May 25, 2010

ホスピタルツアー&カナダでの出産

28週目です。とうとう、3rd Trimesterに入りました。ということは、残り3分の1です。うーん、まだまだって感じはしますが。

連休明けの今週はマタニティ関連の予定が色々入っています。今日はその1つ目、出産予定の病院(私の通っているマタニティクリニックはこの総合病院に併設されている)でのホスピタルツアーに相方と参加してきました。

ツアー開始時間は病院の診療の終わった夜6時半からと8時からとなっていて、ウチは8時からを選んだのでもしかしたら私たちの他には参加者いないかもしれないなー、と思いつつ行ってみれば、あと3組も参加者が。しかも、皆さん私より立派なお腹をしていて、中にはもう37週でそろそろ生まれてもおかしくないっていう人も。我が家にしては珍しく、これでも行動が早い方なのでした。(普段はお尻を叩いても動かない相方も、ベビー関係になるととたんに張り切るので動かしやすい。)

さて、ホスピタルツアーといっても当然ながら見るのは出産に関するところ、つまりいつも行っているマタニティクリニックのあるフロア(の反対側)を見学するだけ。

その前に、会議室みたいなところに集められて、このツアーを担当してくれたナース(といっても普段着にブーツというとてもカジュアルないでたち)が、入院から分娩、退院の流れについて一通り説明をしてくれました。

しかしと言うかやはりと言うか、入院期間は、通常分娩の場合出産後24~48時間、C-Section(帝王切開)の場合で2~4日間だそうです。日本の病院よりかなり短いですね。

入院は通常の部屋(2~3人)、Semi-Private(2人部屋)、Private(個室)と選べます。通常の部屋なら州の保険で全額カバーされますが、PrivateとSemi-Privateには追加料金がかかります。Privateで$190/1日だそう。(雇用主などがExtended Coverageを掛けてくれている場合、Privateのおよそ80%ほどの料金はカバーされるそう。)

それから、出産すると病院にはPublic Health Nurseというコミュニティーナースが来てくれ、退院後、家にフォローアップに来てくれることになっています。

と、説明はだいたいこんな感じ。

あとは、分娩室や個室などを一通り見学させてもらい、およそ45分ほどでツアー終了。他の妊婦さんたちと"Good luck!"を声を掛け合いながら解散しました。といっても、私は彼女達より予定がまだ先なので、病院で再び出会うことはなさそうですが。。。

North Shore随一の総合病院としては、結構コンパクトな感じのこの病院。相方としては「いざ!」という時に迷わず、最短距離で分娩室にたどり着くために場所を確認するのが主目的だったらしいですが、この広さなら迷いようがないってのが実際のところ。まぁでも事前確認は大事ですね。特に相方は慌てるとそれでも焦って迷うかもしれないし(!)

明日からは、いよいよ6回シリーズのPrenatal Class(両親学級)が始まります。そして明後日は定期健診。相方は、ドクターに何か聞きたいことがあるらしい・・・一体何を企んで(?)いるのかは、乞うご期待・・・?

今でも重いと思っていたけど今からもっと重くなるのね~、と他の妊婦さんを見て実感・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

2 comments:

mari said...

そうだよ〜。
これからだよ、重くなるのは。

ところで、カナダでは普通に立ち会い出産なの?
うちはだんなの仕事の都合と私が希望しないから立ち会いしなかったけど。
カンガルーケアとかはどうなんだろ?

妊婦レポート楽しみにしてるね!

orange said...

>mariちゃん
ええと~。このときの説明では2人まで部屋に入れても良い・・・だった気がする。でも希望次第だと思うよー。詳しいことはまだ私もあんまり良く分かってないので、追々レポートしますー。