Jan 6, 2011

ん、この味は?フェンネル (やさい探検7)

半年ほど間が開いてまた唐突に復活のこのシリーズ。
(前回はこちら

今回の野菜はこちら、フェンネルです。和名はウイキョウ(茴香)だそう。

スーパーで見かけてはいつも気になっていたのですが、使い方・食べ方が良く分からず。先日、オーガニックのものがちょっとお安くなっていたのをきっかけに、えいっと買ってみましたが・・・。

写真はうっかりタテ半分に切ってしまった後。この根元のふくらんだ部分を主に食べるとのこと。セリ科ということで、膨らみ部分はセロリにちょっと似た感じです。

さて、どうして使おうかと思いながら、とりあえず白い部分を薄く千切りにして、一切れ口に入れてみたら・・・おお、甘みがあって、なんか独特の抜けるようなスーッとした風味もある。

ん?この味というか香りはどこかで・・・あ、グライプウォーターだ~。あのボトルのフタを開けたときと同じ匂い!

そう、あの赤ちゃんのガスに効くというあれ、フェンネルが原料の一つになっているのでした。って私前に自分で書いてるね。

フェンネルの葉や種は古くからハーブとして用いられていて、お腹にガスが溜まるのを防ぐ作用などがあるそうです。漢方での扱いは生薬で、健胃薬として用いられるのだそうです。確かにスーッとして胃がスッキリしそうな香りです。

フェンネルの種に熱湯を注いでフェンネルティーとして飲む事も出来、食欲増進や、ガスを排出する作用=お通じにもいいらしいです。さらに授乳中の人には母乳を出やすくする効果もあるのだとか。これは後日試してみなきゃ!※ただ、妊娠中の方は控えた方がいいみたいです。ご注意!

針のような葉っぱの部分はディルに似ていますが、やはりピクルスに使ったり、魚料理の臭み消しに使ったりと使い方もディルに似ているようです。

野菜として食べる茎の下のほうの部分はさてどれほど効果があるのか分かりませんが、やはりある程度は同じ作用があるのではないでしょうか?

結局どう使ったかというと、半分はその日の夕食だったチキンカレーの材料として、他の香味野菜と一緒に刻んで炒めて煮込んでみました。

残りの半分は、薄く刻んで、付け合せのサラダにしました。刻んだリンゴ、ナッツ、レーズンと一緒に、塩コショウしてオリーブオイルを絡めて。彩りに、葉っぱの部分もちぎって入れてみました。

カレーは市販のルーでしたが、追加でガラムマサラをちょっと入れすぎたせいか、かなりスパイシーな仕上がりに。辛いもの好きな私には美味しかったですが、フェンネル自体の存在感はなくなっていました(苦笑)。でも香味野菜を沢山入れた煮込み系が基本的に好きなので、これはこれからも活用しそう!

サラダはシンプルな味付けがフェンネルの風味を引き立てて良かった。爽やかさと甘みがあるのでカレーの辛さを和らげるのもgood。思いつきの割に良い組み合わせの献立になりました♪

これからもどんどん使ってみようっと。

今年も探検します♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

No comments: