Nov 28, 2010

くりそつ

授乳合間のおやつがやめられない母です。

ムスコも大きくなってきたせいか最近、授乳しても「足りない!」という風にフンガフンガ暴れだすことがありまして・・・特に私が空腹だとやはり出が悪いのか・・・そうかと思うと咥えたとたんにコテッと寝ることもあって・・・読めない、3ヶ月児。。。

まぁ、そんなこんなを言い訳に、相変わらずホイホイパクパクな私。

クッキーなどの甘いものも、控えようと思いつつついつい・・・ムスコを寝かせた後のお茶タイムがこれまた至福のひとときなもので・・・お茶受けも必要ですなー。

今日はShoppers Drug Martでお買い物したついでにちょっと物色・・・そこで目に留まったのがこちら。

Lifeブランド(Shoppersの自社ブランド)の "Butter Puff Pastries"。

ペストリーとありますが、固い、パイ菓子みたいな感じ。


ってかコレ・・・


アレにクリソツじゃーありませんか、アレ!

源氏パイ!(画像は三立製菓Webサイトよりお借りしました。)

食べてみたら、食感も味も源氏パイに瓜二つ!

そんな事断言できるのかって?できますとも!こないだFujiyaで源氏パイ買って食べたばっかしだし~。

Fujiyaに行くと、どうしてだか何故だか、何か懐かしのお菓子を買いたくなってしまうのよね~。日本にいたって、そんなお菓子を買うことは滅多にないのに。これも郷愁のなせるワザなんだろうか、不思議。

で、こないだは源氏パイをチョイスしたわけなんだけど、やはりさすが日本製品!てことは個別包装(2枚一袋)で、すぐになくなってしまうのが惜しい!それにこちらでは一袋$4以上するし・・・。

こちらのButter Puff・・・の方は、味が微妙にバター風味が豊かな感じ。コクがあって、うまいです。そしてコストパフォーマンスからしたらこっちの方が断然良い。ただ、まぁ予想通り、いったん袋を開けたら相方と私であっという間に食べつくされてしまいましたが。

しかし、なんでこんなに似てるのかしら?Butter Puff・・・の方は、箱を見ると、「オランダからのインポート」となっており、さらに「"butterflies"という名でも知られる、オランダの伝統的なレシピを使ったクッキー」と書いてある。オランダのお菓子かぁ~。

一方源氏パイの方は、こちらの記事によりますと、フランス菓子の「パルミエ」が元になっているのだそう。ちなみに基本はうなぎパイも同じなのだそうです。いまだにアレってうなぎの粉入りなの?と半信半疑の私。

ふーむ。てことは・・・源氏パイのルーツはフランス?それともオランダ?まぁ、どちらもそう遠く離れているわけではないので、やはりあの辺りにきっと出所があるのでしょう。

私としてはこれからFujiyaに行かずともあの味が味わえる事が分かったので、良かった、良かった。

でも食べ過ぎ注意!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

No comments: