Jan 12, 2010

アバター = ?

公開前から観たい観たいって騒いでいたのは自分の方なのに、いざ出かけるとなるとちっとも腰が上がらないウチの相方。

いい加減、観にいくぞー!って半ば引っ張り出す形で昨夜ようやく、Avatarを観に近所の映画館へ。

公開から1ヶ月近く経ち、もうそんなに混んでないだろうと思いきや、どっこい。近所のちょっとショボいシネプレックスでさえ、チケット売り場にはすごい行列。開演10分前ぐらいに着いたのに結局、チケットを買った時点で既に時間オーバー。おまけに現地集合した相方が遅れてきたので・・・(もうよっぽど自分一人で入っちゃおうかと思った)最初の5分ぐらいを見逃してしまった・・・。

映画館はやはりほぼ満員だったけど、どうにか、後ろの方に2つ空いている席を発見。まぁまぁ落ち着いて観られました。

今回もちろん3Dバージョンの方で観たのだけど、メガネをかけて観ればなるほど飛び出す。最初はちょっと違和感が感じられ、慣れるまでに少し時間がかかったけど、慣れてしまえば、3Dよりもストーリーに引き込まれる感じ。

ストーリーは、近未来のありえない設定ながら、上手く感情移入できるように組み立てられていて、とても面白かったです。3時間近くの大作ながら、ずっと集中して観ていられました。

ただ、途中で気づいてしまった。

日本の人ならかなりの確率で思うかもしれないことを。



これって、かなり、「風の谷のナウシカ」なんじゃないかと・・・。



ストーリーは大筋では全く別物だし、それはそれでとっても面白かったのだけど、でも・・・



映画の主題(テーマ)とするところと、細かいディテールにかなり「ナウシカ」との類似点があります。深い森の描写なんかは「もののけ姫」を彷彿とさせたりも・・・

ジェイムズ・キャメロン監督自身も、宮崎映画の影響を否定してはいないみたいですしね。

ただ、これはナウシカの主題になっている「人類と自然の調和」というテーマのキャメロン視点の解釈だと思います。宮崎映画の映画観に比べれば、かなりダイナミックです。そして、現代風の迫力満点のこれはこれで、面白い。

私は、これを観てさっそくナウシカをもう一度観よう!と思いました。

・・・と、いうことを相方に説明しようとさんざん試みたんだけど、やっぱりナウシカ観てなきゃ話にならんので、さっそく、英語版のナウシカDVDを手に入れたいと思います。

私は50回ぐらいナウシカ観たけどまだまだ楽しめるよ!

アバターからナウシカ論になってしまったよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

4 comments:

モナちゃん said...

こんにちわ、ブログランキングから来ました。バンクーバー日々是々のモナです。はじめまして。わたしもバンクーバー在住です。アバターは、最初、題名で?”あばた?”なんて思ってました。。相方が見に行って、わたしは一緒にいけなかったんだけど、もう一度見に行きたいそうなので、今度トライしてみます。3Dのめがねをかけるんですよね。♪

orange said...

>モナちゃんさん

はじめまして。ノースバンからorangeです。ブログ、拝見しました。ステキなレシピたくさんのブログ(クッキー、サクサク美味しそう~でした)、また行かせてもらいますね。

アバター、私も見終わった後すぐにまた観たい!って思いました。きっと2回目でも楽しめると思いますよ。3Dバージョンの方で、ぜひ。メガネをかけた同士が顔を見合わせると、なんか不思議気分になったりもします(笑)

アップルサイダー said...

オレンジさん、久しぶり!ナウシカですか~。私、まだ見てないんです。実はナウシカは我が家にDVDがあって、それでもまだ見てない!英語のサブタイトルもあるので、よければコピーしましょうか?

アバターはすごく面白かったのに、そしてジェームス・キャメロンはあんなにいい映画作るのに、数週間前のLAXエアポートでのファンへの応対の仕方は見るに絶えかねました。

orange said...

>アップルさん

お久しぶりです~。ナウシカは子供の頃から通算で50回ぐらい(笑)見てます。でもいつも共感するのはやっぱり自然と人間との係わり合いの部分。その点はアバターにも共通するところです。

DVDコピーできちゃったり・・・したらお願いしたいかも。Amazonでチェックしたらそれほど安くなかったのです(汗)

キャメロンの空港での一件は私もニュースで読みました。せっかく映画に感動したファンも、とてもがっかりだったと。やっぱりファンの夢は壊さないでほしいですよね。