Nov 22, 2009

カナダH1N1ワクチン使用中止について

先週末、BC州でも全員がH1N1 fluのワクチンを受けることが可能になりました。

しかし、日本のメディアでも既にニュースが流れていますが、カナダ国内で接種に使われていたグラクソ・スミスクライン(GlaxoSmithKline)社製のH1N1ワクチンへの「予想以上の数の重い副作用の報告」により、GSK社はカナダ衛生当局に対し、このワクチンの(副作用の原因が判明するまで)暫定的な使用中止(つまりリコール)を申し入れたとの事です。

日本語の記事(時事通信)
ソース元と思われるCTV Newsのリポート(英語)

20日時点のニュースでは、この副作用が報告されたワクチンが全ての州で使用中止になったのかどうか不明なのですが(副作用の報告はマニトバ州から出ていて、アルバータ州でも使用中止となったことは書かれている)、

このワクチンは"adjuvanted"と言われるタイプ(アジュバント=免疫増強剤入りのもの)ということです。元々アジュバントは妊婦さんなどへの影響も懸念されていたこともあり、"unadjuvanted"(アジュバントの入っていない)タイプのワクチンが折りしも先日カナダでも認可されています。

というわけで、上記の副作用(具体的にどういう症状かは不明ですが、anaphylaxis:アナフィラキシーとニュースには書かれている)の心配がある場合は、unadjuvantedのワクチンかどうかを確認するのが良いかと思います。
(※必ずしもunadjuvantで副作用が起こらないとは言い切れませんが。)

とは言え、やはりflu自体の心配もあるし、オリンピックボランティアオフィスからの強い勧めもあるので、明日あたり私も接種に行って来ようと思っています。ちなみに、NOCオフィスからの案内によれば、H1N1と季節性インフルエンザの予防接種は同時に、それぞれ片腕ずつ(!)することが可能だそうです。痛そうだけど・・・やっぱり一度に済ませたいので両方受けようかな。

[参考]フルーショットのできるクリニックはこちらから探せます(BC州内)
BC Flu Clinic Locator


もし両腕上がらなくなったら・・・家事を放棄しようっと♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

No comments: