Oct 19, 2009

やけにカナダらしいフィギュア?番組

フィギュアスケートシーズンもいよいよ始まりましたが、今季初のフィギュア話はいささか「変則」ネタから参ります。

今日たまたまCBCをつけていたら、カナダではこんな番組がこの秋から始まっていたのでした。

その名は Battle of the Blades

内容は、あの Dancing with the Stars (※)をパクった・・・というか、その舞台をそのまま氷上に持ってきてしまった、というもの。

※世界色々な国でやっているけど、アメリカのは、ちょっと忘れられたセレブ(元ビバヒル組とか)が出てくる感じだった勝ち抜きダンス・リアリティショー。最近は元アスリートの活躍の方が目立っているけど。クリスティ・ヤマグチとか。

まぁいかにもカナダの番組らしい発想というか、安易と言うか・・・しかしもちろん、最低限氷の上を自由自在に動ける人材が求められるので、この番組の出演者は

女性は元かプロのフィギュアスケーター(ペアまたはアイスダンス出身)
男性は元NHL(アイスホッケー)選手

のペア、ということになっているのです。(踊る内容はほぼアイスダンスに近い)

なんかこれって、川原泉の往年の名作「銀のロマンティック・・・わはは」を髣髴とさせる設定のような・・・あれは男性が元スピードスケート選手だったけど。

(私、漫画は小さいときからたくさーん読んで育ちました。母の教えで:笑)

まぁフィギュアファンにツボなポイントはここからです。奇しくも、あの漫画の頃と同じ設定の、フィギュアと言えば6点満点時代の記憶が残っている方(つまり往年の・・・)にはとても楽しめる内容でしょう。

出ている女性フィギュア選手は、まさに輝く元スター選手ばかり。

最近まで活躍していたアイスダンスのデュブレイユ・ローゾン組の奥さん(ダンナの方はコーチとして出演中)とか、2002年ソルトレイクのあの疑惑のペア(疑惑なのはペアではなくてジャッジのことね)の金メダリスト、ジェイミー・サレーとか(こちらもダンナはコーチ役で出演)・・・等々。

ただ、もう少し往年の方も多いみたいで、全体的には女性の年齢が・・・高・・め・・か?(汗)

男性の方はさすが元ホッケー選手、やはり皆がっしり体型。だからこそ一生懸命に踊る姿がやけに切ない?(笑)

今日残念ながらアウトになってしまったペアは、男性がとても背が高くてホッケー選手にしては見目麗しかった(笑)。女性はさすが往年の名選手(と、言っても70年代後半から活躍していた人だそうなのでさすがに存じませんでしたが)とても滑らかに優雅に滑っていたのだけど、残念ながら男性はまだまだ踊るには「精一杯」と言う感じだったのね。やっぱりいくら氷上の達人とは言えホッケーとは勝手が違うんだろうなぁ。相手を蹴散らすことはあっても、女性を優しくリードするのは、全然、別だもんねぇ。

そうそう、そして忘れちゃならない番組のホスト役はやっぱりあの人、ツルちゃん・・・もといカート・ブラウニングです。ますますツルッとしてきましたねぇ・・・。この人は足さばきも神がかり的にスゴイけど、喋らせてもオモシロイ。(あ、解説で鍛えてるもんね。)ホント、エンターテイナーなのねぇ。

そういえば今日の放送では客席にちらりとバトル元王子が映っていましたぞ。

というわけでまぁ、あくまでも、往年の選手を知ってる人は、楽しめる、という番組かも。残念ながら私にはホッケー選手の方は、全く分からないのだけど・・・。

しかし、この番組、長続きしないだろうなぁ・・・人選限られるし。

今年も生フィギュア、観られるかなー。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

No comments: