Jul 25, 2009

嵐を呼ぶオトコ

嵐・・・ていうかカミナリです。帰ってきて早々ダンナに落としたわけじゃありません(笑)

(ちなみに予告されていた日より何故か1日遅れて帰ってきました。本当に行方不明だったんじゃん。)

相方帰還によりさっそく家の中は嵐が通り過ぎた後のようになってますが・・・家の外(今まで私の手が行き届かなかった部分)は、キレーにしてくれています。・・・トントン?

そう言えば、昨日term paper1つを無事提出しました。
残るはプレゼン、別のヘビー級タームペーパー、そして期末テスト。
こちらはまだまだ嵐・・・。



さて、今日の夕方、こちらでは珍しく夏の夕立が降りました。

これがどんどん激しい雨足になってきて・・・そのうち雷鳴が轟き始めました。

最初は遠くの方に聞こえていたのですがどんどん近くなってきて・・・暗くなった空に一面フラッシュを焚いたかと思うほどの稲光が見えたかと思ったら・・・ドカーン!!!!!と地響きの様な一発。間髪入れずだったのでかなり近くに落ちていたと思います。

隣の家の子供達はもうギャーギャー悲鳴を上げていました。

無理もない。ここではめったにここまでの雷は落ちません。相方曰く、雷が鳴るのは大体冬なのだそうで。そういえばそうかな?

そういうウチらも、「キャー、こわーい♪」(日本語で)とか言いながら地下の方に避難しちゃいましたけど。

今日の天気はまるで、日本の夏の夕立みたいな感じでした。ちょっと懐かしく思ったりして。

ちなみに「雷」、英語では稲妻(光)はlightning、雷鳴(音)がthunderです。合わせてthunder and lightning・・・です。(一言で言えないのかい。)



写真は雷が去った後、ちょうど日暮れ時を迎えた頃の空。なんだか薄暗いままピンク色になっていった感じ。これでもまだ雨が降っています。

そんな私のケイタイ着信は"Thunderstruck"(AC/DC)。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

2 comments:

Zoo said...

こんにちは。またお邪魔してます。ピンク色の空きれいですね。そのきれいな空にまだ雨が降っているとは驚きです。

先週末、私の住んでいるエドモントンはひどい嵐で、街中いたるところで木がなぎ倒されたり、一晩中停電になったりと散々でした。でも、カナダ人はアウトドアに慣れているせいか、キャンプグッズやらサバイバルキッドなどで全然パニックにはなっていませんでしたよ。

orange said...

>Zooさん

こんにちは!昨日の空はなんだか今まで見たこともないような、少しくすんだようなピンク~オレンジ(写真では良く分かりませんが)という感じで、雨も降っていて・・・不思議~でした。

エドモントンは嵐だったんですね!3年前のバンクーバーでもひどい嵐が来て、大きな木があちこちなぎ倒されたり、丸2日間電気が止まったりで・・・でした。もう冬でしたけどね・・・今年のカナダの夏はやっぱりちょっと変かもしれないですね。

でも確かにサバイバルには皆慣れていそう。ウチもちゃんと道具を備えよう!