Jul 30, 2010

ダウンタウンでプチ・バカンス

引っ張る話ではありませんでしたが写真の整理が追いつかず・・・

先週末の「相方のバースデー記念・プチ・ゲッタウェイ」の話です。

実は前から綿密に計画していたわけではなかったのですが、1つだけ前から決めていたのはその日、現在バンクーバーで公演中のThe Lion Kingを観に行くこと。で、チケットを取ってありました。

相方はKingと名の付くものなら(人間でもライオンでも何でも・・・)大好きだし、このプレゼントには喜んでくれていました。私も、早々にプレゼントに頭を悩ませる必要がなくなってラッキー♪

それまでずっとかかりきりだったプロジェクトのせいで、妊娠してからもちっとも出掛ける機会がなかった私達。ようやく終わったから、バンクーバー島にでもバカンスに行こうかとも言っていましたが、もう臨月だし何かあったら困るしなぁと・・・。そこで思いついたのが、ダウンタウンに行くならついでにそこでバカンスにしちゃおう♪という事。

それもプレゼントの一環としましたが、これなら私にもちゃんと見返りが、という魂胆はもちろんあり♪

そして当日。


この日は土曜日で、ライオンキングは昼間の公演があり、まずはそこからバースデースタート。昼間らしく、会場は家族連れで一杯。ほぼ満席でした。

舞台はシンプルですが、衣装やライティングが色とりどりで鮮やかで、美しい。ストーリーは子供にも分かりやすいものですし、気負わず見られるのが良いです。2人とも、大満足。

さて、この後泊まるホテルは・・・初め、毎年アニバーサリーに泊まっているWedgewood Hotelにしようかと思ったのですが(今年のアニバーサリーはどうかなぁ、チビ連れでは)、生憎満室だったので、前から泊まってみたいと思っていたこちらにしました。


今年1月にオープンしたばかりのFairmont Pacific Rim

ウォーターフロントにあるここからは海も山もバッチリ見えるはず。そしてプールもあってちょっとしたバカンス気分が味わえるかも~。というわけで、バースデー数日前の思い付きでしたが、首尾よく部屋をゲット。

そして観劇後はそのままホテルへチェックインして、まったり・・・としたいところでしたが、私はダウンタウンに出たら行っておきたいところがもう1つあり。

それは日系のヘアサロン。今までは日本に帰国するたびに髪を切っていたのですが、既に半年以上切っていなかったし、この先もしばらく切りに行けないかも・・・ということで、この時間を利用してヘアカットへ。

相方には先にチェックインしてもらい、ディナーまでの間、お部屋でゆっくりリラックスしてもらおうと思っていました。

ところが。私がヘアカットを終えて部屋に到着しても相方がいない。何処に行ったんだろうと思っていたら程なく現れましたが。・・・実は、私が「Fairmont Pacific Rim、新しい方のホテルだよ」と念を押したのにもかかわらず、相方、別のFairmont Waterfrontのほうへ行ってしまったのです。確かに、この2つのホテルは同じCanada Placeにあるけど(1ブロックしか離れていない)。しかも、泊まるのが違うホテルだと分かったのはそっちのValet Parkingに既に車を預けてしまった後だったみたいで・・・(結局同じFairmontの宿泊という事で、そちらに停めててもokという事だったらしいのですが。)

相方曰く、Waterfrontなんて滅多に行かないからどっちが新しいホテルかなんて分からない、とのこと。・・・地元育ちなんて、そんなもんですかね。


さてこちらのPacific Rim、フェアモントと言えばお城系、というイメージを覆す、最新鋭のモダンなホテルになっていました。



さすができたばかり、という感じのモダンなロビー。奥の階段の上がORU Restaurant。

ディナーはゆっくり目に夜8時から、ホテルの中にあるジャパニーズ・フュージョン・レストラン ORU を予約していました。(お店の名前は日本語の「折る」から来ているらしい。)私自身がこのレストランに興味があったせいもありますが、どうせ相方のことだから、一旦チェックインしたらもうホテルの外には出たがらないだろうと思ったから。

ところが、相方・・・なんと「もう部屋の外に出たくないから、ディナーはルームサービスにしよう」と言い出す!(予想以上の反応・・・ガクっ)

まぁ、でも、その気持ちは私もとーってもよく分かるほど、お部屋が本当にステキだったのです。

価格帯がほぼ同じぐらいのお部屋数種類(部屋からの景色が異なる)の中から、私が選んでいたのは、プールサイドビューのお部屋。バルコニーにfireplace(暖炉)があるっていうのが気になってこれにしたんだけど、これがとっても良かった!

まず、お部屋自体がホテルのメインタワーではなくWest Wingということで、エレベーターも専用のものでアクセス。これが隠れエレベーターみたいで、それだけでちょっとゴージャス?気分。


そして、お部屋からの眺めはこちら。まさにプールサイド。

お隣のこのフシギな建物は、バンクーバーコンベンションセンター。オリンピックの時にメディアセンターとして使われていました。「エコ・フレンドリー」をアピールしたかったのか、屋根には草木が生い茂っています。私としてはエコを目指すならこの屋根にヤギを飼えばいいのに、と思います。(Coombs Marketみたいにね。)


これは別の日に撮った写真だけど、聖火台もここ。

バルコニーもそこそこ広く、そしてこれがFireplace。真夏に暖炉は必要なの?と思うかもしれませんが、夕方以降はスーっと涼しくなるので、あって丁度いいぐらいです。そして、火が灯ると気分も盛り上がる。

夜になると、プールがブルーにライトアップ。そしてカナダプレイスが色とりどりにライトアップされて、これまたキレイ。

結局、この夜景を楽しみながらここでディナーにして良かった!と思いました。それに、ルームサービスのディナーにもORUのメニューがあり、そちらから選びました。(ちなみに、席をキャンセルしたのは予約の5分前・・・でしたが、部屋から取るからと言ったら、ノープロブレム!と言ってくれました。)

ちなみに何事も遅めな私達、既に暗かったのでディナーの写真は割愛です(すみません)。私はハリバット(おひょう)、相方はラムをメインに選びました。私のハリバットはお醤油だしという感じのソースがかかっていて、お味はなかなかでございました。でもご飯系の付けあわせが欲しかった。相方のラムは最初、付け合せのミントソースがついてこなかった(相方曰く、ラムにはこれがなきゃダメ)上に焼きすぎで、それを伝えてもう一度持ってきてもらったら、今度は焼き加減もジューシーで完璧、でした。

そして、お部屋の中のほうもこれまたかなりゴージャス。


特に2人ともいたく感動したのはバスルーム。鏡の中に、テレビがある!!

バスタブもとっても大きい。シャワーブースも、別にあります。


部屋の設備もさすが最新のホテル、という感じで、様々な照明モードをタッチパネルで選ぶ事も出来ます。そしてカーテンも電動!(パネルの写真撮り忘れ)

そしてお部屋にはネスプレッソマシーンもついていた!Cafeに行かずとも美味しいコーヒーが楽しめます!(これも写真撮り忘れ)

キングサイズベッドはとても柔らかく気持ち良く、夜はぐっすり快適に眠る事が出来ました。あーーーー、ヘブン!

ちなみにこの夜はEnglish Bayで花火が行われていたのですが(だからこそ大混雑する外に出なくて良かった)、不思議と、同じダウンタウンにいても音が全く聞こえず、とても静かな夜を過ごすことができました。でも、いつもはノースバンの我が家ですら音だけは聞こえるのに、不思議。


翌朝の朝食はルームサービスではなく、ホテルの中にあるイタリアンcafe&bakery、Giovaneで買ってきてまたまたバルコニーで食べました。ちょっと節約・・・と、ここのパニーニがすごく美味しそうだったので!またまた画像がない・・・のですが、パン生地にナッツとベリーが練りこまれていて、それが具ともなかなかマッチしていて美味しかったです。相方はここのフルーツヨーグルトがいたくお気に召していました。


というわけで、つかの間の滞在はあっという間に、終了。でも、部屋から(ほぼ)一歩も出なくても、十分にバカンスできました!

私はこの後のベイビーシャワーのために一足先に帰ったのですが、相方はその後ホテルのプールでひと泳ぎして、ご満悦で帰ってきました。

ちょっと・・・イヤだいぶフンパツしましたが、企画した私にもつかの間の安息になったし、大満足!の、良いバースデーでした!


早速また泊まりたい・・・!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jul 28, 2010

ローカルフルーツ&野菜


夏になると週末にファーマーズマーケットが開かれますが、道端に農場からの直送野菜やフルーツを売るお店(屋台?)が現れたりもします。

最近、ウチの近所の路肩の空地に週末になると現れるお店によく顔を出しています。

この時期あったらほぼ必ず買っているのはローカルストロベリー。小粒ですがとても甘いです。こちらのスーパーで売っているイチゴは、見かけは赤くて立派ですが食べてみると全然味がしないなど、かなりの確立で外すので買わなくなりました。が、ローカルのはホントに美味しい。本当は郊外のストロベリーファームにピッキングに行きたいんですが、さすがに今は屈んでイチゴ狩りをするのはムリなので。。。

上の写真の時に買ったのは、桃とラズベリーとトウモロコシ。

トウモロコシは私も相方も大好きで、2日置きぐらいに飽きずに食べてます。この時期になると5本で2ドルとかとにかく安いし、多少当たりはずれはあるけど当たりのは本当に甘くて美味しい。

この時のラズベリーは、1日経ってしまったものだということで安くなっていたもの(確か1パック$2)。多少潰れていましたが、冷凍にして保存して、スムージーにしたりジャムにしたりする分には問題なし。

この夏のヒットはこの桃。小ぶりだけどジューシーで、熟したものは本当に美味しい。白桃っぽいなーと思って買いましたが、皮をむくと実は黄色でした。でも味はgood!毎回お店に寄るたびに買ってしまいます。実は父の実家が桃農家だったので、贅沢な話、子供の頃は毎年飽きるほど白桃を食べていました。今となればこれは懐かしい、夏の味。そしてこれもそのまま食べて良し、スムージーにして良し、です。

そして、こんな簡単デザートも。



フルーツショートケーキ。(ここではイチゴと桃とブルーベリーです。)

器(と盛り付け・・・)のせいで良く見えていませんが、スーパーで売っているこのような真ん中のへこんだスポンジ台(こんなの←)を使って、あとはフルーツと生クリームを乗せるだけ。

甘くないハズレなイチゴを使うときはコンポートにしますが、フルーツが美味しければそのまま乗せるだけで立派なデザートに♪

イチゴの季節はそろそろお終い。名残惜しいなー。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jul 27, 2010

Week37

先週末のゲッタウェイ編はもちょっと後回しで。

現在、37週半ば。既にFull Term(赤ちゃんの成長的に、もう生まれても大丈夫な時期)に入っています。

数日前から、お腹の下のほう(というか殆ど股のあたり)にグリグリするような感覚を感じたり、歩こうとして足を前に出すと足の付け根が「痛ーいっ!」ということが頻繁にあったり、あとは、トイレに行く感覚が再び短くなってきたり(妊娠初期~中期頃にもあったのですが、今の状態は赤ちゃんの重さでモロに膀胱が押されているため)・・・と、だいぶ「下がってるな」という感覚があります。そういえば、下がってきたせいか、最近胃の調子は良いかも♪(ドカ食いできるし)

さて、週1の検診に今日も行ってきました。相変わらずする事は尿検査・体重チェック・血圧測定・お腹のサイズ測定、そして赤ちゃんの心音確認です。

先週、足のつり(leg cramps)が相変わらずひどくて、夜中のみならずたまに昼間もつりそうになる(一度、運転中に右足がつりそうになった事があり、かなり焦った!それじゃーアクセルもブレーキも踏めませんっ!)と言ったら、「カルシウム不足」とのことで、Tumsを飲みなさいってDr.に言われたので、毎日せっせと飲んでいます。


Tumsとはこちらのカルシウムタブレット。Dr.によれば胸焼けにも効く、との事。味はこのミント味の他に、ベリーやフルーツ味なども。

カルシウムは赤ちゃんの成長に欠かせないので、お腹の赤ちゃんは必要量をお母さんの体から取りますが、その分お母さん自身のカルシウムが不足するので、将来骨粗しょう症になったりすることがある、とは以前から知っていたのですが・・・なるべく食べ物からカルシウムを取るように気を付けているつもりでしたが、やはり乳製品があまり得意でない私(チーズはかじる程度、牛乳をそのまま飲むのもそれほど好きではない)、ベイビーの成長と共にカルシウムが足りなくなってきていたのかもしれません。今から補給しても遅いかな?と思いつつ、しないよりはマシかな、と・・・。

それにしても・・・足のつりは「カリウム」不足なんじゃなかったっけ???(だからレーズン食べてたのに!)まぁどっちにしろカルシウムも大事だし・・・。

その他には大きな問題はなく、赤ちゃんの心拍数もいつも145~150/分で一定していて「Happy babyね~」と言われてます。

今日の検診で、なんだかベイビーが下がってきた感触があると言ったら、初産の場合、赤ちゃんが下がり始めて大体2週間ぐらいで出産になるケースが多いと言われました。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

今日、とうとう、最後の大物、ストローラーを購入。

これまであちこちのお店で、色々なメーカーのものを見比べて、押し比べて、散々悩んできましたが、とうとう腹が決まりました。 ただ、希望の色のがお店になかったので、注文を入れてもらって待っています。来週には届くってことなんですけど、さぁ間に合うか~。手元に届いたら、レポートします。

Xデーはいつかっ?!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jul 26, 2010

ベイビーシャワー

この週末はまたまた慌しくぶっ飛んでいきました!

土曜日は我が相方??才の(笑)バースデー。ここぞとばかりに、プチ・ゲッタウェイを兼ねてダウンタウンのホテル一泊をプレゼントしました。(もちろん私自身へのプレゼントも兼ねている!フフ)

しかしその模様はまた今度ということで、今日は、昨日お友達に開いてもらったベイビーシャワーの様子を!

ベイビーシャワーとは、もうすぐ赤ちゃんが生まれる、または生まれたママへのギフトを贈るパーティ。こちらでは生まれる前にするのが割と一般的。日本ではお祝いは赤ちゃんが無事に生まれてからっていう感覚があるので、ちょっと違いますねー。

この日のシャワーはお友達の皆&相方ママ(grandma to be)に我が家に集まってもらい開きました。その他にはホストが場所を提供したり、場所を借りたり、という場合もあるみたいです。この手の「シャワー」はガールズだけで催すのが常で、ホテルから帰ってきた相方(時間差で私のほうが先に帰ってた)にはしばらく、外に退散願いました(笑)

とは言え、前述のとおり私も前日は家を空けていたため、準備が全く出来ておらず・・・(パーティ1時間前に慌てて帰宅)、ちょっとアタフタしてしまいました、ゲストの皆さん、ごめんなさ~い!

しかも、我が家はほぼ場所(と飲み物)を提供しただけで、本日はポットラック(持ち寄り)パーティとさせてもらったので、皆の創作の数々がテーブルに並びました。こういうのがガールズパーティの良いところ♪食べるのに夢中で写真撮り忘れたのがイタイです・・・。

メニューは皆のお手製、カナッペ・生春巻き・クッキー・パイ&アイスクリームに牛乳かん・・・等々!(私は手抜きしてFujiyaの巻き寿司にさせてもらいました・・・たはは)

そしてベイビーシャワー恒例のゲームとして、まずしたのは妊婦のお腹のサイズ当てクイズ。ゲストの皆に、お腹のサイズ(腹囲)と思われる長さにテープを切ってもらい、当ててみて一番近い人が勝ち。


ちなみに本日のワタクシ、こんなものを着ていました。買ってきた無地のTシャツにアイロンプリントでつけて作成(こういうキットがあったのです)。文字はキラキラのラインストーンで可愛いんだけど、着られるのは本日限りかな?(この後うっかりこのまま近所のスーパーに買い物に行ってしまったけど、行きかう人の視線がお腹に・・・で、ちょっと恥ずかしかった:笑)ちなみに現在腹囲はほぼ100cmあります。。。正面から見ると分かりづらいけど前にボーンと突き出てます!


それから、ホスト役の友達がこんなクイズも用意してくれました。

カードに書いてあるのは、いろいろな動物の「赤ちゃん」の呼び名。英語にも、色々あるのね~という勉強になりまっす。例えばこんなの、分かりますかー?

cub←熊(やその他の肉食系動物。ボーイスカウトの年少組のことをCub Scoutと言ったりする。)
fawn←シカ(私、「バンビ!」って言いましたよ。ハイ:汗)
foal←馬(これも知らない率高)
tadpole←カエル(つまりオタマジャクシ!)
kid←ヤギ (人間の子供のこともここから来ているのだそう)


そしてそして、おまちかね(←私がね)のギフトターイム!



ワーイ!!

バースデーとかクリスマスとかこういう時、こちらではこういうときは包装紙を「ビリビリ破る」ものなのですが、やはりソロソロ開けてしまう日本人なワタシ。


こちらいただいた品々です。どれもこれも皆可愛い~ベイビーグッズ!!

そして、大きすぎて写真に写っていませんが、最大のサプライズは、実はまだ揃えていなかったクリブ(ベビーベッド)やマットレスやchanging table(オムツ換え台?)などの大物たちを、相方ママが揃えて、今日届くようにしてくれていたこと!

これはホントに知らなかったのでビックリ!(やっぱり相方家は、やることがいつも粋です。)

本当はシャワー中の時間に届くようにしてたみたいなんだけど、準備でアタフタしているワタシのところに配送屋が電話をかけてきて「今日忙しいからちょっと早めに持って行っても良い?」って・・・これ、来るって知らなかったら「はぁ~?」って言っちゃうところでした!実は・・・ママが留守の昨日に、郵便受けに相方宛にメモを残していて「K(ワタシの事)にはまだ内緒にしておいて、今日クリブが届くから・・・」と。しかし私のほうが一足先に帰ってきてしまったため、内緒でなくなり・・・(笑)しかし配送屋が来る前に知ってて良かった~(汗)

それから、3人のボーイズのママであるMさんからは、ボーイズ幼少時の品々もたくさん、たーっくさん、(おもちゃ色々や、firstスケート靴から、ハロウィンのコスチュームまで!)譲っていただきました。ありがたや~!

お陰でベイビールームは今たーくさんの品々で溢れています!問題は、ベイビーが入るスペースがもうありません!(爆笑)いや、何とかなります・・・ムスコよ、キミはずいぶん物持ちになったよー(まだ生まれてないのに・・・)!


そして何よりとっても楽しい時間のために、ちょいと辺境にある我が家に集まってくれたゲストの皆さん、そして忙しい中ホスト役に名乗り出てくれたFちゃん、Thanks a lot!!!

慌しく過ぎていったけど、とっても良い週末でした!

平和な日々も、今のうちかな~?

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jul 22, 2010

Prenatal Class奔走記

Prenatal Class(両親学級)を今夜ようやくコンプリートしました。

って、今頃?って感じなのですが・・・。

5月に行き始めた、6回コースのはとっくに終わっているはずじゃ?

実は、その後紆余曲折ありまして・・・。あのコース、途中でドロップアウトする羽目になったんです・・・。

やっぱりね、予想通り!ウチの相方が6回も通う甲斐性があるわけないって始めから思っていたんだけど(で、1回目も私一人で行ったわけだけど)、3回目で完全拒否。理由はその時かかりっきりだったプロジェクトでテンパって、他のことをする余裕がないということ。余裕がないというのは、時間的にというよりは精神的にのことで、コヤツはひとたび心が何かに占領されてしまうと本当に他の事が何も出来なくなってしまうのだ。(本人はこういう時「1分1秒も他の事をしているヒマがない」と言い出す。ただし、結局かなりの時間を無駄にしているのは他人目には一目瞭然なのだけど。)

もちろんスケジュール上、この時期はこうなってしまうことは事前に分かっていたし、その上で、本人が6回通うと言ったから申し込んだのに、こうなってしまうと「そんな事言ってない!」と、完全に記憶は彼方状態。

当然この件に関して私は怒り、泣き、喚きましたが・・・(後の祭り)。

そうでなくてもコヤツには日頃から振り回され続けているけど(ええもちろんケッコンする前からです)、後期にも入った妊婦にとって、出産準備が進まないというストレスは相当のもの。妊婦なのに胃潰瘍になりかけた理由もお分かりになろうかと。

しかし、あがいたところで、その上相方がしばらく国外に出ることになってしまったため、もう物理的に仕方ないとなり、このコースはここでキャンセル。

実は結局その渡航もお流れになったんだけど(何なんだよ、ホントに・・・)、その時点のスケジュール的に相方が戻っているはずだった先週末に、同じDouglas Collegeの週末1日コースに改めて申し込んだ。(内容は6回コースと同じものを凝縮したもの。)

Prenatal Classは予定日の1ヶ月前ぐらいには受講完了しているようにというのがクリニックからのお達しなので、これが時期的には、もうギリギリ。


ところが当日、(それもその日の朝ドタバタがあって2時間遅刻した上に)行ってみたら会場はもぬけの殻。実は参加者不足でクラスがキャンセルになっていた・・・(というメッセージが留守電に入っているのに後から気づいた・・・)。

脱力。。。。。。


・・・してる場合じゃない。

なんとしても何でもいいから受講しておかないと、やっぱり初産の身としては格好が・・・いや、やっぱりそれぐらいはしておくべきでしょう!

そこから再びPrenatal Class探しが振り出しに戻り。。。

でも、もう悠長にWeeklyクラスなど受けてる時間はない。そうしている内に生まれちゃうかも!

思いついたのは、プライベートのセッション。時間の融通も利くし、家に来てもらえば、相方を引っ張っていく必要もない(!)し。

ただ、見つかったところはお値段がかなりしまして。それで講師と相性が合わなかったら踏んだり蹴ったりだし。ならば、と以前受けていたクラスを教えていた講師に、プライベートセッションが可能かどうかなんとか連絡が取れないかとcollegeに問い合わせたりもした。結局メールアドレスを自分で持っていたからメールしてみたんだけど、なぜか返信がない・・・。

もう、どうするよ~!と思いながら今週の検診に行ってこの状況を説明したら、Dr.がこのクリニックのある病院で開講されている、超クイックコースを紹介してくれた。

「忙しい人のための」と題されているクラスで、なんと1回、しかも3時間で全部やってくれる。先週行こうとしていたone-dayコースは朝から夕方まで1日がかり、それでもintensiveなんだから、こちらの方はえらい早さである。

でも、こうなったらもう何でもいい。とにかく受講を完了して、心を落ち着けたいのだ。相方を引っ張っていくのも1回で済む。

早速チェックしてみると、なんと次の開校日は今日。その時点で昨日だった(!)から早速メールでコンタクトを取った。折り返し電話があって、なんとか最後の1枠に滑り込むことが出来た。

ふぅ~。ホント、我が家っていつでもlast minute peopleなんだよなぁ。。。(私の意図しないところで!)

とにかく、それで無事にクラスを終えることが出来た。3時間で大丈夫なの?と言えば、まぁ、大丈夫なんじゃないかな?というのが感想。実際は、始まってみないとやっぱり分からないし、というのが正直なところ。それに、実は最初に行っていたDouglas Collegeでのクラスで貰ったテキストを手元に持っているので、それを読みながら一通りの予習復習は出来る。それに大概の出産準備本にも同じようなことが書いてある。

あとは、陣痛が始まってからのリラクゼーション法をこのクラスでも教えてくれたので、いざお産が始まったら相方にマッサージしてもらえば良い。私としては、相方に学んで欲しかったのは実は主にそこなのだ。(あとは自分がLabour Processesを理解していればOKと思ってる。どうせ相方はどっちにしろ慌てるだろうし。)

だから、結果としてこれを取っておけば、それで良かったんじゃないかと思う。

ちなみに受講料は1カップルで$85。これは他でやっているクラス、あるいはプライベートセッションに比べればかなりリーズナブルなお値段。

受講者は、前取っていたコースにはほぼいなかった、2人目、3人目のママも多かった。経験はあるけど復習として、ということだろう。

講師はこの道25年の経験を持つ助産士の女性で、自らも4人の出産経験があるそう。教え方もどっしりしていて、なかなか良かった。

というわけで、このクラスに興味がある方は ⇒ Prenatal in a Nutshell (開催地はNorth Vancouverです。)

とにかく、これで一つ、肩の荷が降りたわ。

出産準備はまだ続きます・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jul 21, 2010

最後の晩餐(食い倒れ編)

いよいよ臨月に入るというのに相変わらず心落ち着かない毎日を送ってます。

私の心が落ち着かない理由は・・・まだ「食べ足りない」ってのにもあるのかも。

いや、もちろん毎日きちんと適量食べていますが、食べ足りないというのは、この先しばらくは気軽に行けないであろう外食のこと。

ウチの相方は、美味しいものを食べるためにどこかに出かけるということに関しては、本当に甲斐性のないヤツなので(それよりも手近にお腹が満たされれば良い、というタイプ)、外食はもっぱら友達をお誘いして行きます。

特に最近は、身軽(すでに重いけど)なうちに食べたいものを食べておこう、題して「最後の晩餐」シリーズとして、時々出掛けています。

昨日も、食い友達のFちゃんをディナーにお誘い。お仕事帰りに来てもらいました。

実は、昨日は朝からどうしても食べたいものがあって・・・それは「日本の焼肉」。バンクーバーで焼肉といえばほぼコリアンBBQになるのですが、この日はどうしても日本式の焼肉が食べたかった。しかもレバ刺しが食べたーい!とも思っていたので・・・もう、それが食べられるのはリッチモンドの「まる忠」さんしかない。

家からは遠いけどそれでも遠征する気マンマンでいました。しかし、出掛ける直前になって気づいたのは、まる忠さんは火曜定休だということ。・・・昨日はバッチリ、火曜日ではありませんか。あぁぁ~~~。

仕方なく予定を変更し、ダウンタウンへ。もう、困ったときにはとりあえずDenman St.に向かいます。

そして、一応、ここで目標にしたのはやはりコリアンBBQ。もう、一度焼肉モードになってしまったものだから、やはり肉が食べたい!・・・というわけで入ったのは、「Suh Jjok Na Ra」というコリアンレストラン。ここ、サムギョプサルが売り、と言うか・・・「サムギョプサルしかやってない」というお店です。したがって、メニューも置いてない。いや、店の外に色々な写真つきのメニューが貼ってあるのですが、実際入ってみると「サムギョプサルしかやってない」とのこと。はぁぁ、そうですか。しかも妙に迫力のあるコリアンのお姉さん、ものすごいブロークンイングリッシュだけど喋り方も迫力ありまくりでなんだか圧倒される私たち。もうね、お腹空いてるので何でも良いです!というわけで・・・言われるがままに頼みましたよ、ハイ。

しかし、かりっと焼けた豚肉を、胡麻油と塩ベースのつけダレにつけて、レタスで巻いて食べるとこれがウマ~!止まりまへん~。そして、コリアンBBQといえば、サイドメニューがやっぱり充実してます。特に、玉ねぎスライスとコチュジャンで味付けしたサラダはやっぱり止まりませーん、のウマさ。あと、「辛い味噌汁」的なスープも美味しい~。というわけで、ご飯が進んでしまいます・・・。

パクパク食べるのに夢中でここでは写真一切撮らなかったので、詳細はこちらの記事からどうぞ。(記事は3年ほど前のものですが、内容は殆ど変わっていませんでした。)

しかし、私たち、実はハナからここで終わる気はサラサラなく(!)、ここでは控えめに肉2人前(2人で)を平らげて終了!おかずも色々付いてドリンク込みで一人$15ほどで収まったので、なかなかリーズナブル。

そして、食事のシメはやっぱり麺類だよね?というわけで、山頭火へハシゴします。

肉を食べに行くと、なぜかいつもシメに冷やし中華が食べたくなる私とFちゃん。この日もシメは冷やし中華と決めていたのですが・・・いつも問題なのは、シメの頃になると日が暮れて涼しくなってしまい(昼は暑くても夜は肌寒いバンクーバーです)、冷やし中華を食べる気が失せてしまうこと。

そしてこの日もやっぱり・・・食べたのはこちら。



辛つけ麺!

普通のつけ麺と、こちらの辛いのと選べます。さっきのコリアンで散々唐辛子を食べてる(お肉と一緒に巻いていた)のに、ちっとも懲りていません。

メニューには「麺は通常のラーメンの2倍の量」と書いてあったのでちょっとひるみましたが、まぁ当分食べる機会がないだろうからと思って、残す覚悟で頼みました。

が、結局ペロリと完食。おそろしや~。

麺は太麺。冷やしてあってツルツルっと入ってしまいます。スープはあったかくて、この通り真っ赤っ赤ですが、辛さは山椒系の「ピリっ」とした感じで、それほどキツくなかったです。むしろ気になったのは塩辛さ。途中から、スープをあまりつけないでほぼ麺と具だけで食べてしまいました。後ろに置いてあるのは辛さ増量用のスパイス・・・ですが、結局スープを控えめに食べたため使いませんでした。具は写真ではゆで卵しか見えませんが、スープの底にメンマゴロゴロ、と、とろとろのチャーシューが一枚入っていました。

美味しかったし、山頭火のつけ麺もずっと食べてみたかった一品なので満足!でもスープはいつもの塩らーめんのほうが数段美味しいかな~。とにかく、ここの食べ納めもこれで完了!


さて、食事をシメたら、デザートよね~。この界隈にいると色々チョイスがあり過ぎて迷ってしまいますが・・・夏らしくMarble Slabのアイスクリームにいたしました。この時点で10時を回っていたと思うのですが、まだまだお店から人がはみ出るぐらいの行列。ビーチ近くの賑わっているロケーションであるとはいえ、このお店、繁盛してます。


ここのお店は、アイスクリームのフレーバー、中に混ぜるもの(ナッツやフルーツや、はたまたスニッカーズバーやReese'sのピーナツバターチョコやガミーベアなんてものまで・・・)、トッピング、そしてコーンの種類、などありとあらゆるチョイスから好きに選んで組み合わせることが出来ますが、いつも、ありすぎて選べない!となるので・・・この日もCookie Dough Drizzleというあらかじめ出来ているメニューにしました。中身はオレオクッキー!

これも美味しく・・・ほぼ完食!(ワッフルコーンだけちょっと残しました)


食べて食べて食べまくって気づけば11時過ぎ。どんだけ食べるんだこのお腹で(アホか~)!という感じですが・・・胃が押されているはずなのにやる気を出せば食べられるんだな、これが・・・これだけハシゴすれば満足するってモノです。

が、結局、まる忠さんに行けなかったことで新たな心残りが出来てしまった・・・。ムスコがもうちょっとのんびりお腹にいてくれれば・・・改めて行ってみたいと性懲りもなく思っています。

夏はやっぱり焼肉よね~

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jul 20, 2010

夏の熟れたバナナ活用法 ~スムージー~

バナナ、我が家には常に置いてあります。

朝食に、おやつ代わりに、やっぱり簡単に食べられるし、特に相方は、クッキーやチョコレートなどのお菓子を置いておくと一気に箱ごと食ってしまうので・・・それよりはバナナのほうが良かろうと。

さて問題は。バナナに黒いしみ(シュガースポット)が出始めると、相方、ピタッと食べなくなっちゃうこと。そして、そういう私も実は生で食べるバナナはちょっと青っぽいほうが好きだったりする・・・。

そうすると、次のバナナを買っては熟れ熟れバナナが量産・・・。

そんな、熟れたバナナの消費法は、我が家ではおそらく多くのおウチと一緒で、バナナローフか、バナナマフィンか、はたまたバナナパンケーキ(つぶしたバナナをパンケーキ生地に混ぜる、お友達からもらったアイディアですがこれ、うまーい!)・・・といったベーキング系。

と、言っても夏はどうしてもベーキングって気分じゃないときもありますしね・・・

そんなときにもっぱらお勧めなのが、熟れ熟れバナナを冷凍してしまうこと。そしてそれをスムージーにしまーす!

これ、実はそもそもウチの実家で子供の頃からやっていたもの。

当時は(日本では)スムージーなんて言葉はなかったので、我が家特製「ミックスジュース」と呼んでおりました。。。



大きなミキサーを使う場合バナナは皮をむいて半分~1/3ぐらいの大きさにしておけばOKですが(皮ごと凍らせるとむくのが大変です)、我が家のブレンダーは小さい(こちらのTVの通販でよくやってるのと同じタイプ)ので、輪切りにしてます。

ちなみにこのブレンダーにいっぱいに作って2人分ぐらい。写真の量は1人前です。

目安は1人前でバナナ半本。そして、その他好きなフルーツと、お好みでヨーグルト、最後に牛乳または豆乳を注いで、ブレンダーを回します。ここでは冷凍のブルーベリーとラズベリーを使ってます。フルーツは、バナナさえ凍っていれば、後は生のものを使っても構いません。ただブルーベリーは生だと皮が残って口当たりが悪くなるので冷凍がお勧め。凍ったバナナのおかげでスムージー状になるので、氷を入れる必要はありません。

このブレンダーはこの写真だとこの上側に刃がくるタイプなので(回すときはひっくり返します)、上に硬いもの(特に冷凍バナナ)が来るように入れています。



こちら、出来上がり。

コツは皮が真っ黒なぐらいの熟れ熟れのバナナを使うことで、こうなるとバナナがかなり甘いのでこれ以外の甘味は要りません。でもちょっと甘さが足りないなーと思ったら、少しはちみつを足しても。

とにかく、冷凍バナナさえあれば色々アレンジOKで、私はベリー系の他にもピーチやマンゴー、それにメロンやスイカを使うのも好きです。氷を使っていないので味が薄まることもないし、自然の甘みだけで十分美味しいのでヘルシー♪牛乳や豆乳を使いたくない人はジュースを使っても。

さらに冷凍バナナ&牛乳だけで作れば、懐かしの「ミックスジュース味」に!(これも好きです)

夏の朝はほぼ毎朝これを作っている私です。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Jul 18, 2010

(爆笑?)ディナークルーズ

相方パパママに「ディナークルーズに行くわよー」と突然誘われたので、行ってきました。

これはおそらく、相方(と私)がずっとかかりっきりだったプロジェクトが終了したお祝い・・・だと思う。多分。

本当にこういうお出かけは久しぶりで、思わず着るものにも気合が入っちゃうぐらい、ワクワク!(の、割には、このはちきれそうなお腹のせいであまりチョイスはなかったけど・・・)

さてこのクルーズ、グランビルアイランドのドックから出航して、ディナーを楽しみながら、English Bay ~ West VancouverのLighthouse Parkあたりまで行って戻ってくるコースです。

船はクルーズシップとしては小ぶりな部類だったと思います。この日のお客さんは全部で47人、夏の海を楽しむべく、船はほぼ満員です。

さて、午後6時半、出航・・・のはずが、時間を過ぎても一向に出航する気配がなく。

と、思ったらフロアマネージャー(?)から「キャプテンが来る途中の橋で渋滞に巻き込まれて動けなくなってるので、もうちょっと待ってくださーい」とのアナウンスが。

っても、あのー、キャプテン以外の人は全員集まってるじゃーありませんか。大体日曜の夕方が渋滞なのはいつものことなんだし・・・。

その間、ドリンクサービスが行われていたんだけど、ここでも、すっとぼけたやり取りが。

フロアに一人しかいないサーバーのお姉さんは、大体、何を聞いても「さぁ、私よく知らなくて~」としか答えない。実はどうも、いつもこのクルーズに使われている船とそのクルーは、ウェディングパーティの貸し切りのほうに借り出されてしまい(この船の隣から先に出航していた)、今日のクルーズはどうやら寄せ集め?クルーと予備の船?だったみたいで・・・

相方:「ビールは何がある?」
お姉さん:「えーと・・・コロナがあるわよ~」
相方:「コロナ以外には?普通のラガー系のやつ」
お姉さん:「えーと、コロナ以外はないのよね~」

仕方ないので、ラムコークを頼む相方。が、5分後に、グランビルアイランドラガーを他のテーブルに運ぶお姉さん発見・・・(あるやん!)

それから、お姉さんがミネラルウォーターを一気に6本ぐらい他のテーブルに運び、着いたところでトレーごと思いっきりひっくり返してるところも目撃・・・(だ、大丈夫?)

そうこうしながらパパママとのお喋りを楽しんでいると、大柄な男性が、ライフジャケットを着けた小型犬を小脇に抱えて乗船・・・と、程なく、船は出港。てことは・・・今の人がキャプテン?(えええ!?)

私たち一家:「あの人がキャプテンなのか、犬がキャプテンなのか・・・とにかく船は出たからどっちでもいっか・・・」


さて、船はイングリッシュベイを横目に見ながら、スタンレーパーク、ライオンズゲートブリッジと通り過ぎ、カナダ有数のお金持ちシティ、ウェストバンクーバー沿岸へと進んでゆきます。



と共に、お腹をすかせた私たちへディナーサービス(ちなみにセルフサービス)が開始。
写真の通り・・・特筆すべきことはないビュッフェメニュー(メインはチキンとサーモン)。


邸宅が立ち並ぶこの丘が、カナダ一土地が高いと言われる、ブリティッシュプロパティ。

そしてこの先は、乗船客の皆、海沿いの超・豪邸の数々に目が釘付けです。しかも船はかなり岸に近いところを通るので、下手すると家の中まで丸見え(こちらの家は窓が大きい割にカーテンなどの目隠しをすることがほとんどないので)。

しかーし・・・こーんな絶景独り占めな豪邸とプライベートビーチに人が殆ど見当たらないのは何故なのでしょう?皆バカンスに出かけてしまっているとか?




それにしても。こんな家に住んでみたいものです・・・。(このお宅は半島1個分の土地を所有している模様。)


さてさて、Lighthouse Park付近で折り返す頃には夕暮れを迎えます。

食事も終えて、船の2階のサンデッキに出ると風が気持ちいい!



日よけに持っていった大きなつばの麦わら帽子とサングラスで、何故か女優気取るワタクシ。(相方撮影)
(でも帽子はAEのセール品、$9.99。)

さてその頃、キャプテンとワンちゃんは操縦席で仲睦まじく・・・(って、仕事してるんですかー??)
勢いで操縦室にお邪魔して(既にお客さんの子供たちがかじりつきで入り浸っていたし)、ワンちゃん撮らせていただきました。むむむ、カメラ写りを意識しまくりのこのポーズ。やはりタダモノ(犬)ではない・・・かも。

やっぱり夏のバンクーバーは海に出るに限ります!この風景だけで気分はとってもゴージャス!



そしてこれが日没の瞬間。うーん、やっぱりこれは格別・・・!



ところで私たち以外の乗客はと言いますと、アニバーサリーのご夫婦3組、真っ赤なボディコン(古っ)ドレスを着たブロンド女性とその彼氏のカップル、バースデーパーティのグループ、20人のインド人大家族、という面々。

ボディコン女性の、ヤングセレブ風カップルは、ディナーにも手をつけずに、ひたすら前方のデッキで2人の世界に入り浸っていた(のか、もしかしたら、ウェストバンの家々の品定めをしていたのかもしれない?)のも気になったけど・・・

乗船中、私たち家族(特にママ)がずーっと気になって仕方なかったのは、向かいのテーブルに座っていた熟年ご夫婦。出航前のアナウンスで、5?年のアニバーサリーをお祝いする乗船だと聞いていたけど・・・なぜか二人は殆ど直接言葉を交わさず、しかもそれぞれがトランシーバーを持って会話(!)している。小さなテーブルに向かい合って・・・でございます。そして、トランシーバーを持っていない時は・・・やっぱり会話してない。そして、最後まで二人はデッキに出ることなく、言葉も交わさず、テーブルに座ったまま・・・。下船したら二人の家族らしき人たちが迎えに来ていましたが、全くもって最後まで謎めいたお二人でした。



そんなこんなで、グランビルアイランドに戻ってきました。夕暮れ時のバラードブリッジも、なかなかオツなものです。

と・・・なんだか突っ込みどころが満載のクルーズでしたが、もちろん招待してくれたパパママのせいでは全くなく、このゆるーいクルー(とその乗客)との旅、意外となかなか楽しんでしまったのでした。(下船してから相方と2人で爆笑したのは言うまでもなく。)なんだかまた乗りたいねぇと、ママと言っていたぐらい!(相変わらずいつも粋な2人に感謝!)

海のロマン・・・でございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ