Mar 27, 2010

オリンピック後の戦いというのは

アスリートにとって、集中力を持続させるということはこんなにも大変なことなんですね。

普段なら年に1度の大イベントのはずの世界選手権も、五輪の後とあってはその存在も霞みます。男子では金・銀メダリストが揃って欠場、ペアも金メダリストが欠場。

そんな中女子は金の金妍児、銀の浅田真央が揃って出場するということで(銅のロシェットが欠場するのは事情もあるし仕方ないとして)、オリンピックと同等の高いレベルでの争いを期待されていたと思います。

フタを開けてみれば、オリンピックを制した金妍児にはあの時の圧倒的な気迫がやはり残っていなかったようで、散々なスタート。


考えてみればオリンピックの女子シングルについて書く機会を逃したのでここで振り返ってみると・・・

見方は色々あるけどあの結果はやはり、気力と完成度のピークをあの時に持って来れたかどうかの勝負だったような感じがします。あのときの金妍児にはもう誰も寄せ付けないほどの迫力と、それに自信がみなぎっていた感じでした。真央ちゃんがまだまだ可憐な乙女だった(その雰囲気にはちょっと似つかわしくない重々しい曲に、真摯に挑んでいた感はあったけれども)のに対して、一足早く大人の女性になってしまったユナのオーラには、思わず引き込まれてしまうものがありました。

ストラテジーから言っても、あれはブライアン・オーサーの完勝だったのだと思います。北米の観客がいかにも好みそうな曲とアレンジ。見せ所も外さない。カナダ人で、オリンピックを知り尽くしたコーチを選んだ金妍児側の作戦の勝利だったとも言えます。もちろん、、それを完璧に演じて見せたユナ本人の努力と精神力の強さにも脱帽なのですが。


さて、世界選手権に話を戻すと・・・オリンピックのユナの演技がいかに精神力に支えられたものだったのかが分かります。ショートでは真央ちゃんでもユナでもなく、なんと長洲未来ちゃんがトップに立つという予想外の展開。全米選手権から続けて見ていると、このところの未来ちゃんにはなんだか一気に花開いたかのような爆発力と、プレッシャーに押しつぶされない自信があるのが覗えます。演技も伸び伸びしていて、このまま世界のトップレベルに立つ日も遠くないのではという勢い。アメリカ勢に力がないとフィギュアは面白くないし、このまま伸びていって欲しいと思います。

そしてフリー。フリーの得点自体では1位だったことでユナのプライドはなんとか保たれたみたいですが・・・果たしてあの演技はそれだけの点に値するものだったのか。ちょっと謎です。ジャンプの失敗はともかく全体的にもキレがまったく感じられなかったし。オリンピックに勝ったことでメディアからさらに散々注目され、自分の時間を取ることすらままならなかったと思うので、そんな中、この大会に出てきて、この成績を残したことだけで賞賛に値するとは思うのですが。

そして、真央ちゃん。トリプルアクセルはダウングレードされてしまったけど、演技は良かったと思います。CBC解説の2人(いつものカートとトレイシー)もオリンピックよりパワフルだったと言ってました。オリンピックではとにかく重く暗く感じられたあの「鐘」もトリノの雰囲気にはまぁ合っていたみたいだし。何よりこの状況の中で大きく崩れず滑りきった真央ちゃんの精神力に拍手です。フリーの点数はユナより出ても良かったと今回は思ったんだけど・・・とっても価値ある結果と金メダルだったと思います。

アメリカ勢にはちょっと残念な結果。未来ちゃんがフリーで崩れたのに加え、いつもはそれなりに安定しているレイチェル・フラットもイマイチピリっとしない出来で、結局来年の出場枠は2枠という結果に。うーん、頑張れー。


最後に男子は高橋君の演技に拍手!オリンピック以上に情熱的で良かったのではと思うのと同時に、あれがオリンピックの演技だったら・・・とつい思ってしまいますよね。

とにかく2人におめでとう!

個人的には、オリンピックイヤーの世界選手権の意義そのものには疑問を感じます。選手への負担が、大きすぎるのでは?

とにかく、これで今年のフィギュアシーズンも終わりだなぁ、とやっぱりちょっと寂しいなぁ。でも実はこの先ちょっと楽しみなイベントも控えています。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Mar 23, 2010

The end of the journey ~ロンドンへ続く?~

今日でVancouver2010での全てのお仕事が終わりました。

最後のお仕事は空港で皆にお別れをすること。

なんともいえない寂しさがこみ上げてきました。

長かったようであっという間に過ぎたこの2ヶ月。
トレーニングに入ったのはほぼ1年前のことでした。

トレーニングを通じてのボランティアのプロセスは"journey"と表現されていました。まさに、今、1年間の旅が終わった感じです。

ボランティアの中にはこの経験が忘れられず、すでに2年後のロンドン大会にアプライした人もいるようです。

もしかして、私たちもまた・・・?

今まで載せる事のできなかった写真など(会期中は制約もあったので)、この後にまた載せて行きたいと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Mar 21, 2010

有終の美 ~Vancouver2010終了~

先ほど、ウィスラーのメダルプラザでパラリンピックの閉会式が行われ、オリンピック・パラリンピックを通じての"Vancouver2010"が幕を閉じました。

最終日の今日も日本は快調!クロスカントリーのスプリントで新田選手2つ目の金、そして太田渉子選手の銀とさらにメダル2つを加えて、計11個のメダルで目標(10個)を上回る完結となりました。おめでとうございます!

そして、銀メダルのアイススレッジホッケー主将で、開会式でも旗手を務めた遠藤選手が、選手の中で功績をあげた人(男女各1名ずつ)に贈られるThe Whang Youn Dai Achievement Awardを受賞!閉会式中に壇上で表彰を受けました。もちろんこの模様はCTVでバッチリ生放送されました!

日本選手団としては最高の形で終えられた今回のパラリンピックだったのではないでしょうか。良い大会となって、お手伝いした私たちも本当に嬉しいです。

閉会式ではまた、私たちと同じ青いジャケットを着たジョン・ファーロングVANOC CEOが「ブルージャケットの皆さんの限りない無償の功績に」とボランティアへの感謝の意を述べました。今回、延べ25,000人のボランティアの働きが大会の運営に大きく関わっていたのは事実です。オリンピックかパラリンピックどちらか一つだけでも1ヶ月(両方なら2ヶ月)というボランティア生活を可能にしたのは、日ごろからボランティアに親しむという文化が浸透している北米の下地があるからこそというのはあります。(次のソチではボランティアの確保が課題、と既に言われています。)多くのボランティアは有給休暇を取ったり、または既にリタイアした人たちでした。中には仕事を続けながらボランティアに参加している人もいました。みんな休みを削っている、それに平均年齢も高い、それゆえに、体力的にキツい部分ももちろんありました。でも、知ってる限り途中で弱音を吐いて辞めた人は見ていません。みんなこの仕事を通じて、一つの大会を作り上げたっていう達成感で一杯です。一生の思い出になるはずです。私も、この大会のホンの一部としてでも参加することができて、本当に良かったと思っています。

私たちのお仕事は皆さんが帰国するまでもう少し続きます。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Mar 20, 2010

戦い終わり・・・

ああ、いい試合だった・・・。

今日はサンダーバードアリーナで手に汗握りながら応援を送り続けたのですが、残念ながら日本チーム、2-0で金メダルには及ばずでした。

だけど予選で6-0でアメリカに負けたときとは全く違った試合展開で、特に第3ピリオドで日本が猛攻を始めてからは本当に息をもつかせぬ展開で、シュートを放つたびに客席には怒号が響き・・・。観客は本当にこの決勝戦を楽しむことができました。あそこで1点入っていたら・・・と悔やまれるのは確かですが、チーム一丸となって戦い抜いた日本チームと、金メダルを心から喜ぶアメリカチーム、会場では両者への拍手がしばらく鳴り止みませんでした。

決勝戦に相応しい、本当に素晴らしいゲームでした。

おめでとう!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Mar 19, 2010

これはエライことです ~ホッケーその後~

実は昨日はオフで、用があって外出していたのでアイススレッジホッケーのゲームをTVで見逃したせいもあり、正直これがどういう事態かまだ把握しきれていなかったのですが、今日選手村に行ってみたら、大変です。エライことになってます。

会う人会う人ごと、他のチームのスタッフから救急隊員のおじちゃんたちにまで、「昨日のホッケー、おめでとう!」と言われるではありませんか!

やっぱりホッケーはパラリンピックでも目玉競技。誰もがメダルの行方に注目しているんです。そして実際、カナダがお家芸のホッケーで負けるとは誰も予想していなかったと思います。オリンピックと同じように、決勝戦はカナダ対アメリカ、そして有終の金で感動のフィナーレ、という筋書きを誰もが期待して・・・

そこがカナダの落とし穴だったのでしょうか。3-1で日本の勝ちが決まった瞬間、サンダーバードアリーナの客席は一瞬皆(殆どの割合を占めていたカナダ人観客)が呆然となり、その後、大健闘した日本チームへ、暖かい祝福のスタンディングオベーションが起きたそうです。

私が今日会った人達も皆口を揃えて、「昨日はとても良いゲームだった」「日本チームはすごく良いチームだ」「たまには違う顔ぶれの決勝戦だってなくっちゃね」と、負けた相手の日本チームを賞賛してくれました。

日本チームで良かった!と心から誇りに思える日になりました。日本チームありがとう!

明日の決勝戦、チームの力で撃破して欲しいです。

私も会場の片隅(仕事なので客席には入れないと思いますが)で最大限に念を送ります!

日本の皆さんは深夜ですがNHKで生中継が決定したので、ぜひTVの前で応援を!


今日はさらにアルペンSGで狩野選手が金、森井選手が銅、とまだまだ勢いに乗る日本。目標のメダル10個に届くでしょうか?あと1つ(ホッケー)は既に確定しているので、もう1つ!ですね。

Go JAPAN Go!!!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Mar 18, 2010

日本、メダルラッシュ!

パラリンピックもあっという間に後半戦に入りました。

前半はちょっと出足が遅かった感のある日本チームですが、ここに来て快進撃!

今日はクロスカントリーで新田選手が待望の金メダルを獲ったのを始め、アルペンスキーでも銀と銅。そして、アイススレッジホッケーはなんとホッケー大国カナダを準決勝で下して銀メダル以上が確定!これまでカナダとは11回対戦して勝ちなしだったそうなのですが、歴史的な勝利になりました。

ホッケーの選手達はバンクーバー選手村にいるので接することが多いのですが、皆明るくチームワークもバッチリで、ついつい応援にも熱が入ります。決勝はアメリカ!アメリカには予選で6-0と大敗してしまっているのですが、この波に乗って今度は撃破して欲しい!


さて日本に敗れてショックを受けているカナダはといえば、ブライアン・マッキーバーの2つ目の金に沸いています。

マッキーバーは、カナダで初めてオリンピックとパラリンピックの両方に選ばれたクロスカントリー選手ということで今大会注目を集めました。遺伝性の目の病気で、大学生の頃に視野の90%を失ったということですが、子供の頃からスキーに親しんだ彼の実力はそれで衰えることはなかったということです。オリンピックでは残念ながら最終的にエントリーされずに終わってしまったのですが、パラリンピックではお兄さんをガイドに快走を続けて2つ目の金。パラリンピック通算6個目の金(その他に銀2つ、バイアスロンでも銅1つ)と、もうカナダの歴史に残る英雄となった彼です。ちなみに、全然そう見えませんがお祖母さんが日本人なのだそう。

残すところあと3日のパラリンピック、まだまだ見逃せません。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Mar 13, 2010

開会式の裏側で

昨夜、いよいよパラリンピックが開会しました。

開会式はオリンピックと同じくBCプレイス。私はと言えばそのまさに「裏側」にいたのでした。お仕事で、開会式に参加する選手達を案内。裏方なので表側は見られませんでしたが、会場の裏側(通路)で、客席からの歓声を浴びながら、盛り上がる熱気、感じさせてもらいました!

舞台裏はパレードに参加する選手団はもちろん、ショーに参加する子供たち、ダンサー、パフォーマーたちで溢れかえってる!そんな中、パレード前で少し緊張する選手達をハイタッチで盛り上げる係のスタッフまでいたりして。式のオープニング(後でテレビで見たらマスコットのスーミが宙を飛んでいたみたい)からどんどん大きくなる歓声と共に選手達の士気も上がっていったのでした。

途中、両手足に生まれつきの障害を持ったヴォーカリストの熱唱するロックと共に車椅子(というより車椅子型スピード自転車)のパフォーマンスをしていた一団は、間近で見ても全身ギンギラに決めていてかなり格好良かったです。中にはすごいモヒカンの人も。

オリンピックと同じく、開会宣言を行ったのはミカエル・ジャン カナダ総督。この方、オリンピック期間中に間近でお見かけする機会があったのですが、実に気品に溢れていて美しく、それでいて気さくな雰囲気でした。(カナダ総督について以前書いたポストはこちら

さて、最終聖火ランナーが登場する頃には既に会場の外にいたので見ていなかったのですが、オリンピックの時にも根強く噂されていたテリー・フォックスのご両親がここでとうとう登場されたようですね。テリーの遺志とパラリンピックの精神から言っても、このタイミングがやはり一番相応しかったのではないかと思います。聖火台に点火したのは、テリーと同じく右足を失った15歳の少年だったとのこと。(テリーについて以前書いたポストはこちら

オリンピックに負けず劣らず素晴らしいセレモニーに、観客も皆満足して家路に着いたことと思います。

いろんな国の選手と短時間に接してみて感じたのは、皆とても明るくエネルギーに溢れているってこと。オリンピックのピリピリムードとはまた一味違っていて、皆とても気さくなので、スタッフ達もつられて陽気になっちゃいます。


さて!今日から競技も始まりました。ウィスラー、今日も行ってまいりましたが、実はここにきてなんとオリンピックの時にも見られなかったほどの大雪。昼間も雪が降り止まず、視界も悪かったみたいで残念ながらアルペンの滑降は延期となりましたが、これからまた毎日ドラマが始まります!

メイクドラマ!(長島監督風)

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Mar 11, 2010

ピンバッジ狂想曲

パラリンピックの開会式もいよいよ明日(現地時間の12日)となりました。試合のチケットも既にアイススレッジホッケーの決勝戦などは売り切れているようですが、他の試合ではまだ販売しているようです。バンクーバー市内では、アイススレッジホッケーがUBCサンダーバードアリーナ、車椅子カーリングがバンクーバーパラリンピックセンター(Queen Elizabeth Park内)ですので、ぜひ応援に来てくださいね。


さて、オリンピックの時から通じて、青いジャケットを着て歩いているとたびたび声をかけられることといえば・・・

その1。かなりの確率で道を聞かれる。やっぱり地元のことを知ってそうに見えるからなんでしょうか・・・ウィスラーのときは自分も勝手が分からなくてよく「ごめんなさい」してました。(そのうちビレッジ内のパブの場所ならちゃんと把握するようになりましたが。)

そしてその2。「ピンバッジ交換しない?」

そう。オリンピック&パラリンピックと言えばピンバッジ。公式ピンバッジから各スポンサー、メディアのオリジナルまで、期間中はかなりの種類のピンバッジが出回ります。とくに、市販されていない、企業や選手団オリジナルものは希少価値が高いのでコレクターの注目の的になります。

毎回オリンピックのある都市に出向いては、これらのピンバッジを集めるマニアもかなりいるようですよ。オリンピック期間中はダウンタウンのBayの特設グッズ売り場に、ピンバッジ交換場も設けられていました。

そして、私たちスタッフの間でも・・・ホントは職務中にはダメなんですけど、みんなかなり交換し合ってます。他のチームのスタッフにちょっと用事を頼んだりすると、用が終わった途端に「ピンバッジ持ってない?」と来ることもしばしば。特に日本チームのピンバッジは出回った数が少なかったらしく、よく聞かれましたよー。

私も特に積極的に集めたわけではないのに知らないうちにどんどん数が・・・。そうして集まったものはこうしてAccreditation(大会関係者用のID。選手達も首にかけてたアレです)のストラップにつけていきます。これが全部ではないのですが、これ以上付けるともう肩がこるので。。。

写真はオリンピックの時のもので、パラリンピックになりAccreditationも変わったので、まっさらなストラップを使い始めましたが、またボチボチ集まってきています。

終わるまでに一体いくつになることやら・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Mar 7, 2010

青い人、別バージョン。

息つくヒマなくパラリンピックモードに入って4日目。静かになったと思いきや、毎日結構忙しくて、家ではほぼ寝てばっかりの毎日です!実はこの仕事、大会期間中よりも、準備と片付けの方が実際はるかに忙しい!

さようなら~、したはずだったウィスラーも早速また行ってきたし、明日もまた行く予定。

オリンピック総集編はしばらく書けそうにありませーん。あしからず、です。


さてオリンピックが終わって、これまでの交通の不自由さから開放されたと同時に、なんだか気が抜けてしまったというバンクーバー住民も多いみたいですね。

お祭りが終わってしまったことがあまりにも悲しくて耐えられない、という人のためにカウンセリングが用意されているという話も聞きました。大げさすぎ?!

こうしてバンクーバーも普段の静けさを取り戻した・・・かのように見えますが、パラリンピックの準備は着々と進んでますよー。

しかし、バスに乗っていてもめっきり青いジャケットのボランティアに遭遇することが減ってしまい・・・なんだか私だけ「オリンピックモードから抜けられない青い人」みたいな見られ方をしているような気がするのですが・・・

よく見れば違うんですよ!背中のシンボルだってオリンピックの五輪マークから三本線のパラリンピックマークに変わってるし、バックパックのロゴだって、胸のロゴだって違うんです。

と言うか、ユニフォームは使いまわしできるように初めから、胸のロゴはマジックテープで張りつけられ、背中のロゴは当て布ができるようにボタンがついていて、バックパックは初めからロゴが2枚重ね(ファスナーで取り外しできるようになっている)、となっていたのです。これで一瞬にしてオリンピアンからパラリンピアンに変身、というわけです。

街を歩いているブルージャケットを見かけたら要注目。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Mar 4, 2010

お久しぶりバンクーバー 〜らーめん山頭火〜

オリンピックの仕事を終えてバンクーバーに戻ってきました!

帰った日は帰宅するなり5時間ぐらい昼寝?して、ご飯を食べて、さらに夜もぐっすり寝られるぐらい疲れてたみたいですが、もう気分もシャッキリ。今日は早朝から早速パラリンピックの仕事に入りました。開催は3/12ですが、選手村はすっかりパラリンピック仕様に(といってもロゴだけ)様変わりしています。


さてつかの間のオフの昨日は、オリンピックのボランティアスタッフ向けに選手村のダイニングでパーティーが催されました。スタッフ用ではなく、アスリート用ダイニングだったので食事も豪華♪でした。ここで、1ヶ月一緒に働いてきた皆ともサヨナラ。何人かは引続きパラリンピックに残りますが、多くのメンバーは入れ替わります。

パーティの前にちょっとダウンダウンに出向いて行ってきたのは・・・

2/26にバンクーバー・ラーメン激戦区(Robson×Denman周辺のことを最近こう呼んでる)にオープンした「らーめん山頭火」。

ウィスラーにいる時から、バンクーバーに戻ってきたら絶対行こう!と実は心待ちにしていたのでした(笑)

年がバレバレだけど90年代後半の学生時代、巷はラーメンブームで、恵比寿がラーメン激戦区になった頃。ちょっと場所は外れていたけど恵比寿と渋谷の真ん中辺りでえらく賑わっていたのがこのお店。豚骨ベースの塩ラーメンってのがちょっと珍しくて、知り合いに絶対美味しいから~と連れて行かれてから何度か通っていました。社会人になってからめっきり行かなくなっちゃったけど・・・。

その山頭火の塩ラーメン、実に10数年ぶりにここバンクーバーでご対「麺」~。

きくらげモリモリなのもそのまま。真ん中にちょこんと乗った梅干もそのまま。スープも・・・うーん、懐かしい味!

パーティを控えていたのでサイズは「ちび盛り」にしておきました。が、もちろんペロリ。。。

日本ではおなじみの食品サンプルはここでも健在。こちらではもちろん物珍しいので子供たちが興味深々で覗き込んでいました。北海道発祥のお店らしく、いくら丼もあり~。

ラーメン屋としては、どんぶり物やサイドメニューなどもかなり充実しています。ただしプレオープンの今は限られたメニューのみ販売してるみたいです。本オープンは3/5だそう。

場所は正確に言うとRobson×Bidwell、居酒屋Guu Garlicの隣です。

今度はラーメンとどんぶりのコンボで食べよっかな♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ