/11)





にょきにょき育ち・・・


(6/19)





あっという間に上の写真のようにワサワサになりました。発芽率もかなり良かったので、間引きも兼ねて、本日初収穫していただきました♪

そしてトマト。

 
気がつけば、ポコポコ実がついてきているじゃありませんか!もうあちこちに。

こんなに生って大丈夫かなぁ?トマトの苗本体は、ワサワサと葉が茂っているもののちっともタテに伸びなくなりました。私が脇芽取りをしなかったせいか・・・2本のうち1本は完全に「Y」の字になっちゃったし。でも、ベランダ菜園サイズとしてはちょうどいいのかも。

実をつけ始めたときはこんな感じでした。ミニトマトなので、本当にちっちゃい。

しかし、去年のトマトはたくさん実をつけたものの結局色付かないまま夏が終わり、雨の時期になって割れてきてしまったので、今年は夏のうちに赤くなりますように・・・

そのトマト苗プランターの片隅にひっそり育っている、生き残りシナモンバジルのその後です。ちょっとずつですが大きくなってる♪

収穫~はま~だ~か~

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Posted by Picasa

Jun 28, 2009

夏はおバカ映画

週末はアクティブに山登り!の予定でしたが事情によりあっさりと映画鑑賞に鞍替え。それもまた正しき週末の使い方(非アクティブ的)。

さて、久しぶりの映画館。チョイスは・・・

おバカすぎてこの夏北米を笑いの渦に巻き込みながら絶賛公開中(?!)とのウワサの The Hangover

もともと低予算映画にもかかわらず、批評家からの評価も上々。なんと公開時には同時期(前週)に公開されたピクサー映画"Up"(邦題は「カールじいさんの空飛ぶ家」)を抑えての堂々全米動員数1位!

というわけで・・・期待大!

そもそもおバカ映画と名のつくもの(シモネタ・ハレンチ・ブラックジョーク全て含む)は無条件で好きな私ですが・・・

これ面白かった~!

最初から最後まで笑わされました。クスっ、じゃなくてゲラゲラと。

映画の設定は・・・


結婚2日前のバチェラーパーティ(男だけのイベント)に、ラスベガスへ繰り出した新郎+友人達の男4人組。ハメを外しまくって翌朝目覚めてみれば・・・部屋はメチャメチャだわ、誰も記憶はないわ・・・さらには何故か新郎が行方不明!結婚式は刻一刻と迫るし!さぁ、どうする?!(※タイトルのhangover=二日酔い)


これが、まるでサスペンスよろしく、空白の時間を追っていくストーリー展開・・・でも暴かれていくのはしょうもない事実ばかり・・・

これが面白い理由は、おそらく、登場人物が皆いい年したおっさん揃いだから。

これが若くピチピチの男の子達だったら、あんたたちしょうがないわね~、若いわね~、で終わっちゃうところだけど、このいい年したおっさん達がトホホ~(でもやっぱりオトコってヤツはしょうもない)なハメになっちゃうところが、ツボなのではないかと。

特に、新婦の弟(友人の一人として同行)役のザック・ガルフィアナキス(で良いのか?読み方は)が・・・いわゆるジャック・ブラック体型(?)のボケ役なんだけど・・・ものすごいエキセントリックな演技してます。

ストーリーの端々で登場する脇役たち(これまたおっさん揃い)も、またすごくいい味だしてました。懐かしのあの人も登場。(こんな低予算映画に・・・)

そして、とは言え、ラスベガス→男達の夢!をなんだかんだ言ってしっかり実現(そうでもないか?)しているところがまたアメリカ人の心わし掴み?!

とにかくシモネタ好きのアメリカンにバカウケな理由も分かる、ノンストップ・オッサン・おバカ映画でした。しかし、このどうしようもない展開でもちゃんとホロリとハッピー・エンドにもって行くところがいかにもアメリカン。(ただし最後にはオチもしっかり。)

撮ってる本人たちもさぞや楽しかったに違いない!

最後に・・・おっさん役とは言え、友人役のブラッドリー・クーパー(まだ34才)はこのオッサン・ムサムサ映画の中で十分な目の保養になるほどステキなことを付け加えておきます。

夏はおバカ映画で吹っ飛ばせ!



日本でも暑いうちに公開されるかしら?

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jun 26, 2009

疲れた時のお風呂にはこれ

ここのところ肌寒かったり、雨が降り続いたり・・・と夏が遠くなってしまったかのようなバンクーバーでしたが、ようやくカラッとしたお天気が戻ってきた!

早速、お友達と近場の水辺のトレイルコースに行って気持ちよく歩いてきました。

が!カメラを持っていったのにメモリーカード入れ忘れ、というおバカな失態を犯したので、そこの紹介はまた今度。今年の夏は、ヒマがある限り近所のトレイルを巡ってみようと思っているので、そのうちまた行きます!

さて、仕方ないので?いきなり運動後の話題へ。

気持ちよく体が疲れた後は、お風呂で体をほぐしたい!そんな時にはコレです。

Epsom Salts(エプサム塩)
こちらはShoppersのLifeブランドのもの。2Kgで$5.99でした。

これをお風呂にカップ2杯分(500g)ほど溶かして入ると、血行が良くなって、体もポカポカ。これでぐっすり寝られます。

このEpsom Salts、リラックス入浴剤としての他にも使い道がかなりあるようで・・・捻挫の腫れを取ったり、とげを取ったりとか(!)スキンケアとしても、洗顔料に混ぜたり、パックにしたり、お肌の角質除去・・・それから髪の余計な油分を落とすのにも使えるそうです。

使い方の詳しくはこちらの記事:13 Wonderful Ways to Use Epsom Salts を見てみてください。

ちなみにこのEpsom Salts・・・塩と言いますが正体は、「硫酸マグネシウム」。

実は一度舐めてみましたが、全くしょっぱくなくて、苦かった・・・。にがりの主成分なのだそうです。どおりで。(かつては下剤として利用されていたと言い、食べても害はないと思うのですが、決して美味しくは・・・)

多分、こちらのドラッグストアであれば手軽に買えると思います。お値段もお手ごろなのでお試しあれ。

いい湯だな~♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jun 25, 2009

マイコーに見るテレビ局の役割分担

いつものような昼下がり、ネットのニュースチェックをしながら、ここのところ折に触れて闘病生活が報道されていたファラ・フォーセットの訃報が目に入り(つい先日、長年のパートナーだったライアン・オニールからプロポーズされたという報道があったばかりだった)、そしてテレビを点けてみたら・・・

"Micheal Jackson Dies" (そう、この時現在形でした)

俄かには、「はい???」

しかし・・・BBCもCNNもこぞって報道している。これはいつものようなマイコー関連ジョーク(顔が・・・とか)ではないのだと察知し、しばし呆然。

もうすぐロンドンでの大規模コンサートが始まるんじゃなかったの?マイコー最後のステージ(と、確か本人が言っていた)は幻になってしまったのか・・・

アメリカの、いや世界のスーパースターの突然の訃報に、そりゃもうメディアはハチの巣をつついたような大騒ぎ。

テレビもマイコーニュース一色。

・・・と、言いたいところだけど、チャンネル数のバカ多いこちらのケーブルテレビでは、やはり一部のナショナル級メジャー局(CNN、ABC、BBC、CBCなど)以外の専門局・ローカル局はいたっていつも通りの放送内容。

(ちなみにカナダのケーブルTVは一部ローカル局とカナダのCBC、イギリスのBBCを除いてあとはほぼアメリカと同じテレビ局です。)

さすがにメジャー局は輝かしき80年代のビデオクリップ(やっぱ、マイコーと言えば、これだよね)や、過去のインタビューなどを集めた(まるで前から用意していたかのような)特別番組を放送し始めていますが、全部で何十とあるチャンネルからいえば、それもほんの一部。

つまり、日本みたいに超有名人が亡くなったときにはキー局一斉に特別放送、なんてことはない。というか、「キー局」が何十とあるチャンネルの一部でしかない。そのせいで予定されてた野球中継がなくなるとかってこともない。そもそもそういうのを放送するのはスポーツ専門局か、そのチーム地元ののローカル局だから。

だから、「ニュース一色」という感じは・・・ない。

これがこちらのテレビ局の「住み分け」みたいです。日本の状況もCSやケーブルの普及でこれに近くなってきているとは思います。

********************************

CNNではラリー・キングが2時間特番をやっているのを始めとして、これから何十時間とマイコーが続くでしょう。日本では小倉さんかぁ。。。

でもやっぱりマイコーに釘付け。やっぱり、見れなくなるのは惜しい・・・よなぁ。R.I.P

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jun 24, 2009

CICに物申す(未遂)

昨日の(移民でない方の)ビザ関連の続き。

結局・・・考えたのですが、

・今後移民の審査がスムーズに進む確証はない(特に私の場合メディカル再受診の可能性がかなりある→ビジターでの待ち時間が長くなる危険性あり→その間働けない・保険入れない)

・ビジターでのExtension申請(私の場合厳密にはビジターからの延長ではないけど)自体の審査期間が現在111日もかかる(申請した時点で滞在は認められるとは言え)

・Off-Campus Work Permitが(無事)再交付されたら早速バイトに出よう・・・

ということで、正攻法にビザ3段攻め(昨日のポスト参照)で行くことにしました。はー。疲れる。。。

で、まずはStudy Permitの延長。

実はカナダ国内からのStudy Permitの延長申請(とOff-Campusの交付申請)は現在CICのオンラインサービスでできることになっていて、紙での申請だと60日かかるところ、これだとなんと12日で手続きが完了するとの事。

とっころが!そこはそんなに甘くないカナダ!

実はもう2週間も前に必要な書類を全て集め終わって、それをスキャンして、準備万端!だったのに・・・

スキャンした書類(パスポートコピーや残高証明など)のアップロードを何度やってもエラーになる。

というわけで、1週間以上も足止めを食らいました。。。

その間あちこちいろんな環境で試したのよ。学校とか。さらに、ひどい時にはログインすらもエラー(timeout)になるこのe-passなるシステム。どうもサーバーの調子がめちゃめちゃ不安定。誰かサーバーリブートして来い!って感じ・・・

あまりにひどいんでもうCICに電話して文句言おうかと思ってました。システム担当を呼べ~!と言ってさ。それに加えて昨日のバッファローからの通知で、もう申請自体やめちゃおうかと思ったし。

さっき、ダメ押しで再度アップロードに挑戦したら、やっと、ようやく、完了。

曲がりなりにも官公庁のシステムとして、これはありえない。もしビザの残り期限がギリギリになっちゃってたりしたら、すごいヒヤヒヤものだよ。

元システム屋的に、これは許せません。オンライン化してサービスダウングレードしてどうする。(←でもねこれってけっこうありがち・・・)

まだ申請は残ってるので、今度何かあったら、物申してやる!(怒)

申請料取ってるんだから、もっとシステムにもお金かけてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jun 23, 2009

In Process

移民申請の続きです。

バッファローにはもう私の書類が着いただろうか?とは思っていたけど、過去の例とかから見ても審査に入る(In Process)にはもう少し時間がかかるだろうと踏んでいた私。

今日ポストを見たらでっかい私宛の封筒が入っていました。

差出人はアメリカのCanadian Consulate General(カナダ領事館)。

ん?バッファローからだ!

内容は、6/17付で「書類を受け取りました~」ということ。そして私の書類にとうとうFile No.が振られました。

それから、何故か提出していたMarriage Certificate(原本)が一緒に返ってきました。・・・審査が終わるまで手元に戻らないだろうと思って、もう2つ(サイズ違いで)頼んでしまったのに。(ちなみに発行料は1部$26ぐらい・・・)。これで手元には全部で3部。。。

ともかく。それでe-Casをチェックしてみると・・・

なんと、In Processになっておりました!

メッセージは以下。
We started processing (orange)'s application on June 16, 2009.
Medical results have been received.

メディカルの結果はねぇ・・・もうたぶん期限切れなんだけどね~(1年経過)。でも、受けなおすようにっていうインストラクションは入ってなかったので、知らんぷりしてみます(笑)。最後に言われるかも・・・。

ともかくこれで、ようやくスポンサー(相方)の名ではなく私の名前でe-Casに入れるようになったさ~♪


それにしても、予想外の進みの早さに、ある迷いが出てきてしまった。

それは・・・今の学生ビザが8月末で切れてしまうので、色々と手続きを始めようとしていて、やっぱり一番いいのは、卒業後にPost-Graduation Work Permitに切り替えることだという結論に。(学校のアドバイザーにも相談済み。)これなら移民になるまでの間にもオープンワークとして働けますから。

しかし、こっからがちょっとややこしい。

Post-Graduationはもちろん卒業が「確定」しないと申請できないので、今学期の成績が出る(=8月終わり)までは申請できない。そして、そこから最大90日かかると言われてる。

そんなことしている間にもちろんビザが切れちゃうので、まず先に今のStudy Permitを延長申請しなきゃいけない。ちなみにこの「Post-Graduationを申請するための延長期間」を Bridging Extension と言い、90日の延長を申請することが認められている。

そして・・・以前書いたOff-Campus Work Permit(失効済)が再び登場。

実は、このPermitを持っていると、Post-Graduationを申請した時点でそのままPost-Graduationと同じ条件で働くことができるそうだ。つまり、申請完了まで待つ必要なしにフルタイムで働けます!(※でも、これ自体は滞在ビザじゃないので、Study Permitの延長はやっぱり必要。)

なので!失効時から6ヶ月たったところ(私の目論見では7月頭ということになっている)でこれを再申請しようとしているわけです。

あー、ややこしい!もう私CICのWebサイトとはお友達のようなもんです。こんだけビザを制覇する人も珍しいと思う!

そして頭が痛いのは・・・

・Study Permitの延長:$125
・Off-Campus Work Permitの(再)申請:$150
・Post-Graduation Work Permitの申請:$150

と、申請すればするほどお金がかかるって事。しかも、移民申請自体にかかった料金(すでに支払済)が、なんと

計$1,040 !(※スポンサー・申請者側合わせて。これ以外にかかった健康診断などの費用は含まず)

ビザの手続きってホントにお金かかりますな~。CIC、ぼろ儲け!

本音を言えばこれ以上お金かけたくない・・・しかも健康診断やり直しになったらまた$300近くかかっちゃうし・・・

何度も言ってますが、我が家はビンボー(無収入)!

しかも何でこんなハメになったかってすべては相方・・・!


・・・と、かなり長い前置きでしたが、

このままもし超・順調に移民審査が終わってしまうなら、もう、卒業後はビジターに切り替えて申請完了を待とうかな、というのが今の迷いです。ビジターの間は(もちろん)働けないけど、多分、仕事を見つけるのも時間がかかるだろうしなぁ。ビンボーゆえ、早く働きたいのもまた本音ですが。

しかし、もし追加書類とか来て審査が延び延びになってしまうとまた困る。それに、これからシアトルに転送される可能性もまだあるし。(どっちかって言えばそっちが希望だけど。)あれ?In Processになったってことはこのままバッファローで進むのか?

ともかく・・・うーん。悩めるなぁ。

とにもかくにもここまでの経過。
・2009/5/1:申請書類をCICへ送付。
・2009/5/6:申請書類がMississaugaのオフィスへ到着。
・2009/6/2:スポンサー審査開始(In-Process)。
・2009/6/8:スポンサー審査Decision Made。申請書類がBuffaloに転送。
・2009/6/16:Buffaloにて移民審査開始(In Process)。

びんぼう、びんぼう、ヒマだらけ♪ってのはウルフルズの歌だったね。。。ヒマではないよん(多分)。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jun 21, 2009

父の日ブランチ・2009

今年も恒例、父の日はブランチです。(もちろん母の日もやってますよ。)

実はなぜか私は先週が父の日だと思い込んでいて、あやうくフライングしかけた今年でした(汗)プレゼントを早めに仕込めたので良かった?けど。

プレゼントは今年の母の日からシリーズ化している、私が撮ったパパママのパパラッチ写真から1枚選んでプリントし、ミニフレームに入れて・・・というもの。手作り感がある程度出るのが良いと思います。もちろん写真選びがポイントで、父の日バージョンはパパと歩兵隊員(とあるミリタリーショップの前にあった像)が並んで映っている、というお茶目系なものにしました。ウケた!(笑)フォトフレームは、シアトルに行った時に安くて可愛いお店を見つけたので大量買いしました。

お花は、この時期よく出ているシャクヤクの白いものが、清楚でボリュームもあり「お父さん」のイメージに合うかな、と思って、シンプルにこれだけの花束をチョイス。ただ、前日に買っていて、水に挿しておいても萎れてしまったのが残念・・・。

もちろんカードも忘れずに。不在の相方の分も代表して"From Both of Us"のカードを使います。

相方不在の相方家行事も回数が増えてきて、「この次は相方不在の相方バースデーパーティ?」とか言ってる位ですが(笑)・・・傍目に見て、この組み合わせは「父&母&息子(兄)&その嫁」って思われてるんだろうな~。(ちなみに兄は独身。)

今日の兄チョイスレストランは、Lonsdale Ave.の一番下にあるBurgoo。 前から店構えがちょっと気になってたんだけど、今日初めて入りました。

ここは、"international" なレストランということで、メニューにも、カナディアン・アメリカン・フレンチ・メキシカン などなど・・・どっちかっていうと「洋モノ」メインですが、モロッカン、マレージアンなども。

その中から私は今日は「ケンタッキー風シチュー」ことKentucky Burgooをチョイス。店の名でもあるburgooとはアイリッシュをルーツとするspicy stewのことなのだそう。つまり、ここは基本的にシチュー屋なのですな。サンドイッチとかのメニューもたくさんあるけどね。

ちなみにケンタッキー(メニュー上でのコードはKY)はアメリカン(USA)とは別のカテゴリーになってました(笑)

付け合せはマッシュポテトかビスケットとなっていたので、ビスケットをチョイス。ええ、あの「ケンタッキー(つーか日本のKFC)風」のふかふか厚いビスケットです!実物はあれより甘みはありませんでしたが。スコーンに近い感じ。

シチューもといburgooは甘辛いカラメル色のベースでお肉やお豆にコーン、それにオクラが煮込まれて、やっぱり南部風な感じでした。こういう具ってすごく好きだし、味もなかなかだったのですが・・・ものすごく味付けが濃かった!半分ほど食べたところでもういいって思いました。呼んで貰っている家族の手前完食しましたけどね・・・(こういうとこ日本人)。

後で気づいたのですが、このお店のシチュー系メニュー(他にはアイリッシュシチューなど)は、レトルトパックとして販売されています。ていうか。お店で出されたのももしかしてレトルト暖めたものだったのかも、って気がしました。・・・それで$15って微妙。

パパママが食べていたスープ&サラダは盛り付けもきれいでおいしそうだったし、ドリンクもフレッシュフルーツを使ったものなどかなり種類も多かったので、また別のメニューで試してみるのはいいかも。シチュー系は奨めませんが(シチューの店なのに:笑)。

お客さんはひっきりなしに入っていましたよ。


その後はやはり去年と同じく、Waterfront Parkでの洋モノ自動車ショーでした。(写真は去年のを見てください。今年も同じ車が来てた。)これも毎年同じ日に開催されてるんだなー。これでお父さんのハートもわし掴み!?

しかし、またいきなり寒くなってきた。昨夜はブランケット2枚かぶっても寒かった!風邪引きそ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jun 19, 2009

こんなときどうする?

森に囲まれた緑豊かなところに住んでいて・・・

実は前々から、どうしよう?と密かに危惧していたことがあり。

2ヶ月ほど前、家の前の道(車も結構通る)に・・・あぁ、哀れな黒いリスさんの最期の姿を発見。道路を渡ろうとして車に轢かれたのでしょう。

やはりこのあたり、あちこちで交通事故の犠牲になってしまった動物を見かけることがあります。

犬や猫というペットもいれば、やはりアライグマにスカンク(これは現場を見る前から強烈な臭いが辺りに充満しているのですぐ分かる。これをはねた車はその後使い物にならなくなるのだとか)といった野生動物も・・・

ところで、私が持っていた疑問とは、

公道(大きな道)ならともかく、ウチの前の道のように住宅街の場合、誰がそれを後片付けするのか?ということ。

もちろんはねた方が責任持ってくださればよいのですが、多くの場合、それは悲しいかな轢き逃げ事件ですからね。

先の黒リスさんの場合、実は微妙に事故現場が隣家の領域に入っていたので、お隣にお任せすることにして静観していたら、翌日には片付けられていました。

しかし、もしこれがウチの領域だったらば・・・やっぱり責任はその家の住人にあるのかな?

ちなみにこちらの場合、雪が積もった時にその家の前の歩道を雪かきする責任はその家の住人にあります。でもこの場合は歩道じゃないしなぁ・・・

とかまぁ、疑問にしたままにしていたら、昨日の夕方、


我が家目の前の道路で、ぺっちゃんこにされてお亡くなりになったカラスを発見・・・


ああ・・・このカラス、家の前の木に巣を作っていたのか、しょっちゅう高らかにガァガァ鳴いていたヤツかも・・・道路の上で遊んでいたところもよく見かけていたから・・・それにしても轢かれるなんて・・・。

しかしこれでとうとう、危惧していたことが現実になってしまった。

このカラスは可愛そうだけど、どうしても(手袋したって)これを自分で片付けるなんて・・・できない。なんたってぺっちゃんこですから・・・羽根もバラバラになりかけているし・・・うーーーーん。(すいません。)

しかしその現場、正確には我が家からは反対車線だった。これはもしかしたらお向かいさんの領域?ただ、お向かい家はちょうど、その手前(T字路)から出ている別の道にも面しているし、おそらく住所上はそっちの道にあることになっているだろう。

・・・どうしたものか。

結局、一晩そのままにして誰かが・・・とつい期待してしまいましたが、翌日見てみてもやはり哀れなカラスはそこに。

そして、意を決して、District(ウチの住んでいる区域)の役所に電話してみました。

どこの部門にかけたらいいか分からなかったので、とりあえずGeneral Receptionに電話をかけ、こういうときはどうしたらいい?と聞いたら、じゃあ、といって回線を回されたのが、Animal Welfare Shelterの部署。

いや、アニマルシェルターは生きてる動物の行くとこだと思うけど・・・と思いつつ、再度事情を説明すると、「場所はどこ?」と聞かれて、住所を答えると、「じゃ、ボスにそこに行ってくれるように伝えておくから!」と明るい返事が。

1時間もしないうちに、無事にお片づけ部隊(といっても2人ぐらい)が到着してました。

Good job!

こういうときは迷わず地域の役場に相談、ですね。

クマ出没の時は連絡しても「放って置いて」だったけどね~。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jun 18, 2009

年相応

ご存知の通り私は30過ぎの大学生なワケですが、学校にいてもクラスメートとの年の差は案外さほど感じないものです。

これが日本だったらば、講義中にケイタイいじくり倒しているようなお子ちゃま学生達からは浮きまくっているところだろうけど、こっちの大学生は発言もしっかりとしているし、社会の色々なことも分かっていてオトナ。(そうじゃない子ももちろんいるけどね。)

今学期のクラスメートK君。いつも冷静沈着、って感じの中国系の彼は、チュートリアルでも、喋り倒すわけではないのに肝心なところでさっとまとめて、頭のキレる爽やか青年。

(ちなみに喋り倒すタイプのクラスメートはどのクラスにも必ず2~3人はいる。)

昨日の授業の後、私は用があって珍しくスカイトレインの駅に向かったんだけど、ホームでK君にバッタリ。

スカイトレインを使うことが普段少ないノースバン在住の私、これ幸いと、私の行きたい駅にはどうやって行くんだっけ?とか聞いたりしていたら、彼の後ろからひょっこり女の子が現れた。

あ、僕のガールフレンドだよ、とこれまた爽やかに紹介してくれるK君。あらあら、デートの待ち合わせだったのね。

もちろん、K君は私のことも、彼女に紹介してくれた。

「クラスメートだよ。彼女結婚していて日本から来たんだって。」

私のMarital Statusについては、たまたまTAと移民ネタで盛り上がっていたことがあるので(彼も移民)、その場に居合わせてたK君も知っていたのだ。(ちなみに、別に学校で隠しているわけではないけど、あえて言う機会もまたあんまりない。)

そこでちょうどホームの電車も発車間際。爽やかカップルと同じ電車に乗ることに。

彼女とは初対面だったわけだけど、並びは私・彼女・K君の順。仕事帰りだったらしい彼女は、ちょっとお疲れ気味だったのか、言葉少なにうつむきがち。

私もあんまりじゃましちゃ悪いなぁ、と思いつつ、適当に話をふってくれるK君とボチボチと話しながら、私の乗り換える駅まで10分ほどご一緒に。

電車を降りた後、ふと、気がついた。

なんでK君、いきなり私が結婚してるってとこから紹介したのか。(初めての紹介にしては多少個人情報が多めかって気がした。)

電車の中では会話が途切れないように(私に)気を使いつつ、チラチラと彼女を見やっていたK君。

おそらく。

彼女との待ち合わせの場所に私が居合わせちゃったものだから、たぶん彼は焦っていたのだ。爽やかな顔して。K君だってやっぱりお年頃の青年なのだ。健気だ。

大人しそうな可愛い彼女は、そんな風には見えなかったけどもしかしたらかなりのやきもち焼きさんかもしれない。

いや、学生時代の恋愛ってそういうもんでしょう。

オバちゃんはお年頃の恋路を邪魔しちゃいけません。

もちろん、悪気なんてこれっぽっちもなかったのだけど、ごめんね~!

うーん、私にもそんな時代が・・・あったような・・・どうだったか・・・?

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jun 16, 2009

プランター菜園、育ってます。

さてさていよいよ本格的な夏の訪れと共に、ベランダ菜園もすくすく順調に生育中、かな?

ミニトマト&バジルプランターのその後。植えたばかりの頃と比べれば成長振りも一目瞭然。花もたくさん咲いているのですが、まだまだ実る気配はなし。待ち遠しや。

トマトの苗が大きくなってしまって、真ん中のバジルが陰に隠れがちに・・・いくらコンパニオンプランツといってもやっぱりもう少し間を空けないとダメかね。

それとは別に植えてあるバジルたちはお日様をたっぷり浴びてツヤツヤ、元気そう。

手前に見えるのはネギ(グリーンオニオン)です。実は使用後のネギの根っこを挿してあるだけ。これ、こうしておくと再生するんですよー。エコロジー!

さて前回種から育て始めていたバジル。実は・・・まだ朝晩冷え込んでいたバンクーバーでは、夜に外に出しておくのは寒すぎだったのか、せっかくピョコピョコたくさん出てきていた芽が、ある朝いっぺんにシナシナに・・・。そして、日中の強烈な日差しを浴びて、完全にノックアウトされてしまいました・・・。これでほぼ全滅(涙)。しかし、1本だけ生き残った子が。

トマトのプランターの片隅に植え替えてやりました。よく見るとこれ、茎が赤紫色。実は、普通の緑色のバジルと思って買った種だったのに、よく名前を見たら「シナモンバジル」でした。種の袋の写真だって緑色だったのにー。ウソツキ。

でも、せっかく頑張って生き残ってくれた子なのでこのまま育ててみます。大きくなれよー。

この他、まだ蒔いた種があるのですが(プランター写真手前の鉢たち)、芽が出てきたのは水菜だけ。まだまだ収穫は遠そうだなぁ。

ローズマリーとラベンダーの苗は裏庭にお引越し済み。

実はこの写真1週間前のものなので、すでに皆小さく見えます。学期も中盤に差し掛かって、なんやかやバタバタ。ブログが植物の成長に追いつかない!(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jun 12, 2009

や た ~ 合 格

て、サクラサク な受験生みたいなタイトルですがね、移民審査の続報です。

そう、スポンサー審査に合格してました!

や た ぁぁぁぁぁ~!

そして、私の申請書類は、東京ではなく バッファロー(Buffalo) に転送されたそうです。

これも多分、 や た ぁぁぁぁぁ~!

一応、希望のオフィスはバッファローと明記しておいたのですが、私の今の滞在ビザはもう残り1年をとっくに切っていたので、どうなるか分からなかった。希望通りとなって万々歳です。本来の狙いはそれがシアトルに転送されることなのですが。それがここバンクーバーから一番近いオフィスなので。

そう。まだ私の方の審査がこれからなんでまだまだ先は長いんですけど、なんせこれまでの部分が私個人的にはいちばーーーーーん気がかりだったトコロなので、今、まるですべて終わったかのような喜びようです(笑)

経過ですが、先日のポストのすぐ後、ステータスがDecision Madeに変わってました。内容は、「スポンサー審査が終わり、結果を確定(decision made)したので、その内容を記したレターを6月8日に送付しました」ってこと。

ただ、この時点ではどんな"decision"がされたのかがわかんない!

合格したのか、却下されたのか???

ドキドキしながら手紙が来るのを今日まで待ちました。

この審査がここまで気がかりだった理由、そして・・・私が1年半も移民申請を出せなかった理由。それはスポンサー側の納税証明の書類を入手できなかったからなのでした。

ウチの相方、ホントーにいい加減なヤツでして(このブログを読んでる人はわかると思う)、結婚してから、まぁ予想してたけど出てくるものは請求書の山、山・・・。これはお金の問題っていうより、本人の管理の問題で、要は・・・手続き事が全く全う出来ないヤツなのです。

おまけに、結婚前に5年程カナダを離れていたのですが、この間のカナダでのTax Filingの記録が全くない。(ま、これは当然なのですが。)この間、日本側では確定申告をしていたのですが(もちろん私がかなり手伝った)、この証明は「本人が」日本に戻らないと取ってこれないけど、ヤツが日本を訪れる予定は全くなく。私これまでヤツの代理人として色々な申請を日本でしてきましたが(ヤツがパスポートをなくしたせい等で)・・・こればっかりは本人でないとダメ。

とにかく、Tax Filingをしないことにはどうにもならないので、相方がカナダに戻ってきて1年後、その前年分だけでも(無理やり)Tax Filingの書類を書かせて、どうにか、requirementである「最新年度」の納税証明の書類を申請。これが納税局に本人が電話しないと取り寄せられないってヤツで・・・ちなみにこの書類の名は"Option-C Printout"と言います。

ところが、待てど暮らせどOption-Cはやってこない。そうこうしてる間に私は2月に日本に一時帰国することになってしまい・・・

まぁ実際のところ、あまりに時間がかかったため、その間に申請のルールも変わって追加で入手しなきゃいけない書類ができてしまったので(詳細はこちら)、最終的にそれらを日本で揃えて日本から申請するつもりでいたので(どうせ国外申請なので)、「Option-Cが送られてきたらそれを日本(の私のところ)に送って!」と相方に頼んでいたのですが。

それでも送られてこない!
相方に再度電話で催促してもらいましたが、それでも送られてこない!

とうとう、2ヵ月後、そのままカナダに戻ってくることになってしまったのでした。

ところで私が留守にしている間、そういや相方から「CRA(税務局)からなんか書類が来たけど・・・Option-Cとは書いてないけど」って聞いていました。

カナダに戻ってからその書類は見ましたが、タイトルは"Income Tax Return Information-Regular"となっていて、内容は先にFilingした前年度の申告を反映したもの、らしかった。Filingしたことに対する「受領書」かな、と思っていました。(ちなみにそれは2月中には受け取っていたらしい)

が!

4月の終わりごろ、何気なくカナダ移民申請のWebフォーラム(申請者同士の情報交換)を見ていたところ、「Option-C (printout)には"Option-C"って書かれていない」という情報を目にして・・・慌てて調べてみたらその"~ Information-Regular"こそが待ち続けていた"Option-C"であったということが判明!

えええええい、ややこしいんじゃい!

と文句ブーブー言うのも後回しにして、大急ぎで送付準備に入ったのがこの頃だったわけです。

まったく!このせいで2ヶ月は損した!

でも、まぁ・・・こんだけ苦労したのだからこれからの審査は順調に進むことを心から願います。頼むから!

最後に余談ですが、ワタクシ、申請の時に同封するチェックリストを間違えていたことに、書類を送付した後で気づきました・・・(Country Specific Instructionについているチェックリストのこと。)Spouse/Common-Law Partner用のを使うところを、どこでダウンロードし間違えたのか、Parents/Ground Parents/Adopted Children等用のものを使ってしまっていた・・・。どおりで、入れるはずの健康診断の書類のチェック欄がないし、9枚要るはずの顔写真も6枚と書いてあるし・・・おかしいなぁ、と思いながらチェックリストを無視して全部入れてしまったのですがね!(笑)

そのせいで、もしかして書類不備で返されるかも~、という心配もしてましたが、どうやらそこには突っ込まれなかったみたいです。追加書類のリクエストも今のところないようだし。この先何が来るかは分かりませんが。健康診断の有効期限はアウトになるはずなので(なんせ受けたのが去年の6月)おそらく再受診のリクエストは来るでしょう。(ものすごい高いのに!怒)

・・・なにはともあれここまでの経過:
・2009/5/1:申請書類をCICへ送付。
・2009/5/6:申請書類がMississaugaのオフィスへ到着。
・2009/6/2:スポンサー審査開始(In-Process)。
・2009/6/8:スポンサー審査Decision Made。申請書類がBuffaloに転送。

用意した申請書類のまとめなども、また改めて。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ