Oct 31, 2010

2ヶ月検診と予防接種

と、いうわけで・・・長い、長すぎる前置きと全く関係ない話を挟んで、ようやく本題。今回は淡々と行きたいと思います。

まずは身体測定。

ムスコ2ヶ月半で、体重 6,450g、身長60.3cmとなりました。2ヶ月頃の時点で確実に6kgは超えてると思ったけど、既に6キロ半ですね~。。。

見つけ出したWHOのGrowth Chartに照らしてみると、月齢で、体重はほぼ上から25%の辺り、身長は上から25~50%の間、ということになります。

アメリカ(と言うかまぁ北米基準)のGrowth Chartを発行しているCDCでも、2歳以下の赤ちゃんにはWHOのスタンダードを使うことが推奨されていて、WHOのデータは母乳で育てている赤ちゃんのデータ(※)を使っているそう。

※2006年に発表された、世界6カ国(アメリカ含む)で調査された、少なくとも4ヶ月以上は主に母乳で育てられ、12ヶ月以降も母乳を与えられている赤ちゃんのデータ、との事。

CDCもアメリカでのデータを元に乳幼児のGrowth Chartを作っていたけど(発行は2000年)、これは粉ミルクで育てた赤ちゃんのデータを元にしているそうです。2歳以上のCDCのGrowth Chartは現在も使用を推奨されています。

WHO(2歳以下)、CDC(2歳以上)のGrowth Chart(PDFファイル)はここから入手できます。


とまあ、そういうわけで、世界標準にしても標準よりはけっこう大きめ(特に体重)なムスコ。お腹もぽってりと、キューピー体型♪・・・と言うかなんだか貫禄ついてきました~。ムチムチの腕やあんよも・・・可愛いです(笑)プニプニのお手々を触るのが好き♪


ちなみに体重を量った直後、クリニックの体重計の上で見事におしっこを飛ばしてくれたムスコ(オムツは外して計量、つけようとした矢先の出来事・・・また受付の女性に謝る羽目に・・・)。やっぱり一筋縄では行かなかったこの日なのでした・・・がくー。


さて、予防接種。

生後2ヶ月から、BC Healthのスケジュールに従って接種していきます。接種は任意ですが、基本的には乳幼児のうちに接種すべきものをカバーしているので、全てを時期通り受けることを強く推奨されています。もちろん、MSPでカバーされるので無料です。

詳しくはImmunizeBCのページを。

初めての2ヶ月時では、DTaP-HB-IPV-Hib、Pneumococcal conjugate、Meningococcal conjugate C、が受ける項目に該当します。

ってこんな暗号みたいなのどうやって解読するんじゃって感じなので一つずつ。

★DTaP-HB-IPV-Hib
DTaPは日本で言うところの3種混合。diphtheria(ジフテリア)、tetanus(破傷風)、pertussis(whooping cough、百日ぜき)の混合ワクチン。以前はDTPと呼ばれ、百日ぜきは不活化ワクチン(殺した菌)を利用していたのが、脳症などの副作用が出たので、現在は非細胞性のもの(acellular partussis、aP)を使用したDTaPが主流。

HBはB型肝炎(Hepatitis B)。IPVは不活性化ポリオワクチン(inactivated poliovirus vaccine)。

Hibはインフルエンザ菌B型(Haemophilis Influenzae type B)。日本では現在任意接種なものの、最近、必要性が強く謳われているワクチン。名前がややこしいけど冬に流行するインフルエンザとは別のもので、乳幼児の髄膜炎の原因となりうる菌。詳しくはウィキペディア「Hib」の説明を。

★Pneumococcal conjugate
肺炎球菌ワクチン(小児用)

★Meningococcal conjugate C
C群髄膜炎菌ワクチン


・・・というわけでずいぶんと色々1回で接種するわけですが、実際に打った注射の数は、3本。つまり★の単位が1本分、だと思われます。

思われます、というのは、今回は代理Dr.だったのと、彼女がお昼前でまだ次の患者さんもいるしで忙しかったというのもあり(そう)で、「今回打った内容はカルテに打ち込んでおくから、詳しくは次回かかりつけのDr.から説明してもらってね」ということだったので・・・。


注射の前に、Dr.から授乳を始めるように言われました。そして、授乳したまま注射。

しかし、さすがのがっつきムスコも太ももに大きな注射がブスリ!と刺された瞬間、大泣き。口からおっぱいを離してしまいました。でもまだ2本残ってる・・・Dr.は「なるべく吸わせ続けていて」と言ったけど、泣いてるのでムリです~。どうにかあやしつつ、さらに2本目、3本目。その後、その部屋はそのまま使っていて良いと言われたので授乳し続けましたが、泣き止むのに20分ぐらいかかりました。しかも、部屋に全く暖房が入ってなくて(外気温はこの日9℃ぐらいだった)、注射をするのに肌着にしたムスコも、授乳するのに上着を脱いでた私も、風邪を引きそうに寒かった!かろうじて持っていた小さなブランケットをムスコになるべく巻きつけてしのぎました。

だけど帰った後のムスコはケロリ。一応この日外出は控えましたが、熱を出したりすることもなく、いたって元気にいつも通りのムスコでありました。

まだ首は据わってないけどバンボチェアお気に入り~
(この先大きくなってお腹がつかえないといいけど・・・)
最近正面から撮ると二重あごになるんで、上から目線です(笑)

次回の予防接種は4ヶ月時になります。

ようやく済んで、母さん一安心。(まだまだ先があるけど)

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Oct 30, 2010

35才の挑戦

サッカー=元トルコ代表イルハン、フィギュアでソチ五輪目指す (ロイター.co.jp)

Turkish soccer star eyes Olympic ice-skating glory (Reuters.com)

Yahooニュースにも載っていたので知っている人も多いかと思いますが、元サッカーのスター選手がフィギュアスケーターに!という冗談のようなホントのニュース。

数日前にも一度「イルハンがフィギュアに転向してソチ五輪を目指す模様」みたいなあっさりした報道がされていたけど(それでも「なぬ?」って目を引きましたが・・・)、今回は練習風景も公開されて、報道も「おお、イルハン本気だったんか!」みたいな感じになりましたね。

記事を読むに、CBCの"Battle of the Blades"(以前書いた、元ホッケー選手とフィギュアスケーターが組んで競う番組)みたいな番組がトルコにもあるんですねー。まぁイルハンは元サッカー選手なわけですが・・・

悲しいぐらいサッカーには疎い私。でもイルハン・・・王子?・・・そういえばそのフレーズ聞いたことある?と思い出さなくもない。確かに、トルコの王子様、って感じですよね。

で、そのトルコのフィギュア番組でスケート経験がなかったにもかかわらず優勝しちゃったみたいで。さすがは王子様。

そのイルハン王子のフィギュア練習風景はこちらのニュースで見ることができます。英語だけどソースはロシアみたい。日本でのみならず、やっぱり結構インパクトのあるニュースのようです。

ガールフレンドでもあるというぺアのお相手(スロバキア人)も美人で、とっても美男美女のペア。フィギュアにおいてはポイント高し、ですね、この点。まぁ、やっぱり体格はかなりがっしりして見えますが・・・。練習ではジャンプを飛んでいる様子は見られませんが、今頑張って特訓しているのでしょうか?!


イルハン、35歳。今からでも遅くはない!アラフォーを勇気付けるニュースですね。ぜひ頑張ってソチの銀盤で華麗に舞っていただきたいと思います。


あと、余談ですが、CBCのBattle of the Bladesは私の予想に反して(笑)現在第2シーズン放送中。今回は日本人スケーター(元アメリカチャンピオン)の伊奈恭子さんが出演しています。今のところペアは勝ち残っていますよ!


って、今やっているSkate Canadaを全く無視した話を書いてしまった・・・そして検診の話もこの次に。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Oct 27, 2010

かかりつけクリニックへの長き道のり

ムスコかかりつけとなるペディアのいるクリニックに昨日初めて、かかってきました。

前に書いたけど、2ヶ月検診と予防接種で予約してあったはずのクリニックに行ってみたら、Dr.が長期出張していていなかった、というので出鼻をくじかれた2週間前。

なぜ出張が決まった後我が家に連絡が取れなかったのかは謎。紹介元のマタニティクリニックに問い合わせたのに、連絡先が分からなかったというのだ。そんなはずないけど。マタニティクリニックからは何度も電話もらってたし。

もしかしたら、ムスコの苗字(このクリニックでの予約名)と私の苗字(マタニティクリニックでのカルテ名)が違うから(※ウチは夫婦別姓、ムスコは相方の姓)見つけられなかったのかも、と。・・・。ちゃんとリンクしてくださいなー、って思うけど、あーいかにもありがちなことよね、と納得してしまえる。カナダ生活も長くなるとね。

それはともかく。実はあれからさらに紆余曲折ありまして・・・

その後・・・

その1。次の週から代理のDr.が来るからというので予約してもらっていた月曜日、何を思ったのか週が明けたのを忘れた私の大ボケですっぽかしてしまう。クリニックからの電話を相方が受け、木曜日に再度予約を入れてもらう。

その2。その木曜日、予約は午後2時45分ということだったので、2時頃には準備を整え、そろそろ出発、と思ってたらクリニックから電話。今日もまたどうしてこなかったの?!と言われ、「へ?」。予約は2時ではなく10時45分だったとのこと。あ、相方~~~~~!!!何かの予約をした時にはメモを取れといつも言っているのに、電話を切ったそばから記憶が間違ってしまう、どうしようもないメモリーの持ち主。(もちろんコレが初めてじゃない。)でも、今回は私もオアイコなので、ぐっとこらえる。

というわけで、初めの予定から2週間も経ってしまって、ようやくの昨日。ムスコはもう2ヵ月半になってしまった。まぁ、1/3は私のせいだ。(クリニックにしてみれば2/3は我が家の過失だけど。)


しかし、今回も道のりはたやすくなかった。大体、直前まで相方が一緒に来るものだと思っていたのに、「え?一人で行くんじゃないの?ボクは忙しいんだから~」とシラっと言われ(・・・怒)仕方なく、自分で運転してクリニックへ向かった私。

何がイヤかって、クリニックのある辺りは駐車スペースって言ったら路駐するしかないのだ。私の超苦手な縦列駐車で。平日昼間の交通量もそれなりにある場所なので、1発でサッと入れないと後ろに列ができてしまう。トロトロやってたらどつかれかねない・・・。

クリニック辺りに着いて、まずはスペースを探すも生憎どこにも空きがなく、近くの路地に入って折り返す。反対車線にも適当な場所がなく、また路地に入って一回り。もう一度クリニック辺りに来たときに、運良くクリニックどまん前に1台分のスペース発見。よし!と思ったけど、本当はもっと余裕のあるスペースの方がいい・・・。それに後ろには2~3台の車が着いていた。時間に余裕があるならこういう場合は別のスペースを探してしまう(小心者の)私だけど、この時点でもう時間があまりなく、やるしかない。右ウィンカーを出し、バックにギアを入れ、後ろの車に待ってもらう。

車を斜め後ろにソロソロとバック・・・あ~!だけどやっぱり~(涙)角度がまずすぎて、このままでは止めてある前の車にこすりそう。ダメだ、やり直し~。

後ろの車もきっと「ドヘタめ!」と思ってる。ほら、クラクションを鳴らされた。1台は、反対車線に思いっきり入りながら追い越していった。ああ、思った通りのイヤ~な展開。心臓、バクバク。

その時、歩道を歩いていた親切な男性が、手でバックのジェスチャーを出してくれた。ボクが見ててあげる、ってことだ。助手席側の窓を開け、ハンドルをどっちに切ればいいか、前に出すか、後ろに入れるか、指示を聞きながらどうにかこうにか車をスペースに収めた。(後輪がほぼ路肩にこすっていたけど。)

親切なお方に「どうもありがとう~!!!」と大声で礼を述べると、「いいよいいよ」と言うようにまた手をヒラヒラさせながらサッと去っていってしまった。こういう良心的な人は、けっこう沢山いるものだ。こうして助けてもらったのは、
実は一度じゃない。(汗)。

ていうかワタシ、縦列駐車の練習いい加減にちゃんとしましょうね!これまで、なるべく避けてやってきたけど、この先子供の送り迎えなんかするようになったらそうもいかない。ちょっと栄えているエリアに行ったら、駐車場なんてそう見つからないか、あったとしてもバカ高なんだから。


こうしてどうにかこうにか、時間ギリギリに到着(滝汗)。受付の女性にはまず、2度のすっぽかしを「ホント~にごめんなさい!」と謝ったら(謝るの得意な日本人)、にこやかに「大丈夫よ~」と言ってもらえホッ。なんせこのクリニックには、新規の患者は受け付けていないところをマタニティクリニックの紹介でねじ込んでもらったのだから。大事にしないと~。特に受付の女性と仲良くなるのは大事!

しかし・・・ほぼ時間通りに着いたのに、そこで待たされる事約1時間・・・やっぱりね。そんなもんですよー。

カーシートに乗せたままのムスコはグースカ眠ってしまっていたので助かった。だけど・・・

実は病院前の路駐スペースは1時間制限。しかもこの辺りはけっこう取り締まりも厳しいのだ。内心、またも滝汗。かと言って停めなおしに行くわけにもいかない。戻ってこれなくなるかもしれないし・・・もう、どうするよ!と思いながらさらに待たされ(もう完全に時間オーバー)、やっと呼ばれたのは1時間15分過ぎ。


もう・・・(ため息)。


ホントは検診と予防接種のことを書こうと思ったんだけど、前置きがあまりにも長くなったんでこの次!

(ここまで前置きだったんかい!)

こんなシリーズ化はイヤだ。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Oct 25, 2010

炭水化物あれこれ

最近、極力買出しに行かずにご飯を作るようにしています。

子供がいると頻繁には買出しに行きにくい・節約の一環・・・というのもありますし、保存食品が家の中にありすぎる、という事実もあります。出産前にあれやこれやと詰め込んでパンパンにしてしまった冷凍庫もそろそろ片付けなくてはいけません。母が来ているときに頼んで作ってもらったコロッケやトンカツなどの「自家製冷凍食品」も絶賛消費中。感謝!揚げれば良いまでに作っておき冷凍してあるので、フライヤーで揚げるだけで食卓に出せます。コレはなかなか便利なのでなくなったらまた作ろう。

さて、夕食のメイン(肉・魚)は冷凍モノでけっこうどうにかなってしまうのですが、意外と困るのが、付けあわせというか、実はなくてはならない主食というか?の「炭水化物」の部分。

和食で言えば「米」の部分のことなのですが、「洋」の場合はパンだったり、ジャガイモだったり・・・。しかも、位置づけも、和食であれば「主食」だと思うんですが、洋の場合はやっぱり「サイド」だと思うし、料理の種類によっては豆でも良いような気もするし・・・この部分、何にすればいいんだろうとよく悩みます。

でも、細かい事はさておきとにかく炭水化物が何らか食卓にないとダメな気がする私。だから、色々な料理に合わせられるよう色々なものがウチにはあります。

我が家の料理の国籍はその日によって変わるので、米の登場率はそれほど高くありません。多くて週に2~3回。たまに多めに炊飯器で炊いて、余った分は冷凍庫で保存、という方法で2週間は乗り切れる感じです。

でも和食の時はやっぱり日本米じゃなくちゃダメ!だし、味のしっかりした中華のときもやっぱりコメは必須ですよね。洋風でもお魚やあっさりした料理の時には、ジャスミンライスのようなロンググレインを食べ切りの量だけ鍋で炊いて出したりもします。それにワイルドライスを混ぜたりも。

では他の日はというと、やっぱりイモの登場率が断然高い。メインのお肉のつけ合わせとして、そのままベイクドにしたり、オーブンローストにしたり。切ってフライヤーで揚げてフライドポテトにするのは相方の得意技。カロリーは劇高だけど、やっぱり出来立てアツアツはウマイ。私が作る場合はマッシュポテトが一番登場率高いかなぁ。とりあえずお肉系であれば何にでも合うし。たまに同じものをスイートポテトかヤム(日本で言えばサツマイモ系の甘いイモ)でやってみるのも良し。

パンがあれば、オーブンで暖めて出すだけって手抜きワザも使えるけど、朝食もトーストで、下手すりゃ昼食もサンドイッチで、って日には「やりすぎ」になっちゃう。バゲットがあればガーリックトーストでキマリですけれども。

さて。料理の国籍が南米か中近東に行っちゃった時って、一体何を合わせれば?と困ります。米食の私はチリコンカルネもコメでもまったくOKなんだけど。一度、タコスの中身を作ったのに肝心のタコスの皮(タコシェル)の箱を開けてみたら湿気ていたので急遽タコライスにしたこともあります。沖縄のこの料理、ホントに絶妙だな~と思う。ご飯とチーズの組み合わせって、それだけなら私は「ナシ」だけど、スパイシーな挽肉と組み合わせると「絶妙!」になるから不思議。ちなみに相方もこれは絶賛してました。

先日、ありあわせの材料で豆のスープを作ったら、なんとなくスパイシーなモロッコ風にしたくなり。サフランやミントやシラントロ(パクチー)はなかったから完全にモロッコではなかったけど、コリアンダーやクミンやカレーパウダーで、それはそれで満足できる感じに。スープ自体が豆沢山だったから、すでにそれ自体が主食のような気もしたんだけど、やっぱり何か付け合せようとして悩んでしまい。。。

そこで、思い出したのが家にあったこちら。

ブルガー(Bulgur)。「全粒小麦を蒸した後乾燥して挽き割りにしたもの」だそうです。全粒粉なので低カロリーで繊維やミネラルが豊富。こちらでは健康食品的な位置づけで売られています。以前相方両親家で夕食をご馳走になった時、パパの健康管理のためにローカロリーメニューを作っているママのお料理に出てきたのですが、気に入ったので、「これは何??」とママに聞き、即買い置きしたのです。

作り方は、パッケージによればブルガー1:水2の分量で、鍋に沸騰したお湯の中にブルガーと塩少々を入れ、弱火で15分蒸し煮にすればok。そもそも火が通っているものなので、お湯で戻すだけでも良いそうで、古代のインスタント食品として扱われてきたものなのだそう。

ブルガーの出来上がりはこんな感じ。刻んだグリーンオニオンを混ぜてます。
スープ以外のこの日の献立は、グリルしたチキン&かぼちゃをレーズンとメイプルシロップで煮たもの(前日に作り置き)・・・うーん、質素?
お味はプチプチの食感と香ばしさがクセになります。もともと中東やギリシャで食べられていたものなので、そちら系のお料理にはバッチリ。それからあっさりしたお魚やチキンメインのときにもイケるんじゃないかと思います。

このブルガー、そういえばどこかで?と思ったら、タブレ(Tabbouleh)という、ざく切りパセリのたーくさん入った地中海風サラダの材料として使われているのでした。こちらではデリなどで良く見かけるサラダです。そう言えばこちらに来て、メディトリニアンをよく食べるようになってから、パセリってのはお料理の飾りじゃなくてバクバク食べるものなんだ、というのを知りました。大量のパセリも、慣れると美味しいですよ。

ブルガー、位置づけはクスクスと非常に似ています(フランス風タブレはクスクスで作るそう)。でもクスクスは「ツユだく」料理じゃないと合わない気がするのですが、ブルガーは単体でも結構イケるので付け合せられる範囲が広い気がしています。まだまだ色々試してみようと思います。

そういえばクスクスの買い置きもあるけど、かなり長いこと登場していない・・・これもそろそろ復活させようかな(まだいけると思う)。でも何と合わせれば良いかな??

我が家の食材使いきり作戦はまだまだ続きます・・・目下の課題は豆(乾燥&缶)をどう使い切るか。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Oct 19, 2010

RockなBaby用ソング

ベビー部屋にふさわしい音って言ったら何でしょう?

赤ちゃんの寝かしつけには、耳に優しい音楽がやっぱりマストでございます。子守唄もエンドレスで歌っていられればいいのですがそうも行かないし。

赤ちゃん用のララバイ(子守唄)を集めたアルバムは沢山出ていると思うんですが、我が家はコレ。


ROCKABYE BABY!という名で売られているこのシリーズ、簡単に言うと、ロックの名曲を、子守唄にアレンジ(!)したもの。Rock + Lullaby でRockabyeってワケ。商品コンセプトとしては、赤ちゃんの機嫌を損ねずに、親も自分の好みで楽しめるアルバム、とのこと!(笑)

要は、曲はほぼ完コピのインストゥルメンタルなのですが(テンポは若干ゆるめ)、楽器がメロトロン、ビブラフォン、ベル、といったものに置き換わっていて、一聴するとまるでオルゴールのような、耳に優しいロック(!)という代物なのです。↑でリンクしているサイトに行くと曲のサンプルが流れるのでどんな感じか分かると思います。

このシリーズ、カバーされているアーティストはかなりあって、ビートルズやイーグルスやエルビス、という往年の名曲からAC/DC、Aerosmithなどの大御所ロック、そしてBlack SabbathやMetallicaまでもが可愛くアレンジ!いかにもなハードロック系だけでなく、Pearl JamやNirvana、Redioheadなどのオルタナ系もあり。それから、Rockabyeと言いつつ実はロックだけでなく、パンクやレゲエまで幅広くカバーされています。我が家に最初に来たのも実はボブ・マーリー・バージョン。レゲエはそれほど聴かない私だけど、さすがに知ってる曲が多いし、もともとの曲の持つゆるさがアレンジによりさらに増幅されてお休み時にかなりフィットするので、夜の授乳時などかなーり活躍しています。これでワタシもムスコもノックアウトされて眠りこけてしまう事もしばしば。No baby, no cry.

そして、今かかっているのはLed Zeppelin。1曲目から心地よく天国への階段を上れます。

↑でリンクしているのはビートルズ版だけど、他のアルバムもジャケットが可愛い。大体がクマをモチーフにしてあるんだけど、どれもカヴァー元バンドのイメージ(か、代表作のジャケット)に合わせてあって、可愛く渋い。ブラック・サバスのオジー・クマなんてかなりツボすよ、私。

ちなみに、サイトで売られているベビーウェア(もちろんクマモチーフ)も可愛い。It rocks!
欲しいけど、ベビー服にしては値段が・・・


次に買うのはどのアルバムにしようかなぁ・・・クイーンも良いし、ピンクフロイドはやっぱり良く眠れそうだな~。


相方と私は、他の趣味はさておき聴くものの好みは大体合っているので、我が家は車でも家でもいつもFM104.3(Shore FM)というクラシックロック系のラジオがかかっている。この局がopenする以前はFM101.1(Rock101)だったけど。というわけで、ムスコの胎教?は70-80年代ロックだったんじゃないかと思います。ムスコにはこのままロック好きに育って欲しいと願う母。だってそのうちムスコとライブ行きたいもんね。

しかし、エアロスミスもAC/DCも、ムスコが大きくなる頃にはすでにムリかしらね。あはは。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Oct 15, 2010

ムスコ、2ヶ月

ムスコ、生後2ヶ月を迎えました。

1週間少し前の時点で、体重は既に12ポンド越え、6キロ近くになっていました。いやね、クリブから抱き上げるとき、ほんの少ーし、腰がっ・・・(うっ)

相変わらず母乳でスクスクと育っていまして、アメリカ基準の成長曲線に照らしても、上位10~25%に入る勢い。しかもその表、少し古いもので、粉ミルクで育っている赤ちゃん(=母乳育ちよりも成長が早い)を基準としているというのにもかかわらず・・・。

北米基準では決してちっとも大柄ではない両親から生まれたのに、何故?誰に似たの?このままどすこい系になってしまわないことを切に願う今日この頃です。


近頃あやすと良く笑うようになりました。
お友達にお祝いで頂いたバンボチェアに座っています。絶賛活躍中よ~!
まだ首が座ってないので相方が支えていますが~。
調子のよいときは「アグ~ アグ~~~~」と何かを訴えかけるように必死でお喋りしてきます。
ゴリラさん(手前の黒いの)に絶賛お話中~
ところでこのふわふわブランケット、このように、両足を入れてすっぽり包む事ができます。(暴れたらほどけるけど)
これと似たようなものをムスコの半年ほど前に生まれた相方の従兄弟の赤ちゃんに贈ったところ、それがぴたり泣き止む「魔法のブランケット」になっているということで、同じものをお祝いに頂きました。ピタリ、とまでは行かないけど、このふわふわが心地よいのかゴキゲンでございます。



本日、2ヶ月検診(予防接種)の予定でした。相方が風邪を引いてしまったため一人で頑張って運転してムスコを連れてクリニックに出かけてみれば、なんとドクターは来月まで出張中で不在とのこと。なぬー!どうやら我が家に連絡が行き届かなかったらしい。

予防接種は代理のドクターが来週してくれる事になったけど、あぁ出直し。。。


まったく、やっぱり、カナダらしい。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Oct 14, 2010

白い肉と黒い肉の不思議

今年も七面鳥に感謝しながら(?)サンクスギビングのロングウィークエンドが終わりました。

まぁ半分は私のせいなのですが、我が家はこの週にイベントがあり過ぎて、いつもなんだか気ぜわしい。

今年は、11日(月)がThanksgiving Day、12日(火)が3rd Anniversary & 私のバースデー、という続けての日程になりました。(Thanksgivingは10月の第2月曜日なので、固定ではない。)

まぁ結婚する日を自分の誕生日にしたのも私だし、仕方のないことなのですが、こうなるとバースデーの存在感も大分薄まります。まぁなんたって今やアレ
アラフォーだし、そんなに存在感を醸し出さなくっていい!って話ですけど~(笑)

で、ターキーディナーで満足して、続けてビッグディナーを食べる気にもなれないので、記念日&誕生日ディナーも省略(笑)

相方ママから頂いたターキーのレフトオーバーのみで1日乗り切ってしまいました!サンドイッチにすらしなかった(する前に食べきってしまった)・・・(笑)しっかりジューシーなターキーは冷めても美味しかったです♪



さて、ターキーディナーは毎年お決まりのメニューなのですが、そういえば初めてターキーディナーにご招待された年のことを思い出しました。

焼けたターキーを切り分けてもらうとき、"White meat or dark meat?"と訊かれるのです。最初は何の事か分からず、えええ?と思った私。

トリ肉の場合、white meatは胸肉のあっさりした「白っぽい」部分、dark meatは脚などの「黒っぽい」部分・・・のことを言うようです。その他の部分について細かい事は良く分かりませんが。日本にいた頃に、トリの部位なんてあんまり気にした事がなかったので、ちょっとビックリしました。

いつも必ず訊かれるのですが、さすがにターキーディナーも4年目なので、もう答えは決まりきっているのは分かっています。相方家はお父さんを除いて全員がいつも"white meat"です。お父さんは(取り分けるのが自分の役目なので)さすがに訊いてませんが、dark meatがお好みのよう。ただし、ダイエット中のお父さんは今年はwhite meatのみで食べていました。大好きなクランベリーソースも無し。(かわいそう・・・)

私は、ただでさえ淡白なターキーの胸肉は、それだけだとパサパサしてあんまり美味しくないと思うので、いつも「両方」と言っています。こんがり焼けた皮付きの脚の部分なんてそりゃ美味しいと思うんだけど、相方家にとって皮は「残すところ」らしい。(もったいない!)

チキンでもそうなのですが、相方はdark meatがあんまり好きじゃないらしく、チキンの煮込み料理にモモ肉を使ったときもウケませんでした。骨付きモモから出るダシが味の決め手なのにー!(怒)胸肉って、高いし、味はないし、厚くて料理しづらいし、私にとってはイマイチなんだけどなー。

話が逸れましたが・・・そういえば最初は面食らったターキー&クランベリーソースの組み合わせも、今じゃすっかり慣れました。個人的には、クランベリーソースはwhite meatの方に合う気がしています。グレービーがdark meatで。


今年はヨメの務め(?)のパンプキンパイを作りませんでした。育児で忙しくて・・・という理由もありますが、健康上の理由でお医者さんから厳しく食事を制限されているお父さん、今はお母さんがきちんと、お医者さんにokされている食材だけを使ってローカロリーの献立を作っています。お父さん自身もお料理は得意なのですが、本人の好きな食材を使ってしまうので・・・とのこと。

そこで、今年のデザートは焼きリンゴにヨーグルト添え、というあっさりしたものだったのですが(私にはむしろ丁度いい)、もう一つ、デザートではなくサイドディッシュだったのですが、気に入ったものが。

スクワッシュ(オレンジのかぼちゃ)をマッシュしたものだったのですが、パイ皿に入れ、グラノーラをかけて少し焼いてあったみたいで、ほんのり甘さと香ばしさがあってとっても美味しかった!これもローカロリーメニューの一つのようで、今年初めてお目見えしてましたが、全員大絶賛でした。今度作り方をちゃんと聞いて、ウチでも作ってみようかと思います。


我が家で食べつくされたターキーもさぞやうかばれた事と・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Oct 8, 2010

久々のマフィン!が・・・あら?

昨日のおやつ時、ムスコが上手いことお昼寝に入ってくれたので、急いで、久しぶりに、アレを作りました。

2ヶ月ぶりのマフィン。

キッチンに熟れ熟れバナナが4本、冷蔵庫に製菓用チョコレートがあったので、バナナチョコチップマフィン!

材料が揃えば、マフィンだし、楽勝!20分ぐらいで準備してオーブンへ。ただ製菓用チョコレートはブロック状だったので、包丁で刻むのが多少手間でしたが・・・


が、し、かーし!


たかがマフィン、とタカをくくっていたのに、やっぱり久しぶりだったからなのでしょうか・・・

粉モノに液モノを分量どおり加えて混ぜても、粉っぽさがいつまでも残ってなかなか混ぜきらない。おかしいなー?とさらにこねくり回してしまって、さらにチョコチップも刻んだくるみも入れてしまってから、ようやくハタと気が付いた。

オイル入れるの忘れてるじゃん!!!

散々こねくり回した上にオイルを加えてさらにかき回し・・・もう生地がビヨ~~~ンと伸びてしまっているの、分かっていて焼きましたが出来上がりはやっぱり・・・

ふくらみが悪い。

さらに食感は、弾力性が・・・というか歯ごたえあり過ぎ。

さすがに今回は写真はパス・・・しようかと思ったけど記録なんで載せてみました。

相方には Your muffins suck.(このマフィン、サイアクー) とまで(もちろん笑いながらですが)言われてしまう始末。ギャフン。

リハビリを兼ねて、近々リベンジします・・・

しかも今回に限って12個作ってしまったのよね・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Oct 7, 2010

いざという時の簡単ポットラックメニュー

前回の記事で、ポットラック(持ち寄り)パーティに行った話をしましたが、何せその前数日間まともに買い物に行く機会がなかったので、当日になって、さぁどうしましょ、となった。その日になっても、赤子がいては買い出しに行くのもままならないので、家にあるもので何とかしてみる事に。それではとキッチンの棚をごそごそと捜索してみたら・・・

何とかなりそう♪

と、作ったものをご紹介。

それは、お稲荷さん。

棚の中から発見したものはというと
・いなり寿司の素(缶詰)
・ちらし寿司の素(すし○郎・・・のようなやつです)
・お米

と、いうことで、まずは炊飯器でお米を炊き、炊き上がったら、ちらし寿司の素を混ぜます。このすしご飯を、いなり寿司の素(お稲荷さんの皮)に詰めれば、出来上がり~。

というわけなので手抜きもいいところですが、それなりに料理に見える(?)ところと、手でつまんで食べられるのでパーティに向く、ってところが○です。

大体この「いなり寿司の素」って何?って感じですが、こちらのアジア系スーパーに売られていたこんな缶詰です(作業中の写真で失礼)。ずいぶん前に買っておいたのをすっかり忘れていました~。
写真ピンボケですが・・・INARIZUSHI NO MOTOと書いてあります
中には味付けされたアゲが入ってます。割と小さな缶なのですが、15~6枚は入ってました。これならちょっとしたパーティなら十分な量です。缶ではなく、パックになったものも売られていますが、缶詰だとコンパクトだし、買ったことを忘れるほど保存が利くっていうのが良いですね。

ただアゲは開いてあるわけではないので、破れたり、穴が開いてしまわないように上手に開くのがちょっと手間です・・・が、慣れれば大丈夫。穴開いてしまったものは相方の晩御飯用として置いていきました♪

いなり寿司のすし飯に、ちらし寿司の素を使うのは以前思いついたアイデアで、寿司酢を作る手間もかからないし、具が入ってそれなりに見栄えも良くなるし、です。五目稲荷ってことですね。

出来上がりは、お稲荷さんとしてはひっくり返ってますが、ご飯は多めに詰めて、最後に、ちらし寿司の素についていた「ゴマ&刻みのり」のパックの中身を散らせば・・・それなりに見えます~?もっと手をかけられる暇があったら、錦糸卵やエビなど乗せたらもっとゴージャスになるかもしれません。

というわけで、いなり寿司の素は今後も常備します~。助かった!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Oct 4, 2010

ムスコ、デビューの日々。

ここ数日、ムスコと共に外界に出没しておりました。

ムスコ(1ヵ月半)にとっては「初めて」のことで一杯。


☆ムスコ、ホテルに行く

実は先週、おばあちゃんがバンクーバーに遊びに来てくれていました。おばあちゃん、というのは日本に住む私の祖母(81才)の事。ひ孫坊に会うために、1人で飛行機に乗ってやってきてくれました♪

このおばあちゃん、海外旅行経験かなーり豊富。とはいっても、1人で大丈夫かなぁ・・・と思っていましたが、そんな心配はご無用。バンクーバーでの休暇を満喫していってくれました。私もできれば色々お供したかったのですが、さすがに1ヵ月半の乳児がいては動きが取れず。

そこで、うち数日は宿泊先のホテルの部屋にムスコを連れて遊びに行き、ご飯をテイクアウトして食べたりして皆でのんびりと過ごしました。

(旅慣れているおばあちゃんは今バタバタな我が家に来てもらうよりホテルの方がくつろげるのでそうしてもらいました。)

というわけで、泊まったわけではないですが、まずはムスコ、ホテルデビュー☆

ちなみにホテルは我が家御用達(年に1度だけね)のWedgewood Hotel。ロブソンにも程近いです。


☆ムスコ、お買い物に行く

と、いうわけで、ホテルからお散歩がてらロブソンを歩いてみました。と、なればお買い物をしないわけには参りません(笑)というわけで、続いてはムスコ、お買い物デビュー on Robson☆。とは言え、ストローラーに乗せて歩いていったら程なく眠ってしまったムスコ、爆音で音楽の流れるlululemonの店内でも、全く意に介することなくスヤスヤでございました。おかげでゆっくり買い物できました。私がね(笑)


☆ムスコ、レストランに行く

その翌日、またホテルに遊びに行き、この日はランチでついに外食に挑戦!

まだまだちゃんとしたレストランに入ることはできませんが、ランチなら・・・と、行った先は以前もご紹介したランチ御用達、Kirinダウンタウン店。

話は逸れますが、実はKirinには思い出があります。おばあちゃんと私、それから在りし日のおじいちゃんは昔、3人でカナダを(ほぼ)横断旅行した事があるのですが、その旅行最後の都市だったバンクーバーで寄ったのはこのレストラン。以来二十数年ぶりに一緒に訪れる事となりました。ダウンタウン店はオリンピック前に改装した故、当時より綺麗になっているかも?という感じでしたが、懐かしく思い出しながら、お昼の飲茶メニューを美味しく頂きました。あの時はディナーだったはずですがね。でも、あの時まさか将来バンクーバーに住む事になるとは夢にも思いませんでしたし、そしてここで生まれたムスコを連れて来る事になるとは・・・ね。今はおじいちゃんの代わりにムスコが、ということで、ジイやも天国で喜んでいる事でしょう、きっと。

当のムスコはと言えば、この時も初めからストローラーの中でスヤスヤ。途中で何度か目を開けたのでドキリとしましたが、ついに泣く事はなく、デザートまでちゃんと食べきる事ができました。エライぞムスコ!

この時はランチタイムの遅めの時間に行ったので、お店は混んでいませんでした。店内の階段を上る手前のエリアの席に通してもらったので、ストローラーのままで大丈夫でした。ここが満席の場合は待たなくてはいけませんが、空いてるときなら問題ないかも。


☆ムスコ、パーティーに行く

おばあちゃんが帰国した日、今度はホームパーティにお呼ばれしていました。大人数グループゆえなかなか一度に集まるのは難しいので、この機会にぜひムスコのお披露目を、と連れて行くことにしました。

とは言え、大人数の中でムスコのご機嫌がどれだけ持つか心配だったので、ダメそうな場合は即相方に迎えに来てもらうように頼んでおきましたが・・・・

着いてみれば、おねー様方に囲まれた息子は、お目目をパチクリしながら・・・とっても静か。おねー様方に代わる代わる抱っこされても・・・ご機嫌♪そういやコヤツは、ワタシのお友達ギャルズが我が家に遊びに来てくれた時も終始ご機嫌だったんだわ。女性に囲まれるのが好きみたい?・・・ってもしや父親のDNA?

この日はポットラックのパーティだったので、食べるのに両手が空くようにと持って行ったベビーキャリアでタテ抱き(というかホールド)してウロウロしていたら、いつの間にかまたもスヤスヤ・・・

ポットラックに持っていったものについては、次回書きます。

最後までほとんどぐずる事もなく、結局、お開きになるまで3時間以上長居してしまったのでした。

そして行きも帰りも友達が車に乗せてくれ、とても助かりました!(カーシートだけ持参)

久々のお呼ばれ、心配はあったけど、とっても楽しめました!まぁ人見知りするにはまだまだな月齢だし、ほぼ寝ていたってだけかもしれないけど・・・


まだまだ小さいムスコ、外出が続いて大丈夫かな?と思っていたけど、いたって元気です。むしろ久々のお出かけでバテたのはワタシ。。。



こうして書いてみると、外にいるときはとっても良い子ちゃんなムスコ。お友達にも「全然泣かないんだね~」と言われるのですが・・・

家にいるときはビービー泣いてます!今日も・・・なんだかいつにも増して腹ペコだったらしく、散々おっぱいを飲んだ上、ついに飲みつくしてしまった様で(生産が追いつかなくなった)、暴れて全然寝ついてくれなかった。。。(いつもはちゃんと足りてるし、飲み終わる頃には大抵落ちてるんですけどね。)最後はもう出なくても疲れるまで吸っててもらい、ようやく眠りに落ちてくれました。ふ~。母さん寝ないとおっぱい生産できないんだよ~。

もしかしてムスコ、外ヅラ良いタイプかしら?

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ