Oct 23, 2009

カナダ人と算数

ここ数日、相方と2人、家にほぼ篭りきりです。

9割がた出来てる、と本人が言っていた修士論文、目を通してみたら・・・

計算、めっちゃくちゃ!

まぁほぼ9割がた、のメイン部分は文章なので、本人頑張って200ページ以上を書いているわけなのですが、いちおうリサーチなのでね、データの検証も必要なわけでして・・・

この相方、文章を書くのは超・得意!(本人談:っていうか物書きが仕事だし・・・)なのですが、計算ごとにかけては、さっすがカナディアン!

足し算と引き算からして間違ってる・・・(がくーーーーっ!)

時間の計算にいたっては殆ど合っていない(60進法が全然分かってない)。

おまけに「パーセンテージってどうやって計算するんだっけ?」とか言い出す始末・・・

それ全部小学生の算数だろ!(パーセンテージは違うっけ?)

まぁ、うすうす感じてははいましたが、ヤツはホントに算数が出来なかったということがわかり、また一つ愕然としたわけです。

しかもこれ、修士論文なんですけど~。このレベルでマスターって行けるの?と思われるかもしれないけど、これがどういうわけか、そうなんだな。(文系学部なので数学問われないってのと、ヤツの場合にはちょっと特殊事情もあるんだけど・・・)

本人曰く、学校でmathはやらなかったから!ということらしく、Grade8(日本で言えば中学2年生ぐらい?)あたりでドロップしたままなんだとか。

それでもそのまま進級できるんですかねぇ・・・?

しかし、これは結構威張れないレベルだとしても、こちらの文系学生の数学(ていうか算数)のレベルなんて、かなり似たり寄ったりらしい。

一桁の足し算引き算から電卓使うって・・・あの、一応、大学のmathのクラスでの話です。

日本含めてアジアから来た学生は、さすがに、いくら文系だからってそんなことはないですよね。九九だって小学生の時に丸覚えさせられるし。(こちらの人はそれもないらしい。)

あくまで、文系に進むならば数学(てか算数)は必要なし、理系に進むならちゃんとやれ、っていうのがこっちの教育方針なんだろうかねぇ。

でも最低限の計算・暗算は出来た方が、生活するうえでも便利だと思うんだけどね。

スーパーのレジとかでも、おつりがキリが良くなるように小銭を出そうとすると「あ、もうわかんないからいい!」と言われることもたまにあったりして。(いい、はそっちのセリフなの?)これはカナダだけではなくてヨーロッパでもたぶんおんなじ傾向だな。逆に、「あと○○セント、持ってないの?」と細かく言ってくるのは大抵チャイニーズ系のオバちゃん。インドの人も計算はしっかりしてるよね!

しかし、あの論文、ホントにあのまま放っておいたらどうなっていたことやら・・・もちろん私は代わりに計算した・・・のではなく、簡単にエクセル作ってデータ放り込んであげたのですが。

思うにみんなWordは使いこなすけどExcelって日本(のオフィスワーカー)ほどは普及してない??オフィスの常識ってそうじゃない??

なんだか知らないけどまた学校行ってる気分~

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

2 comments:

changuis said...

あはは 計算苦手なのね。 私も人のこと言えないけど、苦手。 
でも、北米でもオフィスでExcelを使いこなせなかったら話にならないよ。 まあ、職種にもよるだろうけど、ITと事務系は必須だね。 

私の友達もお釣りを切りよくしようとしてるのに「要らない!」っていわれるって言ってたなあ。 私はそのままお札かカードで済ましてた・・・。 いまでも・・・

orange said...

>changuisさん
もうね、というかやっぱりね、と言う感じだよ、ウチのは、もう。

普段の生活の中での概算とか、大まかな数字はちゃんと捉えられてるみたいなんだけど、いざ数式作るとなるとダメみたい。まぁ日本人でも「数字自体が苦手」って人もいるしね。

私もカードが作れてからcashで支払いすることがめっきり少なくなったよ、そういえば。

Excelはやっぱり、要るよねぇ。私の周りで見なかっただけか、やっぱ。学校では唯一、Businessのクラスのとき使った(というか習った)だけだったけど。