Jul 16, 2010

Week36

2日間ほど家のインターネットが使えなくなってしまい、オフライン生活。たまにはそれもいいかもしれません。・・・といいつつ、iPhoneがあるからメールチェックなどは出来ていましたが。便利ね。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

さて、36週目に突入しました。37週以降はいつ生まれてもおかしくない時期(正期産)になるので、つまり臨月ですね。早いもんです。

問題は・・・まだ準備がぜんぜん出来てないってこと!まだ必要なものが揃ってないし、ベビールームの掃除も済んでないし、ベビー衣類の水通しも出来ていないし、入院準備も出来てない!今週はスパートでやります!でも最後の最後に・・・ちょっとだけバカンスに出かけようかな・・・と計画してもいます。

今まで、事情があって出産準備にぜんぜん手がつけられない状況が続いていました。それでも合間を見て少しずつは進めていたのですが。今週ようやく解放されたのですが、疲れきっていて、おまけに相方の信じられない言動があり、昨日は一日、家事の一切を全面ストライキ。プチ家出がてらドライブを試みてみましたが、もう最近はお腹の重みで体力が続かず、近所のショッピングセンターに行っただけでギブアップ。家に帰ってそのままベッドに倒れこんだのですが、プチ家出すら(←?!)ままならないのがもどかしくてシクシク泣きながら、夕食に「カレーが食べたい」(←でも食欲はちゃんとある)と言ってみたら、相方がなかなかの物を作ってくれました。最初の頃は、ルーをどれぐらい入れるか分からずにうっすいカレーを作っていたものでしたが、進歩したものです。ご飯の炊き方も、「お米と水は同じ量(カップで)!」と教えたら、以来ちゃんと炊けるようになりました。

ストライキ、一日してみたらちょっとだけスッキリしました。たまには良いかもしれません(笑)


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

さて、今週から毎週になったクリニックでの検診、今回は予想通りGBS(B群溶連菌)の検査も兼ねて、珍しく内診がありました。それから、ドクターがお腹の上から手でわし掴み(!)みたいにして赤ちゃんの位置を確かめていましたが、どうやらムスコはちゃんと頭を下にしていて、頭は既にcervix(子宮頸部)の方に入ってきている、とのこと。

ここ1週間ぐらいで、びっくりするほどまたお腹が大きくなった気がしていたのと、時々なんだかお腹の下のほうがグリグリされる感覚があったのですが、やっぱり下がってきているんだ~・・・。

ドクターによれば、下がってきているからといって、必ずしも早産に繋がるとは言えないそうなのですが(この状態で予定日まで行く人も中にはいるそうで)、どうかまだお腹の中にいて頂戴ねー。日本から手伝いに来てくれる母も、来るのは8月になってからの予定なので。

ちなみにベイビーはかなり大きくなった気はしていますが、現在の推定体重などは分かりません。だって、20週を最後にウルトラサウンドがないんだもーん。



こちらの産科では、内診の機会って驚くほど少ないです。記憶にある限り、これ以外にあったのはクリニック初回の時のPap smear(子宮頸がんの検査)ぐらい。しかもその時に限って相方が同席しておりまして。別に部屋から出されることもなく、世間話しながら和やかにコトは進むのですが(女医さんだから私は全然平気だし)、相方、後で「ちょっと焦った・・・」と言っておりました(笑)日本みたいに物々しいあの「仕切り」も無いので(上から布はかぶせてくれますが)、かなりカジュアル(?)な感じ。でも、却ってそのほうが緊張しないような気がするのは気のせいかな?前回帰国したとき、久しぶりに日本の病院の内診台に乗ったら、えらく緊張したのよね・・・。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

さてっ、それでは頑張って掃除を始めるぞ!

ムスコよ、もうちょっとゆっくりしていてくれたまえ(笑)
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

No comments: