Dec 17, 2009

恐怖?巨大カブ(やさい探検その2)

お久しぶりの「やさい探検」シリーズ。

てか「その1」しかやってなかったよね・・・それもほぼ1年前。
前回はアーティチョークでしたね。。。

どっこい、終わってませんよーこのシリーズ。

日本ではなじみのなかった野菜に挑戦してみよう!のコーナー。

今回のやさいはコレ。どん!巨大カブ。

名前はrutabaga(ルタバガ)といいます。あるいはSwedish Turnip(スウェーデンカブ)というそうな。

どんだけ巨大かって言うと一緒に写っているやかんの胴体とほぼ同じ大きさ。(遠近感あるのでやかんが小さく見えますが・・・3リットルぐらい入る大きさです。)

さて、買ってみたのはいいけれど・・・一体コレはどうやって料理して使うものなのやら・・・まずは、とりあえず野菜たっぷりポトフと一緒に煮込んでみることにしました。

しかしかなり固いので始め包丁を入れるのに一苦労。結局相方が床に叩きつけて割りました・・・。小さくなれば切りやすいです。切った時、大根に似たツーンとした匂いがします。

さて、生の状態の身は白いですが、火が通るとうっすら黄色に。お味のほうは、甘みがあって、カブ独特の苦味もあって・・・やっぱりカブの味。

しかし、あまりに大きいので1回に使える量はせいぜい1/3程。こんなんじゃまだまだなくなりません。

というわけで、ちゃんとレシピを探してみると、マッシュポテトのようにマッシュしたり、ローストしたりして・・・要は付け合せ系のお野菜らしい。


というわけで2回目は、角切りにして、オリーブオイルとオレガノと塩コショウを絡めてオーブンでロースト。

この日のメインは洋風照り焼きチキンでした。

ローストルタバガ、見た目はなんだかポテトのようですが、お味は・・・やっぱりカブ。日本のカブより甘みが強いので、和食にはあんまり向かない気がします。

タイトルとは関係なくまぁあまり恐怖でもなんでもない挑戦でしたが・・・しかし、さて、まだあと1/3残っておりますが、どう使いましょう。。。

いいルタバガレシピありましたら募集中!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

No comments: