Oct 7, 2010

いざという時の簡単ポットラックメニュー

前回の記事で、ポットラック(持ち寄り)パーティに行った話をしましたが、何せその前数日間まともに買い物に行く機会がなかったので、当日になって、さぁどうしましょ、となった。その日になっても、赤子がいては買い出しに行くのもままならないので、家にあるもので何とかしてみる事に。それではとキッチンの棚をごそごそと捜索してみたら・・・

何とかなりそう♪

と、作ったものをご紹介。

それは、お稲荷さん。

棚の中から発見したものはというと
・いなり寿司の素(缶詰)
・ちらし寿司の素(すし○郎・・・のようなやつです)
・お米

と、いうことで、まずは炊飯器でお米を炊き、炊き上がったら、ちらし寿司の素を混ぜます。このすしご飯を、いなり寿司の素(お稲荷さんの皮)に詰めれば、出来上がり~。

というわけなので手抜きもいいところですが、それなりに料理に見える(?)ところと、手でつまんで食べられるのでパーティに向く、ってところが○です。

大体この「いなり寿司の素」って何?って感じですが、こちらのアジア系スーパーに売られていたこんな缶詰です(作業中の写真で失礼)。ずいぶん前に買っておいたのをすっかり忘れていました~。
写真ピンボケですが・・・INARIZUSHI NO MOTOと書いてあります
中には味付けされたアゲが入ってます。割と小さな缶なのですが、15~6枚は入ってました。これならちょっとしたパーティなら十分な量です。缶ではなく、パックになったものも売られていますが、缶詰だとコンパクトだし、買ったことを忘れるほど保存が利くっていうのが良いですね。

ただアゲは開いてあるわけではないので、破れたり、穴が開いてしまわないように上手に開くのがちょっと手間です・・・が、慣れれば大丈夫。穴開いてしまったものは相方の晩御飯用として置いていきました♪

いなり寿司のすし飯に、ちらし寿司の素を使うのは以前思いついたアイデアで、寿司酢を作る手間もかからないし、具が入ってそれなりに見栄えも良くなるし、です。五目稲荷ってことですね。

出来上がりは、お稲荷さんとしてはひっくり返ってますが、ご飯は多めに詰めて、最後に、ちらし寿司の素についていた「ゴマ&刻みのり」のパックの中身を散らせば・・・それなりに見えます~?もっと手をかけられる暇があったら、錦糸卵やエビなど乗せたらもっとゴージャスになるかもしれません。

というわけで、いなり寿司の素は今後も常備します~。助かった!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

No comments: