Jan 8, 2010

敵はラクーンだけではなかった

長らく続いたホリデームードもようやく終わりを迎えて、すっかり元通りの日常に戻りましたが、ホリデーの間に困ることと言ったら、ゴミ。

そもそもこの辺りでは祝日はゴミの収集がストップし、その分収集日が後ろにずれていく仕組み(ウチの地域はそう)なのだけど、この期間は、本来の祝日のほかに振り替え休日?まで取っているらしく、10日に1度ぐらいしか来なくなる・・・

いくら冬でもそんなに生ゴミを溜めて置けないし、この時期クマは出ないけど(冬眠中)、ラクーン達は年中無休。ちょっと油断するとすぐに漁られてしまう。だから、生ゴミを含む一般ゴミは、収集日前夜に出すのはもちろん危険。

ラクーンが可愛い顔してどんなに恐ろしい動物(?)かというと、2年以上前に書いたこちらを見てみてください。。

こちらではゴミは一般ゴミ(燃えるゴミと燃えないゴミの区別はない)、缶やビンや紙ゴミなどのリサイクル(青いボックスに入れる)、それから、庭木の剪定したものや落ち葉などのYard Trimmingsに分けて各家の前に出すことになっている。

収集時間は朝7時半。原則として朝5時半以前には出さないこと、となっている。

しかし早起きが苦手な(私のような)人には、ちょっとツライ。寝坊して収集を逃すのもコトだし。1週間待たなければならないし。

前夜からゴミを出している家は、そういうわけでけっこうある。私は生ゴミだけは、やっぱりその日の朝に(たとえ二度寝することになっても)起きて出すことにしている。

だけど、いつも朝1番に集めに来るのはリサイクルなのだ。これは動物に襲われる心配はないし、これだけでも早めに出しておこう、と、昨夜は青いボックスを家の前に出しておいた。10日ぶりの回収の上に前回出し逃したので既にボックスは一杯。


でも、この考えも甘かったと分かったのは、そのすぐ後。

マフラーのついていないおんぼろ車で騒々しくエンジンを吹かした車がやって来たかと思うと、近所の悪ガキティーンエイジャーたちが青いボックスを漁ろうとしていた、とたまたまベランダでタバコ吸ってた相方が言うのだ。もちろん、相方が追い払ったのだけど、そんなことにひるむ彼らじゃない。数分後にまた戻ってきて、見事に缶類だけを抜き取っていった。

どうやら、アルミニウム類を集めて、それをお金に換えようって魂胆らしい。お小遣い稼ぎだね。(それでビールでも買うんでしょうが。)

これでもデポジットを取られている飲み物の缶やお酒のビンなどは入れていない(デポジットが返ってくる収集所に持っていくから)のだけど、缶詰の缶などはこのボックスで出してしまっているので、どうやらそれを狙っているみたい。

困るのは、もちろんそんな悪ガキな彼らがそんなにお行儀良いわけはなく、その後はゴミが散乱するってこと。そしたら回収してもらえなくなってしまう。

しかも、私が寝た後も書き物をしていた相方が言うには、夜中、少なくともその他に3組ぐらいは漁りに来ていたらしい、ということ。

それってラクーンよりもタチ悪いでっせ!


やっぱり、朝寝坊をせずに週1度ぐらいちゃんと起きてゴミ出しをしないといけないかなぁ・・・。


ゴミとの戦いは、今年も続く。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

No comments: