Jun 14, 2010

散々な日 ~洗車のとんだ顛末~

まったく、昨日はえらい目に遭った一日だった。。。

まず、ピカピカ洗い立てのmy愛車のボンネットに、さっそくペタペタと、つきたてのアライグマの足跡発見。いつもだったら相方の車の方に行くはずなのに(どうもあの車が彼=アライグマのお気に入りらしいので。ちなみに犯人はいつも同じヤツ=若いオスなんじゃないかとうちらは思っている)、昨夜はガレージに私の車しか入れなかったものだから、代わりに(?)私の車の上を横切っていった模様。そして、運転席側でフロントガラスをよじ登ったところで、いつもの車と違う・・・と気づいた模様。(相方の車はコンバーチブルだから。)足跡を辿ればヤツの行動は全部お見通しさ!うきーっ!

しかし、悲劇はこんなもんじゃなかった。

昨日、洗車ついでに、実は相方がガスタンクに何か入れてくれたのだ。聞けばタンクのクリーンアップ剤ということで、ふーん、とそのまま受け流したのだけど。。。

夕方前、私は近所のショッピングセンターまでちょっと買出しに出かけた。

途中まで走ったところで、バックミラーになんだかとてつもない量の白い煙がモクモクと見えたのと同時に、隣の車線の車にけたたましくクラクションを鳴らされた。

んぎゃっ!この煙私の車から出てるでないの!!顔面蒼白の私。

慌てて、目の前にあったガソリンスタンドに入り、その隅っこに停車。慌てて自宅の相方に電話をかける。

「一体どういうこと~!!!」

確かに、家を出る前に相方に、クリーンアップ剤の効果で最初のうちはちょっと水蒸気が出るけど、すぐに収まるからって言われてた。

しかしもう、ちょっとどころじゃなく、モクモク白煙上げてるんですけど!

既に家から3kmぐらい離れた所に来てしまっていて、また引き返すにしても、大きな通りでは後ろの車に迷惑がかかりまくるだろう。とにかく、すでに半パニックになってしまっている私は、とにかく相方に今すぐここに来るように伝えた。だけど相方、Chevronのガススタンドに停めてるって言ったのに、違う場所のChevronに行ってしまったらしく、しばらくしたらまた電話。

とにかくすぐに収まるだろうから、家に戻ってくるようにとのこと。

そこで車を発進させたんだけど、大きな通りに入ろうとして曲がった交差点で車の動きがおかしくなり(エンジンストールを起こしかけた感じ)、慌てて、曲がりきったところにあったオート洗車場に車を入れて再度停車。

今度こそ完全パニックになっている私は、再度電話して、相方にとにかく来るように伝える。

相方が来て車を隣の駐車場(広くてほぼカラだったから良かった・・・)に移動した後、静止したままエンジンを吹かすとまぁ、

「もくもくもくもくもくもく~~~~~!」

とものすごい白煙を噴くmy愛車・・・(泣)相方も「これは・・・すごいね」と。だからそう言ったじゃん!よく見ると地面には黒いオイルの痕がついてしまっている。

すると相方「どうもエンジンオイルを入れ過ぎたかも・・・」と。

そう、一昨日書いたように、洗車ついでにエンジンオイルのチェックもしてみたら、"Low"レベルより少ない量で、慌てて足す分を調達した次第。オイルの注入は、翌日相方にやってくれるように頼んでおいた。

あの日、4Lぐらいのオイルを2本買っていたので、相方に「そんなに使うの?」と聞いたんだけど、相方の車にもまぁそのうち必要だし、と思いそのままに。そしたら、私の車に1本半使ったと言うではないの。入れすぎなんとちゃう?と思ったけど、レベルもチェックしたって言うし。

でもそもそも私たち、レベルチェックの際、大きな間違いをしていたことに気づいた。

実は車はそのとき洗車のため坂になっているドライブウェイ(道路とガレージの間)に停めていたのだ。(オイルのチェックはもちろん平地でするのが基本。)オイルレベルがありえないぐらい低かったのも、そのせいかも・・・。

とにかく、駐車場内で急遽オイル抜き開始、そして、下から全部抜いたところで、再び(今度は適量を!)入れ直し。

それでも、車を吹かすとまだまだ白煙を噴き続けるmy愛車・・・(泣)。

しかし、仕方がないので、相方の車に後ろについてきてもらい、私が自分で運転して家に帰ることに。

なるべくエンジンを吹かさないよう、かなりの低速運転で帰ったけど、動揺と疲労(炎天下の駐車場にいたので)のせいか運転がおかしかったと(歩道にスレスレだったりとか:自覚無し)、後ろからついてきていた相方に後でえらい剣幕で怒られた。

ってか、そもそもお前のせいじゃ!!!

と逆切れする元気も既にあまり残っていなかったのですが、この日の悲劇はまだまだ終わらなかったのだった。


(続く)



~ちなみに、エンジンオイルの正しいチェックの仕方はこちら

~それから、こちらが正しいオイル交換の仕方

それから、2回に1回はオイルフィルターも交換するべきとのこと。

車をメンテに出したのは半年ほど前のことだったので、やはりそろそろ交換はするべきだったのですが・・・私も車のオーナーなのだから、ちゃんと(自分で!)把握してからやるべきだったと反省しています。もっとも自分でやるのが面倒な場合は業者に頼むこともできますが。(そしたら廃油の処理も必要ないしね。自分で交換した場合廃油はUOMAで指定された場所に持っていけば引き取ってくれます。カナディアンタイヤでもやってるよ!)

とにかく、アヤツに任せたのが間違いだった・・・。

車はこの後長いこと吹かし続けて中に入り込んだオイルが燃えきったところで白煙がおさまりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

No comments: