Mar 7, 2010

青い人、別バージョン。

息つくヒマなくパラリンピックモードに入って4日目。静かになったと思いきや、毎日結構忙しくて、家ではほぼ寝てばっかりの毎日です!実はこの仕事、大会期間中よりも、準備と片付けの方が実際はるかに忙しい!

さようなら~、したはずだったウィスラーも早速また行ってきたし、明日もまた行く予定。

オリンピック総集編はしばらく書けそうにありませーん。あしからず、です。


さてオリンピックが終わって、これまでの交通の不自由さから開放されたと同時に、なんだか気が抜けてしまったというバンクーバー住民も多いみたいですね。

お祭りが終わってしまったことがあまりにも悲しくて耐えられない、という人のためにカウンセリングが用意されているという話も聞きました。大げさすぎ?!

こうしてバンクーバーも普段の静けさを取り戻した・・・かのように見えますが、パラリンピックの準備は着々と進んでますよー。

しかし、バスに乗っていてもめっきり青いジャケットのボランティアに遭遇することが減ってしまい・・・なんだか私だけ「オリンピックモードから抜けられない青い人」みたいな見られ方をしているような気がするのですが・・・

よく見れば違うんですよ!背中のシンボルだってオリンピックの五輪マークから三本線のパラリンピックマークに変わってるし、バックパックのロゴだって、胸のロゴだって違うんです。

と言うか、ユニフォームは使いまわしできるように初めから、胸のロゴはマジックテープで張りつけられ、背中のロゴは当て布ができるようにボタンがついていて、バックパックは初めからロゴが2枚重ね(ファスナーで取り外しできるようになっている)、となっていたのです。これで一瞬にしてオリンピアンからパラリンピアンに変身、というわけです。

街を歩いているブルージャケットを見かけたら要注目。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

No comments: