Jun 18, 2009

年相応

ご存知の通り私は30過ぎの大学生なワケですが、学校にいてもクラスメートとの年の差は案外さほど感じないものです。

これが日本だったらば、講義中にケイタイいじくり倒しているようなお子ちゃま学生達からは浮きまくっているところだろうけど、こっちの大学生は発言もしっかりとしているし、社会の色々なことも分かっていてオトナ。(そうじゃない子ももちろんいるけどね。)

今学期のクラスメートK君。いつも冷静沈着、って感じの中国系の彼は、チュートリアルでも、喋り倒すわけではないのに肝心なところでさっとまとめて、頭のキレる爽やか青年。

(ちなみに喋り倒すタイプのクラスメートはどのクラスにも必ず2~3人はいる。)

昨日の授業の後、私は用があって珍しくスカイトレインの駅に向かったんだけど、ホームでK君にバッタリ。

スカイトレインを使うことが普段少ないノースバン在住の私、これ幸いと、私の行きたい駅にはどうやって行くんだっけ?とか聞いたりしていたら、彼の後ろからひょっこり女の子が現れた。

あ、僕のガールフレンドだよ、とこれまた爽やかに紹介してくれるK君。あらあら、デートの待ち合わせだったのね。

もちろん、K君は私のことも、彼女に紹介してくれた。

「クラスメートだよ。彼女結婚していて日本から来たんだって。」

私のMarital Statusについては、たまたまTAと移民ネタで盛り上がっていたことがあるので(彼も移民)、その場に居合わせてたK君も知っていたのだ。(ちなみに、別に学校で隠しているわけではないけど、あえて言う機会もまたあんまりない。)

そこでちょうどホームの電車も発車間際。爽やかカップルと同じ電車に乗ることに。

彼女とは初対面だったわけだけど、並びは私・彼女・K君の順。仕事帰りだったらしい彼女は、ちょっとお疲れ気味だったのか、言葉少なにうつむきがち。

私もあんまりじゃましちゃ悪いなぁ、と思いつつ、適当に話をふってくれるK君とボチボチと話しながら、私の乗り換える駅まで10分ほどご一緒に。

電車を降りた後、ふと、気がついた。

なんでK君、いきなり私が結婚してるってとこから紹介したのか。(初めての紹介にしては多少個人情報が多めかって気がした。)

電車の中では会話が途切れないように(私に)気を使いつつ、チラチラと彼女を見やっていたK君。

おそらく。

彼女との待ち合わせの場所に私が居合わせちゃったものだから、たぶん彼は焦っていたのだ。爽やかな顔して。K君だってやっぱりお年頃の青年なのだ。健気だ。

大人しそうな可愛い彼女は、そんな風には見えなかったけどもしかしたらかなりのやきもち焼きさんかもしれない。

いや、学生時代の恋愛ってそういうもんでしょう。

オバちゃんはお年頃の恋路を邪魔しちゃいけません。

もちろん、悪気なんてこれっぽっちもなかったのだけど、ごめんね~!

うーん、私にもそんな時代が・・・あったような・・・どうだったか・・・?

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

3 comments:

junco said...

うーん・・・甘酸っぱい!
私の勝手な思い込みでは(特に中国系の)男の子って、彼女思いの子が多いですよね。そして全般的に、カナダは女性が楽だー!

働き始めた頃は、エレベータで先に出るように譲られて「恐縮!」って感じだったけど、最近は、慣れてきてしまった。「あ、どうもー」って感じ。日本に帰ったら気をつけよう(笑)

カナダジャーナル said...

初めまして、カナダジャーナルのShinichiと申します。いつもランキング上位に入っていらっしゃいますので、ぜひ相互リンクをお願いしたく、メールをしております。もし宜しければこのメールアドレスにご連絡いただけますでしょうか。info@canadajournal.com

以上、よろしくお願い申し上げます。

orange said...

>juncoちゃん

私の勝手な思い込みでは(特に中国系の)女の子は割とやきもち焼き屋さん?そして男の子は・・・敷かれてる?(笑)

まぁ譲られたら、あ、どーも♪(ここでスマイルが大事)で。

日本だったら・・・これって年の順なのかな???