Feb 23, 2010

ジャンプの向こうに見えるもの

いやー、女子シングルもいよいよ始まりましたねー。

ショートプログラムはもちろんテレビにかじりついて見ました!

予想通りのユナ・キム&真央ちゃん一騎打ち。・・・だけど見所は他にもたくさん。日本人3人それぞれ素晴らしかったし、長洲未来ちゃんも鼻血出しながら(!)頑張って見事に滑っていましたよね。

カナダ人はいつも以上に熱を入れて自国のロシェット選手を応援しています。言うまでもなく、2日前に応援のためにバンクーバー入りしたお母さんを突然亡くしてしまうという悲劇に見舞われ、それでも気丈に、完璧な演技を見せた彼女のオリンピックにかける思いと演技後に見せたその涙は、誰の心も打ったはずです。フリーでの頑張りもぜひ期待したいです。

そして女子シングルの話はフリーが終わった後にたっぷり続く予定です。

ということで・・・このタイミングでこのタイトルだし今日もメインはフィギュア?と思わせておいて、実は今日のお題はスキージャンプなのです。

今日の私はウィスラーのオリンピックパーク、ノルディック複合の試合会場にいたのです。

もちろん(仕事中なので)心の中で一生懸命日本チームにエールを送りましたが、残念ながら表彰台に上ることはかないませんでした。昨年のW杯で優勝した時の様子、テレビで見ていたのですが、あの時のような接戦に持ち込める展開ではなくて、やっぱり最後は体力のある欧米勢に離されてしまいました。残念・・・。ラストでアメリカ選手とオーストリア選手が接戦を演じると思いきや、会場に入ってくるやいなやオーストリア選手が悠然と引き離したのには唖然とさせられました。いやはやなんて、強いんでしょ!


さて、今日も試合の前半で使われたそのオリンピックパークのジャンプ台、その向かい側はこんな景色がひろがっているのです。
晴れている日はこんな感じの山々が一面に広がります。


これを一番バッチリ観ることができるのは、もちろん、ジャンプ台の上にいる選手達ですよね。この山々に向かって跳んで行くことになります。

残念ながら曇りから雪となった今日は景色も霞んでいましたが、ジャンプのラージヒル団体の日の景色がこんなお天気でした。

今回は、ジャンプ団体も残念ながらメダルの夢はかないませんでしたが、また次のオリンピックに向けて、跳べ、ニッポン!


フィギュアの選手達にも・・・跳べ、ニッポン!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

No comments: