Nov 3, 2010

突然のサヨナラ

今日のお昼頃、BC州民には衝撃のニュースが流れました。

州首相(Premier)ゴードン・キャンベルが突然の辞任を発表。
※初めは知事って書きましたけど首相の方が訳として正しいかも。

 
彼はカナダ史上最長と言われる約10年間、BC州首相の座にいました。昨年、三選されて次の任期も後2年以上残っていました。(任期は4年)

人ごみの中でも目立つ大柄の彼はテレビのニュースなどでもおなじみで、見れば「あ!あの顔」と言う感じ。オリンピック・パラリンピック期間中は、ボランティアの仕事でいろんな会場に行きましたが、どこにも必ず現れてました。表彰式や、開会式・閉会式でも散々美味しいところを持っていっていました。(それがお仕事だったんだろうけど。)

トーチリレーでCANADAロゴのジャージを着てDJよろしく会場を盛り上げていたゴードン。
しかしVancouver2010が終わり、最近の彼の人気は下がる一方。昨年の州選挙の公約に反して、今年の7月に新消費税制・HSTを導入したおかげでした。やはり消費税の増税は庶民を敵に回しますからね。消費税の増税というのは、政府にしてみれば税源確保として誰かがやらねばというところだけど、誰もやりたくない、というのが本音じゃないかと。思えばVancouver2010という大仕事が終わった後に導入に踏み切ったのも、もうやりたい事をやりきったからだったのか?バンクーバーへのオリンピック誘致が決まったのは彼の1期目、2003年のことでした。

どこぞの国の様に、「疲れた」と言って首相がすぐに辞めてしまうようなことはめったに起きないカナダですが、最近では議会も味方につかなくなってきていたと言われるリーダーの胸中にも、秋の訪れと共に冷たい風が吹きすさんでいたのでしょうか?

悲しい事に、以前(首相任期中)ハワイで飲酒運転をして逮捕されてしまったときのマグショットがまたもニュースで流されてしまっているゴードンです。


では昨年の天皇・皇后陛下カナダご訪問の際、皇室張りのロイヤルスマイル(とお手振り)を振りまいていたゴードンの姿をもう一度。


さよなら、ゴードン。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

4 comments:

ジョイ said...

やりたい放題の最低男でしたよね。
辞めてくれて本当に嬉しい限りです。
また住みよいバンクーバーに戻ってくれるといいな。

アップルサイダー said...

サンクスギビングで行ったサンシャインコーストから帰るフェリーでゴードンと一緒だったんです。すごい疲れた感じで、ずっと寝ていたゴードン。車はトヨタのハイブリッド。州首相なのに護衛も付いていなくて、疲れた顔が印象的でした。これだけ悪名高かったので、辞任は必至だったのかもしれないけど、昨日は衝撃でしたね。

orange said...

>ジョイさん
私はゴードン以前のPremierの時代を知らないのですが、新しいリーダーになって、少しでも住みやすくなると良いですね。(ここは住むのにコストがかなりかかると思います。)

orange said...

>アップルさん
州首相がフツーにフェリーに乗ってるもんなんですね~。
やっぱり辞任の理由は「疲れた」ってことなんでしょうかね。政治家はやっぱり大衆が味方につかないと、やっていけないですもんね。