Nov 8, 2009

秋のほくほくかぼちゃディナー

ひっさしぶりのお料理ネタ。

1日1度しか食事を作らないくせに(朝・昼は各自勝手に食べる我が家なので・・・昼はたまに作りますが)、最近の夕食ときたら、ステーキ(肉焼いただけとも言う)とか、ワンプレートが多い我が家。

和食はたまに食べたいですが、品数を作っても相方にウケないものが出てきてしまうので・・・(煮物とか特に)

野菜嫌いではないですが、お皿が2つ以上になるとメイン以外を面倒臭がって食べない相方(・・・)なので、なるべく一つのお皿に色んなものをモリモリ盛るようにしています。

さて、秋も深まったこの頃、かぼちゃが美味しい季節になりました。

こちらで カボチャ=pumpkin と言うと、ハロウィンでおなじみのあの大きなオレンジ色のやつですが、広義にウリ科の実として squash(スクアッシュ)と言われているものが、もう少し小ぶりのかぼちゃも指します。日本のかぼちゃ(南瓜)も Kabocha Squash として売られています。たまに、Kapocha(カポチャ?)とか書かれている場合も・・・あと、 Buttercup Squash とされていることもあるみたいです。似たような名前でButternut Squashというのもありますが、こちらはちょっと先の尖った形をした実で、もう少し水っぽい感じの西洋かぼちゃです。スープにするとおいしいです。

さて、今日はスーパーで、ちょっと小ぶりのKabochaをゲット。そこで・・・今日のワンプレートディナーは、完全な思いつきで作ってみたのですが(ゆえにオリジナル)、とっても大成功。相方も、"Yummmmmy!"と言っておりました。なのでレシピを載せてみます(備忘録がわり)。

『ホクホクかぼちゃの器に入ったセージ風味チキン クリームソース和え』

☆材料(2人分)☆
かぼちゃ(小ぶりなもの):1つ
鶏thigh(もも肉)※皮付きのほうが美味しいかも:2人分と思われる量
セージ:生の葉一つかみほど
野菜:たまねぎ、セロリ、リーク(ポロねぎ)など香味野菜を適宜、千切り。
マッシュルーム:適宜(半分から1/4に切っておく)
にんにく:1かけ(つぶしておく)
白ワイン、なければ日本酒:少々
サワークリーム:1/4カップぐらい
牛乳:1/2から1カップぐらい
粉末コンソメ:小さじ1ぐらい

☆作り方☆
かぼちゃはよく洗って横に半分に切り、種をくり抜きます。固いので、レンジに丸ごと2~3分かけて柔らかくしてから切ると良いです。

鶏肉は、骨付きの場合は骨を外して一口大に切り(皮はつけたままで)、塩胡椒します。

くりぬいたかぼちゃの中にセージを敷き、鶏肉を入れ、さらにセージをかぶせて、375°Fのオーブンに入れます。(約30~45分)

焼けるまでの間に、ソースを作ります。

鍋(キャセロールなどフタ付きのものが良し)にオリーブオイルを低温で熱して、つぶしたにんにくを焦がさないように香りを立てます。そこに、切った野菜とマッシュルームを投入し、少し炒めた後、白ワインを入れて蓋をして少し蒸し煮にします。

野菜がしんなりしたら、サワークリーム、牛乳をいれ、粉末コンソメで味を調えます。水っぽさの加減は、野菜が少しひたひたするぐらい・・・に牛乳で調整してください。コク出しにバターを加えても良いです。そこに水溶き小麦粉(分量外:小麦粉大さじ1ぐらい)を入れて、とろっとさせます。ソースは、これでおしまい。

かぼちゃ、鶏肉共に火が通ったら、オーブンの方もOK。最後に少しだけグリル(ブロイラー)にして、表面をカリっとさせても良いです。

最後にオーブンから出したかぼちゃからセージを外して、クリームソースをかけて出来上がり。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

オーブンでじっくり火を通したかぼちゃはホクホクで美味しいです。
鶏肉から出たジューシーな肉汁も、かぼちゃの器がしっかり吸収。セージも鶏肉とよく合う風味が残るので、ぜひ使うのをお勧めします。

粉末コンソメは、なければキューブ半分ほどで。そう、これは日本の○の素の「コンソメ」で、カナダでもかなり愛用しています。日本に帰ったら忘れずに入手するほど。こっちのスープストックのキューブは、かなり塩辛いんですよね。(味の○)コンソメを料理に入れると相方に「どうやって作ったの??」って必ず聞かれるほど、ウケます。これ一つで・・・ラクだなぁ。

クリームソースと言っても、野菜をたくさん入れているし、かぼちゃがしっかりお腹にたまるので、これ一品で立派なディナーになります。(手抜き主婦の味方♪)

これからも手抜きレシピの開発に頑張り(?)ます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

No comments: