Feb 12, 2011

バターミルクで手抜き柔らかトンカツ

本日はお題そのまんまの内容でございます。

実はパン作りのために(あ、例のパン焼き機ですが)また1リットルのバターミルクを買ってしまったのですが思ったほど消費されず・・・


そして買出しに行かなかったある日。なんだか妙にトンカツが食べたくなり、冷凍庫には買い置きの豚ロース肉があったので、じゃあ今日はトンカツで決まりかな~。折りよくキャベツもあるから付け合せもバッチリ!

・・・と、思ったけど、卵が切れてた~

しかし、すっかりトンカツモードの私、ここで諦めてはならない(こういう時は根性を発揮できる)、と頭をめぐらすと、ちょっと妙案が浮かんだ。

以前バターミルクパンケーキを作ったときにちょっと書きましたが、お肉をバターミルクに漬けると柔らかくなる、というのを思い出し、それならトンカツも柔らかく出来ちゃったりして!と。しかもそのままつなぎにもなっちゃうし!

※バターミルクとは何ぞや、という説明も以前のポストに書いています。日本では滅多に手に入らないのが難点なのですが・・・牛乳とレモン汁で作ることも出来るそうです。

あとは(解凍した)お肉を、しばらくバターミルクに漬け、パン粉を付けて揚げるだけ。

小麦粉をまぶして溶き卵につける手間が省ける分だけ、手抜きにもなる!

さてさて、仕上がりは~?

若干、揚げすぎてしまって、衣がキツネ色よりちょい濃い目になってしまいましたが、中は柔らか~に仕上がっていました!

おお!バッチリではないの!この方法はこれからも(バターミルクがあれば)採用、決定!

ちなみに30分ほど漬ける予定でしたが、他の用事に手間取り、2時間以上は(冷蔵庫で)浸かっていました。

我が家の揚げ物は全て蓋付のフライヤーで揚げております。トンカツも唐揚げもいつも生焼けの失敗なく揚がり大変重宝してますが、揚げ色が確認しづらいのがやや難点ではあります。

でもまだ残ってるのよね、バターミルク・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

No comments: