May 29, 2010

血液検査・予防接種

今週、'matenity'カテゴリが続いていますが、スケジュールの都合によるものなので悪しからずご容赦ください。

今月のcheck-upもまたあっさりと終わりました。

前回受けるように言われていた糖尿病検査の結果も届いていたようで「問題ないわよ~」とこれまたあっさり終わり。(それ以上の詳細はちっとも分からない。)

さて、今回はその糖尿病検査など、血液検査関連についてまとめて書いてみます。

これまで受けた血液検査は

  • 妊娠初期の血液チェック
確か初回のcheck upで指示が出されました。(検査内容の書かれた用紙をポンと渡されます。)最初は、クリニックでなく別のLabに行って検査するっていうことに戸惑って、近所のかかりつけのDr.のところ(Labでなく)に行こうとしてしまい、ますます混乱するハメに。結局、こういう検査はLabであればどこでも、↑で渡された用紙を持って行きさえすれば予約なしでやってくれるってことがこのときようやく分かったのでした。Labは病院の中にあるのもありますが、それだけでやっているところ(大抵どこかのビルの一角に入っている)もあります。カナダに住んで3年以上たってもまだ病院システムに慣れてなかったワタシ・・・これまで、病院のお世話になることも少なかったもんなぁ・・・。

この検査の内容は・・・おそらくですが・・・これまでかかった病気や予防接種による抗体の有無、血液型(Rh型)の判定、等々をやっていると思います。HIV検査ももしかしたら、知らないうちに・・・。が、検査について詳しい説明が全然なく、結果も例によって「問題なかった」の一言で終わり、いや、聞いてみるまで教えてもくれなかったかもしれない。こういうのは何か問題があれば言ってくる(はず)と思います。

自分では血液型がRh+だと知っていたし(母親がRh-で胎児がRh+の場合が問題)、あとは実家の母に電話して母子手帳を探してもらい(あって良かった~)、一通りの病気(下記)には予防接種を受けたり、実際にかかったりしていることは確認しました。

ちなみにクリニックでも聞かれる病歴(抗体の有無)は、
・はしか:measles
・おたふく風邪:mumps
・風疹:rubella(German measles)
・水ぼうそう:chickenpox
などです。覚えておくと良いかも。日本語では分かっていても英語での病名ってパッと分からないものが多いですもんね。(※最初の3つは、北米ではその頭文字をとってMMR Vacccineと呼ばれる混合ワクチンを乳幼児のうちに接種するのが義務付けられている模様。)

ここでついでにですが、H1N1インフルエンザ(最近はもう話題にもならない?)の予防接種はもちろん妊婦さんに強く推奨されています。私はたまたま、妊娠発覚の少し前に受けていました(このとき)。が・・・妊婦に推奨されるunadjuvanted(増強剤なし)でなく、adjuvantedのほうだったんですよね~。で、後で妊娠を知って「えー!」と思ったのですが、ドクターに聞いてみたところ「特に副作用とかが出てなければ問題なし」とのこと。ホッ。

  • Prenatal Genetic Screening
詳しくはlink先より。血液検査(いわゆる母体血清マーカー検査)による、胎児の先天性疾患のスクリーニング。診断対象は、ダウン症・18トリソミー・二分脊椎等の開放性神経管異常。

これは必須の検査ではなく、任意(本人の希望)で行う検査であって、我が家では2人で相談した上で受けることにしたものです(主に相方の希望により)。ただし、この検査は100%の精度で確実な結果が出るものではなく、あくまで分かるのは「確率」がどれぐらいかということ。

検査は2回受けることになり、時期は1回目が10-14週の間、2回目が15-21週の間、とされています。

BC Medical(MSP)でカバーされる検査なので費用はかかりません。かかりつけのドクターか助産士からrequisitionを貰っておき、それを持って近くのLabに行きます。ちなみに私はこの時期オリンピックのボランティアでウィスラーに滞在していましたが、requisitionをクリニックから直接faxで送ってもらい、無事にウィスラーのLabで検査を(2回とも)受けることができました。結果はかかりつけのクリニックに送られます。結果の報告は、後日クリニックから電話で(またまた例によって)あっさりと「問題なし」の一言で。

  • 糖尿病検査
28週前後に受けるように指示されます。ドクターに言われたのは、検査に1時間以上かかるから、読む本などを持っていくようにね、とのこと。

これも(ここまで来るともう慣れてるので)アポなしでLabに行くと、まずは大きなコップに入れられたジュースを飲み(ファンタオレンジみたいな炭酸のちょっと入ったもので、ちゃんと冷蔵庫で冷やしてあったのでそれなりに美味しかった)、そして、何もしないで1時間待つように言われます。私が行ったのは小さなLabだったので、そこに1つだけあったベッドの上で、寝てても良いし、本でも読んでリラックスしていてね~、ということで、ゆっくり文庫本を読ませてもらいました。結局、1冊読み終わる前に終了。その後採血されて終わりです。

とりあえず今のところ順調のようで何よりです。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

No comments: