Jan 30, 2010

ウィスラー入りまーす。

ただいま北上中!

厳選しつつも寒さ対策グッズ(使い捨てカイロやユニクロヒートテックなど)で結局パンパンになってしまったスーツケースを引きずってバスに乗り込みました。

あと2時間ほどでウィスラー到着するでしょう。

明日からいよいよ本格始動、頑張ってきまーす。

iPhoneにもどうにか慣れてきたので、ポチポチ更新しまーす。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jan 29, 2010

最後の・・・ティータイム

さてベトナムランチ(デザート付き)でお腹の満たされた私たち。

その後の予定も特になかったので、ちょっとお買い物がてらぶらっとウエストバンクーバーのPark Royalまで行ってみました。

ここにはすっごいステキなお茶専門店があります。

フランスのお茶ブランドTHE O DORの色とりどりの缶に入ったお茶がずらり並べられた店内は、いつもいい香り。ショーケースに並べられたケーキやチョコレート、マカロンも、「キャー♪」というぐらい可愛い。そして美味しそう~。

テイクアウトはもちろん、喫茶コーナーでは本格的なアフタヌーンティも楽しめます。もちろん単品でのデザートとお茶の注文もOK。

まぁ、今日はもうデザートも食べちゃったし、お茶だけねー、なんて言いながらお店へ向かった私たち。お店は小さいですが、平日だったので席もあり・・・週末はとても混んでいるお店です。

サーバーの皆さんは、いつもとっても爽やかで、そしてお茶に詳しくて、聞けば何でも教えてくれます。

お茶のリストは本当に数え切れないほどありますが(日本の玉露なんかもあります)、やっぱりフレンチらしく種類も豊富なフレイバーティーがここのお店の強みだと思います。

どっちかと言うとお茶はトラディショナルな紅茶好みの私ですが、ここにきたらやっぱり色んなフレーバーを試してみたくなるもの。この日はあれこれ試飲させてもらった末、幾つかのハーブやドライフルーツがブレンドされたルイボスティーをチョイス。友達と別々のフレーバーを選んだので、違う味を味見させてもらうのもまた楽しみ。

散々お茶に迷った末、お供はスコーンにしておこうと思ったのですが、ここでサーバーの彼女からの一言「ケーキはThomas Haasのものよ」(これ知りませんでした~)に、私たちあっさり陥落!さっきまでお腹一杯と言ってたのは誰?とばかりにケーキも注文!

Thomas Haasはご存知ノースバンクーバーに本店のある有名なチョコレート屋さん&パティスリー。本業のチョコレートはよくお土産に利用してますが、今までケーキを試したことがありませんでした。ならばこの機会にえいっ!ってことで(笑)

と、いうわけで、こちら、ダークチェリーとピスタチオのタルト。上の部分はおそらくマスカルポーネのムース。濃厚だけど甘すぎず美味しかった!

もうお腹一杯!と言いながら結局お茶もケーキも美味しい美味しい♪と楽しんでしまったガールズでした。誘惑は止められない。

コーヒー文化圏のカナダなので、本格的なお茶を楽しめるお店(最近増えてはきたけど)はなかなか貴重。さらに、大きすぎず甘すぎず繊細な絶品ケーキ(これも北米じゃ貴重!)も楽しめるとあっては・・・うーん、最強です。目下のところ超お気に入り!

Park RoyalにはMurchie'sもありますが、こちらは英国風紅茶の気分の時に。

The Urban Tea Merchant
G3 - 825 Main St. West Vancouver
(The Village at Park Royal内)


昨年末にダウンタウン(1070 W.Georgia)にも大き目の店舗ができたとのことで、行きやすくなりましたね!

うーん、これで思い残すことなくウィスラーに行けますー♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jan 28, 2010

最後の・・・ベトナムランチ

移動日の予定だった今日、直前のスケジュール変更でぽっかり空いたヒマな一日に。

・・・と、なれば、残されたボーナスタイム、思い残しのないようにいろいろ食べておこうではないか!といそいそとお友達とグルメツアーにお出かけ。

まずはやっぱりまたまたベトナム料理屋。フォーをもう一回食べないと心残りが!と思ってたので・・・。

今日はいつもの牛肉のフォーと、これまたベトナム名物・・・

ベトナムサブ。こちらの英語メニューでは大抵"Vietnamese Sub"(サブはサブウェイのサブ、サンドイッチのこと)となっていますが、ベトナム語では「バインミー」と言うそうで、フランス風バゲットに、ランチョンミートやチキンなどのお肉、甘酢漬けの野菜などが入ったサンドイッチ。

これ、一度食べたら病みつきになるほど「おいしー!」です。

これにガブリと齧りつくと・・・バゲットのパリパリの食感と、甘酸っぱい野菜と、それからちょっとニョクマム(ナンプラー)とパクチーの風味がアクセントになって・・・たまりまへんのですー、これ。

昔フランス植民地だった名残で、ベトナム料理にはフレンチの影響が入ってますよね。

いつもはフォー一杯でお腹一杯になってたどり着けないのだけど、今日はちょっと調子に乗ってデザートも注文。

揚げバナナアイスクリーム添え~。

こちらも熱々でおいしゅうございました~。


この後調子に乗ったガールズは、ウェストバンまで足を延ばしたのですが、次回に続く!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jan 27, 2010

出発準備?

ウィスラー行きももう間もなくになりました。

と、言うか、実は元々明日出発の予定で、夜も更けてそろそろパッキングを始めようかとしていた矢先(←遅すぎ)、オフィスから予定変更の指令・・・

明日の出発、なくなりましたのでパッキング中止~。

しかも、この出発日の変更、実はすでに1度ならずやありまして、もう、何がなんだか。おそらく今週末までにはウィスラーに着いてると思いますが・・・。ここに来てボランティアを仕切るオフィス側の相当のドタバタぶりが窺い知れます。

それはさておき。

1ヶ月ちょいの滞在に必要なもの全てを、バス1回での移動で運ばなくてはならないため、荷物はなるべく厳選して少なくしなければいけません。ユニフォームだけでも結構かさばるし、考え物。当然のことながら、ラップトップを持っていく余裕がなさそう。でもそれじゃメールチェックもできないし色々と不便。それにブログも更新できないよ~。

ネットブックも持っていない私。考えた末・・・この度iPhone購入に至ったのでした。

とある携帯電話会社に勤めるお友達のお勧めもありまして、携帯会社ごとお引越し♪これでようやくF社との縁も切れました♪

てか、今まで使っていたシンプルすぎる電話(あくまで電話とテキストにのみ使用)からiPhoneへの進化は、まるで石器時代から現代にタイムスリップしたほどのインパクトがありまして・・・

す・て・き・す・ぎ・~~~~♪

それにしてもいまどき3GSではなく一世代前の3Gなのですけどね。

今日はiPhone写真でレポートしてみたいと思います。


今日、Walmartに買出しに行ったらこんなん売ってました。日本のポッキーと(売り切れてるけど)プリッツ(お徳用)。なぜか、Chinese New Year特売のコーナーに置かれてましたが(日本のものも中国のものも多分区別ついてない)。でも意外と地元の人にも売れてましたよ。我が家もおつまみ用プリッツをお買い上げ。

これから先、お店の中はしばらくバレンタインとChinese New Yearが渾然一体となった「赤」で埋め尽くされることでしょう。

ウィスラーレポートはもうしばらくお待ちください。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jan 25, 2010

Pho中毒

小腹が空いてなにかあっさりした麺類が食べたいなー、と思う時。

日本にいるならつるっとラーメンか、お蕎麦か、おうどんか・・・

ここバンクーバーでは、ダウンタウンにいるならラーメンの選択肢もけっこうあるんだけど、その他の場所ではなかなか。

なのでこういう気分のときはベトナムのフォーに限ります。

ベトナム料理屋さんは割とどこにでもあるし、妥協すれば大抵のフードコートには1軒は入ってます。

私の場合、一度フォーの波が来るとしばらくはまってしまい、週に2~3回はフォーでも大丈夫。

そして、今もまたフォーウェーブの真っ只中。ここ2週間ほどで、何度フォーを食べたことか。あの澄んだスープのお味がたまらず、ホッとするんですよねー。

こちら地元行きつけのベトナム料理屋さんのフォー。サイズはこれでもスモールですが、いつもこれ1杯でお腹一杯。ちゃんとしたお店に行くと、このように別皿でトッピングの野菜を出してくれます。

さて、今まで何度もフォーを食べて、確立したのがこの食べ方。

フォーが来てスープが熱々のうちに、まず生のもやしを全部スープに入れてしまいます。それから、バジルの葉っぱをちぎって投入。グリーンチリは、お好みで。私はスープに入れるだけ入れて、ちょっとスパイシー風味にします(でも、食べると辛いので口には入れない!!)。そして、最後に生のライムをぎゅっと搾ると、爽やか、おいしーい!ここまでやる頃にはもやしもすこししんなりしていて食べやすいです。でもシャキシャキ食感はまだあるぐらい、がベストかなー。

フォーの種類は、チキンやシーフード、スープも辛いのと色々ありますが、やっぱりいつも選んでしまうのは王道・牛肉のフォー。そう、薄切りの生肉とその他色々(内臓系も)入っているやつ。お肉の中身も好みで色々選べます。

あー、こんなこと書いてたら性懲りもなくまた食べたくなってきたー!

ベトナム料理と言えば、あとはベトナムサブ(サンドイッチ)もまた、美味しいんですが~、その話はまた今度!

では明日もまた・・・?

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jan 23, 2010

全米選手権

ひさびさ、フィギュアレポート。

カナダの今の状況は、どの種目もトップ1だけが抜きん出ている状態なので、カナダ選手権も全く予想通りの結果でしたが(TVも見てない・・・)、それに対して今は誰が出てくるか分からないアメリカはやっぱり面白かった!というわけで、今夜テレビで生放送していた全米選手権・女子フリーの模様です。

しかし、4年前と比べて明らかにスター不在の今のアメリカ女子。今回のオリンピック枠は2つ。オリンピックを賭けた争いは厳しい。。。

ショートプログラムはNBCでは当日に放送しなかったので結果だけ見ておいたのですが、4年ぶりに競技に復活したサーシャ・コーエンが2位につけたことで、俄然サーシャに注目が集まる展開に。誰もが彼女の復活を待っていたってことでしょう。そして、ショート1位の長洲未来ちゃんにももちろん期待が!

放送はラスト2グループ目から始まりましたが、どの選手も重圧のせいか転倒が多かった・・・こちらもお久しぶりのエミリー・ヒューズ(金メダリスト サラ・ヒューズの妹、ガッツ系)も姿を見せましたが、やっぱり転倒・・・。最終グループになってようやく会心の滑りをしたのがアシュリー・ワグナー。ここで他を大きく引き離しての1位に。

そして、その後に今夜の主役、サーシャ・コーエン登場。なんだか以前にも増して細くなった感じの彼女、緊張からか不安げな表情でコーチと会話をして、リンクへ。

結果としては・・・ショートが良かった時のサーシャのパターン、と言えば分かるかと。フリーはかなり残念な結果に。ジャンプはほぼ全て両足着氷、そして転倒。スパイラルなどのポジションの美しさは相変わらず超人的でしたが・・・全盛期のサーシャではやはりありませんでした。今季はこれが初めてのcompetitionだったということ。ぶっつけ本番だったんですね。もう少し早く調整が終わっていればまだチャンスもあったのかも・・・オリンピックでサーシャを観ることができないのは、とてもとても残念です。競技後のインタビューでは、競技に戻ってきたことを少しも後悔してはいないし、自分を誇りに思う、と言っていたサーシャでした。

その後、サーシャのあまりの無残な点数に観客のどよめきも残る中、出てきたのはレイチェル・フラット。これまで、割と無難な滑りをする印象があった選手ですが・・・今夜この雰囲気の中、彼女は完璧にやってのけました。ジャンプも一つを除いてパーフェクト。元々僅差で3位につけていた彼女が、このフリーでなんと合計200点台に!これにはさすがに驚いた!

またまたどよめきが起こる中、最後にいよいよ未来ちゃんの登場。ホントに背が高くなって、まるでキム・ユナのような体型になりましたね。しかしトリだし、この展開だし、さぞや緊張している・・・と思いきやとてもリラックスした様子で、伸び伸びとカルメンを!演技中もずっとニコニコ、ジャンプも全て決まって、最後は会心の笑顔。やったー!って表情でした。お見事!ジャンプは多少回転不足を取られたらしく、フリー自体は3位でしたが、結果、2位!これでバンクーバーも決まった!良かったね!

というわけで、アメリカは17歳と16歳の勢いに、オリンピックを託すことになったわけです。

いやー、オリンピック、楽しみだなぁ。テレビ見られるかどうかも分からないけど!(勤務のシフト次第!)

男子は生で見られるかも~。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jan 22, 2010

掲載中です。

ご縁があって、福岡のフリーペーパー、ワールドジョイントクラブさんに「特派員」として記事を載せていただきました。

以前書いたスコーミッシュの話がほぼ下地になっていますが、良かったら覗いてみてください。(記事へのリンクはこちら)私以外にも世界各地に住む方からのレポートが満載、でございます。いいな~、温泉!

特集のほうは、「バンクーバーだけじゃない」世界のいろいろなオリンピックのお話が満載です。勉強になります・・・(ボランティアのくせに!)もちろん、バンクーバーオリンピックももうすぐですよ!

福岡在住の方は紙面も出ているようなのでお手にとってご覧くださいませ~。

福岡のとんこつラーメン食べたいです~。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jan 21, 2010

エチオピア そして 218種類

ウィスラーに篭る前に食べ溜めようシリーズ(?)・・・というわけで、今日も(!)Commercial Driveへ出没してきました。

世界の料理が食べたけりゃコマーシャル!

というわけで、本日のお料理はエチオピア料理♪手を使って食べるというお料理に挑戦してみたかったのです。

今回はランチだったので各自それぞれにオーダーしましたが、皆で同じお皿をつつきあう(文字通りに)というスタイルもここのお店のスタイルだそうです。

ワタクシのチョイスはお魚料理。

エチオピアの「おっかさん」みたいな女性がのーんびり、ゆーったり、こちらに来てオーダーをとってくれた後、しばらくして出てきたのはこちらのお皿。

お皿一面にパンケーキのようなものが載ってます。

ついでに追加分もどっさりと。

メインのお料理の方はこちら。これがおっかさんにより先ほどのパンケーキに盛られ・・・

敷かれているパンケーキを細長くちぎっては、具をクルクル包んで手で食べるわけです!

お味の方はと言うと、メインのお魚は見た目どおり、スパイシー。多分グリーンチリも入ってます。そして意外なことにパンケーキのお味は、酸っぱい。何というか、自然な酸っぱさなのですが、おそらくイーストで生地を発酵させたらこうなるのじゃないかな?という感じでした。


さて、辛くて酸っぱい!を堪能した後は甘いものが欲しくなる・・・というわけで。

Commercial Dr.からはちょっと外れますが、近場にあるちょっと面白いジェラート屋へ。

何が面白いかと言うとこちらのお店、常に218種類のフレーバーを置いているのがウリ。店内ではこのようにずらりと、ぐるりとアイスに囲まれます。

行くと店内をグルグル回ってどれにしようか悩んでしまいます。テイスティングを好きなだけさせてくれるので、ゲテモノ系はとりあえず一口ずつ試してみるのがいいかも(笑)

店内に飾ってある絵。このお店の外観なのですが、実物は壁がどっピンクです。遠くからでも絶対に間違えません。

La Casa Gelato
1033 Venables St. Vancouver

次はどの味に挑戦しようか?

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jan 20, 2010

夜のプラネタリウムでPink Floyd

皆さん、最近プラネタリウムって行ったことありますか?

私も子供の頃にはワクワクしながら何度か行った記憶がありますが、プラネタリウム自体が、もう懐かしの・・・という赴きとなっていて、忘れ去られてきているような・・・と言うわけで、私も先日、実に数10年ぶり?に行ってきたわけです。

と言うのも、相方の提案で。バンクーバーのプラネタリウム(H. C. MacMillan Space Centre)では、実はこんなイキなショーをやっているのです。

Laser & Light Show。実はプラネタリウムのショーと言っても天体とは何の関係もなく、頭上一面のスクリーンをふんだんに使った、レーザーと音楽のコラボレーション。

毎週金・土の夜に3部構成でやっていて、音楽のセレクションは、Green Day、Radiohead、そしてPink Floyd。

この中で一番遅くに始まるという理由もありますが、我らのチョイスはまぁ言うまでもなく・・・ピンクフロイドに決まっていますわな。(年齢バレバレ)

というわけで、キツラノでゆっくりめのディナーを楽しんだ後、夜10時頃プラネタリウムへ。(場所はBurrard BridgeのたもとにあるVanier Parkの中)

行ってみれば意外や意外、客層には若い子達のグループも多く、父とティーンエイジャーの娘という組み合わせなんかも(おそらく父チョイスだろうけど)。

超満員、てほどではなかったけど、プラネタリウムの1/3は埋まるぐらいの客の入り。中は座席の他に寝そべって見られる一角があって、そこはティーン達が陣取ってました。

さて、このショーでのプレイリストははコンセプトアルバムの名盤の一つと言われる"The Dark Side of the Moon"(邦題は「狂気」)から丸ごと。これに幾何学模様が織り成すレーザーショー。そもそもプラネタリウムでDark Side of the Moonって、どう考えたってウマ過ぎる組み合わせと思いません?

相方曰く、このショーは少なくとも20年前から(休み休み)やっているらしく、基本的には何にも変わっていない、とのこと。(もちろん昔はデートに使ったに決まっている。あ、今回もデートか:笑。)Green DayやRadioheadのチョイスは後からでしょうけどね。

考えてみれば、一度作ってしまえばずーっと同じものをやり続けられるし、プラネタリウムとしての営業時間外にも施設を有効活用できるオトクなショーよね。観客としてはちょっとノスタルジックな気分に浸りながら、週末の夜を楽しめる時間になるし。

何よりこれを作った人は絶対音楽が好きなはず、趣味だな、と確信させるものがありました。

幾何学模様はあんまり見つめすぎるとだんだん目と頭が痛くなってくるので、まぁ少しボーっとしながら音楽に体を委ねてゆったり楽しむのが良いかもしれません。

あと20年後ぐらいにまだやってたらいいなぁ。

ちょっとレトロ気分なデートにも?

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jan 17, 2010

ボランティアトレーニング終了

昨日、オリンピックボランティアのトレーニングに行ってきました。

これが最後のトレーニング。去年の1月に面接があってから、約1年の道のり。気がつけばもう、五輪本番はすぐそこです。

最後のトレーニングに行った場所は、バンクーバーのオリンピックヴィレッジ(選手村)。すっかり立派に、できていましたよ~。眺めも最高。

と、同時にヴィレッジ周りにはすっかりバリケードが築かれ、駐車ルールなどの交通規制も厳しくなってきました。あの辺りに車でお出かけの方、ご注意ください。


さて、ボランティアの方は先日受け取ったユニフォームの他にも支給品をすっかり受け取り、もう準備も万端、かな?

あと10日ほどで仕事に入ります!(開催前からすでに仕事はあるので)

気になるのは雪不足。ここのところのバンクーバーは、ホント、どうなってるのかと思うほど暖かい・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jan 16, 2010

続 “赤いミトン”

公式サイトのほうではまだ Coming Soon になっているRed Mittensですが(いつがsoonなんじゃい?)・・・

先日、近所のZellersで大量に見かけました。

もしかしてそんなに品薄じゃない・・・?



話は逸れますが、Zellers、安売り店の割に値段が(他店と比べて)微妙だったりしてあまり行くことがなかったのですが、割と可愛いヨガウェアをお手頃値段で売っていることが分かったので、これからは使うかも♪

で、赤いミトンは買ったのかって?・・・ははは。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jan 14, 2010

ハイチ地震とカナダ総督

大地震に襲われたハイチの痛ましい現状はこちらでも連日ニュースで報道されています。

中米にあるハイチは地理的にカナダから近いこともあり、早い時期に多くの支援団が現地に向かっているようですが、やはり現地の混乱はすさまじい様で、救助は困難を極めている模様です。

そんな中、倒壊した建物の下敷きになったカナダ人女性が、カナダ政府に携帯でテキストを送って助けを求め、救助されたと言うニュースもありました。


今回の地震でカナダ人にとって一番大きなインパクトを与えたのは、カナダ総督、ミカエル・ジャンのメッセージだったのではないでしょうか。

その前に、カナダ総督とはどのような立場の人かと言うと、簡単に言えば、今でもイギリス連邦にあるカナダの「元首」であるイギリス国王(現在はエリザベス女王)の代理、という役割です。普段はカナダにいない(当たり前だけど)女王様の代わりに、その座についている、という感じです。(政治的な実権はほとんどない)

その「カナダの女王様」にあたるジャン総督、実は元々ハイチからの難民としてカナダに渡ってきており、初の黒人のカナダ総督となっています。女性総督としては先代のクラークソン(中国系)に続き2代目です。

カナダ総督としての立場からではありましたが、故郷を思って涙を流し、声を詰まらながらのスピーチは、カナダ人に相当のインパクトを与えたはずです。

政治的に混乱が続くハイチから逃れ、移民として暮らす人ももちろんカナダには数多くいます。その中で、苦労を重ねながらも国家元首の立場にまでなったジャン総督には皆勇気付けられているのだと思います。

カナダの多民族国家ぶりが、ここでも垣間見えました。

募金は各携帯会社で受け付けているそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jan 12, 2010

アバター = ?

公開前から観たい観たいって騒いでいたのは自分の方なのに、いざ出かけるとなるとちっとも腰が上がらないウチの相方。

いい加減、観にいくぞー!って半ば引っ張り出す形で昨夜ようやく、Avatarを観に近所の映画館へ。

公開から1ヶ月近く経ち、もうそんなに混んでないだろうと思いきや、どっこい。近所のちょっとショボいシネプレックスでさえ、チケット売り場にはすごい行列。開演10分前ぐらいに着いたのに結局、チケットを買った時点で既に時間オーバー。おまけに現地集合した相方が遅れてきたので・・・(もうよっぽど自分一人で入っちゃおうかと思った)最初の5分ぐらいを見逃してしまった・・・。

映画館はやはりほぼ満員だったけど、どうにか、後ろの方に2つ空いている席を発見。まぁまぁ落ち着いて観られました。

今回もちろん3Dバージョンの方で観たのだけど、メガネをかけて観ればなるほど飛び出す。最初はちょっと違和感が感じられ、慣れるまでに少し時間がかかったけど、慣れてしまえば、3Dよりもストーリーに引き込まれる感じ。

ストーリーは、近未来のありえない設定ながら、上手く感情移入できるように組み立てられていて、とても面白かったです。3時間近くの大作ながら、ずっと集中して観ていられました。

ただ、途中で気づいてしまった。

日本の人ならかなりの確率で思うかもしれないことを。



これって、かなり、「風の谷のナウシカ」なんじゃないかと・・・。



ストーリーは大筋では全く別物だし、それはそれでとっても面白かったのだけど、でも・・・



映画の主題(テーマ)とするところと、細かいディテールにかなり「ナウシカ」との類似点があります。深い森の描写なんかは「もののけ姫」を彷彿とさせたりも・・・

ジェイムズ・キャメロン監督自身も、宮崎映画の影響を否定してはいないみたいですしね。

ただ、これはナウシカの主題になっている「人類と自然の調和」というテーマのキャメロン視点の解釈だと思います。宮崎映画の映画観に比べれば、かなりダイナミックです。そして、現代風の迫力満点のこれはこれで、面白い。

私は、これを観てさっそくナウシカをもう一度観よう!と思いました。

・・・と、いうことを相方に説明しようとさんざん試みたんだけど、やっぱりナウシカ観てなきゃ話にならんので、さっそく、英語版のナウシカDVDを手に入れたいと思います。

私は50回ぐらいナウシカ観たけどまだまだ楽しめるよ!

アバターからナウシカ論になってしまったよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ