Sep 16, 2009

ソルトスプリング島 ~裏側を探検~

私達が降り立ったのはFulford Harbourで、泊まったコテージもその目と鼻の先。このあたりはソルトスプリング島の中心、Ganges(ガンジス)からは車で20分ぐらいの距離です。Gungesには一度夕食を食べに行きましたが、それ以外は今回結局あまり見ることはありませんでした。

今回のソルトスプリング島はどっちかと言うと「裏側」になります。

ここは島中にアーティスト達の工房(studio)が点在しています。それらを巡る"Studio Tour"のマップが島で手に入るので(こちらのサイトからも入手できます)、それを頼りにプチ・ツアーをすることにしました。

ゲージュツには興味ないけど・・・という人も大丈夫。工房と言っても、ここにはワイナリーやベーカリー、チーズ工房などの「食アート(?)」も含まれます。これなら食いしん坊の人も楽しめますね。

というわけで、私はFulford Harbourから近いエリアに行ってみることに。ちなみに、「書き物に没頭したい(本人談)」相方はコテージに置いていき、私一人でのドライブです。

最初の目的地は Salt Spring Island Bread Co. という、パン工房(ベーカリー)。

メインの道路(といっても山道)から1本入ると、舗装されていない砂利道になります。そして、ベーカリーの看板を見つけたら入るのは車一台通るのがやっとのケモノ(?)道。最近ようやくまともに運転し始めたばかりのドライバーにはキツかったわ~。なんとか無事到着。着いたところは可愛らしい木でできたお家。これがパン工房。中の様子はリンク先に載っています。

大きな釜からは次々と焼きたてのパンが出てきて、それらをそのまま買うことができます。ここで、どっしりしたドライフルーツのパンや、ピザ風のオリーブなどを乗せて焼き上げたフォカッチャなどを購入しました。

こちらは店舗ではなくおそらくオーナーご家族の住居なのですが・・・小高い丘に立ち、ラベンダーに囲まれ、英国の田舎風。

そして、次に訪れたのはベーカリーから数ブロック奥にあるTony's Tarts という、まぁ名前そのままのお店。

道路の様子、分かりますか?

これまた可愛らしいお家です。看板がなければお店と分からないかも。

こちらがタルト。もう閉店間際でしたが(4時にはほとんどの工房が終わってしまいます)、サイトに出ているTonyさんご本人が出てきてくれました。タルトは、カナダ国旗柄!

さて、出発が遅かったのでStudio Tourは2件で早くも終了。メイン山道(Beaver Point Rd.)をそのままさらに奥に進むと、Ruckle Provincial Parkに到着。

ここでは島の南端からの海の絶景が見られます。少しトレイルを歩いてみることにしました。

歩き始めてすぐ、鹿ちゃんに遭遇!反対側にもう1頭いました。

海側の広場はキャンプ地になっています。海沿いでキャンピングって言うのもなかなか良さそう。あちこちにテントが張られていました。

さらにつづく。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

No comments: