Nov 7, 2010

林檎葡萄石榴

すっかり11月になって、昨日からは冬時間になりました

それをすっかり忘れていた昨夜、1:59amにたまたまパソコンの時計に目をやり、次の瞬間、1:00になったのを見て一瞬、目を疑った私。そして「やったー、1時間余計に寝られるわ♪」と思った私(笑)

・・・しかし赤ん坊のムスコにはそんなオトナの都合は関係ないので、やっぱり昨日と同じ時間に目を覚ますのでありました。ゴーン。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

そんな時期にちょっと遅目の秋の味覚の話。

とは言え。。。ムスコが生まれてからと言うもの、あまり遠出は出来ないので、食料の調達先はもっぱらスーパー。「旬のもの」を手に入れるには本当はマーケットに出かけたいのですが、なかなか。最近、Fujiyaに行く機会もないので、今年はマツタケも入手できていません。。。

まぁでも手に入る範囲で、秋の味覚を楽しみましょう。というわけで、今年はもっぱらフルーツ寄り。


まずは、秋の初めに出るブドウ、Coronation Grapes。Concord Grapes(ワインの原料となる種類)と書かれていることもありますが、この種類のブドウはConcordの近縁種でカナダで特に栽培されているものだそう。こちらBCではオカナガン産のものが売られています。やはりワインの産地なだけに、ブドウ栽培に適しているのでしょうね。

このブドウ、一応生食用らしく、味は確かに巨峰のような風味があって美味しいのですが、いかんせん粒が小さい。そのくせ皮は結構厚みがあって、しかも種もほぼもれなく入ってる。つまり、異様に食べにくいのです。

一昨年、もう食べるのに飽きて(笑)持て余してしまったのでえいっとジャムにしてみたら、これがすっきりと絶妙な酸味のジャムが出来上がり、大ヒット。以来、毎年時期が来ると買ってはジャムにしています。1パックで、ちょうど1瓶分のジャムが出来ました。房から外して皮ごと煮てしまえばいいだけなのですが、詳しくは一昨年のポストを。(画像も一昨年のものです。)




さてお次は、ざくろ。
これも秋になると出てくるもので、大体1個$3ぐらいで売ってます。皮は硬そうで、初めは、どうやって食べるのかな~?と思いましたが、包丁でスパッと切れます。切ってみると、こんな感じ。食べ方は、このツブツブを指で取り出して、食べるだけです(笑)

汁が指につくと真っ赤になってしまってスプラッタ~、な感じになりますが、味はとても美味しい。タネの部分がちょっとプチプチした食感です。果汁を絞ったら、ジュースになると思いますが、それにはかなりの量のツブツブがいるかもしれません。こちらではザクロのジュース(そのままのものや、ベリー系とのブレンドのものが多い)が、良く売られています。

うんでも生で食べるなら、二人で1個で十分だな。


最後は、リンゴ。
これは、Gala Apple。実はこれは別に季節モノじゃなく、年中売られてる種類なのですが、先日袋買いしたら、実に大当たり。

通年売られてる種類の中では、一番「当たり障りのない味」で、私はコレかフジを一番良く買うのですが、先日買ったのは、甘みと酸味が程良くて、いつも以上に美味しい~、とあっという間に2~3個パクパク食べてしまったほどでした。やはり旬なのだからでしょうか?

一袋5ポンド(2.27kg)で$5ほど。そう、こちらではリンゴは量り売りです。

一日一個のリンゴは医者を遠ざける、と言いますからね~。毎日せっせと、授乳しながら、齧っております。

タイトルは、全部漢字にしてみた。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

No comments: