Nov 29, 2010

創作 ~The・かぼちゃマフィン~

前々回のマフィン記事が何故だかカナダブログランキングの記事1位を独走しておりました。おそらく、あのふざけたタイトルのせいだと思うんですが・・・

ワタシ、映画(の邦題)で聞いたようなタイトルをたまに何気なくつけちゃうことがありまして。このブログの中にもほら(特に最初のほう)チラホラ・・・

でも、あれは「リベンジ」ってだけでそうしちゃったんですけど、あのタイトルじゃ「マフィンの逆襲」ですからね~。逆じゃないっすか。逆襲されてどうする!ギャフン。

いやいや、何事かと思って見に来てくださった方、すみません。あれは、ただのノリでつけました。。。


で、性懲りもなく!(ええっ?)


前回リベンジに成功したのに気をよくして今夜もまたまたマフィン製作中。(今日こそムスコはちゃんと寝かせました。1時間かかったけど・・・ぜーはー。)

いや、しばらく前に、かぼちゃ丸ごと1個買いまして。スープにしたり、煮付けにしたり、シチューに入れたり、あの手この手で消費したんですが、どうにもこうにもあと1/4個、使い切れなかったので、最後の手段はやっぱりマフィン。


・・・というわけで、以前にもかぼちゃマフィンは作った事あるんですが、レシピを引っ張り出すのが面倒くさくって・・・今回は完全オリジナル♪・・・というか、今まで作ったマフィンの分量をなんとなく合わせて・・・と言う感じ。(そういうのは創作と言うより怠惰って言うよね?)

したがって、上手くいくかどうかは出来てからのお楽しみ。

備忘録として以下に分量を記載。

今回もwheat branを使いました。

☆材料 6個分
<粉モノ>
・all purpose flour 1カップ
・wheat bran 1/2カップ
・シナモン 小さじ1ぐらい
・ベーキングパウダー、ベーキングソーダ、塩 各小さじ1/2 (この辺適当)

<液モノ>
・卵1個
・バニラエッセンス 小さじ1ぐらい
・かぼちゃ 中1/4個
・バター 30g
・はちみつ 1/4カップ
・ブラウンシュガー 大さじ2ぐらい
・牛乳 1/2カップ弱
・サラダオイル 大さじ2ぐらい

☆作り方
かぼちゃはレンジであらかた火を通し、ひとかけら(煮物の1切れ分ぐらい)を別にとって、7ミリぐらいの角切りにし、後は軽くつぶした後バターと合わせてレンジで再度加熱。バターが溶けたところで混ぜ合わせてペーストにする。

液モノをボールで混ぜ合わせ、最後にwheat branを入れて、水分を吸うまでなじませる。

粉モノ(wheat bran以外)を大き目のボールで合わせる。

液モノのボールの中身を粉モノに入れ、さっくり混ぜ合わせる。

マフィンパン(あるいは型)に流しいれ、トッピングに角切りかぼちゃを乗せる。焼いて膨らむと飛び出るので、やや沈め気味に。

375F(190℃)に予熱したオーブンで25分焼く。


と、書いてるうちに焼けました!

実はワタシはトッピングにレーズンも乗せたんですが、焦げちゃいました。えへ。

実は最初はオイルも入れず、ミルクも1/3カップにしていたんですが、混ぜる段になって粉っぽさが消えなかったので、慌てて足しました(混ぜすぎにはならなかったと思う:汗)。よって、量は目分量です。

では、試食♪

焼け具合はGood。食感はふんわり系とさっくり系の間ぐらいで、なかなか良し。ブランを入れてるおかげで「もっさり目」になってると思うけど、私はこの食感好きです。お味はかなりあっさり目。甘みがちょっと足らなかったかな~。入れるかぼちゃの甘さにもよるとは思うけど、これは調整が必要。

あと、レーズンはこの生地に合ってるけど、やっぱり乗せないで混ぜ込まないとだわ~。前回のブランマフィンでも、レーズンは混ぜ込んでるしね。やっぱりプロのレシピにはちゃんと理由がある!(笑)レーズンの量を増やせば、それだけで甘みupになるかも。

今回はアップルソースを使わずに、はちみつを甘みに使ったけど、アップルソース「も」入れて良かったかも。今のところ、アップルソースを使ったレシピで作ったものはハズレ無しに美味しいです。爽やかな甘さで。


うーん、即興製作だったけど、勉強になりやした。マフィンは作る個数に合ったおおよその粉の分量を把握すれば、後は中身を色々アレンジができるので楽しいです。(ワタシはいつも6個分で作ります。)次回、またかぼちゃを買ったら、レシピ改良してみます。でもしばらくかぼちゃ料理はしないかな~。(相方が飽きてるみたい!笑)

そして今日のタイトルも、映画じゃないけど・・・またしょうもないネタもの!分かる人は30代以上・・・かなっ(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Nov 28, 2010

くりそつ

授乳合間のおやつがやめられない母です。

ムスコも大きくなってきたせいか最近、授乳しても「足りない!」という風にフンガフンガ暴れだすことがありまして・・・特に私が空腹だとやはり出が悪いのか・・・そうかと思うと咥えたとたんにコテッと寝ることもあって・・・読めない、3ヶ月児。。。

まぁ、そんなこんなを言い訳に、相変わらずホイホイパクパクな私。

クッキーなどの甘いものも、控えようと思いつつついつい・・・ムスコを寝かせた後のお茶タイムがこれまた至福のひとときなもので・・・お茶受けも必要ですなー。

今日はShoppers Drug Martでお買い物したついでにちょっと物色・・・そこで目に留まったのがこちら。

Lifeブランド(Shoppersの自社ブランド)の "Butter Puff Pastries"。

ペストリーとありますが、固い、パイ菓子みたいな感じ。


ってかコレ・・・


アレにクリソツじゃーありませんか、アレ!

源氏パイ!(画像は三立製菓Webサイトよりお借りしました。)

食べてみたら、食感も味も源氏パイに瓜二つ!

そんな事断言できるのかって?できますとも!こないだFujiyaで源氏パイ買って食べたばっかしだし~。

Fujiyaに行くと、どうしてだか何故だか、何か懐かしのお菓子を買いたくなってしまうのよね~。日本にいたって、そんなお菓子を買うことは滅多にないのに。これも郷愁のなせるワザなんだろうか、不思議。

で、こないだは源氏パイをチョイスしたわけなんだけど、やはりさすが日本製品!てことは個別包装(2枚一袋)で、すぐになくなってしまうのが惜しい!それにこちらでは一袋$4以上するし・・・。

こちらのButter Puff・・・の方は、味が微妙にバター風味が豊かな感じ。コクがあって、うまいです。そしてコストパフォーマンスからしたらこっちの方が断然良い。ただ、まぁ予想通り、いったん袋を開けたら相方と私であっという間に食べつくされてしまいましたが。

しかし、なんでこんなに似てるのかしら?Butter Puff・・・の方は、箱を見ると、「オランダからのインポート」となっており、さらに「"butterflies"という名でも知られる、オランダの伝統的なレシピを使ったクッキー」と書いてある。オランダのお菓子かぁ~。

一方源氏パイの方は、こちらの記事によりますと、フランス菓子の「パルミエ」が元になっているのだそう。ちなみに基本はうなぎパイも同じなのだそうです。いまだにアレってうなぎの粉入りなの?と半信半疑の私。

ふーむ。てことは・・・源氏パイのルーツはフランス?それともオランダ?まぁ、どちらもそう遠く離れているわけではないので、やはりあの辺りにきっと出所があるのでしょう。

私としてはこれからFujiyaに行かずともあの味が味わえる事が分かったので、良かった、良かった。

でも食べ過ぎ注意!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Nov 27, 2010

リヴェンジ・オブ・ザ・マフィンズ

あれから寒波はすぐ去るかと思いきやダメ押しで3日ほど前

朝起きたら窓の外は一面の銀世界☆

になってた。でも午後から雨になってすぐに解けちゃったけど。

今ではすっかり気温も元に戻り、やっぱり雨が続いてる。これがバンクーバーの冬だね。今年はホワイトクリスマスとかないかしら。でも期待しすぎると今度は降りすぎてクリスマス自体が台無しになった2年前を思い出す・・・(苦笑)


~・~・~・~・~・~・~・~~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

さて。先ほど、ムスコを寝かしつけた後、空腹の母ちゃんは思い立って、マフィンへのリベンジを果たす事にしました。

いや、前回久々に作ったら見事に失敗したから・・・


今日のチョイスは・・・そうそう、こないだwheat branを買っていたのと、それから開けちゃったアップルソースも早く使わなきゃ、なので・・・こちらのCanadian LivingのレシピApplesauce Bran Muffinsで。バターミルクはなかったので、普通のミルクで代用。

今回は手早くさっくりを心がけましたとも。オイルの入れ忘れもなし!


ブラウンシュガーとモラセスで、こーんなに茶色なマフィンになりました。固そうに見えるけど中はふっくらで美味しかった!レーズンとの相性もGood。

モラセス・・・そういえば、去年のクリスマスにジンジャースナップスを焼くのに買って、それ以来しまいこまれたままだったんだわ。今年も焼きますかねぇ。


実は。寝かしつけたはずのムスコは寝ていなくてクリブの中でニコニコしていた模様(相方談)。で、これをオーブンに突っ込んだ後、私は再び寝かしつけ・・・。後は相方に焼けたらオーブンから出してくれるように頼んでおいたら・・・お腹が空いていたのは私だけではなかったようで、まだアツアツなのに早速3個も消失しています。(2個-相方、1個-私)ははは。



リベンジ完了!・・・しかしこのタイトルでは「マフィン達の逆襲」・・・逆襲されてどうすんねん(汗)

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Nov 23, 2010

冬仕様

ここのところマイナス気温が続くバンクーバー。11月にこんなに寒いって~!と思いながら、慌てて、去年ウィスラー暮らしで愛用していたヒートテックのインナー(上下)を引っ張り出しました。

今日は日中の気温も-5℃。予報では今夜~明日の朝には-9℃まで下がるみたいです。。。寒波は明後日には去って、また元の気温&シトシト雨に戻る模様ですが。

ここ数日、お散歩にも出ずにお家に引きこもってばかりいましたが、寒いものの晴れていた今日こそは、久しぶりに外に出るか!と勇気を起こし(笑)、私もムスコも完全装備で出発。

しかし、ドアを一歩出た途端

さ ー み ー い ー !

のであった。。。

でも、半ランニング状態でストローラーを押していたら、次第に体が温まってきて、キーンと冷えた空気もなんだか清々しく感じられてきました!

そう言えば去年のウィスラーでは、マイナス気温の中外にいる事なんて普通だったんだし(ヒートテックのおかげ♪)。そのときお腹にいたムスコもきっと寒さは大丈夫のはず?

まぁそれはともかく、ストローラーには冬支度として寝袋式ブランケットを装着しています。中にはフリースを着せて、毛糸の帽子もかぶせて(これ内側はフリースになっていて肌触り良し♪)、すっかり雪ん子ちゃんのムスコは、ストローラーの中でウトウトしてました。


北国生まれのムスコよ、たくましく育て♪

さて、ノースショアの山々はすっかり雪をかぶって真っ白になっています。今週、GrouseもCypressもスキー場がオープンし、我らがMt. Seymourも明後日いよいよオープンだそうです。

ああ、2シーズンぶりに滑りに行きたいー!

ムスコのゲレンデデビューはいつにするかな・・・と早くも画策中。ウチは相方にはゲレンデ付き合ってもらえないんで、ムスコにはウィンタースポーツに親しんで欲しいと願う母です。

でもバンクーバーじゃー「北国育ち」にはならんなぁ~。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Nov 21, 2010

お食い初め(=100日目バースデー?)

ムスコ、昨日誕生から100日を迎え、お食い初めをしました。

最初はごく簡単に済ませようと思っていたんだけど、「相方家に『日本』を体験してもらういい機会かもなぁ」なんて思ってうっかり口を滑らせてしまったために・・・

とんだ一大プロジェクトになってしまった(爆)

寒い中買出しに走り回っていたのはこのためです。。。

お食い初めの「一汁三菜」さえあればいいかなと最初は思っていたのですが、相方家が来るなら魚(しかも丸ごと)がメインというわけには行かず・・・結局、ゲスト用メニューを別途仕立てることに。

というわけで3日前ぐらいから、ムスコを寝かせた後夜な夜な細々と準備したメニューは

★一汁三菜
鯛の塩焼き、お煮しめ、紅白なます、梅干(これは頂き物)、お吸い物、赤飯

★プラス、ゲスト用として
ローストポーク、鶏のみそ松風焼き、ちらし寿司ケーキ風、豆乳アイスクリーム(無印良品のアイスクリームミックス使用)

一気に作る事は出来ない都合上と、やっぱりお祝いっぽく、となると・・・イメージがおせち料理に行き着いたのでした。献立はこちらのサイトをかなり参考にしました。ゲストにはやっぱり肉メインです。

しかし・・・こちらでほぼ作る機会のない(ちゃんとした)和食を作ってみたら、これが時間と手間隙がかかる!結局、3日間かけたにもかかわらず開始一時間前になっても全然形になっておらず、キッチンで発狂寸前になっていました・・・。しかも、お料理をことごとく失敗。もう、内心、シクシク泣きながらどうにか作りました。。。

というわけで、開始一時間以上経ってようやく並んだお料理の写真は引き気味でボケボケだけどこれだけ。(写真をゆっくり撮ってる余裕もありませんでした。)

そして、ムスコの一汁三菜。

ああ・・・そして、ご飯と汁物の並べ方が逆・・・あっ、お箸まで~!(私どんだけテンパってたん~!がくっ)。いつまで経ってもこれが覚えられない私・・・(私自身がお箸を左に持つせいか・・・というのは言い訳)

歯固めの石が写っていませんが、用意しました。相方に、川かどこかで、石を拾ってきてと頼んだのですが、何を思ったのかダラーストアで飾り用(水槽に入れたりするやつ)を買ってきました。見た目は綺麗で良かったんですがご利益はあるのかどうか。

予定外に大きかったのでお皿からはみ出してる鯛。敷いてるのはウチにあった観葉植物の葉っぱ(笑)

尾頭付きの鯛は、あちこち探し回ったのですがなかなか見つからず、結局やはり、グランビルアイランドマーケットの日系お魚屋さんにありました。どうせ(私以外)皆食べないだろうから小さなものにしようと思っていたのに、予定外に立派なサイズになりました。お目目の澄んだ、とっても綺麗な鯛でした。オーブンでグリルしたら、身がふっくらととても美味しく焼きあがりました。


そして、家族の最年長である相方パパに、食べさせてもらいました。
およ?
ん?おいちい!(?)

お父さん、張り切ってちゃんとスーツで正装してくれました。チョンとつつくだけで良いよと言ったのですが、ご飯の一粒をつまむのに奮闘してくれたお父さん。

あまり写っていませんが、ムスコには日本から持ってきた甚平風ベビー服を着せています。雪も降ったばかりで季節外れもいいとこですが、下に長袖とタイツをはかせて、ムリヤリ・・・。生まれる前に買っておいたものですが、生まれたらすぐ秋になってしまい全然着る機会がなかったので。(来年の夏にはもうムリだし。)

写真ではどうにかおとなしく写っていますが、私がお料理に手間取ったおかげですっかりお腹が空いてしまったムスコはかなり不機嫌(汗)。あやしつつなだめつつ、(ネットでカンニングしながら)順番どおりに箸を進め、どうにかお食い初め終了!

あんなに手間隙かけた(割には失敗した)お料理ですが、やはり、予想通り、大半が相方家にとっては「?」な食材だったので(特にお煮しめ。こんにゃく、たけのこ、れんこん、ごぼう・・・はほぼ、「未知との遭遇」のオンパレード)おっかなびっくりの食事であったと思います。お赤飯は、食べやすいように小さくおむすびにしてみましたが、「これってデザート?」と。(違います:汗)

私はといえば、食事がスタートしたと同時にムスコの授乳を開始しなくちゃならなくなったので、あんまり皆の反応をちゃんと見てないんですがね。

何より痛恨だったのはゲストメインのローストポークの焼き加減に失敗し、いざ出そうとしたら中が生焼けだった事。ローストもののときは、やっぱり中に差し込む温度計をちゃんと使わないとダメですね・・・。かろうじて、火が通っていた端っこの方をスライスし、レンジで再加熱してタレを上からかけてごまかしましたが、量がかなり減ってしまいました・・・。ママが、Osakaでクラブケーキを買って持ってきてくれていたので、かろうじてそちらで量をプラス。ああ、冷や汗。

その他にも今回は書ききれないぐらいの失敗談があります。が、何より失敗したのはタイムマネジメント。失敗してもリカバリーする余裕がなかった。子供がいると思うように時間を取れないのに、それを見越せず膨大な構想をしてしまったので、もう、反省、反省~!でも、これにめげずにたまには和食を作って腕を磨くべき~!と思ってます。でも、我が家お正月はこういうお料理しないんで、また、いつかね~(笑)

さてさて、何はともあれ。今回のお食い初めを相方家には「100日目をお祝いするセレモニー」という風に伝えたのですが、それが何故だか「100日目のバースデーパーティ」という風に解釈されたようで・・・カードやら、プレゼントやら、皆に色々と頂いてしまいました~。だからほら、バースデーの風船が飾られてる(笑)相方兄は「また100日経ったら何かやるの?」と言っていました。(ないよ~!)


銀の食器セット(真ん中のはマグ)。イニシャルを入れたのをプレゼントしてもらいました。西洋では「祝福された赤ちゃんは銀のスプーンをくわえて生まれてくる」という言い伝えがあります。このスプーンは、ホントに離乳食を始めるとき、一口目に使おうと思います。

その他に新しいモビールも買ってもらいました。なんと映写機つき!これは後日詳しく。

と、いうわけで結局なんだかとっても、東西折衷な感じのお食い初めになりました。これぞ我が家!って感じで、良かったかな?と思ってます。相方家にも、日本の文化を少しでも味わってもらえたかな。

セッティングの手際は、練習あるのみ、ですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Nov 20, 2010

とうとうここにも中国の波が

いやはや、まだ11月だというのに急に冷え込んできたバンクーバーです。

なんと今、雪が降ってます~。ちょっと積もってます~。これがカナダの他の地方だったら「ふーん」ですが、ここはバンクーバーなんです。11月に初雪はかなり早い。私の知ってる限りでは、うーんと・・・あ、こちらに来て最初の年(4年前)のポストを見ると、11月に雪が降ってたみたいですー。それ以来はなかったかな、多分。

フラッシュを焚いて撮ったら降っている雪が反射して星空みたい~


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

さてさて、今日は所用で寒い中あちこちと買出しに飛び回っていました。長丁場の外出になるとムスコは置いていけないので、巻き添えにしてしまいましたが・・・。そういう時はショッピングモールに寄るに限ります。何故なら、ちゃんとしたファミリー用トイレ(少なくともおむつ換え台、願わくば授乳スペース)が必ずあるから。

で、今日はウエストバンクーバーのPark Royalに出没。ここにも1箇所、完全個室のおむつ換え+授乳用ソファ備え付けのスペースがあります。重宝!

しかし、今日は抱っこ紐にしていたムスコのゆるゆるウ○チがなんと背中から漏れ出してしまい、大変なことに!かろうじて、替えの下着がダイパーバッグに入っていて、下着以外にはそれほど被害が及んでいなかったので事なきを得ましたが、怖い怖い。これから出かけるときはやっぱり着替え一式は必ず持っていよう・・・と学んだ母でした。

(所用についてはまた後日!)


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

さてさてここからが本題。

今日ここに寄った目的は、今週オープンしたばかりのOsaka Supermarket。

なんだかイカニモな名前のスーパーですけど・・・T&Tと同系列(というか中身ほとんど一緒)のれっきとした中華系。リッチモンド・Yaohanセンターにもありますね。多分、名前を日本っぽくすることで、中国人以外にもアピールする作戦なのかもしれないけど・・・日本人からすると、OsakaとかTokyoとか、あまりにvastな固有名詞がスーパーの名前だったら違和感ありまくりですよね?(こちらではそういう名前の「スシ」屋がよくある。)

それはともかく。しかし、ここは天下のウエストバン。おハイソで、バンクーバー周辺地域の中ではアジア人率がかなり低いエリア。ここにもとうとう中華資本の波が来ちゃったわけです。

で、Park Royalに到着し、一体どこに出来たのかと駐車場をウロウロしたのに見つからず、結局モールの中をムスコを抱えてえっちらおっちら歩いてようやく見つけた場所は・・・サウスモール2階BRICKのお隣、昔(1Fに移転する前)WINNERSがあった場所。ずいぶんムリな場所にスーパー作っちゃったのね!ショッピングモールの2階、家具屋の隣にスーパーって、フツー思いつかないし!

そんな強気(?)なOsaka、オープンしたばかりとあってなかなか賑わっていました。客層はアジア人6~7割、ってところか。Yaohanセンターだったら9割以上はアジアンだから、やっぱりちょっと違う。

オープン初日に食料品大好き(笑)な相方パパも早速行ってきたらしく、なかなかお気に召した様子。それを聞いたママから電話がかかってきて、「すばらしいスーパーが出来たわよ!」って。(※ちなみに相方家が普段T&Tで買い物することはありえない・・・やっぱり、名前の違いって大きい?)

私としてはT&Tと同じなのは分かっているのでそれほど衝撃はない(笑)ですが、いつもたまに橋の向こうまで行かなければできなかったアジアン買い物が、ノースショアでできるようになったのは大きな進化です。と言っても、中国製ギョーザはやっぱり今でも買ってない。

さて、おハイソなウエストバンではビジネスどこまで太刀打ちできるのでしょうか。おハイソオーガニック系WHOLE FOODSと客層を分け合う事は・・・あんまりないだろうなぁと思うんだけどどうかな?(私は、どちらを使うかは買うものによりけり・・・かな~。)

こう寒いと、麻辣火鍋が食べたいなー。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Nov 15, 2010

寝かしつけ作戦と父子タイム

お天気の悪い日が続きますね。

ところで最近(というかかなり初めから?)、授乳してるとものすごい眠気に襲われる私です。

そもそもが、居眠り常習犯な私なのですが(学生時代、社会人時代通じて・・・知っている人多数)、この、授乳中の催眠効果はなんとも抗い難い。ていうか、眠いって気が付く前に眠ってしまっているんですものー!

そして、私が寝るとムスコにも伝染するのか、大抵、はっと気が付くと膝の上でムスコもスヤスヤ・・・2人してグースカ。初めは相方に見つかるとしょっ中起こされていましたが、最近は、ありえない角度に曲がっている私の首を見かねて、黙って首まくら(飛行機で使うU字型のアレ)を差し込んでくれます。これがですね、ソファに腰掛けたまま寝てる場合には絶妙なんです。今まで、飛行機で使ってもイマイチでしたが、思いがけないところで大活躍です。

寝ていても、たまにムスコの位置は確認していますが(昔から、授業中に居眠りしても、自分が当てられるときだけは起きられる技を持っていました)、授乳クッションにすっぽりはまっていれば、その体勢でしばらく大丈夫。頭が下にならないようにだけは気をつけてます。寝返りを打つようになったらもうやめよう、とは思うのですが。


ムスコは、夜はまとめてかなり寝るんですが、昼はなかなかお昼寝しません。たまにうつらうつらしててもすぐに起きてしまうし。眠るのはこうして私の膝に乗ってる時か、ストローラー or 抱っこ紐に入れている時、カーシートに乗せられ車で走っている時。ただし、(授乳中以外)いずれの場合も動きがないとダメらしい。車のときは赤信号で止まる度に泣き出すことも・・・(困る~)。


今日は天気のせいか、午前中からぐずり始めて、母子共に疲れてしまい・・・昼下がりの授乳から夕方になるまで(座ったまま)お昼寝してしまいました・・・。

いやー、しかし、眠い、眠い。


さて、夜はと言うと、これが絶好調なムスコ。

思えば初めの頃こそ2~3時間置きに授乳の日々でしたが、1ヶ月過ぎからすんなり夜寝てくれるようになったムスコ。しかし2ヶ月過ぎた頃、はたと気が付けばムスコの就寝時間はいつも真夜中過ぎになってしまっていました。しかも夜9-10時頃からが最もハイテンション。ご機嫌で「キャー♪」とか・・・(こらー!)。そして赤ちゃんなのに朝起きるのも遅く、しかも2度寝もしてくれるので、お昼近くまでグースカ。


しまった、これは・・・完全に親に似てしまった・・・(まるで私じゃん!)
そういえばお腹にいた頃から、夜になるとジタバタ暴れていたもんね・・・。


でも、生後2ヶ月(当時)にして夜型っていうのはさすがにマズイよね?というわけで、寝かしつけ作戦を立てることにしました。

就寝目標時間は、(とりあえず)9時。それに向けて、少しずつ、寝かせる時間を早めていくことに。

そして、生後しばらくしてやめて以来の粉ミルクを、寝る前に少しだけ、復活させる事にしました。

先日の母乳育児のポストで完母が推奨されていると書きながらそうする事にした理由は、まず、私、どうも夜はお乳の出があまり良くないみたいで、寝る前の授乳で「物足りない!」とムスコが怒りはじめるようになった事。

それから、私はどうも「挿し乳」タイプらしくて(反対が「溜まり乳」で、いつも湧き出ているタイプ)、搾乳がちっとも出来ないんです。いつも受注生産、だからストックが全くない。すると、もし私が病気になったりして授乳できなくなったりした場合、ムスコが哺乳瓶からミルクが飲めないと困ってしまう。しばらく哺乳瓶ではあげていなかったので、もしかしたらもう飲んでくれなくなっているかもしれないし、またしばらく試してみるか・・・というわけで、寝る前には少しだけミルクを足して寝てもらおう、と思いつきました。

ここで登場するのは、相方。

どこかで聞きかじった情報の中に、母乳で育てられている赤ちゃんは、お母さんが抱くとお乳を求めてしまうので哺乳瓶は他の人があげるほうが良い、とあった気が。それから、完母にして以来出番がなくなってしまった相方も非常に寂しがっていたので(お前はママかっ)

以来、寝る前のひとときは「パパとムスコの濃密な時間♪」となっています。哺乳瓶からのミルクの飲み方も、幸い覚えていたようです。完全母乳にこだわるのも良いことだけど、これでムスコも満足、パパも幸せ、なら良いんじゃないかと思います。

ミルクが終わったら、後は私がおっぱいをあげながら眠ってもらうのが、今のパターンです。

おっぱいで寝かし付けをするのは良くないという意見もあるようですが、こちらの育児書ではその心配をするのはもっと大きくなってから(9-10ヶ月過ぎ)で良い、とあったので、今はこのままで。

ちなみに我が家ではこちら式に、寝かせるのはベビールームのクリブの中。添い寝は、(私か相方が)昼寝したい時にすることはありますが夜はしていません。(相方は添い寝は反対しないです。こちらの人は絶対ダメって人が多いらしいのですが。)

そして、ミルクを始める時間を少しずつ早めていったところ、今では9~10時の間には寝てくれるようになりました。ふー、やれやれ。

ミルクの前にマッサージをしてあげることもあります。これで、リラックスして寝つきも良くなるかもと、赤ちゃんマッサージも研究中であります。

これは抱っこ紐に入れてお散歩に行ったら寝てしまい、帰ってそのままソファに座らせても寝ていた時。
中綿入りのスーツを着ていますが・・・まるで着ぐるみ、あるいはミシュランマン、です(笑)
Zzz......

ミシュランマン、あるいはマシュマロマン、とも。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Nov 13, 2010

ムスコ、3ヶ月

3ヶ月、あっという間でした。

ついこの間のような事なのに、生まれたばかりの頃の彼の姿、結構忘れてしまっているもので、写真を見返してみて「こんなに小さかったんだー」と驚くばかり。今じゃ見違えるようにまるまるしていますもの。赤ちゃんが大きくなるのはあっという間!でもこのプクプク具合が可愛いので、しばらくこのままでいて欲しいー、とか思ったりして。(てかこれ以上重くなったらもう腰がっ!)

先週中に、近所のコミュニティセンターのドロップインで身体測定したところ、身長は63.5cm、体重は6680gになっていました。あれ?半月前から200gちょいしか増えていない。もう7kgを超えてるかと思っていたんだけど、ここに来て伸び悩み?月齢で見ればちゃんと適正範囲なので良いとは思うのですが。あと体重計が違うと誤差も出るらしいし。しばらく様子を見ます。

それにしても、体重はどこでもまぁ同じタイプの電子計量器なのでまだ良いんだけど、身長の測り方は・・・Dr.は診察台にしいた紙にペンで印をつけながら測ったり、テープメジャーで測ったり、そしてコミュニティセンターではプラスチックで出来た測定器(身長測定器を横にしたような感じ)だったり、とまちまち。それに、赤ちゃんの体を真っ直ぐに伸ばすのは事実上ほぼ無理なので、実は毎回あんまり正確に測れていない気がする。それでも毎回少しずつ大きくなってきているようだからまぁ良いか?

まぁともかく。WHOのGrowth Chart(for-age)では身長・体重共に50パーセンタイルよりちょっと上ぐらい。しかしコミュニティセンターに来ているほかの赤ちゃんたちと比べると、やっぱりなんだか数段デカい気がするうちのムスコ。ムスコよりも体格は一回り小さくてももうしっかり首が据わっている子なんかもいたりして(つまりその子達の方が月齢は上)、なんだか「巨大で小さなベイビー」に見えてしまうムスコ。以前ショッピング中に、子供がいるという店員さんに「7~8ヶ月?」と言われた事あり。ウソだろう!

でも、彼は彼なりにちゃんと少しずつ成長しています。

そんなムスコの現在は、

・首は大分しっかりしてきた。支えなしてタテ抱きしても大丈夫。でも首がガクっとすることはまだまだあるから、支えるけど。

・tummy time(うつぶせトレーニング)が大嫌いなムスコ。1日20~30分はするように指導されているのだけどちっともできません~。やれば実はできるのかもしれないけど、うつぶせにすると泣く、というか叫び出す(!)ので、自力で首をどこまで持ち上げられるのかは不明。抱いている時には、けっこうしっかり持ち上げている気もするけれども。

この日はイチローTシャツ(この時のシアトルで買ったもの)を着て、ど根性トレーニング。
しかし、この後もやはり、大泣き・・・

・いろんな物をつかみたいお年頃(?)。オムツを替えてても、よく私の腕や服をつかまれてしまいます(笑)。軽めのガラガラぐらいのものなら持っていられるようにもなりました。

・目はよく見えているみたいで私の事を目で追ったり、お気に入りのプーさん(パペット)を視界の右から左へと動かしてみても目で追ってる。

・機嫌が良い時はよく笑い、よくおしゃべり。「アーアーアーアーアー、アァ~?(語尾上げ)」という感じで、ひたすらしゃべり続けている事も。どうやら相方似のおしゃべりオトコか?

・先日も書いたけど、授乳は現在日に5~6回。夜は9-10時に寝かしつけた後6~7時間通しで寝て、明け方に一度授乳、その後朝まで寝ます。二度寝好きなところ、母さんにそっくり?

・ウンチは現在、2~4日に一度ほど。生まれた頃は毎日していたけど1ヶ月過ぎた頃から回数が減り始め、時には1週間近く出なかったことも・・・さすがに苦しくないか心配ででDr.に聞いてみたけれど、母乳育児の場合にはそれも良くある事、とのこと。(形状が固くなければconstipationではないのだそうです。)しかし、出るときは一気にブフォー!ですよ~。した後は大抵おとなーしくなっているので、しばらくした後「あれ?」と気づきます(笑)。

・相変わらず指しゃぶりではなく、グーのお手手をかじっています。気がつくとおもちゃも舐め舐め。


・最近、右手だけ固く「グー」にしていることが多い。それをじっと眺めたり。そしてそれを突き上げるポーズがマイブーム。

「赤ちゃんの、赤ちゃんによる、赤ちゃんのための~・・・とにかくかまって欲しいのだ!」

とにかく、健康で何よりでございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Nov 12, 2010

冬の足音

最近、夜は5度ぐらいまで下がるバンクーバー。

相変わらずシトシト雨模様が続きます。

今日はお昼間晴れ間が覗いたのですが、そんな日に限ってハハもムスコもお昼寝してしまい・・・気がつけば夕方。あちゃー。。。日が暮れかけの中、今日はムスコをキャリアに入れ、抱っこして30分歩いてきました。少しはエクササイズになったかしら・・・?

冬時間に戻り、今の日暮れは5時前です。1日があっという間に感じます。

昨日はRemembrance Dayの休日でした。相変わらず我が家にはあまり休日関係ないのですが・・・

とりあえずこんな写真撮って遊びました。
ちょっと神妙な顔つきです(?)


シトシト雨と長ーい夜の季節。

ハロウィン、そしてRemembrance Dayが終わるといよいよクリスマスに向けて街が変わり始めます。クリスマス向けのコマーシャルもボチボチ始まったし、Tim Hortonsの紙カップもクリスマス柄になったし・・・

ここでは、気候的にはあんまり秋と冬の境目がはっきりしないのですが、こんな事でなんとなく、冬がやってきている気がする今日この頃です。


ムスコは明日で3ヶ月。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Nov 11, 2010

北米での母乳育児は?

間もなく出産から3ヶ月を迎えます。

今のところほぼ母乳で育てていますが、幸いムスコはスクスク、まるまると大きくなっています。

思い返せば出産当日から、モーレツにお腹が空いて空いて病院にある物何でも食べていた私ですが、3ヶ月経った今・・・相変わらず、手当たり次第に食べてます(笑)

産後1ヶ月ほどで体重がどうにか前と同じぐらいに戻ったのですが、その後体重計の電池切れでしばらく量らずにいて、先日久々に乗ってみたら・・・なんとまた2kg増えている!

明らかに、食べすぎです・・・母乳育児ダイエットになぞなっていません(汗)。ムスコにあげている分以上に食べてるってことだ。しかも、以前はそれほど大量には食べてなかったチーズや揚げ物など、最近やたらカロリーの高いものが食べたくて仕方がないので困ります。そろそろ、散歩以外のエクササイズを考えるときかも!ベビーと一緒に参加できるエクササイズ、探してみます。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

母乳育児についてですが、ここ北米でもかなり推奨されています。一昔前はやはりフォーミュラ(人口乳)が主流だったみたいですが、母乳に含まれる豊富な栄養分、免疫の効能が見直され、今は「出来る限り母乳育児を」というのが主流。

ただ、どのぐらいの期間続けるかについては、お母さんの考え方やライフスタイルによっても様々のようで、出産後すぐに職場復帰する人(こちらではけっこういます)は1ヶ月程度という人もいれば、長くても半年で十分、と考える向きも多いよう。

WHOの現在の母乳育児のガイドラインでは『生後6ヶ月間は母乳のみでの育児を、そして離乳食開始後も最長2年までは母乳育児をすること』が推奨されています。

では実態はと言うと、CDCの統計(2007年出生児のデータ)によればアメリカでは

・75%が何らかの母乳育児をしていた
・43%が6ヶ月時点で母乳育児(混合あり)をしていた
・22%が1年時点で母乳育児(混合あり)をしていた
・33%が3ヶ月時点で母乳のみでの育児をしていた
・13%が6ヶ月時点で母乳のみでの育児をしていた


カナダではどうかというと、Health Canadaなどの近年の資料は探せませんでしたが、比較的最近の調査論文(Chalmers, 2009)によれば(※データは2006年時の調査)

・90%が何らかの母乳育児をしていた
・67%が3ヶ月時点で母乳育児(混合あり)をしていた
・54%が6ヶ月時点で母乳育児(混合あり)をしていた
・52%が3ヶ月時点で母乳のみでの育児をしていた
・14%が6ヶ月時点で母乳のみでの育児をしていた

との結果が出ているそうです。アメリカよりはやや高い数字と言えますが、WHOの推奨する『6ヶ月は母乳のみ』という点については(アメリカ同等に)かなり下回っているという結果です。

また出生前から母乳育児の意思があったかという質問に対しては90%があったと答えていますが、この数字には地域でかなりバラつきがあって、カナダでは西高東低の傾向があるようです。アトランティック・カナダでは70%台にとどまる州もあり、もっとも高いのはここBC州(96%)。また、年齢・学歴・収入ともに高い方が、母乳育児の率は高くなっています。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

母乳指導については私の場合、病院にいる2日間にポジションのバリエーションや、ラッチング(乳首の咥え方)の見方を教わったり、というぐらいでした。母乳育児支援のコミュニティはもちろんありますが、今のところお世話にはなっていません。

新生児の頃は1日8-12回は授乳する事、とされていましたが、ここ最近は1日5~6回に減りました。夜も寝付いてから6-7時間は大抵通しで寝て、明け方に1度授乳するぐらいです。日本の母乳指導では、赤ちゃんが夜寝るようになってからも、3時間おきには夜間授乳するようにと言われるようですが・・・こちらのDr.に聞いてみたところ、赤ちゃんが寝ているのなら起こす必要は無い、とのこと。


私の食事については、上述の通りとにかくお腹が空く(空腹、というよりもう目が回りそうなほど)のでパッと食べられるものスナックなどを常備、けっこう高カロリーのものも食べてしまっています。日本では、甘いもの・脂っこいもの・乳製品・お餅などはおっぱいが詰まるから避けるようにと言われますよね。また、豆類は赤ちゃんにガスが溜まりやすくなるのだとか・・・

ここのところ実はたまに詰まっていたので、前回の検診で、Dr.に「つまりを予防するために食べない方がいいものは?」と聞いてみたところ、なんと「特にない」とのお答え。

そう。こっちではあんまり詰まりと食べ物との関連は聞かないんです。詰まったときは、赤ちゃんに常に詰まった方から飲ませるように、そして水分を沢山取るように、とのこと。牛乳も沢山飲む事!と言われました。乳製品だよ~。でも、カルシウムが摂取が足りないとお母さんの体から取られてしまうので、補給は大事ですよね。その時のDr.(かかりつけではなく代理のDr.)はとにかく牛乳!派?みたいで、「飲み忘れないように、旦那さんに『コップについで持ってきてもらう係(!)』になってもらいなさい」とのことで・・・今では毎日1~2回はコップになみなみ注がれた牛乳がやってきます(笑)。

まぁ結局詰まりの予防としては・・・なるべく水もたくさん飲むようにして、それからたまにマッサージもしています。詰まったときは、ムスコが寝起きでお腹が空いているときなんかは、ゴクゴクゴクー!と吸われると一発で詰まりが取れることもあります。食欲旺盛で、助かるわ~。今のところコレで何とか乗り切っています・・・?

あとは、最低限健康を維持する意味で、なるべく夕食で(今、食事で手をかけるのはここしかないので)、出来るだけ野菜をたっぷり取れる食事を作るようには心がけてはいます。ていうかもうなんでも投入!


さて・・・母乳と食べ物の関連としては、赤ちゃんにガスが溜まりやすくなるものとして、ブロッコリー・キャベツなどは食べない方が良い、という話はこちらでは良く聞きます。Dr.にも一度言われたし。

あとは、チョコレート(これはカフェインが含まれるから?)やカレーなどのあまりスパイシーなものは食べない方が良い、というのも。(赤ちゃんが興奮してしまうから?)

ちなみに北米で母乳育児本といえば有名な、カナダ人小児科医・ニューマン博士の"Guide to Brestfeeding"によれば、それらすべて含めて、母乳育児中に避けるようにするべき食べ物は「無い」とのことです。(もし赤ちゃんが何かに反応しているようであれば、その食べ物を避けるようにすべき、とは言っています。)


(この本の日本語版がこちら↓)




ところ違えば・・・というやつですねー。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ