Jan 29, 2010

最後の・・・ティータイム

さてベトナムランチ(デザート付き)でお腹の満たされた私たち。

その後の予定も特になかったので、ちょっとお買い物がてらぶらっとウエストバンクーバーのPark Royalまで行ってみました。

ここにはすっごいステキなお茶専門店があります。

フランスのお茶ブランドTHE O DORの色とりどりの缶に入ったお茶がずらり並べられた店内は、いつもいい香り。ショーケースに並べられたケーキやチョコレート、マカロンも、「キャー♪」というぐらい可愛い。そして美味しそう~。

テイクアウトはもちろん、喫茶コーナーでは本格的なアフタヌーンティも楽しめます。もちろん単品でのデザートとお茶の注文もOK。

まぁ、今日はもうデザートも食べちゃったし、お茶だけねー、なんて言いながらお店へ向かった私たち。お店は小さいですが、平日だったので席もあり・・・週末はとても混んでいるお店です。

サーバーの皆さんは、いつもとっても爽やかで、そしてお茶に詳しくて、聞けば何でも教えてくれます。

お茶のリストは本当に数え切れないほどありますが(日本の玉露なんかもあります)、やっぱりフレンチらしく種類も豊富なフレイバーティーがここのお店の強みだと思います。

どっちかと言うとお茶はトラディショナルな紅茶好みの私ですが、ここにきたらやっぱり色んなフレーバーを試してみたくなるもの。この日はあれこれ試飲させてもらった末、幾つかのハーブやドライフルーツがブレンドされたルイボスティーをチョイス。友達と別々のフレーバーを選んだので、違う味を味見させてもらうのもまた楽しみ。

散々お茶に迷った末、お供はスコーンにしておこうと思ったのですが、ここでサーバーの彼女からの一言「ケーキはThomas Haasのものよ」(これ知りませんでした~)に、私たちあっさり陥落!さっきまでお腹一杯と言ってたのは誰?とばかりにケーキも注文!

Thomas Haasはご存知ノースバンクーバーに本店のある有名なチョコレート屋さん&パティスリー。本業のチョコレートはよくお土産に利用してますが、今までケーキを試したことがありませんでした。ならばこの機会にえいっ!ってことで(笑)

と、いうわけで、こちら、ダークチェリーとピスタチオのタルト。上の部分はおそらくマスカルポーネのムース。濃厚だけど甘すぎず美味しかった!

もうお腹一杯!と言いながら結局お茶もケーキも美味しい美味しい♪と楽しんでしまったガールズでした。誘惑は止められない。

コーヒー文化圏のカナダなので、本格的なお茶を楽しめるお店(最近増えてはきたけど)はなかなか貴重。さらに、大きすぎず甘すぎず繊細な絶品ケーキ(これも北米じゃ貴重!)も楽しめるとあっては・・・うーん、最強です。目下のところ超お気に入り!

Park RoyalにはMurchie'sもありますが、こちらは英国風紅茶の気分の時に。

The Urban Tea Merchant
G3 - 825 Main St. West Vancouver
(The Village at Park Royal内)


昨年末にダウンタウン(1070 W.Georgia)にも大き目の店舗ができたとのことで、行きやすくなりましたね!

うーん、これで思い残すことなくウィスラーに行けますー♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

No comments: