Oct 14, 2009

卒業式

ロングウィークエンドはイベントが特盛りだくさんあったのでちっともブログに追いつかないけど・・・

その前に!

優しくて頼りになる友人達のお陰で(家族は揃ってカメラを忘れたのだ)、先日の卒業式の写真を得ることができたのでまずはこちらを。

ちなみに卒業式のことはウチの大学ではconvocationと言っております。

10月のバンクーバーと言えば雨続き、の定説とは裏腹に当日はまさに「秋晴れ」のスカッといいお天気。さすが、日本からやってきた晴れ男(父)の力はスゴイ。

さて、ウチの大学はトライメスター(3学期制)なのにconvocationは6月・10月の年2回。つまり、春学期(4月)か夏学期(8月)で終われば2ヵ月後に卒業式ですが、秋学期(12月)に終わると卒業式は半年後。かなり待たされることになります。

そして卒業式は平日の昼間なので、仕事をしている人や、留学を終えて自国に帰ってしまった人などは出席するのが難しいですね。なので、実際の出席率は半分から60%ぐらいなのではないでしょうか。

上に書いた仕組みにより、今回の10月の卒業式に出るのは夏学期の卒業生のみ。なので6月のに比べてボリュームは小さいです。

しかしまぁ、卒業式にはどうしても出たかった私。なぜって、やっぱりアレですよ。

ガウンと角帽!一度は着てみたいじゃないですか。(単純)

というわけで・・・これがこの日の姿。

私の中では黒、というイメージだったのですが、残念ながら(?)うちの大学のレガリア(ガウン)はスクールカラーの青。

肩からかけているもの(フード)の色はもらう学位によってそれぞれ決まっています。私のはBachelor of Arts(BA)のもの。赤地に青いラインです。

ちなみにこのArtsってのはリベラルアーツのことで、人文学・社会学系の卒業生がこの学位(BA)をもらいます。なお、芸術系の意味でのアートはFine Arts。あとはビジネス学部(BBA)やScience系(BSc)など、あとその中でも専門分野によってフードの色には細かい決まりがあるみたいです。さすがに全部は把握できませんが。Master(修士)のフードは縁取りがあったりしてちょっと豪華になるかも。あと面白いのはDoctor(博士)の人はフードをかけずにつばのついた帽子をかぶり、壇上でフードをかけられます。それ以外の人たちは始めからフードをかけて入場します。

式が始まる前に卒業生はあらかじめ学部ごとに分けて並べられ、行列を作って式場まで行進します。バグパイプの先導で入場です。

余談ですがウチの大学のバグパイプチームは世界大会で優勝するほどのレベルなのだとか。そういえば夕方になるとよく、教室から大きな音が聞こえてきてましたが。

Convocation Area=式場、とはいえウチの大学のは図書館の前にある吹きっさらしのスペース(屋根はある)。お天気が悪いと寒いことこの上ないです。列席者もブランケットを引っ被っていたり。この日はお天気が良くてホントに良かったーーー。

入場の後は、まずはもちろん全員でO Canadaを歌い(ありがとうね、ここ追記)、そしてゲストや卒業生代表のスピーチが続き(この卒業生代表が私の回はある意味「スゴイ」スピーカーで、皆の記憶に残りすぎるぐらい・・・あの後ウチの家族が彼の名を呼ぶのがちょっとブームになったぐらい)、その後はいよいよ学位の授与。といっても、学位記はあらかじめ受け取っているので、壇上では名前呼ばれて学部長とかと握手するだけなんですが。

これが壇上の私。

しかし、横に座っているゲスト教授陣も皆スゴイ格好。まるでコスプレ大会です。

そうそう、学位記に記される名前なんですが、実は「自由に」選べます。本名である必要すらなし、の様。なぜなら卒業申請をするときに、「学位記に載せる名前」を記入する欄があったのです。そこで私、普段はあまり使っていない相方家の苗字も(ウチは今のところ夫婦別姓です)、自分の苗字の後に入れることにしました。これまでの色々なサポートへの感謝をこめて。この名前が壇上で呼ばれたとき、相方もパパママも、ちょっと誇らしい気持ちになったと言うことなので、こうして正解だったと思っています。

まぁこのように、つつがなく、無事にセレモニーは終了いたしました。あとは皆思い思いに家族や友達と記念撮影の嵐。

雨で寒かったら嫌だなぁと思っていたのですが、お天気も良かったし気温もそこそこ暖かく、ホント、良い思い出になりました。やっぱり、出てよかったなぁ。

名前呼ばれたときに家族と友達が大声で声援を送ってくれたのも、実はかなり嬉しかったです。

これで、晴れて卒業したって気分!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

2 comments:

changuis said...

なつかしいねえ。 みんな青のレガリア着てぞろぞろ歩いてたよね。 私は黒だったのよ。 しかもひざまずくための台で膝まづき・・・。 カナダ国歌は歌ったかい? あれが最初で最後、通しで歌ったわ・・・ よくホッキーできいてたけど。 笑

教授陣は全員最後の位をとった大学のレガリアを着るんだよ。たいていPhDをとったところだけど。 みてるとハリーポッターみたいだよね。 

orange said...

>changuisさん

ねー、懐かしいでしょ。ぞろぞろと・・・あまり整列って感じではなく(笑)

カナダ国家、もちろん始めに歌ったよ~!(本文に追記しなきゃ・・・)でも実は私サビの部分以外ちゃんと歌詞覚えてなくて(汗)

そうそう、あの色とりどりの衣装・・・違った、レガリア(笑)まさにハリーポッター!そう言いたかったのよ~!それぞれ自分の大学のなんだね。ってことは自前なの?あれは。