May 7, 2010

躑躅・石楠花

このところ良いお天気が続いているものの、気温がまだいまいち上がらないバンクーバー。ベランダの寄せ植え用のお花を用意したものの、夜は5度近くまで気温が下がってしまうこともあるので、コンテナに植えるのを躊躇して毎晩家の中に入れています。ガーデニングは来週からかな?

とは言っても季節はすっかり春。この季節はどの家の庭でも色とりどりの花が咲き乱れて、それは見事。

中でも存在感があるのがシャクナゲ(Rhododendron)。大抵どの家の庭にも植えられていて、大きな花が木一杯に咲いていて迫力があります。シャクナゲはツツジ属に含まれる植物ということで、ツツジ(Azalea)と同種と見ていいのかもしれませんが、どうもこちらに来て春はシャクナゲに目を奪われるようになりました。

日本の春はツツジだなー、と思うけど、こちらの大きな家の庭にはやっぱりど派手なシャクナゲが良く似合っています。庭ではツツジはどちらかというと視覚の下側を受け持っている感じ。


これは我が家の前庭のピンクのシャクナゲ。(家もだけど)木もまだ小さくて、申し訳なさそうに咲いています。

近所をプラプラすると、色々な色のシャクナゲにお目にかかれます。


ピンクといってもコーラルピンクのもの。

イエローもあります。

このお宅のはとても見事なグラデーションになっていました。

この朱色のはどっちかって言うとツツジなのかな。

このお家の赤のシャクナゲの大木と他の木々のコントラストがかなりいい感じ。

近所のショッピングモールにあるガーデンでも花盛りでした。

中に日本庭園コーナーがあるのですが、白いシャクナゲとバックの赤いモミジ(これは年中この色をしている)が結構マッチしています。

八重咲きのものが鉢植えにされたものもなかなか素敵です。

個人的には、燃えるような真紅のシャクナゲが好きです。派手な花が決して好きなわけではないのですが、この花には存在感を思いっきり主張して欲しい。そして、いつの日か真っ赤なシャクナゲの大木のある(ような庭のある)お家に住んでみたいなぁ。


我が家の木も立派になりますように。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

No comments: