May 31, 2010

根元がウマい、春のほうれん草(やさい探検5)

こちらのスーパーの野菜売り場には、季節感てモノが、あまりない。

一年通して、売っている野菜があまり代わり映えしないのだ。多少はその季節にしか出ないものっていうのもあるんだけど、通年出てる野菜に関しては、季節による性質の変化があまりない。特に春になると野菜って柔らかく美味しくなりますよね(日本では)?でもこちらでは、新キャベツ・新タマネギ・新生姜・・・とかいうものにお目にかかったことがない。(あくまで普通のスーパーでの話で、あるところにはあるかも。ある場所を知っている人は、ぜひ教えてください。)

春から夏にかけて、新鮮な野菜はやっぱりファーマーズマーケットで手に入れるべきなんだけど、平日にはあまりやってないし、毎回毎回というわけには行かない。

もう一つ、ちょい不満なのが、菜っ葉モノに根っこがくっついて売られてないこと。特にほうれん草は、初めから根っこが切られていて、しかも、切られた根元の方は大抵バラバラになって傷んでしまっていて、その部分をを取り除いてから茹でたり、といちいち手間がかかる。茹でる時にも、根っこがくっついていた方が便利なのだ。茎のほうから先に茹でて葉っぱは後でお湯に入れたいけど、根っこがついていれば、束がバラバラにならずに済む。根っこは、後で切れば良いし。

それに、ほうれん草は根っこちかくのあの赤い部分に甘みがあって美味しいのだ。本当は捨てるべきじゃない、と私は思う。農家だったウチの父の実家では、ばあちゃんが必ずその部分をお雑煮に入れるのがお約束だった。ただ、この部分には土が絡みついているのでかなりよく洗わないといけないし、私の母はそれがちょっと苦手だったみたいだけど。

と、いつも思っていたら、今日スーパーで売っていたほうれん草にはちゃんと赤い根元がついていた!春だからか?いつもより新鮮で、傷んでいる部分も少なく綺麗なほうれん草だった。

さっと茹でて、お浸しにしていただきました。(ワタシ用だからもちろんカツブシもかけた!)

というわけで、今日はほうれん草のお話でした。あまり「新しい野菜の探検」にはなっていないけど、ちょっとした発見があったってことで。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

May 29, 2010

血液検査・予防接種

今週、'matenity'カテゴリが続いていますが、スケジュールの都合によるものなので悪しからずご容赦ください。

今月のcheck-upもまたあっさりと終わりました。

前回受けるように言われていた糖尿病検査の結果も届いていたようで「問題ないわよ~」とこれまたあっさり終わり。(それ以上の詳細はちっとも分からない。)

さて、今回はその糖尿病検査など、血液検査関連についてまとめて書いてみます。

これまで受けた血液検査は

  • 妊娠初期の血液チェック
確か初回のcheck upで指示が出されました。(検査内容の書かれた用紙をポンと渡されます。)最初は、クリニックでなく別のLabに行って検査するっていうことに戸惑って、近所のかかりつけのDr.のところ(Labでなく)に行こうとしてしまい、ますます混乱するハメに。結局、こういう検査はLabであればどこでも、↑で渡された用紙を持って行きさえすれば予約なしでやってくれるってことがこのときようやく分かったのでした。Labは病院の中にあるのもありますが、それだけでやっているところ(大抵どこかのビルの一角に入っている)もあります。カナダに住んで3年以上たってもまだ病院システムに慣れてなかったワタシ・・・これまで、病院のお世話になることも少なかったもんなぁ・・・。

この検査の内容は・・・おそらくですが・・・これまでかかった病気や予防接種による抗体の有無、血液型(Rh型)の判定、等々をやっていると思います。HIV検査ももしかしたら、知らないうちに・・・。が、検査について詳しい説明が全然なく、結果も例によって「問題なかった」の一言で終わり、いや、聞いてみるまで教えてもくれなかったかもしれない。こういうのは何か問題があれば言ってくる(はず)と思います。

自分では血液型がRh+だと知っていたし(母親がRh-で胎児がRh+の場合が問題)、あとは実家の母に電話して母子手帳を探してもらい(あって良かった~)、一通りの病気(下記)には予防接種を受けたり、実際にかかったりしていることは確認しました。

ちなみにクリニックでも聞かれる病歴(抗体の有無)は、
・はしか:measles
・おたふく風邪:mumps
・風疹:rubella(German measles)
・水ぼうそう:chickenpox
などです。覚えておくと良いかも。日本語では分かっていても英語での病名ってパッと分からないものが多いですもんね。(※最初の3つは、北米ではその頭文字をとってMMR Vacccineと呼ばれる混合ワクチンを乳幼児のうちに接種するのが義務付けられている模様。)

ここでついでにですが、H1N1インフルエンザ(最近はもう話題にもならない?)の予防接種はもちろん妊婦さんに強く推奨されています。私はたまたま、妊娠発覚の少し前に受けていました(このとき)。が・・・妊婦に推奨されるunadjuvanted(増強剤なし)でなく、adjuvantedのほうだったんですよね~。で、後で妊娠を知って「えー!」と思ったのですが、ドクターに聞いてみたところ「特に副作用とかが出てなければ問題なし」とのこと。ホッ。

  • Prenatal Genetic Screening
詳しくはlink先より。血液検査(いわゆる母体血清マーカー検査)による、胎児の先天性疾患のスクリーニング。診断対象は、ダウン症・18トリソミー・二分脊椎等の開放性神経管異常。

これは必須の検査ではなく、任意(本人の希望)で行う検査であって、我が家では2人で相談した上で受けることにしたものです(主に相方の希望により)。ただし、この検査は100%の精度で確実な結果が出るものではなく、あくまで分かるのは「確率」がどれぐらいかということ。

検査は2回受けることになり、時期は1回目が10-14週の間、2回目が15-21週の間、とされています。

BC Medical(MSP)でカバーされる検査なので費用はかかりません。かかりつけのドクターか助産士からrequisitionを貰っておき、それを持って近くのLabに行きます。ちなみに私はこの時期オリンピックのボランティアでウィスラーに滞在していましたが、requisitionをクリニックから直接faxで送ってもらい、無事にウィスラーのLabで検査を(2回とも)受けることができました。結果はかかりつけのクリニックに送られます。結果の報告は、後日クリニックから電話で(またまた例によって)あっさりと「問題なし」の一言で。

  • 糖尿病検査
28週前後に受けるように指示されます。ドクターに言われたのは、検査に1時間以上かかるから、読む本などを持っていくようにね、とのこと。

これも(ここまで来るともう慣れてるので)アポなしでLabに行くと、まずは大きなコップに入れられたジュースを飲み(ファンタオレンジみたいな炭酸のちょっと入ったもので、ちゃんと冷蔵庫で冷やしてあったのでそれなりに美味しかった)、そして、何もしないで1時間待つように言われます。私が行ったのは小さなLabだったので、そこに1つだけあったベッドの上で、寝てても良いし、本でも読んでリラックスしていてね~、ということで、ゆっくり文庫本を読ませてもらいました。結局、1冊読み終わる前に終了。その後採血されて終わりです。

とりあえず今のところ順調のようで何よりです。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

May 27, 2010

Prenatal Class始まる

というわけで予告(?)どおり、昨夜はこれから6回シリーズで通うPrenatal Class(両親学級)の初回に行ってきました。

が!

何を思ったのか相方、私が気づいた時(その日の午後)には、前夜からぶっ通しオールナイトで書き物をしていて既に気絶寸前の状態。夕方からクラス行くんだけど?って言ったら・・・

「明日だと思ってた~」

とな~(脱力)

ワタシゃ今日(昨日のこと)だと言ったぞ、言ったはずなんだがな・・・

この状態ではもう起こすのは無理と判断して仕方なく、初回なのに・・・私一人でシングルマザー状態で行ってきました・・・。

もう怒る気もしないわよ~。これしきのことで怒っていたらコヤツのツマは務まらない。

まぁ行って見れば予想通り、ほとんどの参加者がもちろんカップルで参加していた(だから平日の夕方開講なんだよ)けれども、他にも一人、シングルで参加していた人もいたのでまぁ一安心。

ところでこちら、Douglas Collegeがcontinuing educationとして開催しているクラス(詳細はこちら)。あちこちの市のコミュニティセンターなどの場所を使って開講されています。

他にも、個人や、プライベートの団体が主催しているコースなど色々検討してみましたが、こちらのは内容もほぼジェネラルな感じ。(個人的には特にphilosophyも必要なかったので。)そして気になるお値段も週に1回の6回コースで$160(2人分)となかなか良心的。というわけで、こちらに決定。

しかし、自宅のあるノースバンでのクラスを申し込んだら既に満席。仕方なく、お隣のウエストバンでのクラスになりました。

クリニックでも、Prenatal Classは出産予定日1ヶ月前ぐらいまでに受講を完了するようにと言われます。万一のことがあって間に合わないと困りますもんね。しかし、それでも余裕を持って、もう1ヶ月前のクラスに申し込もうと思ったら「早すぎ」って言われて入れて貰えなかった・・・またしても、こちらでは「何事も早めに」はちっとも通用しないのでした。

ちなみに、仕事などで忙しく、とても6回も通えないって人のために、週末の1日で全部やってしまうってコースもあります(詳しくはWebサイトから)。ワタシも、全然忙しくはないけど、ウチの相方を毎回連れて行く自信が実は初めからちっともなかった(!笑)ので、そっちにしようかと思っていたんだけど・・・本人が自信たっぷりに「6回の通う!」って言うから・・・(ブツブツ)

さて行ってみれば、私と同じくノースバンからのあぶれ組が大多数。結局ウエストバン在住の人は一人もいなかったのでした。だったらノースバンのクラス増やしてくれ~。あと、残り2組ぐらいが橋の向こうのバンクーバー市内在住。聞けばバンクーバーのクラスがキャンセルされてしまい、こちらに回されてしまったらしい。しかも、そのせいで彼女達は私たちよりも予定日が迫っている。ヘタしたら受講完了する前に生まれちゃうかも~、って笑ってました。

だから、何事も早めに・・・って考えはやっぱりないんだろうなぁ。(主催者側に)


話は脱線しますがこのウエストバンのコミュニティセンター、前にも一度来たことがあったけど、その時はまだ建設(改装)途中だったという出来立てピカピカの施設。

今回初めてまともに見てみたら、これがとてつもなくでっかい!複合施設。中には、立派な温水プール(たぶん複数)とスポーツジム、ビジネスセンターみたいなもの、それにミュージックホールまで設けられている。ジムだけとってみてもそんじょそこらのプライベートのフィットネスセンターよりもよっぽど立派です。(こちらに写真あり)

さっすが~、お金持ちの街、ウエストバン。カナダ1土地が高いといわれるBritish Propertyもここにあり。税金潤ってるんだろうな~、という感じです。
だけどその割に駐車場がありえないぐらい小さく、車を止めるところが見つからなくてしばらく周りをウロウロしてしまったんだけど、実は、地下にとてつもなくでっかい駐車場が作られていた!ショッピングモール並みのやつ。しかも、もちろん駐車無料!はー、ゴージャス。たぶん市民じゃなくても使えるので、ここ、一見の価値ありですよー。

前置きだけでかなり長くなってしまったけど、肝心のコースの中身。初回ということもあってまずは
自己紹介、ご近所さんたちとの雑談(プラス情報交換)、そしてまずはということでお産の時のイメージ作りビデオ鑑賞から。そして最後は、マットに座っての、リラクゼーション呼吸法。これが、陣痛が始まった後に役に立つらしい。覚えていられればだけど・・・。

一つ、何故か、「枕を持参すること」と案内にあって、ナゼだろうと思っていたけど、要は2時間の間中、椅子に腰掛けているのもツライだろうから、背中に枕当ててリラックスしていいよ、ってことらしい。なるほどね。

余談。帰ってみたら相方が「おわびマフィン」を焼いていてくれた。

それは有難いんだけど・・・そのぐっちゃぐちゃのキッチン、誰が片付けるのかなぁ・・・?


えぇもちろんワタシがやりましたよ、後で・・・ (今日はつぶやきが多くってスミマセン)。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

May 25, 2010

ホスピタルツアー&カナダでの出産

28週目です。とうとう、3rd Trimesterに入りました。ということは、残り3分の1です。うーん、まだまだって感じはしますが。

連休明けの今週はマタニティ関連の予定が色々入っています。今日はその1つ目、出産予定の病院(私の通っているマタニティクリニックはこの総合病院に併設されている)でのホスピタルツアーに相方と参加してきました。

ツアー開始時間は病院の診療の終わった夜6時半からと8時からとなっていて、ウチは8時からを選んだのでもしかしたら私たちの他には参加者いないかもしれないなー、と思いつつ行ってみれば、あと3組も参加者が。しかも、皆さん私より立派なお腹をしていて、中にはもう37週でそろそろ生まれてもおかしくないっていう人も。我が家にしては珍しく、これでも行動が早い方なのでした。(普段はお尻を叩いても動かない相方も、ベビー関係になるととたんに張り切るので動かしやすい。)

さて、ホスピタルツアーといっても当然ながら見るのは出産に関するところ、つまりいつも行っているマタニティクリニックのあるフロア(の反対側)を見学するだけ。

その前に、会議室みたいなところに集められて、このツアーを担当してくれたナース(といっても普段着にブーツというとてもカジュアルないでたち)が、入院から分娩、退院の流れについて一通り説明をしてくれました。

しかしと言うかやはりと言うか、入院期間は、通常分娩の場合出産後24~48時間、C-Section(帝王切開)の場合で2~4日間だそうです。日本の病院よりかなり短いですね。

入院は通常の部屋(2~3人)、Semi-Private(2人部屋)、Private(個室)と選べます。通常の部屋なら州の保険で全額カバーされますが、PrivateとSemi-Privateには追加料金がかかります。Privateで$190/1日だそう。(雇用主などがExtended Coverageを掛けてくれている場合、Privateのおよそ80%ほどの料金はカバーされるそう。)

それから、出産すると病院にはPublic Health Nurseというコミュニティーナースが来てくれ、退院後、家にフォローアップに来てくれることになっています。

と、説明はだいたいこんな感じ。

あとは、分娩室や個室などを一通り見学させてもらい、およそ45分ほどでツアー終了。他の妊婦さんたちと"Good luck!"を声を掛け合いながら解散しました。といっても、私は彼女達より予定がまだ先なので、病院で再び出会うことはなさそうですが。。。

North Shore随一の総合病院としては、結構コンパクトな感じのこの病院。相方としては「いざ!」という時に迷わず、最短距離で分娩室にたどり着くために場所を確認するのが主目的だったらしいですが、この広さなら迷いようがないってのが実際のところ。まぁでも事前確認は大事ですね。特に相方は慌てるとそれでも焦って迷うかもしれないし(!)

明日からは、いよいよ6回シリーズのPrenatal Class(両親学級)が始まります。そして明後日は定期健診。相方は、ドクターに何か聞きたいことがあるらしい・・・一体何を企んで(?)いるのかは、乞うご期待・・・?

今でも重いと思っていたけど今からもっと重くなるのね~、と他の妊婦さんを見て実感・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

May 24, 2010

ガレージセールで掘り出し物ゲット

今日はVictoria Dayで祝日のカナダです。

この3連休、お天気はちょっと怪しいながらもどうにか晴れ間も現れているのでお出かけしている人たちも多いでしょう。我が家?・・・にはあんまり祝日関係ないので(年中祝日)いつも通りです。

さて、春先から近所のあちこちで見かけるようになるのが、ガレージセール。

その名の通り、家のガレージや軒先に、その家で使わなくなった物をたくさん並べて、手頃な値段で売ってしまうという、お家版フリーマーケットみたいなものです。本当にガラクタのようなものは「どうぞご自由に」ってタダで持ってってもらう場合も。

特にこの3連休はあちこちで見かけました。ふらっとでかけた際に、ガレージセールのサイン(大抵、道端に「こちら→」みたいな感じで案内が出ている)を見かけて、またまたふらっと寄ってしまう人も多いのではないでしょうか。

2~3週間ほど前になりますが、ウチから3~4ブロック先のお家でガレージセールが開かれているのを通りがかりに見つけ寄ってみたら、小物(お皿や家電)から大物(ソファーなどの家具)までかなりの大掛かりなセール。聞いてみたら、この家に住んでいたおばあさんが高齢なため、家族と一緒に住むことになり、それまで住んだこのお家は売ることになり、家族の人が開いたセールだとのこと。

私たちが寄った時には既に目ぼしいものは売れてしまっていたようで、一旦はそのまま帰りましたが、翌日、さらに放出品が。

そこで目に留まったのは黄色いデッキチェア2脚組。ほぼ新品同様。木目のような加工がされているけどプラスチック製。雨に濡れても安心。我が家のバルコニーになんだかちょうどいい感じ。一方相方は、そこに出ていたプラスチック製のグリーンのダイニングチェア(外で使う用)4脚セットを気に入った様子。これもほぼ新品同様。我が家のは何故か3脚しかなく、しかも色は白でかなり古くて汚れも目立っているし。そこで、早速これらまとめて値段を交渉することに。

結局、おまけにお揃いのアルミ製の鉢3つもつけてもらい、合わせて$40で交渉成立。ちなみに、これと似たようなデッキチェア(新品)がホームセンターで1脚$20ほど。ってことは、なかなか良い買い物だったかなと思います。


というわけで我が家のバルコニーにやってきたデッキチェア。(バックにガーデニング用品がごちゃごちゃ写ってしまってますが。)夕暮れ時にドリンク片手にここで涼んだりして、なかなか良い感じの場所になりそうです。夏になってベランダに植えたお花が花盛りになったらもっと楽しいだろうなぁ。

というわけで連休中にガレージセールめぐりするのもなかなか楽しいかもしれませんよ。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

May 21, 2010

マタニティフィットネスのクラス

昨日から、地元のコミュニティセンターでマタニティフィットネス(Pre-natal Fitness)のクラスを取り始めました。

本当はもうちょっと早くから始めようと思っていたのだけど、日本に帰国したりでなかなか時期が合わず。7ヶ月も過ぎた今になって、もう体も重いって言うのに。

しかしこれがまた行ってみれば・・・妊婦用とは言えかなりハードな内容。

時間は1時間ですが、その間、ウェイトを使ったり、ゴムバンドを使ったり、マットに寝そべったり、アップテンポのダンスミュージックに合わせステップを踏んだり・・・で、とにかく体を動かしまくり。特に、ウェイト(ダンベル)を持ったままのスクワットがかなり足に来てしまい、すっかり太ももが筋肉痛に・・・あたた、あたた・・・。ウェイトには「5」って書いてあった(それが一番小さそうだったので選んだ)のですが、まさか5kgってことはあるまい、5ポンドだよね・・・?でも5ポンドって言ったら2リットルのペットボトルより重いんだわ~。これを片手に一つずつ持ち、更に今のハラの重さ(5kgぐらい?)が加わったスクワットってのは、かーなーりーツライわけです。ハイ。。。

インストラクターはサラ・ジェシカ・パーカーに妙に似ていて(関係ないけど)、もちろんお腹もぺったんこ。動きも軽快!しかしこちとらそもそも運動不足な上にハラも出ている。ステップはドタバタ、バランス取ろうとすればヨロヨロ・・・あちゃちゃ、目も当てられない。。。しかし、周りには私よりお腹の大きな人もいるけど、彼女達やっぱり、慣れてるなぁ。

これはー、妊婦になる以前から基本的にフィットネスで体を鍛えている人(そういう人はこっちにはゴロゴロいる)のためにあるプログラムであって、私のように普段筋力を全く鍛えてない人には向いてない・・・と思う。

って、今さら気づいてもしょうがないわよね。

それに、やっぱり妊娠以前より動きがかなり鈍くなっていることを、このクラスではっきり認識してしまった。ステップに全然着いていけてない!あああ、こりゃあまずいわ。ゆっくり歩くのに慣れすぎてしまったのかも。

しかし、今日は筋肉痛でペンギンのようにヘンな歩き方をしていたせいか、実は家のベースメントに降りようとして、階段でずるっと足を滑らせてしまい(カーペット敷きなため)、思いっきり尻もちをついてしまった!幸いにしてお腹の中には影響なかったみたいだけど、冷や汗かいた~。。。

急に運動しようと思ってもムリがあるね、やっぱり。せめて落ちた筋力を取り戻すべく、今後はせっせとウォーキングに励むことにします。。。


ちなみにこちらのクラス、コミュニティセンターでやっているものですが、Fit 4 Twoのインストラクターが提供しているプログラムで、他にも色々Prenatalプログラムが(ヨガやアクアフィットなども)あります。赤ちゃんと一緒に参加できるPost-natalのプログラムも充実してます。バンクーバー周辺エリアのどこでも開講されているみたいなので詳しくはWebサイトでチェック。

来週からはヨガも始めまーす。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

May 19, 2010

本格タイのパッタイ

本日はお友達のJちゃんとランチのお約束だったのですが、Jちゃんの「パッタイの気分」の一言により、タイ料理に決定!もちろん私もパッタイ大好きさ~。

バンクーバーにタイ料理屋さんは数多くありますが、でも、やはりこちらの人に合わせて結構マイルドな味付けになっているところが多く、パッタイもトマトケチャップで味付けした「なんちゃってバージョン」の出てくる確率はかなり高い、みたい・・・。

今日は「本格パッタイ」をテーマに、リサーチした結果、こちらの一軒に決定。

Thai Cafe
4160 Hastings St., Burnaby

12:30頃お店に入ったのですが、店内はほぼ満席でした。客層は白人の人が多かったな。ランチメニューは結構数多くありますが、今日はパッタイ目当てで来たため、二人ともパッタイをチョイス。(メニューはお店のWebサイトからpdfで見られます。ただし、$1ほど値上がりしていました・・・。)メニューに特に但し書きはありませんが、ウェイターさんにどれぐらいの辛さが良いか聞かれます。私もJちゃんもとりあえずミディアムホットを選択。

ランチはスープがセットになっていて、それはあっという間に来ましたが、スープを飲み終えても、この昼時の混雑でなかなかメインのパッタイが来ない。来ない・・・30分近く(多分)待って、ようやくパッタイ登場。


お皿の隅に、小さな春巻きが乗ってます。揚げたて熱々で美味しかった!

上にかかっているスパイスがどうやら辛さの決め手の様。それだけで食べるともちろん辛いのですが、でも良く混ぜて食べるとまろやかに。私はもうちょっと辛くしても良かったかな。(妊娠中は辛いものは控えるようにとのことですがやめられない。)そもそもパッタイ自体辛い料理ではないですがね。でも、噂の本格パッタイ、美味しくて満足でした!今度は別のメニューも試してみたい。


以前山の上の大学に通うのに#135のバスで散々通ったバーナビーのHastings沿いのこのエリア、小さな個人経営?のレストランが数多くあります。以前フォーを食べに来たベトナム料理屋さんもこの近く(これもかなり美味しかった!)。そして、いつも行列のできている(すごい量で)名物のイタリアン Anton'sも隣のブロックにあります。

今度はしばらくタイブームかな~。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

春の味覚・フィドルヘッド(やさい探検4)


またまた随分間が空きましたがどうにか4回目を迎えたやさい探検。

今回は野菜というか山菜なのですが、フィドルヘッド(fiddleheads)です。

この独特の頭をくるっと巻いた姿が楽器のフィドルの先端(頭)に似ているからこの名前だそうで、つまりシダ科の植物の新芽の部分です。どうやらワラビやゼンマイと同類みたいなのですが、日本にあるものとはちょっと違うかもしれません。(追記:どうやらコゴミに一番近いみたい)

春先になるとグローサリーで見かけるのですがもうちょっと旬を過ぎたかな?と思っていたら、今日立ち寄った地元ノースバンのオーガニックショップ Tama Organic Lifeさんで新鮮そうなのを見かけたので買ってみました。

お店で調理方法を聞いてみたのですが、アク抜きの必要はないとのこと。日本人的にはこの手の山菜はアクが強いという感覚があるのでびっくりです。



というわけで、ホントはお浸しにしたかったところなんだけど、ウチの相方、鰹節がダメなのでー・・・。今日は(それでも念のためさっと湯がいてから)、同じくTamaさんで入手した立派なオイスターマッシュルーム(大型のシメジのようなキノコ)と一緒にさっとバターと醤油で炒めて、本日の夕食の煮込みハンバーグの付け合せにしてみました。しかし、このアレンジもかなり美味しかった!程よくシャキシャキ感が残ってバター醤油味との相性もバツグン。相方も喜んで完食してました♪

さて、今日は和風アレンジですが、ではこちらの人たちはどうやってこれを食べているのかというと・・・なんと生のままサラダとして食するそうな。ってことはやっぱりアクはそれほど強くないのかなー?(確かに茹でても何も出なかったし。)しかし、生とは・・・もしかしたらこっちの人はハラの構造がやはり違うのかも。ワラビの場合はちゃんとアク抜きしなかったり、食べすぎるとワラビ中毒になるみたいですからね。いやはや。


とりあえず春の味覚は堪能いたしました!

また気が向いたら・・・つづく。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

May 17, 2010

植えたー! ~ガーデニング大作戦2010~

ハラが出ると、ガーデニングがこんなに大変になるなんて。。。

先週あたりからようやく夜の気温も10度ぐらいにはなってきたので、せっせと苗を植えよう・・・と思っていたのだけど、なんせ、しゃがんでの作業は腰にくる。いちいち「よっこらせっ」って感じで。ハラが重いって、ツライ・・・。

1日1~2鉢ずつが限度で、作り続けること1週間あまり。ようやく、ベランダ庭園(?)、完成(一応)。


まず、表から見える部分のデコレーションとして、去年と同じく柵にかけたコンテナとハンギングバスケット、各3つずつ。(写真では一つずつしか写っていませんが。)しかし、今の見た目はまだまだ寂しい感じ・・・これから成長して茂るのを期待して、今はまだスカスカなのです。

コンテナはペチュニアだけのが2つとインパチェンスだけのが1つ。花の色は、ピンク~白系のグラデーション。微妙に違うので、咲いてみてのお楽しみ。・・・ちゃんと咲くといいけど。

ハンギングバスケットのうち2つはオレンジ・黄色系でまとめ、ペチュニア・カリブアコア・それからもう一つ白っぽい花(何だったっけ・・・)を寄せ植え。

残る一つは清楚に白いバコパ・ペチュニア(何故か一株余ったので)と大好きな青いロベリア。これも育つと垂れ下がってきて良い感じになる・・・と思われます。

さて、ベランダの奥側は日当たりを生かして家庭菜園編。


近所のガレージセールで頂いてきた鉢にハーブを寄せ植え。どれも食べてお気に入りのものばかりのチョイス(実用的:笑)。手前右からグリークオレガノ、フレンチタラゴン、セージ、奥のコリアンダー(パクチー)。



こちら、レタスのバラエティパックをコンテナに植えたもの。6株入りでした。中身は(おそらく)ロメインレタス3株・グリーンリーフ2株・レッドリーフ1株。すでに新しい葉っぱがどんどん出てきています。大きくなあれ♪

さてさてそして今年のミニトマトの、Sweet Baby Girl(そういう品種名。)


買ってきた時はまだまだ小さくか細い苗でしたが、ひとまず6インチポットに植え替え、背丈もあっという間に2倍ぐらいになりました。しばらくしたらもっと大きなポットに植え替える予定です。

去年は2株でお化けのようにわっさわさに茂ってしまったので、今年は1株だけで行こうと思っています。このBabyちゃん、うまくいけばこの写真のようにたわわに・・・実るのでしょうか?乞うご期待だわ!

それからスイートバジルの種も蒔きましたが、まだ芽が出てきません。あと今年はラディッシュ(二十日大根)とシソも種から育ててみる予定。

この他、裏庭菜園の方もなんだか既にワサワサしています。(これは私だけでなく相方の仕業のせい。)そちらは次回にて。

さて、ベビーが出てくるのが早いか、収穫が口に入るのが早いか・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

May 14, 2010

Stars on Ice

今夜バンクーバーでツアーフィナーレを迎えた2010年カナダ版Stars on Ice。GMプレイスに観に行ってきました。

さて気になる"Stars"はと言いますと、バンクーバーオリンピックでの活躍も記憶に新しい面々が。目玉はカナダにアイスダンス初の金メダルをもたらしたテッサ・バーチュー&スコット・モイヤー組。そして今やカナディアン誇りの銅メダリスト、ロシェット姐さんも元気に登場!それから、バトル王子など既にプロに転向したカナディアン”スター”スケーターもぞろぞろ。(詳細はこちらのページにて。)そして座長はもちろん、我らがカート・ブラウニング師匠!

そもそも以前CBCでカート率いるアイスショーを観て、その高いエンタテインメント性にうーんと唸って、以来アイスショーってモノを観てみたくなった。その時のショーは東海岸で行われていたもので、アイリッシュ音楽(フィドルの生演奏)とのコラボレーションで、それはそれは芸術的だった。そしてその音楽に合わせて、複雑極まりないアイリッシュダンスのステップを氷の上で軽やかに踊ってしまう師匠の足さばきに、ホレてしまったのだ。師匠は本当にスゴイエンターテイナーだ。頭は薄いけど・・・(しつこい)。

今回のショーはTVのコマーシャル(確か世界選手権の放送の時)で流れているのを見てチケットを取ったもので、既に良い席は売れてしまっていたのだけど、幸いにも席を取ることができた。実際、会場はほぼ満席でした。(ただし2階席は開放していなかったようだった。)老若男女、客層は幅広く、家族連れも多かった。カナダ人って、やっぱり(エンターテインメントとしての)フィギュアスケートが好きな国民だと思う。日本のように特定の選手に固執する人はそれほど多くないと思うんだけど。


さて、余裕を持って会場に着くつもりがやっぱりワタシと相方ではそもそも会場着がギリギリ。しかも行ってみればGMプレイスの周りはものすごい車の渋滞で、そして会場の駐車場にようやく辿り着いてみれば既に満杯という無常さ。近くのペイパーキングも何故か閉められてしまっているし。結局仕方がないので近くにあるカジノの駐車場に$30も払って停めるハメに・・・これでオープニングを20分以上も逃してしまった。

ショーは2部構成で、どちらの部も出演者それぞれのソロ(またはペアでの)パートから始まり、そして複数の出演者でのグループダンスで締められる、といった感じ。



今日もiPhoneしか持って行かなかったので、上のほうの席からはまともな写真なんてとても撮れなかったんだけど、会場の雰囲気伝わるとしたら、この写真。このふんだんなライティングはやはりアイスショーならでは。これは第1部の最後の、オールキャストでのダンス。とってもホットな衣装にホットなダンス。

GMプレイスはそもそもホッケー場なのだけど、競技用の会場と大きく違うのは、本当にリンクギリギリのところまで客席が設けられていて(ガラス板などの仕切りもなく)、上から見ていると、スケーターたちのブレードがお客さんに当たってしまうのではないかと思わずヒヤヒヤしてしまうほど。(もちろんそんなことはないのだろうけど。)あんな最前列で見られた人たちは、本当に間近でプロ達の滑りを堪能できたはず。

さて、ソロで目を引いたのは、まず、男子ソロスケーターのショーン・ソーヤー。近年競技では目立った活躍がない彼だけど、ショー慣れしているみたいで、その高いエンターテインメント性は観客の目を引いていた。音楽への乗り方(そしてなぜか段々衣装を脱いでいくのがお約束?)とオーディエンスの乗せ方が、とにかく上手い。バック転もどうやら得意らしく、グループダンスの時でさえ決めていて大いに目だっていた。

今日のバトル王子はちょっと線の細い印象。ジャンプもあまり決まってなかった。2部目のソロは繊細な彼らしい持ち味が出ていてなかなかだったけど。

スタンディングオベーションを受けていたのは、2002年ソルトレイクの金メダリストペア、サレー&ペルティエ組。とにかくこの2人の演技はダイナミックでアクロバティック。ありとあらゆるポジションで、ペルティエがサレーをぶんぶん振り回していて(しかも全く危なげがない)、大いに観客を沸かせていた。プロに転向して結構経つけれども、観客に”見せる”って点で、アマチュア時代とは違う進化をしたんだと思う。

今日のカート師匠は、また新たな試みとして、「ホッケースケートでマイウェイ」というまた斬新なダンスを披露。どういうことかと言うと、タイトルの通り、ホッケー用のスケート靴(ブレードが太くてごっついやつ)で踊ってしまうというもの!これかなりスピードの出るシロモノなんだけど、それでも軽やかな足さばきでスイスイと、ついでにジャンプまでこなしてしまう(さすがに2回転だけど)、師匠の多彩な技は圧巻。やっぱりこの人なくてはカナダのアイスショーは成り立たない。

そして最後は、バーチュー&モイヤー組がバンクーバーでの金メダルのフリーダンスを再現。これは音楽と共に皆の記憶に新しいので、カナダ人観客大盛り上がり。(その中で「あの人たち知ってる?」とすっとぼけた質問をしてくるカナダ人は君だけだ。相方よ。)ちなみに第1部では、オリンピックの時のエキシビションと同じもの(バレリーナとホッケー兄ちゃん)をやっていた。

今回アイスショーは初めて観たのだけど、競技とは全く違う「エンターテインメント」で存分に楽しませてもらった。競技の時のあの緊張感がないって言うのがまた楽しめる。半ば無理やり引っ張って行った相方も「楽しかった」と言っていた。これは、もしかしてまた行っちゃうかもね。


最後におまけで、車を止めていたところのカジノに寄り、相方君のインスピレーションによりルーレットの1発目で、駐車料金を取り返しかつ夕食代を出してお釣りが出るぐらいの儲けを得た。そのままさっと退散して、めでたしめでたし。

これで今年のスケートシーズンも終わり。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

May 11, 2010

看板ネコ発見

大したことないのですが、昨日紹介したナーサリーに、ハーブの苗を買い足しに今日も足を運んだら、いました、いました。

ここの看板猫ちゃんです。


大体いつも、売り場(花の苗の隙間か棚の下のすき間)にねそべっているか、こうしてキャッシャー(レジ)のカウンターにドカンと居座っています。(かなりデッカイ猫さんなのでレジカウンターの面積のほとんどを占領します。)ひっきりなしにお客さんが来ても、全く意に介する様子なし。

今日は、向かい側のレジに寝そべっていたのに、わざわざ私のいる方のレジに回ってご挨拶に来てくれた(?)ので写真を撮らせてもらいました。

レジの人に名前を聞いたら、"The Gray Cat"とのこと。・・・そのまんまなのね。

ちなみに男の子だそうです。

結構薄汚れていますが、お店の人が洗ってやることはどうやらないようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

May 10, 2010

素敵ナーサリー ~ガーデニング大作戦2010~

さて、5月に入っていよいよ皆がガーデニングに動き始める季節です。(今年こそは出遅れないように!) 近所のホームセンターはどこもガーデン用具と苗が所狭しと並べられ、週末ともなれば苗木を買い求める人でごった返しています。

ワタシも5月に入ってすぐにムクムクとガーデン熱が目覚め、早速バルコニーのプランターとハンギングバスケットの寄せ植えの苗を買いにあちこち回り、揃えたのですが、昨日書いた通り、夜の気温の低さがネックでまだ植えるに至っていない・・・。毎晩ベイビーたちを暖かい家の中に入れてあげて、昼間は日光浴させています。


さて、以前から場所を知っていたものの、今年になるまで行ったことのなかった近所のナーサリー。(※ナーサリーとは託児所ではなくこの場合苗木、つまり園芸屋さんのこと)

今年初めて行ってみたら中の広さにびっくり。そしてとっても素敵な場所だった!それからすっかり通っています。


草花、野菜から木の苗までありとあらゆる苗が揃っています。


ハンギングバスケットもたくさんあり、植え方の参考になりそう。

いつもは看板猫ちゃんがどこかに寝そべっているのですが、この日は見つけられずでした・・・。

ホームセンターの苗などは、ろくに水もやられず萎びたり枯れてしまっているものもあったりするのですが、ここの苗はちゃんと管理が行き届いていて、お花たちも生き生きしています。お店のスタッフ達も、皆お花好きっていう感じの人たちです。


私の選んだ今年のベイビーたちはこんな感じ。今年はペチュニアとインパチェンスメインでベランダを「お花お花」してみたいと思っています。それから今年もベランダで育てる予定のプチトマトと、サラダ用のいろんな種類のレタスのセットもあります。夏はトマトサラダ三昧かしら、うふふふ♪

後はハーブを鉢に寄せ植えして・・・などなどまだ構想が膨らんでます。楽しや。

Dykhof Nurseries & Florist
460 Mountain Highway, North Vancouver, BC V7J 2L2
Phone: 604.985.1914


植えたらまた経過をご紹介します。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ